Top > 秋雲

秋雲

Last-modified: 2017-01-01 (日) 08:48:04
No.132
秋雲着任!提督、よろしくね秋雲(あきぐも)陽炎型 19番艦 駆逐艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久16火力10 / 29
装甲6 / 19雷装24 / 69
回避45 / 79対空9 / 39
搭載0対潜24 / 49
速力高速索敵6 / 19
射程14 / 49
最大消費量
燃料15弾薬20
装備
12.7cm連装砲
25mm連装機銃
装備不可
装備不可
改造チャート
秋雲秋雲改(Lv30)
図鑑説明
横須賀生まれ横須賀育ちの秋雲さんだよ!
陽炎型の中でも*1航続距離は南雲さんの目にも留まって、一航戦に入ったんだ。
っていうか、自分では夕雲型だと思ってたんだけどな…ブツブツ*2…ま、いいや。
その後、五航戦の護衛を務めたよ。翔鶴瑞鶴も描き残したかったな。

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:竹達彩奈、イラストレーター:藤川 (クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

  • 2013年9月18日のアップデートで、夕雲とともに実装された駆逐艦娘。陽炎型の末っ子。
  • ネームシップの陽炎に比べて回避・運の初期値が高め、対空の初期値が低めである。
  • 2015年9月25日のアップデートで建造可能になった。ちなみに最低値建造で可能。
    同日実装の五航戦任務で秋雲が必要とされており、久しぶりとなる建造枠追加はこれが理由かもしれない。
    ドロップ海域は高難易度海域に限定されているので、早く入手したかったら建造するのがよいだろう。
  • ドロップ地帯は3-5ボス、5-1ボス、5-2全域、5-3ボス、5-4ボス、5-5全域。全マスでチャンスがある5-2が探しやすいだろう。
  • 陽炎型であるにもかかわらず、姉妹で唯一夕雲型と同じ制服を着用している。これは後述のように一時期夕雲型と考えられていた事実に由来する。
    • もっとも本人は「ま、いいや」と特に気にしていない様子だが。
  • 何とは言わないが中破すると意外とご立派なものをお持ちなことがわかる。
    ただし2人と異なり通常時はあまり目立たない。着痩せするタイプなのだろうか。
    • もっとも彼女と同じ制服を着用している夕雲型姉妹たちも同様なので、もともとそういうのが目立ちにくいデザインの服なのかもしれない。
  • 2016年10月05日のアップデートでなか卯コラボ限定グラフィックとして【カツ丼mode】が実装された。
    • おでこに冷えピタ貼って腹ごしらえ中。締め切り間に合いそうですか?
限定イラスト:なか卯コラボVer.

