Top > 比和せき

比和せき

Last-modified: 2017-10-27 (金) 21:41:57

プロフィール Edit

せき様.png比和せき
(ひわ せき)
1/1生まれ やぎ座 ?型
身長:155cm B:76 W:53 H:78
准科3年生。
無表情で感情の起伏が少ない。目的の
ためなら自分の存在自体も道具のよう
に扱う。
CV 篠原 ゆみ

マップバトル用SDキャラ Edit

SDせき.png

メンバースキル Edit

火属性フラクタライズ敵全体の火属性攻撃↓(-10%)
発動ターン8効果180秒
フラクタライズ+敵全体の火属性攻撃↓(-15%)/火属性耐性↓(-10%)
発動ターン8効果180秒
フラクタライズ++敵全体の火属性攻撃↓(-25%)/火属性耐性↓(-15%)/弱体耐性↓(-15%)
発動ターン8効果180秒
水属性ボーダーライン敵全体の水属性耐性↓(-5%)
発動ターン8効果180秒
ボーダーライン+敵全体の水属性耐性↓(-10%)/火属性攻撃↓(-15%)
発動ターン8効果180秒
ボーダーライン++敵全体の水属性耐性↓(-15%)/火属性攻撃↓(-25%)/味方全体の火属性耐性↑(+20%)
発動ターン8効果180秒/2ターン
雷属性オブリビオン敵単体に雷属性ダメージ(3.2倍)
発動ターン7効果-
オブリビオン+敵単体に雷属性ダメージ(4.2倍)/スロウ効果
発動ターン6効果-
オブリビオン++敵単体に雷属性ダメージ(5倍)/スロウ効果/暴走ゲージ減少(残量の25%)
発動ターン5効果-
風属性オルタ・エゴ敵スタン時自身の攻撃↑(+160%)
発動ターン6効果1ターン
オルタ・エゴ+敵スタン時自身の攻撃↑(+250%)/クリティカル↑(+100%)
発動ターン6効果1ターン/3ターン
オルタ・エゴ++敵スタン時自身の攻撃↑(+380%)/クリティカル↑(+100%)/三連撃↑(+25%)
発動ターン6効果1ターン/3ターン
光属性レミニセント敵単体に光属性ダメージ(3.2倍)
発動ターン7効果-
レミニセント+敵単体に光属性ダメージ(4.2倍)/スロウ効果
発動ターン6効果-
レミニセント++敵単体に光属性ダメージ(5倍)/スロウ効果/暴走ゲージ減少(残量の25%)
発動ターン5効果-
闇属性ゼルプスト敵スタン時自身の攻撃↑(+150%)
発動ターン6効果1ターン
ゼルプスト+敵スタン時自身の攻撃↑(+220%)/クリティカル↑(+100%)
発動ターン6効果1ターン/3ターン
ゼルプスト++敵スタン時自身の攻撃↑(+320%)/クリティカル↑(+100%)/二連撃↑(+40%)
発動ターン6効果1ターン/3ターン

雑感 Edit

●キャラクター
公式設定:微
最小。
それよりも血液型が?なのが気になる。


●メンバースキル元ネタ
心理学的な用語が元ネタかと思われる。

フラクタライズ:相似。
ボーダーライン:境界性パーソナリティ障害。
オブリビオン:無意識状態。
オルタ・エゴ:別人格。
レミニセント:回想録。
ゼルプスト:ドイツ語で自分という意味。


●メンバースキル覚醒前
みおなが暴走時バフならば、せきはスタン時バフが特徴。
風と闇で敵スタン時の攻撃↑が使えるので、より早くボスを倒すことができるようになる。
風属性のみおなは暴走時攻撃↑を持っているので、相手が雷属性ならば通常状態以外で
常に高火力を狙っていけるパーティを作成することができる。
水の火属性耐性↓も攻撃の際の補助になるが、火の火属性攻撃↓は得意な風属性相手には補助にもならず、
単体攻撃の雷と光も、覚醒前の倍率では使い勝手がいいとは言えない。


●メンバースキル+
スタン時攻撃↑が200%を超えるようになり、同時にクリティカルの確率も上昇するため
更なるダメージを期待できるようになる。
雷と光につくスロウの弱体は、敵の特殊行動ゲージを1ターン分減少させる効果がある。
特殊行動はする敵としない敵がいるため、敵の情報をよく確認してから使おう。
また、当然だが特殊行動ゲージがカラの敵に打っても効果はない。
水は火属性攻撃↓がつき、攻防一体のスキルとなった。
そして微妙な性能だった火は、火属性耐性↓がついて多少マシになっている。


●メンバースキル++
++では更にスタン時に強くなり、風はなんと+380%。
闇の+320%でも十分で、共に連撃確率↑の効果が追加されているため、
スタン時高倍率の攻撃スキルだけでなく、通常攻撃においてもかなりの火力の底上げが期待できる。
また、雷と光では暴走ゲージを減少させることができる。
ただ攻めているだけでは中々スタンに移行しない、高難易度での起用が考えられる。
残量の25%減らすため、なるべく敵が暴走した直後に発動したい。
火属性耐性↑が追加された水は、対火属性に更なる磨きがかかったが、
弱体耐性↓が追加された火は、他の属性に一歩劣る結果となった。


●まとめ
みおなが暴走時攻撃↑持ちならば、せきはスタン時攻撃↑持ちという特徴を持つ。
スタンさせなければならないので、みおなよりも使い勝手は悪く感じるかもしれないが、
風属性なら暴走時みおなで大ダメージを与えつつスタンに移行、続けざまにせきでスタン時大ダメージというコンボもできる。
また、敵がスタンしているということは比較的安全な状況であると言えるので、
暴走状態を処理した後、落ち着いて超火力を叩き込むことができる。
ただし、スタンは被ダメージの他に時間経過によっても解除されるためそこは注意が必要である。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • メンバースキル元ネタは心理学の関連用語じゃないかな? -- R 2017-08-13 (日) 14:23:38
    • そっちのほうがぽいですかね。変更しておきます。 -- ハニwiki? 2017-08-13 (日) 20:12:56
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White