Top > 二式水戦改

二式水戦改

Last-modified: 2017-03-18 (土) 19:58:52
No.165
weapon165-ni.png二式水戦改多用途水上機/水上戦闘機
装備ステータス
火力雷装
爆装対空+3
対潜+1索敵+1
命中+1回避+2
戦闘行動半径4
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修可
任務「戦艦戦隊、出撃せよ!」選択報酬
航空巡洋艦・潜水空母・補給艦速吸・潜水母艦大鯨、及び
改造後のイタリア戦艦/重巡・長門型・大和型にも搭載可能
改修更新
零式水上偵察機二式水戦改
新型水上戦闘機の実戦投入までの繋ぎとして、零式艦上戦闘機をベースに急遽開発/実戦投入された水上戦闘機です。
カタパルトによる艦上運用を考慮した機材ではありませんでしたが、本機は機体及びフロート強度を改良強化して投入です。

ゲームにおいて Edit

  • 2016/3/11アップデートで実装。2016/12現在、入手方法は二つある。一つは零式水上偵察機から改修更新すること。
    • もう一つは、2016秋イベ終了後の2016/12/09に追加された任務「戦艦戦隊、出撃せよ!」(B88)の達成報酬。
      • PBY-5A Catalinaと本機の二者択一なので、そこから選択すること。
    • 零式水上偵察機の改修については、持参艦娘が多いので消費装備には困らない一方、ボーキは1回300と開発レシピのMAX1回分を消費する。
      • 本装備への更新時に零式艦戦21型が3つ必要。改修関連で不足する事が多い装備なので注意。
        なお、改修必要装備は基本的に入手が古い順から消費されるため、高い熟練度の装備が素材になってしまい易い。残す装備にはロックをしておこう。

  • Ro.44水上戦闘機と比較すると対空+1、索敵-1。それ以外のステータスや対空砲火の撃墜対象にならない点は同じ。
    • 改修工廠での入手に必要なネジや資材は本装備が多い。
  • 2017/03/17のアップデートで、本装備の改修も可能になった。消費装備は初期は零式艦戦21型×2で、★6以降は零式水上偵察機×2となる。
    改修資材の消費量は初期から5個(★6以降は7個)と試製51cm連装砲並みに重い。
    • 本装備は今後上位機種への更新が予定されているとのこと(運営twitter)。
    • また、「精鋭「水戦」隊の新編成」における二式水戦改(熟練)の入手には★maxの本装備が必要。
      • 艦戦系の機種転換任務とは異なり、入手できる二式水戦改(熟練)への改修値引き継ぎはない。


  • 零式水上偵察機や零式水上観測機などと異なり、Ro.44水上戦闘機と同様弾着観測射撃は行わない
    弾着観測射撃を行うためには、本装備とは別に水上偵察機カテゴリを積む必要がある。
  • 2016/5/3アップデートで熟練度による補正が修正され、艦戦と同じ上昇効果になった。
    • これにより搭載艦の制空値が大幅に上昇、艦隊の制空値に大きく貢献出来るようになった。
      特に攻撃性能が低く搭載数が少ない秋津洲大鯨などに満載する、速吸ならば洋上補給も兼ねられるプチあきつ丸として使える。


  • 2016/4/1アップデートで、水上戦闘機カテゴリに航空戦での専用グラフィックが実装された。Ro.44水上戦闘機も同じ表示。

小ネタ Edit

  • 図鑑説明を元にする限り、A6M2-Nこと中島「二式水上戦闘機」をベースに艦載カタパルト運用能力を施したif機体のようである。よって以降二式水上戦闘機についての小ネタ。
    • ただ、二式水戦は軽量な上に浮航能力に劣る単フロート機であるため波に非常に弱く、離水・着水が可能なのは波の静かな湾内に限られていた。
      カタパルト射出能力を得たとしても、実際には着水収容が困難だったであろう。
  • 図鑑説明にもあるように、新規設計の水上戦闘機「強風」が太平洋戦争開戦に間に合いそうになかったため、その代わりとして零戦をベースにして短期間で開発量産しようとしたものである。
    本命が遅れそうだからって零戦改造!? 左舷弾幕海軍陣容薄いよ、何やってんの!?
  • 零式艦上戦闘機は三菱が開発・設計を行った機体だが、中島飛行機でもライセンス製造されており、水上戦闘機への改設計はその中島飛行機が担当した。
    三菱には雷電等の優先度の高い他プロジェクトが回されており、零戦のノウハウを知り尽くした上に小型水上機の設計余力があったという事情で中島飛行機が指定されている。
  • 当初は前線で耐用時間を超えた中古零戦の改造でまかなうつもりであったが、零戦には開口部が多く海水で部品腐食が起きることが判明、実は機体そのものも水上機用に改良*3され新造されている。
  • 1941年に開発を命じられた中島飛行機は1年足らずで試作1号機を製造し、奇しくも太平洋戦争開戦当日の12月8日に初飛行を行い結果は良好、直ちに量産が始まった。
    零戦の中古機体をお手軽改造で流用という目論みが破綻する誤算はあったものの、それでもベースとなる機体があったお陰で驚異的な短期間での実用化である。
  • 幻に終わったプランとしては、二号零戦(後の零戦32型)をベースにした「二号水上戦闘機」計画がある。

