Top > 春雨

春雨

Last-modified: 2017-11-09 (木) 21:19:58
No.205
しっかり護衛しないと!春雨(はるさめ)白露型 5番艦 駆逐艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久16火力10 / 29
装甲6 / 19雷装24 / 69
回避43 / 79対空9 / 39
搭載0対潜21 / 49
速力高速索敵5 / 19
射程10 / 49
最大消費量
燃料15弾薬20
装備
12.7cm連装砲
毘式40mm連装機銃
装備不可
装備不可
改造チャート
春雨春雨改(Lv30)
図鑑説明
白露型駆逐艦五番艦の春雨です。
おいしそう…ってその春雨とは違います!
村雨や夕立姉さんたちと共に第二駆逐隊として海を駆け巡りました!
輸送や護衛任務は、少し得意なんです。はい!

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:金元寿子、イラストレーター:玖条イチソ (クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

  • 2014年8月8日アップデートで新規実装。同日から始まった2014年夏イベントE-1クリア報酬。
    その後2015/6/26アップデートで実装された6-3,2016/10/05アップデートで実装された6-5でドロップ可能になった。現在も建造では入手不可。
  • 改造可能になるのがLv30と少し高め。
  • 近代化改修の素材にすると、ネームシップではないのに火力+1が付く(弥生涼風Z3などが類例)。
  • 2016/3/11アップデートで本艦を必要とする任務が実装された。
  • 余談だが、2014年秋イベントE-2に登場した駆逐棲姫と姿が非常に似ている。
    • E-2の舞台が第二次渾作戦であるため(詳しくは小ネタ参照)。駆逐棲姫を悪雨という人も、深海棲艦化した春雨という人もいる。
  • 実装からしばらくの間は早霜清霜秋月と同様の中破グラフィックに関する不具合があったが、2014/12/12アップデートで修正された。*2
  • 右手に飯盒のようなものを持っているが、2017年8月17日にアーケード版で本艦が実装された際、爆雷を飯盒のようなものの中に積んでいることが判明した。
  • 2015/9/25アップデートにおいて、秋限定グラフィック及び限定ボイスが実装された。
限定イラスト:2015秋季限定Ver.
  • 2016/2/10アップデートにおいて、バレンタイン限定グラフィックが実装。まさかのメイド姿を披露した。お帰りなさいませ司令官様!
限定イラスト:2016バレンタインVer.

