Top > F6F-3

F6F-3

Last-modified: 2017-06-19 (月) 04:16:37
No.205
weapon205.pngF6F-3艦上戦闘機
装備ステータス
火力+1雷装
爆装対空+8
対潜索敵+1
命中+1回避+2
戦闘行動半径5
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修可
2016年「11月作戦」ランキング報酬
改修更新
F4F-3 → F4F-4 → F6F-3
大戦初期の太平洋上で零戦としのぎを削った米海軍艦上戦闘機F4Fシリーズの後継機、F6Fシリーズの初期量産型です。
大出力エンジンを装備した強力な主力艦上戦闘機として、零戦を徐々に圧倒していきました。

ゲームにおいて Edit

  • 2016年12月28日に実装。2017年01月10日アップデートでF4F-4からの更新で入手可能に。
    • 更新可能になるのと同時に改修可能になったが、零戦の次世代に相当する機体のためか改修コストは★+1から改修資材x4と零式艦戦52型(熟練)より重い。
  • F4F-4との性能差は対空+3、戦闘行動半径+1で完全上位互換。
  • 性能的には、改修可能な零式艦戦21型(熟練)零式艦戦32型(熟練)と同クラス。
    • 零式艦戦21型(熟練)に比べ火力+1、命中-1、戦闘行動半径-2。
    • 零式艦戦32型(熟練)に比べ火力+1、索敵+1、回避-2。
  • 立場的にはF4Fと違ってそこそこ活躍する場があると思われる。F7FとかF8Fが来れば化けるかも知れない…

以下性能比較表(装備最大値/艦戦上位早見表/テーブルより転送) Edit

装備名対空索敵命中回避火力半径入手方法改修追加
震電改15----2イベント-編集
零式艦戦53型(岩本隊)12324-6任務編集
烈風改12----5イベント、ランキング-編集
烈風(六〇一空)11-12-5任務、イベント、ランキング編集
Re.2005 改11--313イベント-編集
零戦52型丙(付岩井小隊)10112-6任務編集
Fw190T改10--223初期装備、イベント-編集
烈風10----5開発、初期装備-編集
零式艦戦52型(熟練)9112-6任務編集
紫電改二9--3-3開発-編集
零戦52型丙(六〇一空)9-11-6任務、初期装備、ランキング編集
零式艦戦21型(熟練)8122-7任務、初期装備編集
F6F-3811215改修、ランキング編集
Bf109T改8--412初期装備、イベント-編集
零式艦戦32型(熟練)8-14-5改修編集
Re.2001 OR改6--234ランキング、初期装備-編集

小ネタ Edit

  • 元ネタは、アメリカ海軍の艦上戦闘機F6F「ヘルキャット*1」の最初の量産型、F6F-3と思われる。
    F4Fの後継で、2000馬力級エンジンの大出力と手堅い設計により、信頼性の高い機体として活躍した米海軍の艦上戦闘機。
    開発史
  • 先代のF4Fから主翼の位置が変更されている。
    胴体のど真ん中からやや下にずらしたことで下方視界、安定性、運動性や量産性が向上した。
    着陸脚は主翼に収納するオーソドックスな仕様に改め、着陸脚の格納/展開は手動から油圧式に変更された。
    • 主翼はF4F-4と同じく付け根の部分から鳥が羽を畳むときのような格好で大胆に畳むことが可能で、この機構のおかげで大きな機体であるにも関わらず航空母艦に大量に搭載することを可能とした。
      • この折りたたみ方式はTBF/TBMから引き続いて用いられている。
        ただTBF/TBMでは油圧による作動だが、F6Fは重量軽減のために手動のままだった。コックピットからは後桁のロックピンの操作ができるだけである。
    • 大胆な主翼畳み機構を採用し、また中央翼内に燃料タンクを広く確保するため主桁の位置をかなり前方に取った。
      そのためTBF/TBMのように主桁前方に外方引き込みをするスペースはとれなかった。内方引き込みをするには太い胴体が邪魔な上、燃料タンクスペースも確保できなくなる。
      脚は主桁と後桁の間に後方引き込みをすることになった。前後桁間のスペースが広く、翼構造を強固なまま荷重を主桁に伝達出来たのはF4Uよりも有利な点である*5
      引き込みながらベベルギアで90度捻って車輪が後方を向くようにする仕組みは他にカーチスP-40等で採用されており、それほど難しいものではない。*6
    • 胴体格納式のF4Fと比べれば車輪のトレッドは広がり、着艦時の安定性も良くなった。
  • 太い胴体は避けたかったところだが、艦上機として必要な視界を確保するためにと、前後位置で言えば主翼の上、エンジンよりもさらに高い位置にコックピットを置くことで良好な視界を得ている。
    低く主翼後縁より後ろにコックピットがあったF4Uとは視界で段違いであることがわかるだろう。
    • なお、コックピットの真下は防漏式の機内増槽が収まっている。
  • 武装はF4F-4と同じく12.7mmブローニングM2を6挺搭載。強力なエンジン馬力の余裕から爆弾・ロケット弾の搭載容量も大きく*7、戦闘爆撃機としても運用された。
