Top > 零戦52型甲(付岩本小隊)

零戦52型甲(付岩本小隊)

Last-modified: 2016-07-15 (金) 19:21:51
No.156
weapon156.png零戦52型甲(付岩本小隊)艦上戦闘機
装備ステータス
火力雷装
爆装対空+11
対潜索敵+1
命中+1回避+3
戦闘行動半径6
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修可
機種転換任務報酬
圧倒的な空戦技量を誇るエース、岩本小隊長を擁する「零式艦上戦闘機52型」装備の艦戦隊です。
卓越した空戦技量で零戦の後期改良型を駆る「零戦虎徹」は、
機体の質的優位性が失われても果敢に敵機に挑み、撃墜を重ねていきました。

ゲームにおいて Edit

  • 2015/10/30に実装された装備。同日実装された零戦21型(付岩本小隊)機種転換することで入手できる。
  • この時点で既に性能が烈風(六〇一空)を上回っているが、練度をmaxにすることで零式艦戦53型(岩本隊)へと更なる機種転換が可能。
    よってこの装備を所持したままの提督は少数と思われる。
    • ただし、この53型に機種転換をするには、当該任務出現と必要アイテムの関係で瑞鶴改二翔鶴改二(共に改二甲でも可)が必要となるため、
      設計図が足りない・カタパルトがない、片方不在等で機種転換できずに長期間保有することになる提督もいるだろう。誤廃棄に注意したい。
    • また、53型への機種転換には彩雲2機の廃棄が必要である。艦上偵察機という性質上、最小限の数しか開発・保持していない提督はくれぐれもご用心を。

小ネタ Edit

  • 「岩本徹三氏が珊瑚海海戦後も基地航空隊に異動せず、空母航空隊所属で撃墜王としての戦果を挙げていたら……」というif装備。
  • 元になった機体は、零式艦上戦闘機52型甲。零式艦戦52型をベースに武装を強化した最初のサブタイプである。
    • 甲とは、エンジン(型番の一の位)・機体(型番の十の位)の基本仕様は同じだが武装*1を変更した場合に付された記号とされる。艦これでは先に実装された零戦52型丙(六〇一空)があるが、こちらは52型系列で三回目の武装強化タイプ。
      • ただし、後の53型や54型も52型丙の武装がベースになっていたという理由で、甲乙をすっ飛ばしていきなり53型丙や54型丙と戦後長らく記述されたりと、この分類表記には混乱も見られる。*2
  • 零戦の初期からの問題点として、主武装である九九式20ミリ機銃の携行弾数の少なさがあった。
    21型など初期型では一丁辺りたったの60発、その後の32型・52型などの改良型でも100発であり、現場からはさらなる強化が切望されていた。
    そのため、従来のドラム式弾倉をベルト式弾倉に変更することで一丁あたり125発に増やした九九式20ミリ二号機銃四型を搭載したのが零式艦上戦闘機52型甲である。
    • イラストでも見られる零戦21型(付岩本小隊)との大きな違いの一つとして、主翼から突き出た銃身の長さがある。
      これは、やはり初期から問題とされた、初速と発射速度の遅さに起因する弾道特性の悪さの改善や破壊力の向上のため、銃身を長く伸ばした九九式二号銃系列の特徴である。艦砲でいうと長砲身化で威力を増した20.3cm(3号)連装砲のようなもの。
      装弾数の増加と共に、二号銃の長銃身化による改良は現場のパイロットたちから歓迎されたという。
    • 52型初期生産機の段階で、ベルト給弾式は先行実装されていたとされる説もあり、付番分類同様混乱が見られる。
      52型自体、ひっ迫した戦時下で量産に改良点の反映が間に合わず段階的に改修が実装された系列仕様であるため、甲乙丙3種のサブタイプを始め、どの時点での生産機かによって細かな差異があってややこしいのである。
  • ちなみに、艦これで実装された52型甲と丙の狭間で抜け落ちている乙とは何かというと、機首の7.7ミリ機銃の片方を13ミリ機銃に変更、また零戦では実質初となる防弾装備(風防の防弾ガラス)が導入された零式艦上戦闘機52型乙のことである。