小ネタ Edit

  • 「春雨」とは春に降る静かな雨のこと。彼女がおとなしい性格なのはこれにも由来するかもしれない。
    艦名は二代目であり、初代は初の国産駆逐艦である春雨型のネームシップであった。村雨とはこの頃からの仲だったりする。
    • 然してその実態は……というと、英ヤーロー社製の型と英ソーニクロフト社製の東雲型のいいとこ取りでかつ舵を改良して操舵能力を向上させた艦なのだが、いかんせん工業力が未熟なせいで機関回りが英国製駆逐艦より貧弱で、若干速力に劣っていた。
      当時の工業力を考えれば最新鋭の水管ボイラーを搭載した有力駆逐艦を建造できただけでも凄いのだが……。
    • 初代春雨は日露戦争において村雨とともに旅順口へ機雷を敷設、ロシア戦艦ペトロパブロフスクを触雷轟沈させ、名提督マカロフ中将を戦死させるという大殊勲を挙げた。
      しかし半年後には自身も触雷により艦体後部が切断、このため建造中の同型艦初代の艦尾を貰い受けて継ぎ足している。
    • その後1911年(明治44年)11月24日、三重県鳥羽市の的矢湾で荒天により擱座沈没。なお鳥羽市相差(おうさつ)町にある菅崎園地に殉難の碑が建立されているが、周囲には民家どころか街灯一本ない場所なので、訪れる際には日中が防犯上も安全である
      毎年、11月24日には自衛隊関係者や地元町内会による駆逐艦春雨殉難供養祭が行われる。
      ここにある「常永久(とことわ)の鐘」を鳴らしたカップルは、とことわに愛が続くと言われているらしい。*3
  • 舞鶴海軍工廠*4で1935年2月3日に起工、1937年8月26日に竣工。白露型の中では時雨の次に竣工が遅かった(理由は、後述する機関の諸問題のため)。
    村雨」「夕立」「五月雨」の所属する第二駆逐隊に編成される。同隊は1940年に第二艦隊・第四水雷戦隊に編入。
  • 姉妹艦と比して特筆すべきは、蒸気タービンの減速ギアとギアボックスをそれまでの鋳造品から、米ウェスティングハウス社製の全溶接構造のものに変更している点であった。
    春雨の減速ギアとギアボックスはに搭載された鋳造のそれより約4割の軽量化を果たしただけでなく、熟練技術が必要なボルト締め作業を撤廃したのであった。
    • しかしウェスティングハウス社にこれらを発注する際、機密保持のためギア回転数の数値を本来の8割ほどの数値で発注しており、定格回転数の2割増しで行う運転試験では、過回転に耐え切れずギアボックスが破裂するのではないかと心配されていた。
      そして運転試験の日、発注責任者の機関士官二人が死に装束に見立てた白の第二種軍装に身を包んで、ギアボックスの上に乗っていたと言う。
    • 幸いにして減速機が破裂することはなかったが、試験航海を終えてすぐに春雨の片舷の減速ギアで小さな亀裂が発生しているのが発見され、これを重く見た海軍はすぐさまウェスティングハウス社製の減速機一式を撤去。
      結局春雨も、他の姉妹艦と同じ国産の全鋳造減速機を再搭載するに至ったのであった。
      • 春雨の竣工が遅れたのはこの減速機に関する諸問題のためである。
    • なおこれ以降タービンの減速ギアに溶接ギアが用いられることはなかったが、溶接ギアボックスだけは後の駆逐艦で採用された。
      • この国産の溶接ギアボックスの設計も、春雨のギアボックスが参考になっている。
  • 開戦後は第二駆逐隊としてスラバヤ沖海戦などのフィリピン方面の攻略作戦に参加。
  • 昭和17年(1942年)6月のMI作戦にはミッドウェー島攻略部隊として第二艦隊が出撃。
    しかしミッドウェー海戦での一航戦・二航戦全滅により同島攻略を断念。第二艦隊は残存艦隊と合流して撤退した。
  • その後はトラック・ソロモン方面に進出し輸送作戦に従事。このあたりで村雨は別行動をとるようになった。
  • 10月24日、軽巡由良、駆逐艦秋月夕立五月雨と共に第二攻撃隊としてガダルカナル島ルンガ泊地に突入。
    米B-17爆撃機による攻撃を受け反転撤退するも、投下した爆弾により由良航行不能・秋月中破・五月雨小破と損害を被り、春雨は夕立とともに由良の雷撃処分を行った。
  • 11月12日、第三次ソロモン海戦に参加。
    第4水雷戦隊は警戒隊として艦隊前方にいたが、スコールに襲われ変針を繰り返し陣形が乱れた結果、第二駆逐隊・第二小隊の夕立・春雨が先頭に取り残され、後方にいるはずの比叡霧島の挺身艦隊がすぐ近くを追走する状態となった。
    そんな中、既にレーダーで日本艦隊を捕捉し迎撃態勢に入っていた米艦隊を夕立が発見、春雨は夕立と共に右砲戦・魚雷戦を開始する。
    春雨は敵の駆逐隊の前方を通り過ぎた後に左へ変針して海域を離れたが、夕立はそのまま反転して敵の後続部隊の真っただ中に突っ込んでいき、それが夕立との最後の別れとなった。