  • 最高速度は高度により変化するが高度7100mで612km/h。急降下制限速度はF6F-3が768km/h、F6F-5は796km/hと零戦52型甲より20〜50km/hほど優速。
    ちなみにF8Fは787km/h、紫電改は789km/h、試製烈風は770km/h*8
  • 航続能力も巡航1800km、機内増槽も追加すると機体のバランスが悪くなるも2400km、外着の増槽も足すとで2900kmとF4Fの1337kmより大幅に向上している。
    • F4Fより航続距離が増えたのは、機体タンク合計900lに加えて600lもの大容量増槽による「遠くまで飛ぶなら燃料を増やせばいい」という力技による解決法であった。
      零戦五二型は機体が570lに増槽が300lとF6F-3のほぼ半分しかない。ただし零戦五二型は燃費が良好な上に軽量なので航続距離は正規巡航1920km、増槽付の過荷重巡航3360kmとF6Fを上回っている。
  • 運動性は重量もあり軽快とは言えないが、時速400〜500km/hでは旋回率を活かして零戦に対抗できる旋回を発揮した。
  • 2000馬力級、翼面積31平方メートルという数字はほぼ烈風と同等。
    比較して1トンほど重いが零戦、F4Fの次世代の戦闘機をアメリカは大戦に間に合わせ、日本は全く出遅れたということもできるだろう。
    • ただし烈風はF4U同様かなり冒険的な設計をしているのに対し、F6Fは持てる技術を無難に注ぎ込んだ機体であり、その設計思想は大きく異なる。
      烈風とはあくまでサイズが同じくらいの同世代機というだけで、中身は全くの別物と考えた方がいいだろう。
    • 上記のようにF6Fは本来F4U-1の保険として堅実に設計されたという一面があったが、F4U-1aコルセアは空母運用不適格という問題が初期に発生したため、F4Uに代わって空母機動部隊を支えたF6Fの存在意義は大きい。
  • 欠点としては巨体と6トンもある重量。
    急降下時はともかく、運動面では縦旋回が苦手で横旋回も低速になればなるほど舵が利き難いので着艦が難しかったとされているがそれより着艦不適とされたF4Uとは一体*9
    • これはかなりまずい欠点である。
      機体が大きいので護衛空母*10ではカタパルトの使用が前提で、カタパルト基数が少ない、飛行甲板が小さい護衛空母ではF6Fは強力だが運用し難く、FM-2の方を好んだ*11飛行隊もあった。
      正規空母や軽空母でも大重量故に人力で飛行甲板まで押していくわけにもいかず、牽引車が常時必要だった。
    • さらに機体重量は自慢の2000馬力のパワーを殺し、加速や上昇に悪影響を及ぼしている*12
      実際にF6F-5は、低空での加速や上昇において機体の軽い零戦52型や一式戦闘機、紫電改や四式戦に劣っており追いつかれたり、逃げられたりすることもあった。特に紫電改や四式戦に対しては、スペック上では高度6000mでもさらに劣勢だった。
    • さらに低速時舵が重いので着艦時に細かい修正がしづらく事故が発生しやすかった。
      縦旋回が苦手ということは格闘戦で下手すれば相手に主導権を譲りわたす可能性もあった*13
      • 実際設計に無駄が多かったらしく、F8Fではかなりコンパクトに軽量化され更に量産性も向上している。
  • もうひとつは2000馬力級にして見ると最高速度が612km/hと低い点か。作戦によっては固定増槽を装着することもあり、その場合はさらに速度が低下している。*14


  • 初めて配属されたのは、1942年末に就役したばかりの新鋭空母エセックス。訓練の後、翌年夏には初めてエセックスとヨークタウン*15から実戦出撃を行っている。
    エセックス級空母とF6F戦闘機はどちらも戦争後半期を象徴する米海軍兵器だが、実はほぼ同時期の生まれで縁の深い両者でもある。
    ゲームでエセックス級が実装された暁にはF6F-3を持参するのであろうか。
  • 実戦では1943年より投入され、当時日本陸軍海軍と死闘を繰り広げている。
    決して楽な戦いではなく、しばしば格闘戦に誘われて少なくない損害を受け、劣勢になることもあったが、徐々に戦力差、搭乗員の練度差、燃料、資源の差、F6Fの持つ性能を活かして最終的にはアメリカを勝利に導くにあたって大きな貢献を見せた。
    *16
    • 日本側に於いても、グラマン戦闘機らしい頑強さに加えて、アメリカ機にしては比較的よく曲がって旋回にも食らいついてくるため、それまでのグラマンと違い手強い機体として警戒された。
  • F6Fの派生型は多いため、F6F-3の派生型に絞って記述する。
    • F6F-3E
      夜間戦闘機型。右主翼下にAN/APS-4レーダー搭載。18機改装。1944年実戦投入。
      1944年7月4日に父島上空にて二式水戦9機相手に2機で一方的に7機を撃墜したのはこの機体。
    • F6F-3N
      夜間戦闘機型。右主翼下にAN/APS-6レーダー搭載。229機改装。
    • F6F-3P
      武装偵察機型。
    • XF6F-4(F6F-4)
