Top > 試製51cm連装砲

試製51cm連装砲

Last-modified: 2017-06-29 (木) 06:50:41
No.128
weapon128.png試製51cm連装砲大口径主砲
装備ステータス
火力+30雷装
爆装対空+5
対潜索敵
命中+1回避-1
射程超長
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修可
大和型、長門型改、改長門型(=長門型改二)のみ装備可能
2015年冬イベント*1E2、甲作戦突破報酬
2015年春イベントE1、甲作戦突破報酬
2015年6,7,9〜11月戦果上位報酬
2016年1,5,6,11月戦果上位報酬
改「大和」型、そしてその拡大発展級である超「大和」型の主兵装として開発されている新型戦艦用大口径主砲です。
51cm砲が実現する群を抜いたその火力は、他の戦艦主砲の火力を圧倒します。
46cm砲をも凌駕する大きさと重量なため、戦艦級の中でも限られた艦艇のみ、本兵装を装備することが可能です。

ゲームにおいて Edit

  • 2015年2月6日に開始された2015年冬イベントE2甲作戦クリア報酬として実装。その後2015年春イベントE1甲作戦のクリア報酬にもなった。
    • 公式Twitterいわく「先行実装」なので、再入手の可能性はあった。
    • その後2015年6月作戦の報酬として20位以上に配布、最上級ランカーには2基配布された。なお☆5装備がランカー報酬として配布されたのはこれがはじめて。論者装備もついに可能に。
      履歴
  • 2016年6月現在、通常の入手方法は無い。
  • 性能は大和砲を超えて火力は驚愕の+30。反航戦やT不利時ですら昼戦時の火力キャップ値に迫ることが可能。
    • 大和型改に本装備1つと大和砲3つを装備すると火力247。砲撃戦ではダメージ計算時火力+5されるので252となり、
      ついに単縦陣に限りT字不利でもキャップに到達できるようになった。それまで可能だったのはハルナのみ。
      • 2017/03/17のアップデートにおいて昼砲撃戦の火力キャップが20%緩和されたことにより、同条件下での必要火力が300になった。
        よって本装備をガン積みしてもキャップ到達が再び出来なくなったことになる。
      • 本装備1つと大和砲2つで221+火力ボーナス5で丁度反航戦時のキャップに到達、複縦陣反抗戦でも火力144+5となる。
    • 対空は大和砲と同一だが、試製型のためか命中+1が付いている。対空補正%は不明。
    • 一方重いためか回避が-1。僅かな低下なので、艦のLv(回避値)が余程低くなければ大した影響はないものと思われる。
      • ちなみに回避が低下する装備にはバルジがあるが、あちらは-3。
    • 過去にランカー以外で入手可能だった2基と徹甲弾を大和型に装備すると火力207。木曾改二の夜戦連撃火力(206)を上回り、昼夜共安定した火力を叩き出す。

  • 2015/5/18アップデートでついに改修可能となったのだが……最初の改修から大和砲を2基要求してくるうえ、弾薬は550、鋼材は950と消費量は相当重い。
    • 非確実化でも初期から開発資材7、ネジ5が必要なので破産には要注意
    • ★+6以降は消費装備が大和砲3基になるうえ、開発資材10、ネジ7が必要。確実化すると開発資材15、ネジ10になる。
      • ★maxまでに大和砲は24基必要
      • また開発資材/ネジは最低82/58、★+6以降を確実化すると102/70も必要。なお資源は500/5500/9500/800と、弾薬と鋼材が大型建造クラスになるので注意。
      • 現状でのエンドコンテンツのひとつだが、消費装備の大和砲は41cm連装砲など改修用の他主砲を集める過程で十分に狙える。

  • 装備可能艦種に戦艦が無いことからわかるように、並の戦艦には装備できない。装備可能なのは4隻のみ。
  • 大和型も長門型改もいない提督は装備変更画面に本装備を表示させられず、ロックができない
    その場合、廃棄画面でのみ確認できる本装備を誤廃棄しないよう注意しよう。
    • 陸奥は他3隻に比べてボスマスドロップ等入手の機会が多いため、早々に迎えてロックしておきたい。
  • 装備可能艦が他の大口径主砲と違うためか装備の並び順が特殊で、主砲カテゴリーではなく高射装置WG42の後ろに並ぶ。
    • 本装備を入手後に早速なくしたと焦らないように。