  • 僚艦を失った春雨は東部ニューギニア輸送作戦に従事、12月には第七戦隊をラバウルから横須賀まで護衛した。
  • この年暮れの入渠で、他艦の誘爆による被害の戦訓に基づき、前部予備魚雷次発装填装置を取り外している。*5
  • 1943年1月、貨客船「浅間丸」を護衛してトラックに到着、第二航空戦隊「隼鷹」航空隊の基地員をウェワクへ輸送、その後も幾度かカイリル島を拠点に護衛任務に付く。
  • 今度は基地員収容のためにトラック・ウェワク間を往復中に、米ガトー級潜水艦「ワフー」(USS Wahoo, SS-238)*6に捕捉され、魚雷3本を撃たれるもののこれを回避した。
    春雨は反転して対潜戦闘に移り、続いて撃たれた1本を避けたが3射めの2本のうち1本が一番砲直下付近に命中する。
    ワフーは敵駆逐艦撃沈を確信したが、春雨は応急修理によって沈没を免れ、命からがらウェワクに戻った。
    その後、「天津風」「浦風」に護衛されてトラックへ曳航されるが、曳航途中に艦体が分断し艦橋から前部を失い、トラック泊地で再度修理が行われ、本格的な修理のため横須賀へ曳航されることになった。
  • この間の3月5日に村雨が夜間輸送任務中に米艦隊のレーダー射撃を受け沈没。
    五月雨は5月11日、春雨は5月末に横須賀に帰港するが、損傷のひどい春雨は予備艦籍となり、五月雨は北方部隊に編入され、7月1日に第二駆逐隊は解隊となる。
  • 8月から11月まで修理が行われ、11月30日に春雨・五月雨は改初春型の「有明」「夕暮」を喪失して時雨白露の2隻となっていた第二水雷戦隊・第二十七駆逐隊に編入された。
    • この時の写真が残されているが、新造された艦橋は夕雲型と見紛うような末広がりの流線型となっている。
  • 修理を終えた春雨は、同じく修理のため本土に戻っていた時雨と合流し、12月30日に「山城」の横須賀回航を護衛した。
  • 1944年1月、時雨と共に給糧艦やタンカーの護衛を行いながらトラック泊地に向かい、途中で神風(II)型駆逐艦「追風」と合流する。
    2月14日にトラックに到着するが、連合艦隊の主力は空襲の報を受けてパラオに退避した後であり、工作艦「明石」などの補助艦艇が残るのみとなっていた。
  • 2月17日、トラック島空襲(海軍丁事件)が発生。
    那珂」「舞風」「文月」「追風」などが撃沈される中、時雨春雨はトラックからの脱出を図るが、時雨は直撃弾を浴びて中破し、速力が低下した。
    駆逐隊司令を春雨に移し、春雨は明石の護衛を行い、時雨は単艦でパラオに向かうことになった。
  • 5月下旬より春雨は渾作戦に従事し、再編以降バラバラになっていた第二十七駆逐隊4隻が集うことになり、引き続き司令駆逐艦として隊を指揮した。
    6月8日、第二次渾作戦に参加。第二十七駆逐隊は第十九駆逐隊(敷波浦波)と共にビアク島へ向かい、米陸軍爆撃機の空襲を受け、反跳爆撃を艦尾に受け春雨は戦没した。初代、二代と続けての艦尾喪失となった。
    僚艦五月雨からは春雨轟沈の大爆柱が立ち昇るのが望見されたという。第二十七駆逐隊司令白浜政七大佐もこの時戦死している(戦死後少将に昇進)。
    生存者は時雨が警戒する中、五月雨と白露によって救助された。
  • 戦後は海上自衛隊の「むらさめ型護衛艦」の一隻として初代・二代にわたり艦名が継承されている。
    中でも現行のむらさめ型(二代)では、上記第二駆逐隊の艦名が全員分揃っている。さみだれ「護衛艦になってもみんなお友達です! (^^)
    • 現役である4代目「はるさめ(DD-102)」は、2006年に放送されたアニメ「タクティカルロア」の舞台「護衛艦パスカルメイジ」のモデルになっている。
      アニメの取材に応じてくれた海上自衛隊への感謝を込めて、「パスカルメイジ」の船体には「はるさめ」と同じ「102」が刻まれている。
    • 他の姉妹同様、はるさめ自身も2次と11次の海賊対処行動派遣を担当しているが、11次は偶然にも100年の姉妹「むらさめ」が相方となり、ともに通商保護に奮闘した。
    • 2014年11月15日より、第20次海賊対処行動派遣部隊として、3回目のソマリアへ出港。
      その際、乗艦する自衛隊員の手によって艦内に春雨の同人絵が飾られることになった。
      元絵によると速射砲やSH-60を装備しているあたり、この絵の春雨は「護衛艦 はるさめ」のモチーフが取り入れられているようだ。
      右側の写真は「白露型駆逐艦 春雨」、そして上の「はるさめ」の銘板はその上甲板の一部に使用されていたチーク材である。
      「春雨」の名前を受け継いだ護衛艦に、その遺品とデジタル彩色写真、そして艦娘の絵が並んで飾られるという、奇跡のコラボが実現した。
      「しっかり護衛しないと」とは中の人の弁。

