Top > 伊58

伊58

Last-modified: 2016-08-31 (水) 19:13:18
No.127
こんにちは!伊五十八です。ゴーヤって呼んでもいいよ!苦くなんかないよぉ!伊58(い58)巡潜乙型改二 3番艦 潜水艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久14火力2 / 9
装甲4 / 19雷装30 / 69
回避13 / 36対空0
搭載0対潜0
速力低速索敵10 / 39
射程40 / 79
最大消費量
燃料10弾薬20
装備
未装備
装備不可
装備不可
装備不可
改造チャート
伊58伊58改(Lv50)
図鑑説明
最初からがんばって最後まで戦ったんだよ。
苦しくなってからだって、凄い重巡だって仕留めたし!
任務を全うして、全てが終わった後、無事に呉の母港に帰ったんだ。

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:中島愛、イラストレーター:ショボン (クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

  • 2013年夏の期間限定イベント「南方海域強襲偵察!」において先行実装、その後9月18日のアップデートで正式に実装。
    通常海域でのドロップ解禁と共に、建造でも入手が可能となっている。
  • 潜水艦の特徴については艦種ごとの特徴および伊168を参照。
  • 性能としては、改造前は伊168の上位互換。回避を除くすべての数値で上回る。
    • 改造後は艦種が潜水空母に変わるため単純な上位互換ではなくなる。詳細は伊58改を参照。
    • 本人も図鑑コメントで言っている通り、終戦まで航行可能状態で生き残った数少ない艦であるため、運が初期で40、改造後は50と非常に高い。この激運は改造後に真価を発揮する。
  • 3-4、4-2、5-1、5-2、5-3、5-4のボスでしかドロップ報告がなく入手は困難な部類であった。
    • 2013年12月24日〜2014年1月8日に開催されたアルペジオコラボイベントにてドロップ報告があった。
    • 2014年3月14日アップデートで実装された1-5で、三戦目以降でドロップ報告が得られた。対潜装備の充実が求められるが、ドロップ入手がかなり現実的になったと言えるだろう。
    • 2014年5月23日アップデートで実装された2-5ボスでもドロップ報告が得られた。
    • 2014年9月26日アップデートで実装された6-1ではボス前マスとボスマス、そしてHマスでドロップする。
      • しかし難易度的に伊58のために行くというより伊401や伊8他、複数の潜水艦を同時に集める時に利用するべきだろう。
  • 潜水艦カテゴリー中においては入手難度、初期能力、最終能力のどれもが優秀な部類。潜水艦隊の中核となりえる。
    • 燃費の良い改造前、カットイン率がぶっちぎりで高い改造後どちらも得がたい利点がある。
    • 2014年3月22日現在、通常入手が可能な潜水艦の中では相対的に入手が容易な部類に属し、西方海域の長時間潜水艦遠征の有力な候補となりうる。

  • 余談だが、伊58のことをボイスの影響等で「でち公」という時がある。
    • 基本的にスラングやネタ方面が強かったが、U-511の改造後の呂500が時報で伊58のことを「でっち」と呼びまさかの公式化してしまった。
      • なお呼ばれた当の本人は怒っている模様。まあ「丁稚」言われたらねえ……
    • こういった酷使っぷりな扱いこそあくまで二次的なものであるはずなのだが彼女の場合、もはや公式的な扱われ方よりもその酷使っぷりの方が定着している。彼女の不幸っぷりや愛情の報われなさを製作陣の誰が予想していたのだろうか……。
    • ちなみに上記のボイス集で確認してもらえばわかるように、実際にゲーム内では「〜〜でち」と語尾に付けている回数はどちらかと言えば少なかったりするだが(「〜〜です」という語尾の変形)、二次創作やコミカライズの様なゲーム以外の各方面の作品では、他の艦同様、度々語尾に「〜〜でち」と付けられていることが多い。
    • ただし、潜水艦の中ではウ=ス異本においてベタ甘純愛本の比率が多いのも彼女である。伊401も比率としては多いが、艦娘自体の入手経路が限られたため、その絶対数では長らく首位、現在も紳士御用達のU-511/呂500に次いで二番手であろう。他人の嫁を弄りすぎるのもほどほどに