小ネタ Edit

  • 浦賀船渠で1941年4月11日に進水、同年9月27日に竣工。横須賀鎮守府に配属された。
  • 就役とともに第五航空戦隊(五航戦、司令官:原忠一少将)に配属され、とともに翔鶴瑞鶴の護衛を行った。
    開戦を前に一航戦・二航戦・五航戦・一水戦などで第一航空艦隊(一航艦、司令長官:南雲忠一中将)*3が編成された。
    真珠湾攻撃では、一・二・五航戦所属の駆逐艦が航続力不足のため参加しない中、秋雲のみ長い航続力を買われて参戦した*4
  • 本人が「描き残したかったな」と言っている他、随所で薄い本イラストの話をするのは、南太平洋海戦の後のエピソードが由来である。
    • 日本の艦載機の攻撃により米空母「ホーネット」は大破炎上。米軍は雷撃処分しようとしたが沈まず、そこに秋雲と巻雲がやって来たため離脱した。
      秋雲たちは連合艦隊司令部から「ホーネットを曳航せよ」と指示を受けていたが、駆逐艦2隻で空母を曳航なんて無理ゲーだし、大炎上中で近寄れないし、既に浸水して沈みかけていたしで曳航は断念し、巻雲が雷撃を行った。
      せめて沈没の様子を記録に残そうと秋雲艦長の相馬正平中佐は写真撮影を命じたが、航海長に「夜だから写真は無理」と言われ、かわりに絵の上手い信号員の中島斎氏にスケッチさせたのである。
    • 「夜は暗くて絵が描きにくいよねー」(要約)と中島氏が言うと、艦長は敵の潜水艦がそこらへんにいるかもしれないのに探照灯の照射を命令しホーネットを照らした。
      無論、スケッチのことを知らない他の乗員や僚艦は相当ビビったらしい。隣からは何してんだと焦る巻雲の発光信号が飛んできたという。
      巻雲「こんな時に探照灯つけるなんて!秋雲のばかぁ!
    • 幸運にも敵に発見されず、探照灯の力を借りてスケッチを完成させた秋雲は、ホーネットの最期を見届けた。このエピソードが彼女の運の高さの由来と思われる。
    • 早割、表紙だけ先に入稿など薄い本絡みで身に覚えのある提督諸兄も多いのではなかろうか。
      • 秋セリフの「夏と冬の間は短い」というのも某世界最大規模の同人誌即売会ネタ。
        毎年8月中旬と12月末に開かれるため、冬と夏の間は約8ヶ月と長いが夏と冬の間は約4ヶ月しかないのだ。
      • 当然ながら師走セリフで言及がある「有明」も未実装の初春型5番艦ではなく、東京都江東区有明の東京ビックサイトこと東京国際展示場のこと。
        ここを見ている作家さん進捗どうですか?
  • 本人も言っている通り、陽炎型なのか夕雲型なのか今一判然としていなかったことからかつて「等級論争」があった。
    • ミッドウェー以降は夕雲巻雲風雲と共に第十駆逐隊を編成。尚、お仲間は全員が真っ当な夕雲型、つまりこの子ぼっちだったのである(ただし巻雲や風雲との関係は良好の模様)。
      • 損耗による寄せ集めの場合を除くと、型の異なる駆逐艦の混成による駆逐隊は珍しい。*5
    • 海軍省が作成した艦艇類別等級別表では就役から戦没まで陽炎型(陽炎が戦没してからは不知火型)に分類されており、夕雲型に分類されたことは無い。
      • 本来は「秋雲型」の1番艦となる予定だったが、対米関係の悪化から1隻でも多くの新造駆逐艦を欲した海軍の要請により陽炎型の図面を使って建造された。
      • マル4計画上の仮称艦名も秋雲が第115号艦、夕雲が第116号艦で秋雲の方が先である。
      • 実は、計画時の第115号艦の予定艦名は「島風」だったのだが、この名前を丙型駆逐艦が持って行ってしまったために、本来第116号艦に命名される筈だった「秋雲」が繰り上がったという経緯がある。
      • 昭和19年の対空兵装強化の訓令工事でも、秋雲は第二砲塔を撤去してその跡地に25mm三連装機銃を2基据える陽炎型と同じ工事を行っている。夕雲型は主砲の砲架が対空兼用のD型であるため、この工事は行っていない。
    • 終戦直後に作られた資料の中には秋雲を夕雲型二番艦としているものもあり、近年までそのように扱われていた。
      • 乗員の意識としても夕雲型に分類されると考えていたようで、当時の乗員が後年に編集した著書の中では夕雲型扱いになっている。秋雲本人の意識はこちらに近い模様で、服も夕雲準拠のものを着ている。