      XF6F-2同様、ターボチャージャー付きのエンジンであるR-2800-27(2,100馬力)を搭載し高高度性能を強化した試作機。F6F-3から1機だけ改造されたものの没になった。
      空母運用する事を考えてか、高高度性能よりも速度性能を米海軍が重要視した為と言われる。
    • Hellcat FR.Mk1
      英国海軍への輸出仕様でF6F-3相当。F4F系列と同じく相当数が供与された。当初は「ガネット(カツオドリ)」と呼ばれていたが、すぐにヘルキャットに統一されている。
      自国製シーファイアと共に運用された。シーファイアと比べて運動性では劣るものの着艦が容易で、当時のドイツ戦闘機主力のBf109Gに対しても互角に戦えると好評だった。
      しかし、イラストリアス級の後期型は格納庫天井が低く、巨大な本機をそのまま運用するのは困難だったそうな。

この装備についてのコメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • とりあえず★5までは改修するけどMAXは当分見送りだな  -- 2017-03-28 (火) 04:32:52
  • これから素直にF8F(かF7F)にはいかずF6F-5を挟んでくるだろうなぁ・・・うむむ、米機好きだから改修出来れば迷うことなくするだろうけど、ネジがきつそうだ -- 2017-03-31 (金) 01:35:57
    • F6F-5→F8f-1→F8f-1bという可能性 -- 2017-04-02 (日) 01:29:39
  • 爆装してほしい -- 2017-04-02 (日) 01:21:10
  • 米空母が複数実装される頃にはF4FやF6Fにもネームドや熟練が来るだろうけど、それまで何年もはかかりそうだなぁ -- 2017-04-06 (木) 00:33:13
    • 米艦戦における独空軍の人外エースたちのような言わずと知れたエースって誰が該当するんだろう。やっぱりサッチ少佐やミッドウェーの活躍でSBD乗りのイメージだけど実はF4Fにも乗ってたマクラスキー少佐とか? -- 2017-04-06 (木) 01:24:39
      • 米海軍のトップエースはデーヴィッド・マッキャンベル大佐で34機を撃墜してる。 -- 2017-04-07 (金) 11:32:17
      • デビッドマッカンベル 米軍全体で見ても三位のエースで一度の任務で9機撃墜のホルダー -- 2017-04-08 (土) 01:02:25
      • サッチ少佐の部下で、オヘア大尉(当時)という人がいました。1942年2月にF4F単機で9機の一式陸攻を迎撃して5機撃墜し、空母レキシントンを守ったとの功績で、大統領から軍人としては最高ランクの勲章を(実戦の功績では)米海軍で初めて授与されたとあります。サッチ少佐も、高い技量とセンスを高く評価していたらしいです。おそらく、当時は大いに宣伝されたと思われ。その後、1943年にF6Fで作戦行動中に -- 2017-04-15 (土) 10:23:08
      • 途中送信スマソ。その後、1943年11月にF6Fで作戦行動中に行方不明とのこと。 -- 2017-04-15 (土) 10:25:27
      • エドワードオヘアはアメリカ海軍最初のエース 父親のJオヘアはアルカポネを裁判で裏切った事で有名な弁護士 彼の勇敢さは1949年9月19日、イリノイ州シカゴのオーチャードデポ空港は、オヘアの勇気を称えるためにオヘア国際空港に改名された程で勲章のレプリカが飾ってある。最後は敵爆撃機の機銃と味方の射線に挟まれて被撃墜 実験的な夜間戦闘ミッションを果敢にこなした英雄。 -- 2017-04-16 (日) 05:31:28
      • アメリカでは有名なフレンドリーファイアで失った優秀なパイロットの代表。海軍最初のエースにして最初の名誉勲章 死後ギアリング級駆逐艦にも名前をつけられる程 ちなみにエースとしての戦績は97式飛行艇と一式陸攻 ハイサイドガンパスという技術(ざっくり言うと高高度からの一撃離脱)で爆撃機の機銃を躱し攻撃を加えるのが得意な大型機キラーのエースであった -- 2017-04-16 (日) 06:02:20
      • その内訳は一式陸攻撃5 97式飛行艇が2 合計7機撃墜 -- 2017-04-16 (日) 14:24:44
      • スト魔女いらん子中隊のキャサリンのモデルです。と言えば通じる人多そうかもね -- 2017-05-29 (月) 04:43:59
  • 実装された物だとアメリカの観戦が強いのはわかる。だから実戦配備間に合わなかった烈風とかを実装してると思うんだ。そんなわけだから無暗に海外観戦導入して日本の観戦が駆逐されるなんてことはしないでほしいんだけどみんなは強ければ何でもいいって感じなのか -- 2017-04-09 (日) 06:09:15
    • 別に零戦これくしょんしてる訳じゃないしなぁ。国籍に拘ってないだけ。実戦配備の有無に拘る人にとっては烈風や震電改が正に強ければ何でもいいの極みだし -- 2017-04-09 (日) 07:03:09