小ネタ Edit

  • 巡潜乙型改二(伊54型)の三番艦。
    改二とはいうもののの性能向上タイプというわけではなく、むしろ一部性能は劣化している。
    • 巡潜乙型改グループはいわゆる「戦時製造型」であり、製造工数を削減すべく設計に簡略化が加えられた艦である。
      伊54型の場合は主機関のディーゼルエンジンを、製造工程の多い複雑な艦本式2号10型*1内火機械から低出力ながら製造の容易な艦本式22号10型内火機械に切り替えている。
      更に銅材などの不足で製造困難になったモーターも、銅線の使用量を抑え、出力を低下させることで対応させていた。
      もちろん生産性や資材節減の代わりに速力は低下したが、機関重量が軽くなった分航続力は若干伸びている。
      • なお艦本式22号内火機械は日本海軍のディーゼルエンジンとしては最も採用艦の多いエンジンであり、潜水艦の他に占守型から鵜来型までの海防艦、駆潜艇などにも数多く採用された。
        艦これ実装艦でも伊四百型潜水艦香取型練習巡洋艦秋津洲の主機関に採用されている。
  • 建造途中から回天母艦として運用することを前提として工事が進められたため、後甲板に主砲を装備しない状態で完成した。
    • 回天(かいてん)とは、太平洋戦争で大日本帝国海軍が開発した人間魚雷であり最初の特攻兵器である。
      脱出装置はなく一度出撃すれば攻撃の成否にかかわらず乗員の命はなかった。
      • 一応、初期の製造分には脱出ハッチがついていた。海軍の計画では端っからなかったのだが、陸軍の東條英機大将からツッコミが入ったため*2取り付けることになったらしい。
    • なお彼女本人は「あれはいらない」と回天の装備を拒否。艦これ運営も「あれは実装しない」と明言している。
  • 横須賀海軍工廠にて1942年12月26日起工、1943年10月9日進水、1944年9月7日竣工。
    • 「でち」など口調が幼いのは竣工が大戦末期だったためか。
    • 竣工前の1944年6月5日に橋本以行(はしもともちつら)少佐(後に中佐)が艤装員長に着任。竣工とともに艦長となった。
  • プロフィールの「凄い重巡」とは米海軍「インディアナポリス」のこと。1945年7月30日に原爆の輸送帰りを捕捉する。
    相手が戦艦か大巡なのか分らなかったため、3門2射の通常雷撃し時間差で射撃した2射目が1射目の大破孔に侵入して爆発。
    同時に第二砲塔の弾薬庫が誘爆して大爆炎を上げたのち12分後に沈没。大物相手に出番のなかった回天搭乗員は悔しがったという。
    撃沈したものの手がかりが殆ど無く艦種が最後まで分からなかったため、ソロモン海戦で米重巡が魚雷一発で撃沈したと報じられた事を参考に、
    最終的に魚雷が3発命中しても中々沈まなかった事から重巡以上の艦と判断しアイダホ型戦艦らしいと報告している。
    • これが日本海軍による米海軍水上艦艇最後の戦果であり、米海軍にとっても最後の戦没艦である。
    • この、伊号第58潜水艦対重巡洋艦インディアナポリスのエピソードは後に「雷撃深度十九・五」という題名で小説化されている。
      さらにこの「雷撃深度十九・五」をもとにして「真夏のオリオン」という映画が発表され、さらにさらにこの「真夏のオリオン」が小説化されている。伊58潜の活躍に興味がある方は是非ともご覧あれ。
      ちなみに、「真夏のオリオン」では、伊58潜は架空の潜水艦「伊号第77潜水艦」として登場している点に注意。
      小説を読むのが面倒だという方は「日米太平洋決戦!!―実録&シミュレーション戦記」*3というコミックに同エピソードの漫画化短編が収録されている。
      • さらに言うと、巨匠スピルバーグ監督の名作「ジョーズ」に紹介される悲劇のエピソードは、この時撃沈されたインディアナポリスが極秘任務であったために救助が遅れ、大量の遭難者を出したもの。
        前述の映画等によりサメの襲撃による死者が多いと思われているが、実際は救命ボートも使えず5日間も海に浮かんでいたことによる体力・気力消耗が原因らしい。
      • なおインディアナポリスは機動部隊の旗艦*4を長く務めた歴戦の重巡であり、米軍が制海権を保持していた戦争末期に撃沈され、さらに上述のように漂流者の多くが遭難死したため、米軍内で犯人探しが行われることとなった。
        対潜戦闘の出来ない重巡を単行させたことや*5、極秘任務からの帰りだったため、米軍の船舶位置管理システムに情報がなかったことが悲劇の原因だった。
