Top > 三式指揮連絡機(対潜)

三式指揮連絡機(対潜)

Last-modified: 2017-10-07 (土) 07:45:03
No.070
weapon070.png三式指揮連絡機(対潜)対潜哨戒機
装備ステータス
火力雷装
爆装対空
対潜+7索敵+1
命中+2回避
射程
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可能
あきつ丸改の初期装備
春日丸/大鷹には装備不可
陸軍で開発、対潜哨戒機としても運用されていた固定翼機です。
現代のSTOL(短距離離着陸機)のような性能を持ち、艦載対潜哨戒機として運用されました。
全通甲板を持つ強襲揚陸艦や軽空母などで運用可能です。

ゲームにおいて Edit

  • 現在入手方法はあきつ丸改の初期装備のみ。
  • 同じ艦載対潜機のカ号観測機との比較で対潜-2、索敵+1、命中+1。 対潜値が僅かに低い分命中率が向上している。
    また、こちらは航空戦艦や航空巡洋艦には積めず、軽空母とあきつ丸改しか搭載できない。
  • 最大のメリットは航空戦に参加しないためボーキの消費が一切無い事(なお他の艦載機と一緒に発艦する演出は入る)
    航空戦では相手が対空0の潜水艦隊であろうとも一定確率で艦載機が墜ちるため、艦攻ガン積みで何戦もしていれば結構なボーキを消費するのだが、一部をこれに置き換える事でボーキの消費を抑える事が出来る。
    • ただし軽空母搭載時は、一緒に艦攻艦爆のどちらかを積まないと攻撃しないので注意。
      軽空母が砲撃戦に参加する条件:「爆撃機」もしくは「攻撃機」が1スロット以上配備されていること。この装備は「対潜哨戒機」なので条件を満たせない。
    • カ号or零式ソナーが揃うとお役御免になりがちな装備。
  • 装備ソートでは索敵機に分類される。対潜装備の欄に無いからと慌てないように。
  • なお、現時点では艦載機熟練度システムの対象外である。

小ネタ Edit

  • 空中指揮や連絡、弾着観測、偵察を主任務として開発された三式指揮連絡機の対潜哨戒仕様。
  • 元が偵察機だけに視界はかなりのもの、不整地でも運用可能かつ短距離で離着陸可能なSTOL特性を持っていたりと額面だけならもの凄い高性能機のようだが、そのために犠牲になったのは速度
    MAX178km/hという超鈍足である。だが空戦やったりどつき合いがお仕事な機体ではなかったのでそれでもよかった。
    また、偵察/観測機として必須の下方視界やSTOL性能、低速時安定性を最優先に設計された結果がこの愉快独特な形状である。さらに陸上輸送を考慮して主翼は後方に折り畳み可能。
    特に下方視界は「見えすぎ」とまで絶賛されるほどの良好さを誇っていた。正式採用された頃には使えるような状況じゃなかったけどな!
    • その性能を示すデータとして、向かい風が風速5mもあればわずか30m前後の滑走で離着陸可能。
      存外何とかなりそうな数値にも見えるが、重要なのは本機が布張り木製だったりボディがスカスカの複葉機ではなく全金属製の単葉機であるということ。
      速度を求めると機体強度が必要になり、重量化した機体を飛ばすために強力なエンジンを欲し……悪循環である。そして高速機であるほど離陸距離は増大する。
      つまり、当時の機体でSTOL性能を付与しようと思うと概ね速度を犠牲にせざるを得なかったのだ。
    • 強い風が吹くと、駐機中の機体が浮き上がって飛ばされることがあったという。
  • 連絡機として配備されて運用可能となった頃には制空権は喪失気味、鈍亀な機体ではただのカモということで使い道を考えた結果、
    辿り着いた結論は「操縦特性がグライダーっぽいしSTOL性能活かして対潜哨戒機として使えばよくね?
    • 何故陸軍が対潜哨戒までし始めたかというと、海軍側が船団護衛や輸送船航路の潜水艦狩りなどに戦力を回す余裕が殆ど無かったという事情があった。
      • 実際は対潜任務についてあきつ丸やカ号の扱いを含めて、陸海軍間での折衝や調整が行われていたようである。
  • そんなわけであきつ丸に搭載し、彼女が輸送任務に従事するまで3ヶ月間艦上運用試験が行われ、その後陸揚げされた哨戒部隊は福岡第一飛行場を拠点に、東シナ海方面や関釜航路の哨戒に従事した。
    パイロットとして選定された特別操縦見習士官はグライダー操縦経験者のみで構成されていたという。
  • 100kg爆雷を2個装備できた本機のほうが本来60kg爆弾1個のカ号より対潜攻撃力は高く、実際あきつ丸艦載機はこの理由でカ号ではなく本機が選定されたのだが、何故か艦これでは本機のほうが攻撃力が低い。
    • おそらくは偵察が主任務という出自上、命中補正がついた分のゲーム的なバランス取りと思われる。
  • 濃霧で視界が利かなくなり迷ってしまった時、近くに牧場があったので牧場に着陸して基地の方角を尋ね
    そのまま牧場から飛び立ったという逸話がある