      • 別に右でも左でもないんだけどやっぱり最後は日本の観戦で頑張りたいよなーって思ってたんだけど、思ってた以上に少数派なんだなーと改めてわかった。まぁ荒らしたいわけでもないからいいや -- 2017-04-09 (日) 07:45:17
      • 機体ごとのグラフィックが戦闘に反映されるようになってから艦戦は同一国の機体が被らないように配備してる。開幕航空戦で零戦とグラマンとフォッケウルフが編隊組んでタコヤキ叩き落しに向かうのを見ると帽子振って見送りたくなる -- 2017-04-09 (日) 08:37:02
    • サラトガに烈風や零戦乗せるのは違和感しか感じないから。米国産の強い艦載機が欲しいんだよ -- 2017-04-09 (日) 10:29:53
      • 何となくわかる、その船にはなるべくその国の兵装を載せてやりたい -- 2017-06-13 (火) 06:24:40
    • 木主の意見に概ね同意するけど、やっぱり海外艦にはその国の装備を搭載してあげたいところ。個人的に海外艦とその持参品はあくまでゲストみたいなものだと思うから、木主の言うように安易に量産できるようにはせず、強力な機を種類は幅広く実装しつつ入手法を極力絞る方向で上手い具合に調整してほしい -- 2017-04-09 (日) 10:31:25
      • にしても、現状艦これのシステム上でアメリカ機の強み(頑丈さ)は活かされにくいのよね…。よく言われるように熟練度が落ちにくい(撃ち落とされにくい)とか特徴がつけられないかな? -- 2017-04-10 (月) 18:37:00
      • 艦上戦闘機ですら進撃するだけで20機くらいのスロットが帰還時にはけっこう減っていたりするし、それらがなくなるだけでもボーキの節約になったりしそうなもんだが…。ようは航空戦および空襲戦でいかなる制空状態になっても搭載機数が減らない枠にできるって感じ -- 2017-04-20 (木) 21:04:06
    • そこらへん考えてかなり海外戦闘機は烈風及び烈風改を基準にして弱くしてたり 逆にちょっと弱い戦闘機に下駄履かせたりして上手くやってる方だと思うよ むしろ日本に震電改という地雷がいる事の方がただ強さを求める人間の的で未だに任務でくれとか震電実装して改にもできるようにしろとか本気で言ってるから恐ろしい -- 2017-04-11 (火) 15:09:19
      • 図鑑の穴を埋める手立てをってことなんですが(このページで話すことじゃないがさ) -- 2017-04-16 (日) 11:05:04
      • 図鑑を埋める手立て?それ本当にここでする事じゃないじゃん・・・そんなクソくだらない愚痴ならチラシの裏でしろよ・・・ -- 2017-04-16 (日) 14:32:48
      • だってあの頃は8月で終わるのも視野に入れててこんなに続くと思ってなかったんだからしょうがない。俺もこいつの制空値は史実とゲームバランスのちょうどいい塩梅になってると思うよ -- 2017-04-18 (火) 11:08:49
      • マジでつまらんことでこんな木つくったんか・・・ -- 2017-04-25 (火) 23:38:47
    • 紫電や流星や彗星一二型の在庫食ってくれて、その上で中堅どころ以上の強さならなんだって良いよ。ネジが安ければさらに良い -- 2017-04-12 (水) 04:48:10
    • ただ日本機の枠埋めさせろっていうだけの思った以上にしょうもない理由で文句言ってて草 ここでクレクレするのはやめてくれよ・・・まして海外艦戦に八つ当たりなんて見苦しい -- 2017-04-16 (日) 14:33:48
    • ぶっちゃけそんな悲嘆するほどの性能差は無いやろ。 -- 2017-04-17 (月) 11:18:47
    • アメさんは機体損傷→じゃあ廃棄ねって感じだし熟練度禿げにくい代わりにボーキすげぇ勢いで減るぞ -- 2017-05-25 (木) 18:42:04
      • 機体丸ごとの予備が格納庫内に吊してあるんだっけ(目眩 -- 2017-05-28 (日) 18:33:25
    • 不満はフィット機システム導入で丸々解決する気がする。山猫すら持ってないが、F6Fが弱いってのはやっぱ納得いかんし。 -- 2017-05-29 (月) 23:38:42
  • 今のところ出番はなさそうだが浪漫枠で作ってしまった 英国戦闘機も仏戦闘機もはよ! -- 2017-04-17 (月) 04:45:30
    • 君はシベリア送りだな・・・ -- 2017-04-17 (月) 10:11:44
      • ソ戦も欲しいけどね、あの国の軍艦微妙だから出てくる感じがしないだけで。いっそ何故かソビエトだけで好評だったエアラコブラ辺りならワンチャンかな? -- 2017-04-17 (月) 13:18:23
      • 史実ではグラーフはロシアに接収されたんじゃよ・・・そしてそれを言うなら戦艦とかはまだしも空母は仏も出せるかかなり微妙なんじゃ・・・ エアラコブラが好評なのはソビエトのドクトリンが圧倒的に近接航空支援に特化しててロシアの戦場は高度が低くて火力が欲しがられてたから。 後微妙云々だとイギリス艦上戦闘機は変態共を避けてスピットでお茶を濁すとしてフランス戦闘機はドボワチンD.520・・・これも出せるかあやしい・・・ -- 2017-04-19 (水) 08:10:09