  • 現在、本装備を2つ装備した大和改、長門改において命中率の明確な向上低下が確認されていない。説明文に46cm三連装砲より重いとあるものの、過重量補正は気にしなくて良い。
    • フィットによる命中向上が無さそうな点は弾着ができればそれほど気にならない可能性も高いが、問題は弾着不可の時と連合艦隊編成時。破壊力を優先するか命中を優先するかしっかり考えておこう。
      • もっとも、普段からフィットの考慮なしで金剛型や長門型に大和砲*2装備が標準になっている人は特に気にしないかもしれないが。
  • 本装備と41cm連装砲を1つずつ積むと火力+50となり、その時点では大和砲*2の+52には僅かに届かない。
    • しかし41cm砲のフィット補正により命中向上が期待できる、長門型にとっては良い組み合わせとなる。
    • 41cm連装砲試製41cm三連装砲もしくは41cm三連装砲改に変えると火力+52となり、大和砲*2と並ぶ。フィット補正に加えて砲自体の命中補正もあるので長門型が受ける恩恵はより大きくなる事に。

  • 砲全体が友永隊の妖精さんのような光を纏っている。あちらと異なり技術者っぽい妖精さんは光らない。
    • カットイン攻撃発動時にはこの光ごと表示される、その存在感は誰が見てもわかる程に圧倒的。
  • 5つ目の☆5装備で、他には震電改天山一二型(友永隊)彗星(江草隊)艦隊司令部施設試製FaT仕様九五式酸素魚雷改381mm/50 三連装砲改天山(村田隊)などがある。
  • 余談となるが本装備の実装と同時に、深海棲艦側にも同等規模の「20inch連装砲」が実装されている。技術競争待ったなし
    • 16inch級の戦艦主砲は、深海棲艦側に16inch砲、こちら側に41cm砲がともに実装済み。*2
    • 一方こちら側の46cm砲に相当する18inch級の戦艦主砲は、深海棲艦側に未実装である。どうしてこうなった。

以下主要な大口径主砲の性能比較表(装備最大値/大口径主砲上位早見表/テーブルより転送) Edit

装備名火力対空命中回避装甲射程入手方法改修追加
試製51cm連装砲3051-1-超長イベント、ランキング編集
46cm三連装砲265---超長開発、初期装備、改修、イベント編集
試製46cm連装砲2341--超長イベント、ランキング編集
41cm三連装砲改2264-1改修、ランキング編集
試製41cm三連装砲2252--初期装備、改修、イベント、ランキング編集
41cm連装砲204--開発、初期装備編集
試製35.6cm三連装砲1852--改修、、イベント、ランキング編集
35.6cm連装砲(ダズル迷彩)15511-初期装備編集
35.6cm連装砲154--開発、初期装備編集
16inch三連装砲 Mk.7+GFCS243711改修編集
16inch三連装砲 Mk.72434-1初期装備、イベント、ランキング編集
38cm四連装砲改22231初期装備-編集
381mm/50 三連装砲改214-1-1-超長初期装備、改修、イベント編集
38.1cm Mk.I/N連装砲改1932--改修、ランキング編集
30.5cm三連装砲改173311初期装備-編集
38cm連装砲改1723--初期装備編集

