Top > 烈風(六〇一空)

烈風(六〇一空)

Last-modified: 2017-06-27 (火) 12:24:11
No.110
weapon110.png烈風(六〇一空)艦上戦闘機
装備ステータス
火力雷装
爆装対空+11
対潜索敵
命中+1回避+2
戦闘行動半径5
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可能
2014年「11月作戦」「12月作戦」ランキング褒賞
2016年「5月作戦」ランキング褒賞
2015年冬イベントE1、甲作戦、乙作戦突破報酬
機種転換任務報酬
「零戦」の後継機として開発された最新鋭艦上戦闘機「烈風」。
用兵側の発動機選定ミスや多忙な現場設計陣などの苦境を越えて、ついに完成した新型艦戦。
本航空隊は同新鋭機材を定数受領して、再建を目指す空母機動部隊、その戦闘機部隊の中核を担います。

ゲームにおいて Edit

  • 2014年8月に実装された、現在入手可能な最高クラスの艦戦のひとつ。
    • 2015/10/30アップデートで実装された零式艦戦53型(岩本隊)に「現在入手可能な最高性能の艦戦」の座を譲った。
  • 雲龍改が必要な出撃任務「第六〇一航空隊」出撃せよ!の達成で出現する機種転換任務で、零戦52型丙(六〇一空)烈風2つの廃棄と引き換えに本装備へバージョンアップする。
    • 貴重な烈風を2つも廃棄するので、配置、配備ミス、妖怪「任務忘れ」等が起きるとものすごく後悔する。廃棄の前に必ず確認しよう。
      • 機種転換前の零戦52型丙(六〇一空)を装備ロックしていると機種転換できない。必ずロックを外してから廃棄すること!
        ロック済みの装備を機種転換できないのは仕様である。
      • 誤って烈風を廃棄しないように注意。名称が一字違いで、かつ装備選択画面の並びも烈風のすぐ後ろとやや紛らわしいので装備ロックなどで保護しよう。
        それでも廃棄した慢心提督も散見される。零式水上観測機の悲劇……
  • 他の機種転換任務で入手出来る天山一二型(友永隊)彗星(江草隊)などと同様に入手機会が限られているため、間違えて誤廃棄しないように、入手後も注意。
    • 他の入手機会も稀にあるが上級ランカー報酬などで狙うのは困難。通常の入手方法はなく量産不能のため未だに貴重な装備であることに変わりはない。


  • 烈風の完全上位装備。比較すると、対空+1 命中+1 回避+2。
    • 烈風や烈風改との制空値差は±1〜7。
    • 加賀改の46機スロットに搭載した制空値は、烈風改が81、本装備が74、烈風が67。
  • 入手に烈風を2つ消費するが、性能は烈風以上なので、烈風と改装設計図の所持数に余裕があるなら検討したい。
    • 烈風や紫電改二の所持数が十分でなく、零式艦戦52型等で制空を補っているような状態であれば、艦隊全体での制空値が下がる可能性があるため無理に機種転換すべきではない。
    • 雲龍を改にするには改造レベルが50且つ設計図を必要とするのが難点。
      2015/8/10アップデートの艦載機熟練度システム実装以降、それまでに比べ艦戦ひとつひとつの制空値の影響は減少した。
      そのため本装備を目的として雲龍を改造する必要性も以前よりは低いので、設計図の数が少ないのであれば艦隊状況に合わせて各提督で判断されたい。
    • 現在この装備自体を改修することは出来ないが、機種転換前の零戦52型丙(六〇一空)を改修してから機種転換をすることで高改修値の当装備を入手することが出来る
      これから機種転換を行う場合は、改修MAXにしてからの機種転換を強くお勧めする


  • 雲龍は実装当初の2014年夏イベントの海域突破報酬以降はイベントドロップのみだったが、
    2015/6/26アップデートで6-3ボスドロップに設定された事で全提督が1つは入手可能になった。
  • ランカーの最上級報酬としてごく稀に配布されている。
    • 2014年11月作戦の最上級ランカー(1〜5位)に配布。ランカーに艦戦カテゴリが配布されるのは最初期の2013年4月の烈風以来だった。
      • 「イベント限定で入手可能→その後1回だけ配布」された装備は、2013年秋イベントE-3報酬→2014年1月最上級ランカー限定配布された53cm艦首(酸素)魚雷がある。
        同装備は登場から2年半以上、本実装されていない。
    • 2014年12月作戦の1〜20位報酬として配布。
    • 2016年05月作戦の最上級ランカー(1〜5位)に配布。
  • 2015年冬イベントではE-1の甲・乙作戦突破報酬だった。
  • 試製41cm三連装砲に次ぐ☆4かつSSホロ背景装備。
    • 地味に背景は震電改や烈風改より上。やはり実装時期の問題か