      • D.373・・・ -- 2017-04-19 (水) 08:12:52
      • シーファイアMk.47にシーフューリー、シーファングで艦載機部門最強目指せそう -- 2017-04-20 (木) 20:26:45
      • 全部完全戦後型じゃないか・・・ -- 2017-04-23 (日) 08:52:54
      • 最強のレシプロ艦載機部門はそれでいいとしてデ・ハビランドシーヴァンパイアにシーヴェノムもよろしく -- 2017-04-23 (日) 15:32:16
      • シーバンパイアは初飛行が戦中だし試作機の着艦を戦後とは言え近い時期にしてるからともかくシーベノムはもう戦後型がどうこうってレベルじゃないぞ・・・ -- 2017-04-25 (火) 11:32:34
      • >スピットでお茶を濁すとして シーハリケーン「は?」 -- 2017-04-25 (火) 13:42:56
      • いっちゃなんだがクソザコシーハリケーンくんをわざわざ採用する理由が・・・ -- 2017-04-25 (火) 22:23:04
      • 残念だったな。次の海域ロシア艦出るかもだぞ。>ソ戦も欲しいけどね、あの国の軍艦微妙だから出てくる感じがしないだけで。 -- 2017-04-25 (火) 22:24:08
      • やったぜ!ということはモンゴル海軍もワンチャン出てきたやんけ! -- 2017-04-25 (火) 23:14:45
      • ソ連といえば爆撃機だけどIL-2かな。失敗作のミグ1とかもあるけど -- 2017-04-27 (木) 21:56:59
      • いや普通にヤクかラボチキ、最低でもポルカリポフでしょ 使いにくいけど性能はよかったミグ3にすぐ改善されたのになぜわざわざミグ1・・・ -- 2017-04-28 (金) 12:26:21
      • 爆撃機ならSBやPe-2も有名所だね -- 2017-04-28 (金) 12:28:57
      • ホントにロシア艦来ちゃいましたね 出てくる感じがしないと俺も思ってたけど本当に来るとはね -- 2017-05-04 (木) 12:23:43
      • グラーフの艦載機から考えて妥当なとこでYaK-3とLa-7かなあ…… -- 2017-05-13 (土) 21:13:17
  • 対空8の分際で紫電要求 最終的に化けるのかもしれないけどGFCS並の米帝向け装備になる気がしているこの系譜 -- 2017-04-25 (火) 07:06:45
    • 米帝装備だからなあ。F4U改修と後期型への転換と、F8Fへの更新が有るとしたら大量のR2800を餌にする可能性があるからF6Fじたいが餌原料Type1になりそうだけどね。紫電は餌育成用肥料になるのか。 -- 2017-05-01 (月) 01:37:12
    • 防空に強いレーダー装備機とかになるならこの出費も納得なんだがな -- 2017-05-18 (木) 22:53:13
  • コルセアも控えてるだろうし対空はまぁこんなもんかなと思うけど火力はもっと派手に上がって欲しい、火力+3位で -- 2017-05-20 (土) 06:02:23
    • F6Fを対空10、F4Uを爆戦、F8Fを対空12、こんな感じにしてほしかった。 -- 2017-05-25 (木) 09:03:03
  • ぼちぼち陸軍の戦闘機も出てきたんだし、機種転換でP51Dとかになってくれないだろうか・・・コストとんでもなくなりそうだけどww -- 2017-05-23 (火) 22:23:06
    • 何で陸上機になるのさ。そこはF8Fでしょ。 -- 2017-05-24 (水) 17:06:25
      • F8Fの前にまずはF6F-5にして欲しい -- 2017-05-24 (水) 19:52:08
    • P51はクッソ低コストな機体なんだよなぁ・・・それが奴が最優秀足り得る要因の一つ -- 2017-05-24 (水) 19:51:19
    • いくら零式水偵から二式水戦に更新される謎仕様とは言え、さすがにそれは関係なさすぎる。まずはP-39の実装から始めないと。ソ連機属性も満たすし。 -- 2017-05-24 (水) 23:04:39
    • 新たにP-40実装→P-47に機種転換or改修更新→P-51のが現実的では? -- 2017-05-25 (木) 13:24:25
      • P47→P51に現実的の欠片もないんですがそれは・・・ -- 2017-05-27 (土) 09:03:21
  • アメリカの戦争に対する意識を象徴してる飛行機だと思う。パワーで細かいところを誤魔化しつつ防御と量産性を重視してるところが実に合理的。機械としてこだわり過ぎた零戦や109とは全く性格が違う -- 2017-05-25 (木) 17:36:31
    • 性格以前に比較対象の戦闘機の世代が違いすぎるんだよなぁ・・・後Bf109自体は開発当時の基準の中では小型の機体にハイパワーエンジンで細かいところを誤魔化しつつ量産のしやすさを追求する機体でっせ・・・後で載せ替えたDBが技術的に頭おかしいだけで -- 2017-05-27 (土) 09:08:27