        だがこれらの責任は、生き残った艦長、チャールズ・バトラー・マックベイ三世海軍大佐に押し付けられてしまう。
        彼は軍法会議にかけられ、事情を知るニミッツ提督などの介入により実刑は免れたものの、キャリアに傷のついたマックベイ大佐は海軍を去る(退役に伴う昇進で少将)。その後は遺族の非難に晒され、妻に先立たれるなど不幸が連続した後、1968年、悲運のまま自殺してしまう。自宅の揺り椅子に腰掛けた姿で、片手にはピストルを、もう片方の手にはマックベイ三世と同じく厳格な海軍士官であった父から幼い頃にもらった、水兵の人形を握りしめていたという。
      • マックベイ艦長の軍法会議から50年後、上述の映画「ジョーズ」をきっかけにこの事件を知った12歳の少年ハンター・スコットは、不可解な点の多いこの事件を学校の課題である自由研究のテーマに選んだ。
        彼により、インディアナポリスの沈没の原因が艦長の指揮ではなく米海軍の態勢にあったことが明らかにされると、マックベイ艦長の名誉回復を訴える運動が始まる。
        伊58潜の艦長だった橋本以行元中佐は軍法会議の際も証言していた*6が運動が始まったことを知ると、米議会に宛てて手紙を出すなど積極的に支援した。
        これらの結果、2000年になってようやくマックベイ艦長は無罪であったとする決議が米議会で採択され、当時のクリントン大統領が10月30日に署名したことで名誉回復が実現した。
        橋本元中佐が亡くなってから僅か5日後のことである。
  • 終戦までに数度、魚雷・回天を以て攻撃を仕掛けるも目立った戦果は伊58潜のインディアナポリスの撃沈のみで、多くは失敗に終わり、終戦を迎えて呉へ帰還する。
    (逆に言えば約二週間の間行われたであろう米軍の執念の捜索を逃げ切ったとも言える。)
    終戦の情報は無線により艦に届けられ橋本元中佐に報告されたが、艦の航行に支障をきたす恐れがあったため、他の乗務員にその情報を伏せたままだったそうだ。
    終戦後はアメリカ軍に接収され、11月に佐世保へ回航。翌1946年4月1日に五島列島沖に海没処分となった。
    ちなみに、五島列島沖で処分される潜水艦たちの映像が残っており、YouTubeでも見ることができる。
    • 戦後、伊58潜の唯一の艦長であった橋本少佐に「私の人生のすべて」と称された。
      • その橋本艦長であるが、実は伊58潜退艦後、雪風の艦長にも内定していた(ただし前述の裁判への召喚のため着任せず)。
      • 上記のインディアナポリスを原爆輸送中に沈めていればと悔やみつつもそのインディアナポリス艦長への不当な責任追及に対して擁護もしていたのだからその人柄の良さも窺い知れる。
      • 戦後は川崎重工造船事業部に勤務の後、神職の資格を取って京都・梅宮大社の神職となった(後に名誉宮司)。
        彼の子と孫も梅宮大社の神職であり、毎年3月に山口県周南市の回天記念碑で慰霊祭を行っている。
      • 橋本艦長は戦後、日米の資料を突き合わせ、行方不明となった日本の潜水艦の最期の調査を個人的に続けていたとも言われている。
    • 伊401の妹の伊402も同時に五島列島沖で海没処分されている。
  • 彼女は伊58としては2代目で、初代は海大III型aの4番艦。
    1942年(昭和17年)5月20日付で、伊58から伊158に改称した。2代目伊58の起工はその年の年末である。
    伊158もWW2を生き残り、同じ1946年4月1日に五島列島沖に海没処分されている。
    1943年3月から7月までは、後に伊58の艦長となる橋本以行少佐が艦長であった。
    • 伊158への改称は、本来1〜50番を指定された巡潜型潜水艦の建造数が予想以上に増加し、50番代以降の海大型の番号を使用するために、海大型の番号に100を加えた措置による。
      伊168も、この時までは伊68だった。
      なお、そこまでして空けた51〜100の艦番は、結局58までしか使っていない。伊58が巡潜型で一番大きな番号を持つ潜水艦である。
  • 時報でドイツ語の勉強と言っているのは「遣独潜水艦作戦」が元ネタ。
    比較的安全な潜水艦によってドイツから技術輸入や資源交換を行おうとした作戦のことで、実際に五回行われているが、伊58は参加していない。
    巡潜乙型の仲間では伊29と伊30が参加したが、どちらも帰路に沈没している。