    • 最近の艦艇研究家による調査で、海軍の内令や工廠の図面等に「陽炎型秋雲」の記述があることが発見されている。また、艦橋の形状や設計図の艦体全長が陽炎型と一致しているという調査結果が出ている。
      • 混乱した原因として、夕雲型は陽炎型の改良型で良く似ていた事、陽炎型と夕雲型両方の建造予定があったマル四計画で建造された事、○雲と言う艦名が紛らわしかった事などが挙げられるが、いずれも憶測の域を出ない。
      • なお、当時の認識にしてからが随分と混乱しており、造船官と建造担当者と乗組員の全員で言っていることが違う(しかも設計図はその三者のいずれとも食い違う)という頭の痛い状況である。
      • ぶっちゃけ、陽炎型でも夕雲型でもない秋雲型(同型艦なし)だった、という可能性も大いに残っていたりするのだ。
    • どちらに分類されるにせよ「秋雲」という艦がそこにいたことは変わらないので、本人も等級分類はどうでも良さそうな態度を取っている。
      • そもそも書類上は陽炎型も夕雲型もどちらも甲型駆逐艦として一まとめにされていたり。
  • 1943年3月13日、ニューギニアのハンサ湾でのこと。護衛対象の輸送船桃山丸が直撃弾3発を浴び大破炎上、沈没した。
    翌14日、船団を護りつつ北上する秋雲艦内で、救出された桃山丸乗員の一人が激しい腹痛を訴えた。軍医の診断では盲腸炎、それもすぐ手術しなければ危険という。
    しかし、振動の激しい航行中の駆逐艦で手術は不可能である。かといって船団護衛中の今、航行を止めるのは無謀極まりない。
    • 秋雲艦長相馬中佐は決断を下した。船団に対し厳重な対潜警戒と大規模回避運動を指示しつつ「ただちに手術準備にかかれ。手術中は艦を停止する。」と命令したのである。
      助かるかもしれない生命を見殺しにすることなどできない。それが、秋雲乗員一同の矜持だった。
      こうして秋雲は手術の間機関を停止。敵地で完全無防備のまま、息詰まるような時間を過ごすこととなった。
    • 1時間半後、「手術成功」との報告が入った。秋雲は一斉にほうっとした空気に包まれ、ついで大歓声が全艦を覆ったという。
      その後、船団は無事パラオに入港。桃山丸乗員たちは、船員1人の生命を守るために払った秋雲の努力と厚意へ感謝しながら下船していった。
      先のスケッチのための敵地探照灯照射といい、この当時の艦長相馬中佐は恐ろしく度胸の据わった人物であることが分かる。
  • 1944年4月11日、米潜水艦「レッドフィン」の魚雷攻撃により秋雲は沈没した。乗員のうち入戸野艦長以下133名が戦死し、准士官以上8名と下士官兵108名の計116名が生還した。
  • 海上自衛隊の護衛艦にも名は受け継がれており、やまぐも型5番艦「あきぐも(DD-120/TV-3504)」として1973年に住友重機械工業浦賀工場(秋雲が建造された浦賀船渠の後身)で進水した。2005年、無事に任務を終え除籍。
  • 他に、海上保安庁の巡視艇で2度使用されている。1979年就役のむらくも級6番艇(PC206)と、その交替で2008年に就役したはやぐも級6番艇(PC110)で、どちらも対馬の比田勝海上保安署の所属である。
  • 掲示板等での愛称は「コロンビア」。もう一人コロンビアさんがいるため2号と呼ばれる場合もある。
    • その何とも言いがたい表情から雑コラの素材として絵心のある提督達にも大人気だったりする。
  • 昼0時の時報の「ウキウキWatching」は、2014年3月まで平日昼0時台に放送されていたバラエティ番組「笑っていいとも!」のオープニングテーマ。
  • 午後6時・7時の時報の「牛缶」とは、牛肉の大和煮の缶詰のこと。『白飯に大和煮』の組み合わせは、艦これ運営の中の人が関わっているサークル「C2機関」の缶詰本で赤城さん大和煮さんも大絶賛。
  • 桃井涼太氏の公式4コマでは30話で初登場。作中での一人称は基本的に「秋雲さん」。同人漫画作者的ポジションとして艦娘のキャラ付けを独自に設定したり、『銀シャリに牛缶』を56話・MI作戦補給時に出した際にはひんしゅくを買ったが、71話で秋月の歓迎会で出した際には「歓迎会で牛缶なんて豪華な物が出てくるとは・・・!?」と喜ばれるなど、独自のポジションから出番は比較的多い。