      • スピットファイアやbf109はきちんとエンジン後継できて現役だったけど零戦はもうどうしようもない。栄型にマッチングし過ぎたのも問題だけど -- 2017-05-27 (土) 16:47:00
      • 栄にマッチング(なお瑞星ありきからスタート、末期には金星に換装予定アリ)空冷はどうしてもエンジンサイズがデカくなるから小型機じゃ馬力強化に限度があらぁな。ちなスピットにせよBf109にせよ世間ではよく「すぐ陳腐化した零戦に対してエンジンを発展できたスピットメッサーは最後まで陳腐化せずよく戦った」と言われるが実際は中盤以降ほぼ陳腐化している。主に機体サイズが小さすぎて色々強化が難しい事とさすがに設計が古すぎてハイパワーエンジンに耐えれないから。最終的には迎撃特化や偵察機としての運用がメインになる。逆に隼3型が水メタ噴射付きの栄で末期まで頑張っていたように実際はもうちょっとだけ延命する余地がれい線にもあった。所謂53型や64型に相当するものだがマリアナ以降のゴタゴタで海軍は従来の栄で頑張った結果が末期の悪評の原因。 -- 2017-05-28 (日) 05:32:38
      • ↑そうだよな。やっぱり零戦は栄というくくりから出ることが出来なかったのは大きいところだよね。 -- 2017-05-28 (日) 13:45:02
      • ↑2 水メタ噴射で末期まで頑張ってたのはBf 109も同じ。その武装の強化が難しいという特徴は、隼とも共通してる。ゆえに隼が陳腐化していないとすれば、Bf 109がほぼ陳腐化したという意見には首肯できないな。そして「設計が古すぎてハイパワーエンジンに耐えられない」という評価は初耳。 -- 2017-05-28 (日) 18:53:24
      • 隼も、マシってだけで実際はバリバリに陳腐化してるからBf109も陳腐化してるのは間違いないよ というか戦場が違うのだから隼が退場部ならメッサーは大丈夫理論が通るかというとそれは別だよ 隼は疾風とかの米英が得意な戦術で上位を取りやすい最新機よりも軽快で格闘戦の得意な機体な隼は相性的に組みにくい相手だった。というだけだからね 欧州で戦う相手と太平洋で戦う相手は違うし戦い方も違うんだから 相性だってある(メッサーに基本有利撮り続けてたスピットが欧州気分で日本機に格闘戦挑んでボコられた事があるように) 初耳情報はグリフォンの方の話をメッサーと勘違いしてるのでは まぁK型も色々限界は来てるっぽいが  -- 2017-05-29 (月) 04:24:55
      • グリフォンスピットですら期待延長という改造をしたのに緊急1800馬力以上出るBf109後期型がろくな変更をしてない地点で初期のようなバランスのよさはもうないだろうなぁってのはある。実際後期メッサーは速度や緊急馬力こそあれ高速域では機動性が著しく悪かったそうな  -- 2017-05-29 (月) 04:31:06
      • ↑2 退場部じゃなくて大丈夫 -- 2017-05-29 (月) 04:31:54
      • ↑2 機体延長 訂正した文に訂正せにゃならんとは誤字のオンパレードだ・・・ -- 2017-05-29 (月) 04:33:10
      • 陳腐化ってのは相対的なもんだからね スピットファイアだって相手が相手なら陳腐化は免れなかった訳で メッサーはソ連機相手なら一応終盤まで全然持ってはいたが(低高度のYak3除く)連合機のトップクラス相手だとさすがに陳腐化してるから戦域次第。 -- 2017-05-29 (月) 04:54:27
      • Bf109Kはグリフォンに比べるとGと大差ないDB605のままな非力なエンジンなんで緊急出力で最高速度をたたき出さない限りはまぁ普通だと思う。緊急出力で高速域に入るとさすがにフレーム的にも無理が出る。Bf109は名機なのは間違いないし終戦まで立派に戦い続けたのは確かだが、さすがに設計が古すぎるよ・・・ -- 2017-05-29 (月) 04:57:43
      • Me 109はF-2型の時点で急降下上限速度906 km/hを記録したり、G型の時点で急降下上限速度を880 km/hとする証言があったりするんで、K型が水平飛行とかで緊急出力を発揮しても704 km/hなんだしフレームが耐えられないってことはないだろう。 -- 2017-05-29 (月) 08:03:02
      • 水平最高速度とフレーム限界は全く無関係やで?グリフォンスピットも水平速度出すだけなら別にフレームに負担かからないから偵察機として戦後も活躍できるし -- 2017-05-29 (月) 22:02:07
      • そもそもフレーム限界ってのは別に走ったらこわれるとかそういう意味じゃないよ? -- 2017-05-29 (月) 22:03:02
      • 搭載重量とか サイズの問題とか、トルクの反動とか安定性とか そういう面の話であって800キロの急降下に耐えれるからこれだけ速度が出せるからMe109のフレームは大丈夫とかそういう強度の話ではない -- 2017-05-29 (月) 22:05:27