  • 服装は提督指定という衝撃の事実が彼女によって発覚。覚えの無い指定に提督達に電流走る。他の艦娘の格好もまさか……?よもや島風も……
    • 尤も(多分)軍人であると思われる彼女たちの制服であると考えれば特におかしなことではない…かも知れない。
      スク水自体も戦前にはすでに(俗にいう旧旧スク水と呼ばれるタイプが)存在しているわけだし。
      実際、当時の水着は概ねあのデザインが一般的で、筑波海軍航空隊記念館の公式ブログでも一時期、スク水水着姿の軍人の画像が掲載されたこともあったりする。詳細画像→ ttp://www.p-ibaraki.com/wp/wp-content/uploads/2014/08/17f37d1ef705081f156782ed782c383d-182x182.jpg 
    • スク水が装甲である、これでは防御がアレなのも頷けるというもの。
      • つるつるして機能的とのことだが、それはどちらかと言うと競泳水着の特徴だったりする。しかもスク水の場合、Tシャツなんかより丈夫で分厚い。キミの水着は一体なんなんだ。
      • なお、この機能的という情報は提督に教える形になっている。
        つまり提督から言われた内容ではないようだが、提督がこの服装を選んだ理由は…
  • 入手難度と能力の関係から高確率でオリョクル人員に抜擢される。そのため社畜キャラとして扱われる事も多いとか・・・
  • ゴーヤが持っている魚雷は、艦内に余裕の無い潜水艦などへ搭載するには大きすぎる九三式酸素魚雷を小型化した九五式酸素魚雷。魚雷の直径は53.3cm。呉市の大和ミュージアムに展示されている。
    • 艦これ内の潜水艦は艦艇用61cm魚雷の装備が出来てしまう。「おっきな魚雷、大好きです!」と彼女が言っている事から、アレと違い、装備を拒否しなかったようだ。
    • なお11/1のメンテナンス&秋イベントから本来の潜水艦装備である53cm艦首(酸素)魚雷が装備に加わった。
  • 巡潜乙型改二の魚雷発射管は艦首6門。その他、14cm単装砲1門、25mm連装機銃1基2挺を搭載。水偵の運用能力もあった。
    • 因みにアレを搭載する際に姉妹の14cm砲も撤去されている。伊58自身は前述の通り14cm砲は最初から搭載していない。
      艦これのゴーヤはアレを搭載していないため、14cm砲を積んでいてもおかしくないのだが……。
      ひょっとすれば甲標的の運用のためにあえて降ろしているのかもしれない。
  • 彼女の戦果、インディアナポリス撃沈は日本海軍潜水艦史上最高の栄光とされる。その理由は相手に一方的に被害を与え、自身は無傷だったことが挙げられる。
  • 2011年にアメリカにてインディアナポリス沈没を描いた映画作品が製作中である事が報じられた。CGの伊58を大スクリーンで見ることが出来るかもしれない。
    • 1991年に「Mission of the Shark」という名でインディアナポリス沈没の映画が製作されている。作品は、撃沈されてから乗組員が救助されるまでの描写に時間を割いている。
      実は900名もの乗組員が死亡したのは、伊58潜より発射された魚雷の命中によるものよりも、アメリカ海軍による救助の遅れが原因だったというのが真相のようだ。
      低予算故かどう見ても米ガトー級潜水艦に見える伊58潜や、乗組員の殆どが外国なまりという珍妙なものだった。