  • 世界的にも稀な本格的な空戦を前提とし、「量産された」水上戦闘機。
    • 試作だけなら米国がF4F-3S、英国もスピットファイアの水上戦闘機型、ドイツがBf109Wを制作しているものの、量産には至っていない。
      • イギリスは水上戦闘機が必要になるほどの島嶼侵攻は行なわなかったし、アメリカは空母や基地造成の為の重機械を大量にもっていたので無理に作る必要がなかった。
    • 制式名はA6M2-Nで零戦の派生型だが、連合国のコードネームは「Rufe」で「Zeke」ではない。
    • 土木技術に劣る日本は占領した島嶼部に飛行場を設営するのに日数を要した為、占領地の防空用途にはこのような水上戦闘機が必要とされた。
    • 爆撃機や偵察機への迎撃が主な任務でB-25やB-26なども撃墜している。また戦闘機であるボーファイター、F4FやF6Fなどを相手に格闘戦を行い撃墜した記録もある。
      しかし当然ながらそれらは水上機としてはの範囲での希少な例であり基本的には本職の戦闘機にはかなわなかった。
  • ゲーム内では零式水上偵察機からの改修更新で入手できるが、実機の構造自体はむしろ零式水上観測機や紫雲のほうが近い。
    • 零式水偵や瑞雲系は主フロートを2つ装備した双フロート型、零式水観や紫雲、そして本機は主フロートを1つだけ装備した単フロート型である。
      単フロート型は離水滑走中の安定性がとりわけ悪いものの空中性能に優れ、双フロート型はその反対となる。
  • 南洋だけでなく日本本土でも島嶼部などに防衛用に配備されていた。例えば父島にあった海軍洲崎飛行場は滑走路が500mしかなく、戦闘機の発着は不可能であり本機が用いられることになった
    • 父島へ二式水戦が配備されたのは昭和19年6月、佐世保海軍航空隊から10機が派遣されたが翌月の空襲でたった2機のF6F-3E夜間戦闘機*4相手に全く歯が立たず7機を撃墜され壊滅している。
  • 艦載した記録に関しては、特設水上機母艦の神川丸が従来の二式水戦を搭載した記録があるが、基地周辺の海辺への輸送が目的でありカタパルトからの発艦能力はなかった
    • 当装備のカード画像の機体は神川丸が搭載した二式水上戦闘機の塗装が元ネタと思われる。
  • 他に特設運送艦「鹿野丸」(かのまる)がキスカ島沖で故障した第五十一根拠地隊第五航空隊所属の二式水戦を収容している。
    • 鹿野丸はこの直後、米潜水艦グラニオン(SS-216、ガトー級潜水艦)の雷撃を受け航行不能となっているが、8cm単装砲で反撃しこれを撃沈。輸送船が潜水艦を撃沈するという珍しい戦果を挙げている
    • このとき戦死したグラニオン艦長マナート・L・エーベル少佐の名前はアレン・M・サムナー級駆逐艦に名付けられるが、この駆逐艦こそが桜花が唯一撃沈した艦艇である。因果は巡る・・・
  • 戦後、インドシナ方面に残されていた1機がフランス軍に接収され、フランス軍塗装(尾翼の識別記号はATA IU)を施されて一時的に使用された記録が残っている