      • あとフラップとかね フレームの強度じゃなくてフレームのサイズに泣かされたのがメッサー エンジン強化も武装強化もあのサイズでは1500馬力までが限界 -- 2017-05-29 (月) 22:36:55
    • 時代的に開発時パワーが出せなかった世代の零戦やメッサーと比較しちゃあかんよ 開戦時はパワー不足で細かいところがごまかせずとも敢えて量産性と防御を重視したF4Fー4やP40E、パワーで細かいところを誤魔化しつつもタービン付きエンジン二つも使う量産性ガン無視のP38で戦ってた国ですよアメリカは。 同世代、あるいはちょっとあとの世代ならドイツだってFw190はパワーで細かいところ誤魔化しつつも量産性と防御を重視した機体ですし、日本だと陸軍の疾風なんかがそのタイプ  -- 2017-05-29 (月) 22:44:40
      • 疾風はエンジンはクッソ精巧だけどね・・・この頃の大馬力エンジンに量産性なんて余裕ないしましてや日本ではしゃあないが  -- 2017-05-30 (火) 02:07:45
      • でも堀越技師はパワーアップの余地がある可能性があった三菱エンジンではなく、海軍に受けが良さそうな中島製のエンジンをつけてしまった。後々本人がこのことを悔やむようなコメントを零戦の遺産だったかな?そんな本で書いてたがそれを選んだ時点で零戦のパワーアップは厳しくなった。言い換えれば外見が多少変わるかもだが零戦はまだパワーあげれる余地があったかもしれん。 -- 2017-05-30 (火) 02:30:15
      • えーっと、確か堀越さんは出力に発展余裕のある金星を積みたかったけど小型エンジンがウケがいいからって瑞星にして 最終的に海軍がそのサイズなら中島の栄にしよや って流れのハズ だから多少の改善じゃやっぱ無理だと思う。瑞星は栄と一緒で発展余裕は無いから。 -- 2017-05-30 (火) 18:07:47
      • 零戦のページ行ってどうぞ -- 2017-05-30 (火) 22:28:50
      • ↑自分で零戦の振っといて指摘されたらキレるってヤバ過ぎだろ・・・ -- 2017-05-30 (火) 22:42:09
      • 訂正 自分で零戦の話題 2葉と4葉同じ人だろ?ダブスタはアカン -- 2017-05-30 (火) 22:43:51
      • 書き込んだのは確かに俺だけど零戦の話題をぶっ込んだのは俺ではないでしょう。もっと掘り下げて零戦の話するなら零戦のページ行こうという意味ね。別にきれてないよ。てめーにはキレてるけどな -- 2017-05-31 (水) 11:20:44
      • 零戦が出力足りねぇ云々の話で思い出したが日本軍がバチバチやりあった栄光の緒戦頃のP40EやF4Fー4は鈍重で防御重視の量産型でエンジンがローパワーって感じだけど 主力生産型になるP40NやFM-2なんかのアメリカ戦闘機は最終的にほんのわずかな出力強化の代わりに軽量化で性能バランスを取り戻すんだよね 後継機も豊富な分用途を選べるアメリカらしい合理的オブ合理的な選択 隼も無理をせずそれなりに落ち着いてるしやっぱりエンジンがどうこうというより零式艦上戦闘機の直系の後継機が不足したのが零戦の陳腐化の主要原因な気がする 52型までは別に普通の戦闘機なんだから -- 2017-06-01 (木) 06:12:03
    • F4Uの保険にアメリカを象徴されても困るけど実際そんな感じだな・・・そういう開発工程が踏めるのがアメリカの強みといえばそうかも 実際にアメリカ戦闘機は合理性の塊だが木の言うエンジンパワーで細かい欠点を補い量産性重視な重防御機体ってぶっちゃけこれ位しかない 一応P47がそうかな?って位か F4Uはスマートで洗練された飛行機で繊細すぎて逆に艦載に不向きだった位だし、P51は量産性に優れてはいるが米機にしては脆くパワーも低い  -- 2017-05-30 (火) 02:16:11
      • コルセアは発艦も難しい機体だからね、仕方ないね。ゼロもこれも操作性の良さが結構話題に上がるから扱いやすさという意味でも結構傑作飛行機だよなぁ。アメリカの人も実際に乗るなら見栄えは悪いがこれがいいと言うくらいだし。一応ソースはアメリカ戦闘機カタログみたいな本です。題名は忘れてしまった。申し訳ない… -- 2017-05-30 (火) 02:34:55
      • 「米軍プロペラ戦闘機は今も飛んでいる」って本だと「F6Fはベテランも新米も扱いやすい機体だし挙動も素直だからWW2米軍機で最高。間に合えばF8Fなんだけど」ってWW2機専門Pが言ってたな -- 2017-06-19 (月) 01:30:32
      • 因みに同じシリーズでの米人Pの零戦評は「ポルシェ走らせてるみたいで飛ばしてて楽しい」だそうな -- 2017-06-19 (月) 01:34:23
      • 軍用機は時期と任務に適してて数が揃えれば性能なんて二の次な訳で そういう点ではP51が最強や最高ではなく「最優秀」と言われるのは正に言いえて妙だなぁって感じだ F6Fも艦載機としては最優秀である事だがアメリカが最も厳しかった時期の空母戦はあらかた終わった後の登場故に惜しい感じだ。 -- 2017-06-19 (月) 02:03:23