※本表による固有ステータスの他、積載艦個別のフィット・過積載補正による命中補正(-10+7程度)がある

小ネタ Edit

  • お馴染み試製46cm連装砲の後継装備。20インチ砲=50.8cmとされることもあるが日本がメートル法を採用している為、例によって正51cmが正しい。
  • 昭和17年度スタート予定の第五次海軍軍備充実計画(通称マル五計画)で、マル三計画の大和・武蔵、マル四計画の110号艦(後の空母信濃)・111号艦(建造中止)に続き、大和型1隻*3と超大和型2隻、超甲巡2隻の建造が予定された。
    この計画により、新型主砲2種が開発されることとなった。それが超大和型用の45口径51cm砲「試製甲砲」であり、もう一種の「試製乙砲」は超甲巡用の50口径31cm砲である。
    • 超大和型建造計画は「A-150型計画」として1941(昭和16)年、日米開戦直前に決定。竣工は1947年の予定だったという。またこのとき、新しく九州・大神の地に戦艦と空母各1隻を同時に建造できる巨大海軍工廠建設の構想も具体化している。
  • 超大和型は当初は51cm砲9門装備の30ノット戦艦が要求されたが、そのような戦艦の建造と運用は不可能と判断され*4、46cm三連装砲をサイズが似通った連装砲塔の51cm砲に換装、大和型とほぼ同じ規模の船体とする形にまとめられる。
  • しかしミッドウェー海戦で正規空母4隻を一気に失ったショックで海軍の造艦行政は一時期恐慌状態に陥り、マル五計画は空母の大増産を目指した改マル五計画に緊急改訂される。*5
    これにより、大和型と超大和型、そして超甲巡の建造は廃案となってしまった。*6*7当然、新型主砲開発も不要となり、開発は中途で放棄される。
    • 昭和17年の段階で1基が完成もしくは組み立て直前だったといわれるが、終戦後アメリカに引き渡されてからの消息は不明。スクラップにされたとも、輸送船が嵐で沈んだとも言われているがいずれも噂の域を出ていない。
  • 性能や仕様についてはほとんどが不明だが、46センチ砲弾が1460kgなのに対して51センチ砲弾は1950kgとなり、砲弾の重量増に伴う射撃速度の低下を補うために装填機構の改良が検討されていた模様である。*8
  • 図鑑上では「46cm砲をも凌駕する大きさと重量」とあるが、超大和型の最終案が大和型の改設計ということもあり模型などでは(三連装から連装への変更もあり)同程度の規模になったとされることが多い。(これは大和型の金型流用というメタ的な事情もある)
  • ちなみに図鑑の説明では改大和型の主砲も51cm連装砲で計画されていたかのように読めるが、改大和型は大和型に小さな改装を加えた程度のものであり、51cm砲を搭載する予定はなかった。
  • なお、武蔵の主砲塔を輸送した給兵艦樫野は、51cm砲塔の輸送も考慮していた。樫野の積載重量は4800t*9あり、51cm連装砲塔(2730t)*10+51cm砲身2本(454t)*11だけでなく、51cm3連装砲塔(3790t)+51cm砲身3本(681t)が採用された場合でも輸送可能だった。なので、艦これ最強の戦艦主砲は51cm3連装砲になるかも
  • このようなぶっ飛んだ発想の砲、実は結構他の国でも考えていたりする。どこの鋼鉄の咆哮だよ・・・