  • 瑞穂がモチーフと思われる妖精さんが乗っているが、もちろん搭載されたことは無い。

この装備についてのコメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 取り敢えず2群で水戦熟練が配布されるの祈りつつ(来るとしても多分無印だけど)を少しずつでも改修進めるとしよう。熟練MAXでなくても途中の改修段階でも制空値は強化されるし、仮に春イベで熟練MAXがボーダーになる状況が出たとしてもそれをカバーする方法は余程の編成制限がない限り何とかはなるからMAXの先は遠いからといって改修を後回しにしないで春イベに間に合わなくても少しずつ改修を進めるのが吉かな。 -- 2017-03-18 (土) 10:24:30
  • 現時点で二式水戦改(熟練)が複数必要となるのがイベントで輸送護衛の制空ぐらいだからなぁ、戦艦・重巡のみの任務とかでもないかぎり4スロガン積みは無いから優先度は低そう -- 2017-03-18 (土) 12:05:25
    • もしそうなっても難易度落とせば済むだけだからなぁ (甲限定海域突破報酬を横目で見つつ) -- 2017-03-18 (土) 15:37:30
      • 妥協できない人は戦うしかない、覚悟はいいか?俺はできてる -- 2017-03-18 (土) 19:27:28
  • 所持の3機全部改修★max止めで待機しとくか… -- 2017-03-18 (土) 17:37:22
    • 強風がどういう形で実装されるか判明するまでは転換は様子見たほうがよさそうね -- 2017-03-18 (土) 20:42:13
      • んだんだ -- 2017-03-18 (土) 21:18:06
    • んほおおおおおお!我慢できにゃいいいいいぃぃ!転換しちゃうのおおおおぉぉぉ! -- 2017-03-20 (月) 12:00:42
  • これと44水戦noしかないんだが、熟練作るよりこれの数増やした方がいいよね? -- 2017-03-18 (土) 21:22:20
    • ミス、これと44水戦の二つ -- 2017-03-18 (土) 21:23:59
    • まず優先するべきは数だね。水戦の制空値の半分以上が熟練度補正みたいなものだし。数さえあれば多少の不足も(連撃捨てるっていうデメリットは出るが)何とか補えるし。 -- 2017-03-18 (土) 21:51:54
  • これとイタリア水戦四ずつ、 -- 2017-03-19 (日) 02:02:28
    • みす、すまん。やはり改修していた方がよさそげか? -- 2017-03-19 (日) 02:04:20
      • するに越したことはないけど、水戦を使うと有利な海域が出てきたときに改修しなくても制空が取れるor改修しても取れなかったらこんなコスパ悪い改修をやったことに後悔するだろうから、必要になったらでいいと思うぞい更新もまた然り。これと改の差も制空値で言えば改修値が同じなら約7の差でしかない。この差で優勢になるような海域がもし来るとしたらそのとき集中的に改修すればいい。もちろん21型やらは貯めとかんといかんけど。 -- 2017-03-19 (日) 13:43:28
      • ネジは腐らないからねぇ。何かが必要になった時にそれに対応出来る蓄えが有るっていうのは大きいと思う -- 2017-03-19 (日) 18:14:29
  • 単発任務はやっておきたいけどネジが辛い -- 2017-03-21 (火) 08:48:19
  • 改修の係数は0.25ではなく0.2だったか…?少し残念。まあ性能的には心置きなく熟練に転換できる…のか?それとも一応MAXに留めておくか。 -- 2017-03-21 (火) 18:05:49
    • 熟練にしてさらに改修する予定がないなら係数0.2でもMAXならまだ同じ性能だしね、いつでも転換できるようにして待ってても問題はないんじゃないかな。任務を早く消したいというのでなければ -- 2017-03-21 (火) 22:17:47
      • 任務邪魔なんだよな -- 2017-03-22 (水) 01:33:56 New
      • この任務一つ消してももう一つ出るみたいだからあきらめがついたw -- 2017-03-22 (水) 21:19:04 New
      • 単発任務は即日消すぞくらいの気分でやってるけど、こいつとは長い付き合いになりそうだよ… -- 2017-03-23 (木) 19:57:29 New
      • 単発みたいだし1つなら課金して消したけど二つじゃちょっとなー。おかわりのほうがまさかクォータリーだったりしないかと実装日はドキマギしてたわw -- 2017-03-24 (金) 18:26:29 New
  • 21型もある、搭乗員もいる、ネジが足りないorz -- 2017-03-22 (水) 01:29:11 New
    • 21型は用意した、搭乗員もいる、ネジも…まあ無くはない、で、何曜日から改修できるようになるんだ -- 2017-03-22 (水) 15:59:32 New
  • ネジが無え。練度や艦娘は金で買えないが、装備は金で買えるってか -- 2017-03-22 (水) 15:49:38 New
    • 最近の改修って、やたらネジ消費重いから困るからロクに装備改修やってないッス -- 2017-03-22 (水) 17:39:29 New
    • 最近の改修は趣味枠が多いから、まずは今までの有用なやつの改修を全て終えてからかかればええんよ。何も急ぐことはない -- 2017-03-22 (水) 18:12:18 New