  • この機に関しては漫画家のわちさんぺい氏が書いた『空のよもやま物語』(光人社NF文庫)が詳しい。面白いエピソードも多い。
    • 本機は尾輪ではなく尾橇式だった為に離着陸時の揺れが酷く、わち氏が練習機から外され保管していた尾輪に交換したとか。
      学校の校庭に着陸してしまい、校庭を斜めに利用する事で飛び立ったというものもあったりする。
      さらに同氏はあきつ丸での運用を前提にした対潜爆弾の投下訓練まで参加していたりする、本職は整備兵なんだが。
      • 各務原で百式司偵四型のテスト飛行が行われていた頃、名古屋在住の三菱の技師はなんと三式指揮連絡機で送迎されていた。近所の空地に離着陸していたという。
        その帰りにちょっと着陸してみたくなったというのが件の学校着陸事件の真相である。なお、着陸先は女子校である。
  • なお、似たような運用をされた航空機が連合国側にもある

この装備についてのコメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 大鷹改に載せれるのねこれ -- 2017-05-11 (木) 20:48:49
    • STOL性能を活かして、もっと甲板狭い初期から載せれてもいいのに -- 2017-05-15 (月) 08:15:56
    • 載せられるようになったのと同時にソナーと爆雷が解禁されるから、結局要らない? -- 2017-05-17 (水) 21:02:35
      • 策敵が付くから策敵ルート制御も一緒に必要って場面ならありかもね。そんなシビアな策敵要求される対潜マップはイベでも来るか怪しいけど。 -- 2017-06-01 (木) 16:32:04
    • 対潜値自体は高いけど熟練度ボーナスが乗らない、別に艦攻でも大鷹のスロは制空権確保してれば減らないからシナジーか何か発覚しない限り大鷹に載せる意味はなさそう -- 2017-05-18 (木) 14:59:41
      • 熟練度ボーナス付いたら対潜限定で艦攻がいらない子になるな -- 2017-06-04 (日) 09:24:31
    • これ以外に艦載機を載せないと大鷹は先制対潜はするが砲撃戦で攻撃しない。大鷹改二になってからの1-5周回で大鷹改二にMVP集中をあえてさせないためのテクニックとして使えなくもないかな -- 2017-05-18 (木) 15:20:09
      • なるほどなー。大鷹のレべリングは簡単だけど海防艦はどうしても遅れがちだし、その場合の1-5の引率では割と使えそう。 -- 2017-05-19 (金) 11:16:57
      • 戦闘機x3とコレを載せて、制空キャリアー+先制対潜役とかもできるね。損耗がないため、最小スロットで問題ないのも利点に。 -- 2017-05-19 (金) 22:16:49
      • ↑その構成は砲撃戦に参加しない(水上艦相手にも)ってのもいいね。中射程の脆い大鷹は時として砲撃戦で隙となるし……ってだんだん大鷹改二のページでやれっつー内容になりつつあるな -- 2017-05-21 (日) 15:57:24
      • 大鷹改二の性能が夢ひろがりんぐ過ぎて関連する要素のある装備全部に飛び火してる感じはする。不遇だった装備にも光が射してるから比較的良い意味ではあるんだけど。 -- 2017-05-21 (日) 21:43:56
  • 普通の軽空母にこれ載せたら、護衛空母もどきの事が少しできる・・・ような特典欲しいな -- 2017-05-18 (木) 16:24:18
    • それいいね。 -- 2017-05-19 (金) 23:05:24
    • 軽空母よりもあきつ丸にそういう特殊能力欲しいなぁ。大発持ちも空母に入らない貴重な制空役も過去のものになっちゃってるし -- 2017-05-21 (日) 14:41:29
      • あきつ丸には悪いが、そういう能力は装備固有にしてくれた方が応用が利くから使い勝手良いんだよね。 -- 2017-05-25 (木) 21:39:09