    • イギリスでは1915年に50.8cm(20インチ)連装砲搭載の巡洋戦艦が計画されていた。最新でも15インチ(38.1cm)砲、主流は12インチ(30.5cm)砲の第一次世界大戦中に後の大和型より巨大な艦を建造するという壮大な計画だったが、必要性が薄まった上に発案者のフィッシャー第一海軍卿*12が失脚し起工すらされぬまま計画中止に。
      それ以前に前代未聞の武装と300メートル超えの全長でありながら排水量はフッドの1割増し程度(47000t程度)しかないものが果たして造れたかどうか、さらに造れたとして攻撃力に対して貧弱すぎる防御(対30cm砲防御程度)と30メートルしかない艦幅ではまともに運用できるかどうかすら怪しい。
      仮に起工してもユトランドにさえ間に合わず、戦訓を取り入れる改設計中に軍縮条約の煽りを受けて解体された可能性が高いだろう。
      • もっとも、この艦は巡洋戦艦というよりはフューリアス級大型軽巡洋艦の系譜にある艦で、「超大型軽巡洋艦」と言っても過言ではない艦である。
    • ドイツではこれをさらに上回る53cm砲の試作・試射が行われており、さらにブッ飛んだことに80cm連装砲4基を主砲とする戦艦の構想すらされていた。何も言わずにスペックをごろうじろ・・・*13
      • 609.6m×91.44m×16.75m
      • 基準492,702t、満載627,843t
      • 498,735hp、30kt、30,000浬/20kt
      • 80cm供4、24cm71口径AA機12、12.8cm60口径AA供12、対空砲多数、533mmTT×6
    • 要するに、有名な列車砲「ドーラ」の艦載版である。H44に次ぐ戦艦を設計するとき、ヒトラーさんのご希望でこれを主砲にした計画排水量70万トンの超戦艦にした。終戦で承認にまでは至らなかったが(なのでまだ完成したスペックではなくかなり変更の余地がある)ご覧のありさまだよ!畜生め!
  • 一方これらの口径に走ったヨーロッパ&日本に対して砲塔の奇怪さ発想に走ってしまったのがアメリカである。。一方でとあるが実際にはまるで時代というか世代の違う試行錯誤である
    • キアサージ級戦艦とバージニア級戦艦(どちらも前弩級戦艦)は主砲口径自体は短口径33cmと長口径30.5cmで至って普通の口径であり、副砲も20.3cmと時代相応の口径だった…のだが砲塔が二段重ねという前代未聞の鏡餅スタイルを持っていた。
      一応居住区の拡大や人員の削減、弾薬庫防御の統一等様々な利点はあったのだが、副砲と主砲で同一目標しか狙えず重心も上がり揚弾も窮屈で両砲の爆風で弾道がブレまくるというそれ以上の欠点が重く圧し掛かる方式であり、アメリカ以外全く追従しなかったという曰く付きのデザインになってしまった。*14
      • うちキアサージは退役後船体の半分を超える超大型クレーンを装備した起重機船として再就役し、沈没した潜水艦を引き上げたり後輩の戦艦の武装や装甲を扱ったり何だかんだで1955年まで奇怪な外観で現役で活躍していた。アメリカ戦艦唯一州名由来じゃなかったり*15異色過ぎる迷艦である。
      • なおこの方式は失敗ではあったもののその経験は弩級戦艦の時代になってから花開き、最も理想的な砲塔配置とされる背負式配置を初採用したサウスカロライナ級戦艦の誕生に繋がるのである。*16