      • 消費ネジが多すぎるのは運営的に「やらなくても困らない改修」なのかなと考えている。必須装備の改修が終わった古参はチャレンジしてくれよな!という位置づけなんじゃないかと。もし熟練水戦が今後必須になるレベルならむしろネジ安くなってたと逆説的に読んでみる -- 2017-03-22 (水) 21:22:16 New
      • わかる、同時期のZara砲とかはコスト安いし。 -- 2017-03-22 (水) 21:46:21 New
    • ネジ貰えるウィークリーで12個×4週とマンスリーで14個、任務合計62個、EOクリアで貰える勲章6個とプレゼント1個を変換して25個、月あたり合計87個(6090円相当)をタダでくれるんだけどな。設計図が足りてない、EOや任務やってられるかって言われるとアレだが -- 2017-03-23 (木) 09:25:11 New
      • それに近いコトをやっていた時期があったんだけど、今度はLvカンストする艦娘が続出して指輪代が*5(←言いがかり -- 2017-03-26 (日) 07:31:16 New!
  • 二式水戦と零式水観は・・・・むやみに格好いい、洗練された機能美の一つの頂点と思う -- 2017-03-22 (水) 23:15:09 New
    • 技術的な洗練という意味では二式水戦よりベースになった零戦の時点がピークなんだけどね -- 2017-03-23 (木) 22:51:51 New
  • これの改修可能日少ないな〜。まあ毎日出来たとしてもポンポン進められるもんじゃないけど…。熟練化任務2つとも終わるには年単位の時間が掛かりそうだわ -- 2017-03-23 (木) 12:51:15 New
    • それな。あと瑞穂でしか改修できんのかがわからん。な瑞関な。 -- 2017-03-23 (木) 14:02:33 New
    • 熟練はともかく素材のこちらは毎日可能にしてよかった 1日1回派だと次イベまでに熟練水戦MAX配備は無理だな -- 2017-03-23 (木) 18:21:06 New
    • こいつの改修 週2回しかできんわ 確実化するとなると週一だね 先は長いよ -- 2017-03-23 (木) 20:49:47 New
    • 木曜日の改修を金曜日に変わる夜中まで待って、週4日改修かな -- 2017-03-23 (木) 23:11:48 New
    • これの改修はネジ貯めて一気にやっちゃおうと思って備蓄中。貯まってくると他に使いたくなる衝動に耐えるのが大変w -- 2017-03-24 (金) 09:46:17 New
    • 現状で改修可能日が少ないのは、近日実装の最上型改二艦が他の曜日を担当するからかもしれないね。 -- 2017-03-24 (金) 20:09:40 New
  • 瑞穂がいないからなぁ、イベで取って急速改修しようと思うんだけど、不確実性が強いしなぁ、あきつ丸レシピで一回くらいはやってみてもいいと思うが、炉使うと止まらなくなるしなぁ、瑞穂以外でやれるようになっとけよ。というか今月の鈴谷改二で2式水戦の改修きそうじゃね?それに期待するしかないかな。 -- 2017-03-24 (金) 15:32:33 New
    • ついでに二式も持って来てくれると嬉しいね。 -- 2017-03-24 (金) 17:46:50 New
    • >今月の鈴谷改二 「今春以降の実装」であって今月とは言っていないぞ -- 2017-03-25 (土) 09:06:49 New
  • コスパ的に、★5*2でいいんじゃね。 -- 2017-03-25 (土) 03:50:19 New
    • 別に未改修のままでいいまでもある -- 2017-03-25 (土) 04:39:20 New
      • 無改修or熟練MAXの二択に絞った方が良いと自分も思う -- 2017-03-25 (土) 21:40:34 New
    • 航巡一隻に一つ載せるだけで丁度良い感じの制空値になる場合もあるから、そういう状況に備えたいなら★10とか熟練とかが欲しくなる -- 2017-03-25 (土) 10:24:24 New
    • 改修での性能向上自体は魅力的だよね。問題は異様なネジの重さ・・・ -- 2017-03-25 (土) 21:14:00 New
      • ネジ5→7って要求数が試製51と同じなんだよね。なかなか手が出せない重さ -- 2017-03-25 (土) 21:44:13 New
  • 熟練水戦改作るんだから、機体改修せんで熟練搭乗員だけで良かったろうに…。21熟練か水戦改熟練かどちらか選択して任務で作るみたいな感じで。ベースとなる二式水戦改作るだけでも大変なんだがなあ。 -- 2017-03-26 (日) 22:08:27 New!
  • ネジが尽きたな。初めてだ。……勲章割るか。 -- 2017-03-26 (日) 23:27:13 New!
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 軽量大馬力のエンジンやフラップなどの高揚力装置が開発されるまで、高速を目的とした航空機には水上機が有利だった。フロートなどの抵抗増加があっても、水面さえあればどこまでも滑走・加速できるのは大きな利点だったのである。
*2 もっとも次々応急処置型の方が大生産されたスピットファイアの開発史だとか、F4U差し置いてF6F大量採用だとかの話もあり、軍用機の歴史では「よくある事」でもある。
*3 発動機架の強化や尾翼の面積増加など
*4 第58任務部隊第75夜間戦闘航空隊所属機
*5 *6
*6 ;゚Д゚