この艦娘についてのコメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • E6丙Sマスで、ついにドロップがキター!!計58周だ。消費資源には目をつぶろう・・。 -- 2017-09-09 (土) 16:58:06
    • 昨日に引き続き掘り中、3隻きたよ。嬉しいけど保有艦枠がが・・・。 -- 2017-09-10 (日) 13:27:30
  • 諦めようとしたら、来てくれた。ありがとう、大事にするぜ -- 2017-09-09 (土) 22:33:03
  • むぅ、春雨を拾いにE-6S行ってるんだが、Aquila・野分・沖波・大井・衣笠・Luigi・・・来る気がしないので書き込んでみる -- 2017-09-10 (日) 15:30:52
    • 長門・島風・風雲・まるゆ・加賀・・・燃料32なので次ラストだな。・・・また任務遂行はお預けだな(来るとこには来てるし偏ってるようだな) -- 2017-09-10 (日) 22:20:06
      • 瑞鳳か・・・。でも、よく考えたら1日延びてるんだな。遠征と自然回復分で明日短期決戦・・・寝る前に最後のお祈りをしておこう(春雨か長波来てくれ!) -- 2017-09-10 (日) 23:42:28
    • こちらはE-6で春雨二連・・・ルイージ・・・ -- 2017-09-12 (火) 14:05:55
  • E4Iマスで3日目…イイ加減にしてくれ。秋津洲、コマ、まるゆ、矢矧にドロ率低い磯風が二回もきて、なぜ春雨だけこないんだよぉぉ! -- 2017-09-10 (日) 17:51:12
  • やっと来た!諦めずに回してよかった!長かった!! -- 2017-09-11 (月) 10:30:29
  • 終了までの残り時間わずか今だ春雨来ず…最後の神頼みでお願いしまぁぁぁすっ! -- 2017-09-12 (火) 04:52:55
  • 先ほど、イベ最後の掘出撃(E6)、待望の春雨ちゃんがキター!!! -- 2017-09-12 (火) 10:59:43
  • いいのう、いいのう。結局イベントで50回以上会える機会はあったけどあえずじまい -- 2017-09-12 (火) 22:12:01
  • 定格の二割五分増しだろ!でも春雨泥したから許そう -- 2017-09-14 (木) 19:16:58
  • 実はまだ入手していない提督は多い・・・はずと信じる -- 2017-09-16 (土) 10:46:15
    • 「第二七駆逐隊」を編成せよ!……いつになったらクリアできるんだろうなー…… -- 2017-09-16 (土) 20:32:58
      • 俺いつの間に書き込んだんだ? -- 2017-09-19 (火) 22:55:32
      • 本当にそう思います。そして6-1をまだ突破できていないため入手はいつになるのやらorz -- 2017-11-12 (日) 16:55:32
  • 何でいるのかわからないが…いつの間にかいた…(汗 -- 2017-10-14 (土) 12:44:49
  • 毎月6−5割ったり任務で行ったりしてると高確率で出るんだけど・・・未改造が8隻になったよ・・・解体しにくいから困るぜ・・・マジでトレード機能が欲しくなるな。 -- 2017-10-15 (日) 01:04:11
    • 6-4まではクリアしたけど、6-5はまだボスS勝利したことがない。orz -- 2017-10-21 (土) 21:44:47
    • イベントで沢山出てくると他のレア艦と共に新艦の餌になってるわ.....この娘持ってない提督意外と多い感じ? -- 2017-11-03 (金) 23:16:46
  • 昼戦も夜戦も前段ミスで1-1-Bで敗北なんて初めてみましたよ、春雨さん…焼き芋喰ってるからって戦闘サボるのは如何なものかと。 -- 2017-10-17 (火) 22:46:05
  • 春雨「こんな事もあろうかと用意しておいた、空間磁力m…炊きたてご飯が役に立ったようだ」@公式4コマ -- 2017-11-03 (金) 12:25:02
    • 銀の匙のニワトリ先生を思い出した -- 2017-11-03 (金) 12:34:34
    • ご飯が燃料のおマヌケなアンドロイドと仲が良さそうだな、この子w -- 2017-11-03 (金) 21:47:04
    • この娘が艦隊にいれば、戦闘糧食を積まなくてもキラキラしそうな気がしてきたw -- 2017-11-03 (金) 22:46:46
    • あのセリフは真田さんより李紅蘭を思いだすな -- 2017-11-04 (土) 05:06:49
    • アーケードだと爆雷入ってたし、アレ四次元ポケットじゃね? -- 2017-11-04 (土) 10:36:51
  • 6-3 ほぼ毎日出撃して10ヶ月、やっと春雨ちゃんお迎えできた。(雲龍まだだけど。) -- 2017-11-06 (月) 01:47:41
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 2014冬では無い。公式発言参照 https://twitter.com/kancolle_staff/status/563634897336553473
*2 改造後にはじめて中破させた場合、未改造時の中破グラフィックが図鑑に登録されなかった。そのため、未改造時の中破グラフィックを登録するには、改造前に中破させる必要があった。修正後は、改造後に再び中破させれば、改造前の中破グラフィックが登録されるようになっている。
*3 伊勢志摩国立公園 菅埼園地春雨展望台。
*4 現ジャパンマリンユナイテッド舞鶴事業所。現在は大型艦の建造は行われていないが、過去には、現在海自で運用中の艦ではいかづち(4代目)やじんつうなどを手掛けた実績がある。
*5 サンケイ出版「海軍水雷戦隊 太平洋を走破する駆逐艦の航跡」。
*6 艦名はカマスサワラのこと。ヤフーではないし、某ロシア娘(>ω<)とも関係はない。魚雷の不発に何度も泣かされた艦長が上に怒鳴り込んだり、救助ボート上の日本兵や日本が捕らえたインド兵捕虜を銃撃したりと、逸話に事欠かない。この艦長の転任後は日本海に闖入して散々暴れ回った挙句、宗谷岬沖で撃沈された。『サイレントハンター』プレイヤーは共感していい。