以下性能比較表(装備最大値/艦戦上位早見表/テーブルより転送) Edit

装備名対空索敵命中回避火力装甲半径入手方法改修追加
震電改15-2イベント-編集
烈風改12-----5イベント、ランキング-編集
烈風(六〇一空)11-12--5任務、イベント、ランキング編集
烈風10-----5開発、初期装備-編集
紫電改二9--3--3開発-編集
零式艦戦53型(岩本隊)12324--6任務編集
零戦52型丙(付岩井小隊)10112--6任務編集
零戦52型丙(六〇一空)9-11--6任務、初期装備、ランキング編集
零式艦戦52型(熟練)9112--6任務編集
零式艦戦32型(熟練)8-14--5改修編集
零式艦戦21型(熟練)8122--7任務、初期装備編集
Fw190T改10--22-3初期装備、イベント-編集
Bf109T改8--41-2初期装備、イベント-編集
Re.2005 改11--31-3イベント-編集
Re.2001 OR改6--23-4ランキング、初期装備-編集
F6F-5101131-5ランキング-編集
F6F-381121-5改修、ランキング編集
Seafire Mk.III改9-12114イベント-編集

小ネタ Edit

  • 「もしマリアナ沖海戦で壊滅した一航戦が無事再建され、その母艦飛行隊である第六〇一海軍航空隊に最新機烈風が配備されたら……」というif装備。
    • 史実では台湾沖航空戦、レイテ沖海戦での損耗や信濃、雲龍の沈没、そして燃料不足によって機動部隊再建は断念。六〇一空は基地航空隊として終戦まで戦うことになり、そのうえ烈風も完成しなかったため、「空母機動部隊の再建」「烈風の完成」という二つのifが合わさっている。
  • 仮に元ネタがあるなら、第601航空隊麾下で敗戦まで防空活動に勤しんだ戦闘第310飛行隊かも。
    • 戦闘第310飛行隊は進化元の零式艦戦52型を使っていた部隊。香取穎男大尉、岩井勉少尉、白浜芳次郎飛曹長等*1の元空母搭乗員を擁し、陸に揚がった後も母艦航空隊の実力を最後まで見せつけたらしい。
    • 香取さんは飛行学生卒業から僅か9ヶ月で初陣のマリアナ沖海戦に第652航空隊分隊長(乗艦は飛鷹)分隊長として参戦*2
      第一次攻撃隊で爆装した零戦21型を護衛して出撃して、敵を発見できず引き返して大鳳に着艦、その後の大鳳の大爆発から幸運にも生き延びた。
      台湾沖航空戦、レイテ沖海戦では第634航空隊分隊長で参戦、11月に引き上げて第601航空隊に着任したら、今度は人材不足から第310飛行隊々長に就任。
      実戦経験が1年も満たぬ若年なのに*3硫黄島特攻・沖縄・関東防空といった末期の絶望的航空戦を戦い抜いた。
      戦後は海上自衛隊に入り、第4航空群司令等を歴任し呉地方総監にまで昇進した。
    • 岩井さんは零戦の初陣に参加した日中戦争以来の古株。瑞鳳でい号作戦、ろ号作戦に参加、台湾で教官を務めた後第601航空隊へ転属して瑞鶴でレイテ沖海戦にも参加。第310飛行隊では零戦分隊士となるも4月に病気にかかってそのまま終戦を迎えた。著書:『空母零戦隊』
    • 白浜さんは太平洋戦争開戦時以来の熟練搭乗員*4。マリアナ沖海戦では第一次攻撃隊で彗星天山を護衛し、F6Fと空戦して生還して、翌日には香取さんと一緒に艦隊防空戦にも参加。
      レイテ沖海戦では第653航空隊航空隊で参加、工場へ飛行機を受領に行っている間に艦隊が出撃したので、空路フィリピンへ移動し、空戦を行った。戦闘第310飛行隊結成でまた香取さんと一緒になり、先任搭乗員*5として小隊を率いて関東防空や沖縄攻撃の制空隊で戦果を上げた。著書:『最後の零戦』
    • 艦隊航空隊ならば、烈風装備の前に紫電改二を装備しているだろうって?それは言っちゃダメ。
      • 艦これのコンセプトの1つに「史実をモチーフにしながら、史実で結果を出せなかった艦艇や装備、戦術にもスポットを当てていきたい」*6というものがあるため、
        元となった機体(紫電改)に多少の活躍があった紫電改二よりも本来搭載することが予定されていながら叶わなかった烈風が選ばれるのはある意味自然な流れというべきか。
        予定での実用化時期だけは烈風の方が早かったのだ。