  • チャンプルーといえばゴーヤのイメージが強いが、本来は強火で時間をかけずに調理する炒め物の総称。
    強火でも型崩れしづらい島豆腐が主役であるため、入っていなかったり別の豆腐で代替したものはチャンプルーと看做されないことが多い。チャンプ(チャンピオン)の空耳だと信じたい。

この艦娘についてのコメント Edit

管理掲示板からのお知らせ

  • 不適切な発言に対しては、管理掲示板で検討した上でコメントの削除や通報を行ないます。コメント欄で過剰に反応せず積極的に報告をお願いします
  • コメント欄に参加する方は新米提督の手引きコメントのマナーもご確認いただき、皆が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

過去ログ

最新の8件を表示しています。 コメントページを参照

  • うちの夏休みは9月からって2013年からずっと決まってるでしょう!しょーがないでしょ毎年毎年限定作戦で忙しいんだから! -- 2016-08-31 (水) 00:14:25 New
  • 相変わらずのでちボイス -- 2016-08-31 (水) 18:42:29 New!
  • 徹夜で仕事明けの提督「新任務:水雷戦隊、南西諸島海域を哨戒せよ!が実装だと? 水に潜って魚雷打つから潜水艦も水雷戦隊だよな(錯乱) よーしゴーヤ、オリョクルとバシクルだ、さっさといくぞ!(せん妄)」 -- 2016-08-31 (水) 20:18:37 New!
  • ゴーヤよ、夏休みはゆっくり出来たかな?イベント中は堀が忙しいからオリョクルで南西諸島の任務をしている場合では無かったけど、今日からまた頼むぞ -- 2016-08-31 (水) 21:55:07 New!
  • 提督指定の水着がきつくなってもオリョクルしてたら大丈夫だよねw -- 2016-08-31 (水) 21:57:59 New!
  • 水着がきっつきつになって色々と食い込んじゃう58のグラフィックはよ!! -- 2016-08-31 (水) 22:54:11 New!
  • 58「ゴーヤを追いやったニムに決闘を申し込むでち!ゴーヤが勝ったらゴーヤを鎮守府に戻すでち!」 -- 2016-08-31 (水) 23:55:48 New!
    • とか書いてみたけど潜水艦同士の決闘って互いに攻撃できないからお見合いして終わりじゃんw -- 2016-08-31 (水) 23:58:28 New!
  • 提督「下半身をスカートでしか覆ってないひらひらの水着をプレゼントしよう。(つまり○いてない)これを着ればトイレ行く手間を省いてオリョクルできるし夜は提督と○○できるし一石二鳥だぞ!」 -- 2016-09-01 (木) 00:03:21 New!
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

建造成果の報告は建造レシピ内にあるコメント欄に、
ドロップ報告に関しては出撃ドロップ内にあるコメント欄にて行なっていただけると幸いです。





*1 艦本式ディーゼルエンジンはXX号が形式名、XX型が気筒数を表している
*2 意外なことだが、陸軍は特攻に否定的な立場を取っていた
*3 因みに収録エピソードは坊ノ岬沖海戦、本土防空戦、終戦時のゴタゴタや幻の本土決戦など末期戦の話で太平洋では決戦しなかったりする
*4 第5艦隊司令長官スプルーアンス中将がインディアナポリスの出身で故郷の名がついた艦を愛用した、一方、戦艦インディアナの立場は……
*5 もちろん、司令部は護衛の艦隊を随伴させることも考えた。しかし、原爆の存在は日本どころか連合国の如何なる国に対しても極秘であり、「護衛を付けた大艦隊が太平洋を横断すれば、自ずと目につき噂になる。それでは極秘どころか宣伝して歩くようなものだ」という旨の意見も多く、司令部は考えあぐねた末にインディアナポリスを単艦で航海させたのだった。
*6 が、内容を要約すれば「単艦で行動させていたのが悪く艦長の責任ではない」と言う事で、米軍側に都合が悪くカットされていた