この装備についてのコメント Edit

過去ログ

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 過去のイベント、しかも前半戦で2回も報酬で配布されてるからその内また・・・と思っていたがランカー報酬ばかりやね…1つでいいからほしい・・・ -- 2017-05-25 (木) 04:22:42
  • これの3連装版もみてみたいきがするけど、色々無理だったんでしょうかね... -- 2017-05-25 (木) 10:15:24
    • 大和以外に積めなさそうw -- 2017-05-25 (木) 10:37:34
      • 46cm三連装とこいつの重量が近いってのが大和型船体にこれを積む計画が出た理由の様なので三連装は多分大和型でも無理 -- 2017-05-25 (木) 16:27:51
    • 積めるだけの艦を造るのが色々な意味で無理だったからね51cm三連装砲。超大和型実装の暁には計画がスケールダウンしていった史実を逆に追って三連装が出ると嬉しいけど見果てぬ夢だな… -- 2017-05-25 (木) 16:23:40
    • 佐藤御大の作品によく出てくる播磨なら可能。 -- 2017-05-29 (月) 20:49:35
  • 長門改二は41cm連装&三連装がフィットという話が本当なら、51cm砲も以前ほどの価値はなくなるなあ -- 2017-05-27 (土) 01:53:18
    • 素火力が大幅に上がった時点で価値自体は低くなってるな。反抗戦対策ぐらいにはなるが。 -- 2017-05-27 (土) 13:51:47
    • 大和型がいない時に射程調整に使えるのは以前通りだから・・・ 5-1水上打撃とか -- 2017-05-27 (土) 15:22:23
    • きっちり改修して命中を補強すれば現役でしょ。改二実装前より価値が下がったのは否定しないが、むしろ無理に高威力の主砲を採用する必要がなくなったっていえる -- 2017-05-31 (水) 22:03:05
  • 長門改二が超強化されたおかげでやっとこの装備がない辛さから抜け出せた。これで古参に散々馬鹿にされなくて済む -- 2017-05-27 (土) 23:15:09
    • キミが「これ持ってない重度のコンプレックス持ちだった」とか知らんがな てか誰得ネガコメはチラ裏にでも書いてて? -- 2017-05-27 (土) 23:27:11
      • 自分の -- 2017-05-29 (月) 11:35:24
    • (古参もそこまで君を見てないと思うよ) -- 2017-05-28 (日) 07:36:26
    • 何でキチガイ(古参)の妄言なんか気にしてんの? -- 2017-06-03 (土) 19:44:43
      • むしろキチは木主じゃない?妄想っぽい発言だし -- 2017-06-04 (日) 07:20:28
      • 被害妄想ってやつでしょ -- 2017-06-04 (日) 11:27:40
      • 51冕いない長門型なんて使う価値がない的なコメントは何度もみたことがあるし被害妄想でもないな -- 2017-06-07 (水) 10:02:29
      • 長門型が不要ってのと古参に馬鹿にされるってのは違うような -- 2017-06-07 (水) 10:08:51
  • 重箱だけど装備関連記述に長門改二(改長門型)が含まれてないから少々修正してはどうだろうか。長門型改のところを長門型(改以降)とか -- 2017-05-28 (日) 07:34:01
    • まあ、陸奥改二は装備できないなんて事はなさそうだけど、修正しても大丈夫かな? -- 2017-05-29 (月) 20:59:11
    • 陸奥改二実装まで待つほうがいいかな?二度手間になるし -- ? 2017-05-30 (火) 15:52:17
      • 現状は改以降で間違いは無いし、装備出来なかったら修正すればいいんじゃないかな -- 2017-05-30 (火) 18:43:13
    • 装備可能艦種に〜の文に長門改二を追加 -- 2017-05-31 (水) 20:55:11
  • 俺の51冕い髻(ボロン)ネタって見ない気がする。大きすぎてみんな尻込みするからかな? -- 2017-05-30 (火) 18:50:31
    • 単に大きければいいってもんでもないからね〜 -- 2017-05-30 (火) 22:18:25
    • いい加減そのネタ飽きた。二年前のイベント以降ランカーにしかくばってないので知名度ない。ってところかな。 -- 2017-05-30 (火) 22:33:15
  • 小ネタにドイツのH45級の話があるけど全長も全幅も日本の50万トン級戦艦とほぼ同じなのは偶然だろうか。50万トン級戦艦の全幅91メートルは波の動揺に関わらず水平を保てる最低の幅を算出してそこから全長を決めたらしいけど、ドイツも同じ方法で同じことをやったからここまで全長全幅が同じになったのか。 -- 2017-05-30 (火) 23:56:08