      • あきつ丸改が持参するんだから持ち主補正でそういう特殊能力あってもいいだろうな。現場では大鷹型よりも陸軍船のあきつ丸の同類の方が歓迎されたとか言う話もあるし -- 2017-06-04 (日) 09:22:05
  • 爆雷みたいに「艦隊全体の対潜火力キャップが上昇」とかそんな効果つかないかなあ。 -- 2017-05-28 (日) 23:31:20
  • 5/30に出た世界の傑作機シリーズがシュトルヒでそれのおまけで類似機についての解説があったんだけどそれには節約のため木や羽布の構造も結構使ってたとあるんで全金属機というのはどっからの引用なのかな -- 2017-06-04 (日) 09:00:32
    • 手持ちの資料だと、三式指揮連絡機は翼骨格にスプルースと樺使ってて、翼表皮は全て羽布張りとなってますな…。STOL性向上の為の軽量化と戦時の資材節約考えれば、これが全金属製ってのはちょっと無理があると思います。記事書いた人の勘違いじゃないかと。 -- 2017-06-13 (火) 12:25:08
  • 現状1-5だけで言えば大鷹で使うには艦攻とソナー&爆雷投射機セットで3枠確定してるが効果的に爆雷のが良い訳だからこの装備は埋もれがちなんかね?どっかのアプデで何かしらの効果なりが付かないと軽空母で対潜できるとあっても爆雷一択の現状じゃ誰も使わんのでは…。 -- 2017-07-19 (水) 02:39:51
  • こっちにも実装されたしソードフィッシュのリンクのところ艦これ装備のリンクにしたら? -- 2017-08-17 (木) 18:15:13
  • これも機能強化というか、なんかテコ入れほしいね -- 2017-09-02 (土) 21:43:51
  • 運営ちゃんこれのこと忘れてそう -- 2017-09-03 (日) 00:11:35
  • この機体の実機が積める爆雷って陸軍の独自開発なんだろうかね? -- 2017-09-13 (水) 17:05:54
  • 潜水艦探しならお任せ...秋刀魚ですかっ!? -- 2017-09-29 (金) 20:36:11
  • サンマの面でもカ号に負けてるとは… -- 2017-10-09 (月) 21:24:22
    • これ3人乗りだし速度も遅いし明言してないだけで効果ありそうだけど・・・同時に手に入るカ号でいいよねっていう -- 2017-10-12 (木) 13:20:11
  • なにやら対潜哨戒支援やら東海実装で、この装備に陽の目が当たる日が来たのか? -- 2017-11-17 (金) 20:11:47
    • まずカ号と差別化出来るかという問題が有るし、出来たとしても新支援が対潜だけじゃなく従来の航空支援も兼ねる場合、931空とか対潜値の高い艦攻と競合する可能性も有る。と考えると前途多難な気がする -- 2017-11-17 (金) 20:30:57
    • 対潜支援は欲しいが航空支援は要らないとき、カ号が足りなければこれを使うことになる。あとは正規空母を対潜支援に出すときは高対潜値の艦攻を正規空母に優先して載せることになるので、軽空はやはりカ号とこれを中心にして載せることになる。 -- 2017-11-27 (月) 21:53:57
  • 折角の+7対潜が泣いておられる・・・ -- 2017-11-26 (日) 19:03:17
  • 陸軍で開発されたのに陸上基地に配備できない不具合 -- 2017-11-26 (日) 19:36:59
    • まったくだな。ただまあ、こやつは足が短い(750km)から、配備されても後続2か3くらいかね・・・ -- 2017-11-27 (月) 21:43:14
      • 撃墜や消費も気になるけど、コレと大艇で長航続させる運用が一番の謎 -- 2017-12-06 (水) 23:45:45
  • 水上偵察機などって言うから期待したのになぁ -- 2017-12-11 (月) 20:00:12 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White