この艦娘についてのコメント Edit

過去ログ

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 有明・冬の陣終了後、そこにはホクホク笑顔の秋雲先生とゾンビの如き巻雲、瞳を輝かせ帰還を待ちわびていた夕張の姿が! -- 2016-12-29 (木) 10:38:11
  • 深海棲艦の狩人しながら有明に色々出すであろうオータムネキはヤバイ。ここにも何人かいると思うけど、本業と併せて同人作家やる提督たちも中々凄いなあ。どうやったら本業やりながら絵描く時間取ったり、限られた時間内で上達できるのか不思議でならん -- 2016-12-29 (木) 10:47:48
    • 艦これは指示出してから戦闘・遠征が終わるまで細切れの待ち時間ができるから、その間に他の作業・ゲームをする提督は割と多い。ただし、脇見轟沈には厳重注意な。 -- 2016-12-30 (金) 07:55:32
  • 秋雲のコスプレをして有明の戦いに行く人はいるのだろうか・・・ -- 2016-12-29 (木) 12:34:36
    • 秋雲コスの売り子は一人居た。性別?皆まで聞くな。 -- 2016-12-29 (木) 15:49:02
  • 有明で声出して笑ったwやっぱりオークラ先生として参加するんだろうかw俺もいつか行ってみたいなぁ(地方民) -- 2016-12-29 (木) 22:25:54
  • 翌日有明で冷たくなっている秋雲が発見され、村田と吉村は病院内で静かに息を引き取った -- 2016-12-30 (金) 01:59:44
    • 未だにこのネタの意味がよく分からない…横○○が団体として弱小で秋雲さんがいくら締切まで頑張っても…ってなんでや、有明関係無いやろ! -- 2016-12-30 (金) 16:53:42
    • まーた村田殿が死んだのか -- 2016-12-31 (土) 00:18:03
    • ベイスターズネタだっけ??既に2人とも別チームだがな・・・。 -- 2017-01-07 (土) 00:12:55
  • 真面目な話、秋雲→朧→七駆→鶴姉妹くらいまでは感染すると思うんだ -- 2016-12-30 (金) 22:44:20
    • ミーム汚染やめーや -- 2017-01-09 (月) 15:07:31
  • 赤城「別に出す本は深海棲艦の食レポ本でも構いませんよね?」 -- 2016-12-31 (土) 02:11:52
    • 深海棲艦を沈めて食ってるとか怖すぎィ! -- 2016-12-31 (土) 08:16:27
  • おととい有明に送り出した秋雲さんがさっき建造ドックから二人も帰ってきた。どういうことなの? -- 2016-12-31 (土) 10:16:03
  • やっぱ近くで見てきた空母勢を描いてるのかなオークラ先生 -- 2016-12-31 (土) 12:46:33
    • ホーネットに魚雷を何本もぶち込む、そんな同人誌を描いてるに違いない。”Please, stop! Oh my god!” 「魚雷で落としてやる!アメ公め!」 -- 2016-12-31 (土) 12:53:09
  • してー、戦果はどうっすか先生? -- 2016-12-31 (土) 14:38:07
  • 激戦明け(コミケ)だというのに元気だなほんと -- 2017-01-01 (日) 00:36:52
    • 木主さん、「ルビ振り」をしたい気持ちは分からなくもないけど、実際にそういう事やっちゃいけないなぁ…… -- 2017-01-17 (火) 17:22:58
  • 気になるのは今年一発目の「イラスト」であって「似顔絵」ではないところ。どんな風に描かれるんだろう、ドキドキ。 -- 2017-01-07 (土) 02:44:24
  • 秋雲さんが艦だったころの有明って、埋め立ては始まってたようだけど、殆ど何もなかったっぽい。初めてコミケというものを知って有明に行った時の秋雲さんの感動は如何ばかりだったんだろうか -- 2017-01-07 (土) 17:49:52
    • 秋雲「我が日本の同人業界は世界一ィィィ!できんことはないイイィーーーーーーッ!!」 -- 2017-01-08 (日) 10:55:01
  • 「スケッチを描いただけで同人作家になる駆逐艦」 パッと見意味不過ぎて草生える。....日本人は未来に生きてるわ -- 2017-01-07 (土) 17:56:05
  • まさかの三越枠 -- 2017-01-13 (金) 14:37:48
    • 秋雲と巻雲で「今日は極上の美少年を呼んでございますよ」「越後屋、そなたもワルよのう」って言ってる方が似合ってるのに -- 2017-01-14 (土) 07:52:39
      • レーベとマックスが危ない! -- 2017-01-14 (土) 17:49:57
      • 秋雲「さあ、怖がらなくていいんだよぉ〜!?ネタ出しだ、スケッチだ、写生だ、じっくり見るために探照灯で照らしちゃうぜーーげへへ」 -- 2017-01-18 (水) 07:41:12
  • 悲報?:七面鳥を狙っていたのは赤城艦載機だった -- 2017-01-13 (金) 14:40:16
  • 俺は三越を許さない。タオル買わなくてはいけなくなったではないか。 -- 2017-01-15 (日) 10:26:43
  • 秋祭り回にあった秋雲作の手提げバックのデザインが割りと好きやなぁ(紅葉と雲のアレ) -- 2017-01-16 (月) 22:46:36
    • 由良さんも絶賛 -- 2017-01-20 (金) 01:40:21 New
    • あれ、俺も普通に欲しいよ? -- 2017-01-23 (月) 19:11:04 New
  • 最低値で建造したら25分が出てきて珍しいなと思ったら、秋雲出てきてビックリした。 -- 榛名可愛い? 2017-01-17 (火) 21:20:51
  • 4コマで年末ボイスをネタに使われるのを期待しておこう -- 2017-01-21 (土) 18:46:10 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

建造成果の報告は建造レシピ内にあるコメント欄に、
ドロップ報告に関しては出撃ドロップ内にあるコメント欄にて行なっていただけると幸いです。





*1 ボイスでは「圧倒的な」がこの間に挟まる
*2 ボイスでは「制服も同じだし……ん〜にぃ…」
*3 図艦では「一航戦」となっているが、一航戦に所属したことは一度もない。「一航艦」と「一航戦」を間違えた可能性がある。
*4 他に谷風・浜風・陽炎・不知火・霞・霰などの一水戦の駆逐艦が参戦している
*5 これは、速力や機動性が異なる艦同士は陣形維持が難しいことによる。陽炎型&夕雲型の様に、基本的な性能が同じ艦同士ならそこまで問題はない。こういう例は他にも初春型&白露型の第27駆逐隊、朝潮型&陽炎型の第18駆逐隊がある。