    • 単にドーラ積める船体考えたらああなったってだけな気がする -- 2017-05-31 (水) 20:47:44
    • ビスマルク級をベースに主砲を80cmにして積める大きさに拡大した結果じゃね?(H級の設計思想はビスマルクがベース、波の動揺云々は関係ないっしゅ) -- H45級は男の浪漫、俺の嫁? 2017-05-31 (水) 20:54:16
    • そもそもH45自体がガセネタという話も根強くあるんやで。 -- 2017-06-29 (木) 06:19:12
      • H45級について記載されてる書籍はあるけどな。 -- H45級は男の浪漫、俺の嫁? 2017-06-29 (木) 20:27:16
  • 装備可能艦のところに長門型改二についてまだ書いてなかったので足しておいた -- 2017-05-31 (水) 14:54:29
  • 本装備と41cm連装砲を〜の所に一文追加。規則に触れるなら削除してください -- 2017-05-31 (水) 21:17:48
  • 長門は試製41のみでも同航180が実現できるようになったし、この砲はむっちゃんに2詰みさせてみようかな。 -- 2017-06-02 (金) 14:25:48
    • その陸奥にも改二が来ることが予想されているし、長門型二隻に改二が実装されると産廃とは言われないまでも重要度は改二実装以前よりは低下するだろうね -- 2017-06-04 (日) 07:50:03
      • 低下は -- 2017-06-04 (日) 08:11:38
      • 切れちった。低下はするだろうけど、反抗戦対策まで考えていくと以前装備するメリットはある。何より46cmなんとかと違って過大でないから装備して損するようなことは絶対に無い。 -- 2017-06-04 (日) 08:13:19
  • 龍が如く6に超大和出てきたことを今更知った -- 2017-06-02 (金) 20:21:33
  • 一回撃つごとに軽トラック1台降ろすくらい軽くなるのか…… -- 2017-06-04 (日) 02:02:19
    • 斉射同士なら46cm三連装の方が軽くなる。こっちは二発だけどあちらは三発だからの -- 2017-06-04 (日) 05:52:49
    • 軽トラを射出する光景を想像してみた 戦艦の主砲怖い -- 2017-06-04 (日) 08:10:54
      • これが現代の空戦だと、経費的にAAM1発撃つたびに国産高級セダン1台か外車(ベンツやBMW)が飛んでるようなモンだしな。とうに退役済みだが、ドラ猫専用装備のフェニックスミサイルなんぞ都内の高級億ション(1発約3億円)撃ってるも同然だった訳で。……戦争は金ばっかり掛かって虚しいものだなぁ -- 2017-06-04 (日) 10:17:10
      • 昔からそんなもんでしょ、酸素魚雷1発で家が建つってもんだから。 -- 2017-06-04 (日) 11:29:16
      • 重量の話がいつの間にかお金の話になっていますね...重量なら軽トラよりハイエース(ワゴン)が1910kgで近いゾ -- 2017-06-06 (火) 23:38:52
      • 当たって破壊できればそれ以上の高価な兵器をオシャカにできるわけだしね -- 2017-06-06 (火) 23:39:50
      • やっぱ戦争ってクソやね。こんな金動くなら、そりゃ人間の命なんて軽く扱われる -- 2017-06-10 (土) 22:09:45
      • そりゃあねぇ、確実に当てる為に人が乗って誘導するってコンセプトが運用される位だし、まぁ他国のは直前で脱出&切り離す仕様だけどw -- 2017-06-12 (月) 20:37:32
  • 嫁の武蔵さんに乗せたいのでくーださい -- 2017-06-18 (日) 20:25:10
    • ここにはない(無慈悲) -- 2017-06-19 (月) 19:57:14
    • 甲勲章51個と交換可能です(51cm故に) -- 2017-06-19 (月) 20:14:05
      • 誰も交換できねぇwww -- 2017-06-21 (水) 05:41:06
      • 10年経っても無理じゃねーかw -- 2017-07-08 (土) 17:22:01
      • 因みに勲章の場合は102個必要となります(51cm連装故に) -- 枝主? 2017-07-10 (月) 21:32:56
  • まさかその内試製が取れた51cm三連装砲が出てくるんじゃ……完全に火葬戦記の世界になるが -- 2017-06-21 (水) 03:40:23
    • 超大和型実装後じゃないと誰が扱えるんだそれ -- 2017-06-21 (水) 05:40:33
    • 故・佐藤御大の戦艦近江や播磨なら搭載可能だな! -- 2017-06-21 (水) 20:14:52
    • どうせなら80僂泙任い海Δ -- 2017-06-21 (水) 21:09:09
      • H45級「80cm3連装砲? 流石に気分が高揚します」 -- H45級は男の浪漫、俺の嫁? 2017-06-22 (木) 20:05:06