この装備についてのコメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 翔鶴姉ェのLv低いからしばらくコレ止まりだなぁ。。 -- 2016-01-05 (火) 00:54:17
  • 五航戦は改にして5-4連れ回すとあっという間にLvが上がるぞ。 -- 2016-01-16 (土) 00:55:00
  • どうして任務のトリガーにろ号が入ってるんだよ・・・ -- 2016-03-23 (水) 22:13:57
    • 敵の兵站を断つのは大事 -- 2016-03-25 (金) 23:38:22
    • それな・・・。ろ号はマジで社畜提督の壁やわ。休みの前日に一気にやるしかないな。 -- 2016-06-05 (日) 02:18:09
      • 寝る時間をうっかり減らして翌日の仕事でしんどい目に遭ったりするからなぁ -- 2016-09-02 (金) 21:08:32
      • 艦攻ガン積み軽空母六隻(旗艦最小スロに副砲、随伴艦は最大スロに艦戦)でバシーを南西任務終わるまで回るようにしてればそこまで辛くもない……はず -- 2016-09-21 (水) 14:26:27
    • ろ号はデイリーだよ。 -- 2017-05-10 (水) 00:03:14
  • ろ号はせめて最初からできるようにして欲しい。70 -- 2016-06-07 (火) 20:15:55
    • ろ号も70隻になり、週間任務の20隻を別任務としてあ号の後に、なら納得できるんだけど… -- 2016-06-07 (火) 20:18:20
  • 改修実装。開発資材4改修資材3、改修餌は零戦52を2機 -- 2016-07-15 (金) 18:11:56
    • 確実化、開発6、改修5 -- 2016-07-15 (金) 21:00:24
  • さすがにコレと53型は改修コストは一緒なんだねw 運営反省したか -- 2016-07-15 (金) 20:40:43
    • 上から目線で反省したかと言い放てる態度が凄いわ。 -- 2016-07-16 (土) 04:05:00
    • その口調も反省しようか^^ -- 2016-07-30 (土) 23:44:44
    • 信者の猛擁護キモッ -- 2016-08-06 (土) 13:57:38
      • ブーメランかな? -- 2016-09-27 (火) 20:01:24
    • 運営「ユーザーの皆様の声も参考にしながら設定を考えております」(大人な対応) -- 2017-08-06 (日) 10:42:04
  • デザインがカッコいいので上位転換しないで使ってる 夏イベでもう1機欲しいなあ -- 2016-07-17 (日) 17:17:54
  • 改修他事例との比較で考えたら改修マックスで対空+3、命中+3ぐらいかな -- 2016-07-19 (火) 12:31:38
  • 改修★6〜 開発資材5、改修資材4、消費零戦52型3機、確実化開発9、改修6でした -- 2016-07-29 (金) 08:29:36
  • 五航戦両方とも改二にしなきゃいけないのか…まだ瑞鶴62翔鶴78だよ… -- 2016-09-22 (木) 17:00:19
  • 12/8にハセガワからまさにこの機体が1/32の限定版で発売すっぞ -- 2016-10-03 (月) 23:49:58
  • 五航戦より先に改造しときたい艦がまだまだあるんで、しばらくはこれの★max使うことになりそう。 -- 2016-10-17 (月) 00:51:10
  • 21岩本は改修できないけど、21岩本をこれに転換すると熟練の改修って引き継がれますか? -- 2017-01-05 (木) 21:34:08
    • ちょうどうちで今21☆max→21熟練☆max→21岩本☆max→52甲☆maxまできたので引き継がれてますよ …でも設計図がいから瑞鶴改二ができないという…(瑞鶴はLv.93で絶賛待機中) -- 2017-01-25 (水) 01:26:24
  • 鍵を掛け間違え、うっかり破棄した数分前の手前を抹殺したい……orz -- 2017-04-26 (水) 10:57:40
    • ドンマイ、ドンマイやで・・・・ -- 2017-06-01 (木) 14:38:56
  • 今この装備を改修☆8にしてこの後MAXにする予定だけど、機種転換した時改修値って消えないよね? -- 2017-06-02 (金) 00:31:24
    • 上を見よ。 -- 2017-06-02 (金) 00:45:32
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 機銃の変更のみならず、爆装の強化や防弾装備の追加も武装強化の範囲に含まれる模様。紫電および紫電改でも同様に付番された武装強化型がある。ただし機体設計にも手を加えて爆装の仕様を変更した爆戦こと零式艦戦62型は、52型系列とは別の型番扱い。
*2 特に54型は機首の機銃を全廃する変更がされて52型丙とは全くの別タイプであり、また海軍の資料にも単に54型と記されていることから近年では丙の表記は外されている。