Top > 俺が先に考えてたシリーズ
HTML convert time to 0.041 sec.


俺が先に考えてたシリーズ

Last-modified: 2016-09-06 (火) 18:58:23

師曰 吉先孝 最終幻想始祖 普通的神遊戯 嫌辞課続

      r ‐、
      | ○ |         r‐‐、
     _,;ト - イ、      ∧l☆│∧   良い子の諸君!
    (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  
    |ヽ   ~~⌒γ ⌒ ) r'⌒ `!´ `⌒) よく頭のおかしいライターやクリエイター気取りのバカが
   │ ヽー―'^ー-'  ( ⌒γ ⌒~~ / 「誰もやらなかった事に挑戦する」とほざくが
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' |  大抵それは「先人が思いついたけどあえてやらなかった」ことだ
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 |  王道が何故面白いか理解できない人間に面白い話は
   |  irー-、 ー ,} |    /     i    作れないぞ!
   | /   `X´ ヽ    /   入  |

 

整形中につきご容赦を(追加歓迎中)

吉田先生発言集 Edit

 

アナ雪大ヒット→「実は僕の方が先にああいうの考えてました(※シヴァ実装)」
海外の画期的なゲームシステム→「あれ僕の方が先に考えてたんだけどなぁ」
ドラクエのカジノ→「好評ですよね。あれ僕が作ったんですよ」
ドラクエコラボイベント→「ドラクエらしい楽しさがあると思います。実は台詞は僕が全部書きました」
3.0のストーリー→「好評なようで嬉しいです。実は僕が脚本書いたんです」

 

バトルシステムが不評な点について→「権代が犯人です。本人に説明させます」
ソート含むUIの出来について→「皆川が犯人です。本人に説明させます」
2,0のストーリーについて→「前廣が担当してるんですけど、こいつが犯人ですね」
死にアイテムについて→「コイツが悪いんですよ。こいつです。林です。コイツが今から説明します」
ゴールドソーサーについて→「僕は知りません。絡んでません」
ミニオンについて→「ミニオン同盟とかいう奴らが勝手に実装してます。何かあれば減給モンですよホント」
諸々の問題について→「なんで俺が責められるわけ?部下がやったんだけどなぁ〜」

 
解説:書きかけ・加筆修正歓迎

SKYRIMにくやしいと思った(2012) Edit

Evolve、Fableも先に考えてた(2014 E3) Edit

Q: E3に出展しているオンラインゲームで吉田Pが個人的に気になっているタイトルを教えてください。


A: 4人のプレイヤーと5人目のプレイヤーがモンスターになってプレイするマルチプレイが売りとなっている「Left 4 Dead」の開発チームが製作している「Evolve」。あとは、4人のプレイヤーに対して、1人がゲームマスターの視点でリアルタイムにトラップを仕掛けたり、モンスターを沸かせるといった遊びが売りになっている「Fable」の最新作「Fable Legends」。吉田もそういったゲームマスター的な遊びをやりたいと考えていた中で、今年偶然なのかいくつかのタイトルでそういったタイトルが出てきたので、個人的にかなり注目しています。また「Destiny」がクローズドαテストを行っていますが、FPSのMMOというか、かなりMOに近いタイトルで、こちらも注目しています。


「第15回FFXIVプロデューサーレター LIVE」の動画とQ&Aを公開! (2014/06/23)

Q: 第15回プロデューサーレターLIVEで、吉田Pが気になるタイトルとして上げていた 「Evolve」のような 4vs1の変則PvPを実装する予定はありますか?


A: 前回の放送をご覧になっていない方もいると思いますが、「Evolve」は「Left 4 Dead」というとても秀逸なゾンビゲームの開発チームが製作した新タイトルです。旧来の4人で戦うマルチプレイゲームが多い中、今回は5人で戦います。4人はプレイヤーとして、あとの1人はモンスターとしてプレイヤーをひたすらなぎ倒そうとする1人vs4人という新しいマルチプレイゲームです。吉田も同じような企画を考えていたのですが、それを先に出されて悔しいといった話をしたら、E3のインタビューで海外メディアから「新生FFXIVの中でそういうコンテンツを作ってみては」と言われたエピソードを前回のLIVEでお話しました。


「第16回FFXIVプロデューサーレター LIVE」の動画とQ&Aを公開! (2014/08/12)

14の前に企画してたのはブラッドボーンみたいなゲーム(日々赤裸々) Edit

 

ドラクエビルダーズは企画から関わった(2015) Edit

「FFXIV」プロデューサー吉田直樹氏「パッチ3.2」ロングインタビュー(GAME Watch)より一部引用

――話は変わりますが、「FFXIV」のコアメンバーだった新納一哉さんが「ドラゴンクエスト ビルダーズ」で久々に大きく注目を集めましたが、新納さんとはいろいろなコミュニケーションをとっていたり、あるいは「ドラゴンクエスト ビルダーズ」に関して吉田さんからアドバイスをしたりはしたのですか?

吉田氏: 「ドラゴンクエストビルダーズ」は、ゲーム自体の企画発案も開発も、僕が統括している第5ビジネス・ディビジョンの管轄です。部門として「新生FFXIV」以降、初のオリジナルタイトルということになります。部門のポリシーは自分たちが遊んで面白いと思えるものを作ること、そして必ず利益を出す、というシンプルなものです。「FF」の開発をしているから「ドラゴンクエスト」の制作はしないなどはなく、企画次第ということになっています。

――では、吉田さんはプロジェクトの立ち上げから全部見ているのですか?

吉田氏: 僕には「FFXIV」という大きな責任があるので、ビルダーズでは、初期の企画相談でかなり話をしたことと、新納が悩んでいたら相談に乗ったこと、堀井さんにタイトルを提案させていただいたこと、部門長として開発進捗を見ていたこと、マスターアップ前に各種判断をしたこと、くらいでしょうか。ご好評頂いているのは、新納をはじめとするビルダーズ開発チームの奮闘と、プロデューサーをやってくれた藤本の情熱、堀井さんの的確なご指示のおかげです。

 

PSO初代はdiablo好きだったし悔しかったんすよ(2016 PSO2感謝祭にて) Edit

「PLL・動画書き起こし」ページ>2016年03月22日 【PSO2 FF14コラボ】吉田直樹氏インタビューより一部引用

桃井:はい、それでは次の質問は吉田さんに答えていただきたいと思います。

【PSO2というタイトルの印象を教えてください。】

一太郎:あっ、聞いてみたい!

榎本:わー、どきどきするー!

吉田:でも僕あれなんすよね、1から…無印から知ってるので。とくにあのー…僕DiabloっていうPCゲームでオンラインゲーム始めたんですけど、正直言うと悔しかったんです先にMOで、しかも家庭用ゲーム機で、オンラインゲームをされて、で、ちょうど僕もFF14を担当することになって、まあ旧…オリジナルのFF14の改修をやってる途中でPSO2が発表されて、困ったなぁって(笑)。そんなこのタイミングで我々が立て直してるさなか、発表しなくてもって思いながら…(笑)。いやーでも本当に最初に、酒井さんが、PSO2のサービス方式のお話をインタビューでされたときがすごい印象的で、やっぱり先行くんだなって。新しいことやるんだなっていうのが、僕の一番最初のPSO2の印象でしたね。