この装備についてのコメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 先に入手した提督たちはこれの改修MAX状態にするのが叶わないんだな。これ自体が改修可能になる日は来てくれるのか・・・ -- 2017-04-01 (土) 10:05:02
    • これ改修可能=烈風も改修可能だから投入時期むずそう -- 2017-04-01 (土) 10:38:12
      • 運営が明言してるのは六〇一航空隊のみだから烈風は別に改修化にしなきゃいけないわけではないよ -- 2017-04-02 (日) 20:02:33
      • それってネジで改修してるのは機体じゃなくて乗組員の方ってことか…何それ怖い… -- 2017-06-20 (火) 22:54:15
      • 専用機向けに機体をカスタムってことじゃない -- 2017-08-19 (土) 16:17:50 New
    • 烈風改が無い後発提督向けの救済措置なんだろうけど結果として後発の方が得という哀しいジレンマ -- 2017-05-08 (月) 02:33:38
      • 烈風改なし、烈風601改修不可、岩井隊は爆戦化済みという悲しい提督も一定数いるよね。もう水戦の改修でしか制空確保できない場面が出てきそう。 -- 2017-05-09 (火) 20:34:06
      • 16冬前に着任してイベ参加2回目の16春E-4で64周で雲龍手に入れて意気揚々と機首転換して五航戦改二関連の機首転換も終わらせたら艦戦改修が実装された提督ならここに -- 2017-05-13 (土) 22:47:14
      • ただの運営の怠慢でしょ(禁句) -- 2017-05-25 (木) 14:29:32
      • ↑一葉 俺かな?(15年6月着任) 怒りの岩本MAXと52熟MAXで戦ってます -- 2017-06-19 (月) 12:45:39
  • 運営に改修の要望だした・・・意味ないだろうが・・・例えば、千人が万人が要望だせば変わるのだろうか・・・ -- 2017-04-07 (金) 23:56:54
  • 気が付いたら2機のうち1機逃げ出していた・・・。 -- 2017-04-10 (月) 10:25:13
    • と、思ったら基地航空隊に配属しっぱなしだった・・・ -- 2017-04-10 (月) 10:46:04
      • 昔あきつ丸に乗せてて似たようなことあったわ 装備中の艦娘から持ってこれるようになって便利になったもんだなぁ -- 2017-04-18 (火) 01:01:28
      • 2ヶ月前のお前!ありがとう!ふと気付いたら1つ消えていて15分くらい探して悩んだ挙げ句ここに来て解決したわwww -- 2017-06-17 (土) 19:35:57
      • なんか数が足りないと思ったらw -- 2017-06-19 (月) 16:29:37
  • 雲龍が全く着任せず己の不運を嘆いていたが、結果助かった。人間万事塞翁が馬ですな・・・。 -- 2017-04-16 (日) 21:39:09
  • 6-4基地航空隊でコレの★maxを護衛に付けたけど、陸攻に相当被害が出ました。ひょっとしたら改修効果が載っていないのかも。無印と★max両方持ってるので、やろうと思えば改修効果が乗っているかどうか検証できる環境はアリ。誰か検証のしかたを教えてください。 -- 2017-04-18 (火) 00:27:02
    • 6-4にいる砲台小鬼はツ級以上の対空迎撃能力を持っているから制空取れば被害減らせるってのとは違います。詳しくはメニューバーにある航空戦のページを参照 -- 2017-04-18 (火) 03:42:45
  • この改修Max持てるのって新人の数少ない優越だな。 -- 2017-05-25 (木) 01:42:56
  • しかし、これから改修可能になっても、餌が烈風二つずつとかだったら禿げるわ -- 2017-05-25 (木) 13:55:04
  • やらかした、☆1のまま機種転換してしまった -- 2017-05-27 (土) 18:36:58
    • それはきっついな見た目も性能もw -- 2017-07-26 (水) 03:58:44
  • これのMAXは地味に羨ましい。 改修来たとしても重そうだし -- 2017-05-30 (火) 23:17:46
  • まーだ改修できるようにならないんですかね -- 2017-06-10 (土) 23:03:50
    • もはや諦めた方がいいかもしれないなもうすぐ1年だぜ? -- 2017-06-11 (日) 00:57:21
      • こマ?ンダンテスト 歳をとるわけだ -- 2017-06-17 (土) 00:53:39
    • 米軍機のさらに上位と同時に開放、つまりサラmod2実装の今夏だと妄想 -- 2017-06-12 (月) 22:04:36
    • 後から追加します言うてからそろそろ1年経つね -- 2017-06-12 (月) 23:30:34