      • ↑時々言われる空母のハボさんといい、他の艦娘との対比でゼントラーディ人みたいな感じで執務室に入れないってのを想像した(笑 -- 2017-06-22 (木) 20:46:01
      • 前に薄い本で似たようなのあったっけ、鹵獲?した港湾棲姫が執務室に入って来た時に「頭つかえとる・・・」ってw -- H45級は男の浪漫、俺の嫁? 2017-06-23 (金) 21:58:03
    • 日本武尊もつめたような・・・ -- 2017-06-21 (水) 21:10:20
      • あれは二基積んでたけど想定が対地メインだったような -- 2017-06-22 (木) 20:25:07
      • OVAだと3基、でも新日本武尊の時点で砲身寿命切れてR砲に換装されましたw 因みに砲弾は対地、対空、対潜、徹甲弾、榴弾、クラスター系等9種類 -- 2017-06-22 (木) 20:42:58
    • 何にしても架空艦の領域よな -- 2017-06-22 (木) 20:27:10
    • 火力35か36くらいでフル改修2積みで80とかなったらおもしろそうだな -- 2017-06-25 (日) 03:28:16
  • 旧火力キャップ前提の記述があったのて編集。 -- 2017-06-28 (水) 00:52:24
  • 講談社文庫の「戦艦大和の建造」に、46cm砲塔を輸送した給兵艦樫野が50cm(実際には51cm)砲塔搭載に対応していたという記述があるので、該当部分を小ネタに追加しました。問題があれば削除してください。 -- 2017-06-29 (木) 06:54:40
  • 金田戦艦ならいけるいける -- 2017-07-04 (火) 13:56:54
  • 配布から2年以上だし量産化されてると思ったらそんなことなかった -- 2017-07-13 (木) 11:15:39
    • 久しぶりにWiki見に来て俺もそれ思った。艦これやめてて正解だった。古参優遇が甚だしい。 -- 2017-07-26 (水) 03:53:34
  • そろそろイベント配布してくれていいのよ -- 2017-07-26 (水) 02:05:32
    • 砲なんとか資材はこれに使いたい。15.5cm砲とかあれこれくしょんでしかない。 -- 2017-07-28 (金) 16:22:28
  • 大型イベントなんだし、ついに報酬で来るよね??? 1機も持ってないんや・・・(/_;) -- 2017-08-07 (月) 07:50:25
    • 今回のイベに関連無さそうだから無理なんじゃない?(無慈悲な現実オラオラ) -- 2017-08-09 (水) 21:33:09
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 2014冬では無い。公式発言参照 https://twitter.com/kancolle_staff/status/563634897336553473
*2 その後こちら側にも「16inch三連装砲 Mk.7」(通称・アイオワ砲)が実装された。しかし深海棲艦側の16inch砲とはデザインが異なる
*3 武蔵の旗艦設備改善、そして110号艦での防御力強化などの改良点に加えて最終時大和に近い対空兵装増強も施された改大和型といわれる。
*4 要求を満たすとなると排水量10万トン級と試算された。しかし大和型の時点で、建造・整備が可能なドックは大和を建造した呉工廠にしかなく、武蔵を建造した三菱長崎の船台は限界一杯、信濃を建造した横須賀工廠のドックはまだ未完成という状況だった。にもかかわらず大和型を大きく上回る規模の艦船建造など当然非現実的である。
*5 その後、海軍は正規空母の早期大量建造もまた非現実的と判断して建造枠を大幅に縮小、陸上基地航空隊の増強と小型艦中心の建造計画に再改訂することとなる。
*6 マル四計画の大和型2隻も、開戦の時点ですでに戦艦としての完成は事実上断念されていた。
*7 この主砲が実装されたということは艦これで超大和型実装かという期待も膨らむが、過去に田中Pがインタビューで大和改二と紀伊型(一説では超大和型の予定名とされるが公式の根拠は一切無い)の予定を示唆した発言もあるものの、現時点での見通しは一切不明。
*8 「日本の戦艦パーフェクトガイド」の記述より。
*9 講談社文庫「戦艦大和の建造」より
*10 学研 歴史群像 太平洋戦史シリーズ「戦艦大和・武蔵」より
*11 「日本の戦艦パーフェクトガイド」の記述より。
*12 駆逐艦・弩級戦艦・巡洋戦艦の産みの親で、フォースの英国面に堕ちた海軍卿
*13 日本も明治の終わりに同等規模の戦艦を42ノットで動かそうと画策していたのは内緒。机上の空論というものは凄まじいものである
*14 改良したとはいえ両級の間に戦艦は2タイプ挟んでおり、根本的な問題を負ってでも利点を取ろうとしたらしい。何やってんだアメ公。
*15 「キアサージ」は元々山岳名で、南北戦争時の武勲艦からの襲名。次代は1946年に就役したエセックス級空母
*16 が、こいつらの失敗のインパクトが強すぎたせいで「また失敗なんじゃねぇの」と懐疑的に見られてしまったりしたのはご愛嬌