      • 艦戦隊の装備改修もこの後随時可能となってまいります…とは言ったがまだその時と場所の指定まではしていない そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい つまり……我々がその気になれば改修可能になるのは10年20年後ということも可能だろう………ということ……! -- T根川? 2017-06-15 (木) 08:42:10
      • ザワザワ… -- 2017-06-17 (土) 19:40:25
    • 改修実装してほしくはあるんだけど、ネジ消費が計り知れないことになるのは火を見るよりも明らかだからウィークリー任務にネジ入手の任務を増やしてほしい -- 2017-06-19 (月) 17:29:38
  • 52型の六〇一さんはノーマルに比べてメッチャ頑張ってる(対空値マシマシ)のに、烈風の六〇一さんは確かにノーマル烈風の完全上位だけどそんなに対空値が上がらない謎。 -- 2017-06-20 (火) 11:18:04
    • 最新鋭ほど乗り手の練度に性能を左右されないってことじゃないかな。車とかもそうだし。 -- 2017-06-20 (火) 23:13:00
  • F6F-5実装されましたが、こちらの改修はマダデスカ… -- 2017-06-30 (金) 07:08:57
  • 今日で改修実装するって言ってからちょうど1年ですね -- 2017-07-04 (火) 22:35:20
  • F6F-5と共に改修実装、2年後くらいの忘れた頃に実装、L気った事にされる さあどれだ! -- 2017-07-16 (日) 13:54:45
  • これが改修できずにおあずけされてもう1年か・・・ やっぱり運営完全に風化を狙ってますねこれは・・・ -- 2017-07-26 (水) 22:45:18
    • もっと期間長い艦首魚雷関連よりマシ。試製南山、零式ソナーとかも1年超え。震電改や12型634は一般入手絶望。紫雲を任務報酬にする(期間限定とか変則では入れたが)、試製晴嵐を開発に落す的な発言、信濃はグラ描けてます、対空迎撃の威力向上アプデでの「VT信管」「近接信管」(未実装) 等という発言とかと比べればまだ短いな。VT信管の話とか2013の6月くらいの発言だし -- 2017-07-26 (水) 23:16:21
      • コアユーザー蔑ろにしてるこれと挙げてる例ではまるで意味が違うわ。 -- 2017-07-30 (日) 15:21:51
      • これの後発ユーザー限定の改修実装前からやってるコアユーザーは別にコレの改修ができないくらいで困る状況ってそう無いはずだが。重要度抜きにして風化具合では負けてるってだけの話だからそこまでのことを含んだコメではないし。 -- 2017-07-30 (日) 16:14:21
      • 自分は長く集中的にやってれば手に入る機会があった先行実装装備と集中的にプレイしてきた層が後出しによって今現在に至っても絶対に改修できない装備では風化を狙ってると言っても意味がまったく別物で単純に期間で比較できるものではないと言ってるんですよね。少なくとも期間が短いというだけで艦首魚雷云々よりマシなんて言えるものではない。あと困る困らないなんて話はまるで関係ない。それとかなり噛み砕いて言いますが、「風化具合では負けてるってだけの話」と言ってますが、木から1枝の流れでは「風化を狙ってるにしても未実装期間が長い先行実装装備よりマシ」に見えて「ただ単に未実装期間が他の先行実装装備の方が長くて風化してる」という風な意図には見えないので気を付けた方がいいですよ。 -- 2017-07-30 (日) 19:07:56
      • いやいや烈風601と他では状況が違うでしょ -- 2017-07-30 (日) 20:36:49
      • と思ったら葉にいろいろ書いてあった -- 2017-07-30 (日) 20:37:54
    • 正直改修にまでランダム要素あって素材が無駄になるから放置でもいいや。確実化すればいいんだろうけどネジの入手性もいまいちだし。 -- 2017-07-26 (水) 23:20:58
      • 星5までは確実化無しでも絶対成功(明石改の場合、改前明石は星4まで確実成功)だから確実化は星6以降を考えるわけだが元が高性能なコレなら星5止め運用も選択肢だと思う。星5止めでも補助能力付き烈風改にはなれる。 -- 2017-07-30 (日) 15:00:16
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 他には佐々木斉少尉、中仮屋国盛飛曹長、平野恵上飛曹、池田速雄上飛曹など
*2 その前は後輩パイロットの教官をしていたので優秀だったのがわかる
*3 海兵70期の彼より先輩の兵学校出身の現役戦闘機パイロットは20人いなかった、その多くも教育部隊や実験部隊にいた
*4 但し零式水上観測機乗り。零戦に乗り始めたのは昭和19年かららしい
*5 最も軍歴が長い下士官搭乗員、1945年5月に飛行兵曹長=准士官に昇進しているので先任搭乗員ではなくなっている
*6 Febri vol.26 p.048の田中Pインタビューより