      • ↑まだ瑞鶴やら翔鶴やらが残ってたしF6Fは必要だったんだろう。でもパイロットが熟練ではないというのはあまり知らなかったと思うしF6Fでなくとも負けてたのかも… -- 2017-06-19 (月) 14:13:07
      • 熟練が居た地点ですら艦艇の被害はともかく航空機の被害は日本の方が酷いからな・・・戦闘機と攻撃機の割合とか戦略とか無線とか 艦上機の性能以外の部分で日本は無茶をしすぎてるからF6Fが来なくても被る損害の差がちょっと違うだけで結局空母群はボロボロにされてるだろうね ぶっちゃけ戦闘機単体でみてもFM2は零戦52型を全然どうにか出来る性能だし -- 2017-06-22 (木) 16:29:40 New
      • どっかで読んだ日本海軍のパイロットの証言(F4Fと言ってるがレイテなので戦域的にFM-2)では動きが機敏だったとか。最終的に撃墜してるけども。F6Fと違った意味で厄介だった可能性。ただ日本海軍側からしたらFM-2影が薄すぎてなぁ…アメリカ側からしたらF6Fとは違う面で高性能で、零戦と格闘戦で互角に戦えると評価してる -- 2017-06-23 (金) 11:32:07 New
      • そりゃ艦隊決戦至上主義の日本軍としては影で支えた裏方のFM-2より戦争終盤第一線で叩き落とされたF6Fを仇敵扱いするよ あと日本人はどうしても「F4Fには勝てたけどF6Fのパワーに負けた」という仕方なく負けたという体裁を取りたがるからF4Fの頃を相対的に美化しがちで結果的にF4FやP40みたいな実は戦争中盤からは性能も零戦と同等以上に上がってる開戦時戦闘機の最多生産組を軽く見る傾向がある まぁそれでなくともアメリカはやっぱり機種転換が完璧すぎるから戦争中盤から後継機の方が目立つのは仕方ない -- 2017-06-23 (金) 11:47:36 New
  • 本だけでは分からんこともあるだろうし、実際に残ってたら競争みたいなことしてくれんかなー -- 2017-05-29 (月) 06:56:46
    • もしもその際に事故や破損でも起きたらうわあああああああああああああああああああああってなるから置いといてほしい...w -- 2017-05-30 (火) 10:17:49
    • 当時の技術でイチから造り直せればな。なお現在から見れば旧式も良い所の、当時の生産設備を再現するだけでもエラく予算を食うから誰もやらん模様。 -- 2017-05-30 (火) 10:52:22
      • 残ってたらなって書いてあるやん -- 2017-05-30 (火) 11:35:29
      • この時代の職人技を再現するの大変そうだとは思ってたが、設備も無いのか… -- 2017-05-30 (火) 11:46:35
      • ↑2 言いたいことは分かるけど、機体が残ってるだけでは駄目なんや。可動機なのか、そうじゃないならどんなパーツを補わなくてはならないのか。現代の技術で足りないパーツを補ってしまうと、それだけでもう完全な再現はできなくなってしまう。でも現実は可動機が残っているだけでも凄くて、実際に飛んでる機体は現代のエンジンやスペアパーツ、消耗品を積んでるなんてのが当然なんだけどね。 -- 2017-05-30 (火) 13:04:43
      • 安全基準とかどうなんだろう・・・。そのへん法的に問題ないようにしようとしたら別ものになりそうな -- 2017-05-31 (水) 21:20:52
      • そう、飛行可能機は基本的に安全基準をクリアするために相当に手が入ってる。だから、資料的価値を残すために敢えて飛行させないという選択肢もあるのだ。 -- 2017-06-03 (土) 18:45:48
  • 黒サラじゃないと改修できないのか・・・2人目取れるのは何時かなぁ -- 2017-05-30 (火) 21:41:36
  • 実際に命賭けて戦った方が「与し易かった」「カモだった」って言うのはわかるけど評論家とかが「エンジンパワーに頼っただけの凡作」とか書いてるの見るとなんだかなあっていつも思うわ。 -- 2017-06-08 (木) 22:09:48
    • 堀越二郎もパワーに頼ってるだけで零戦の方が優れた、数の暴力で負けたみたいなこと呟いてたけど堀越の盟友でもある坂井三郎は戦うのが一番嫌って言ってるしもう、わからんね。 -- 2017-06-09 (金) 00:42:43
    • 日本軍全般の総評でもP51に次ぐ厄介な相手って評価だからな ただそれも結局パイロットの技量や搭乗機の相性による相対的な要素の強い主観に過ぎないのでそればっかり鵜呑みにするのもどうかと思うし 評論家のスペック批評も一側面としては無条件に叩く要素ではないと思う 言い方が気に入らないというなら分かるけどね 凡作でも結果は出せるし 一般に高性能と言われててもパイロットの評価はそんなでもない なんてのはそれこそよくある話  -- 2017-06-09 (金) 03:15:46
    • うむ・・・ スペック比較・・・実体験のない参考文献に頼った知識・・・後世から見た推測・・・様々な憶測、知識によかろうハズもない しかし、だからとて耳触りのいい当時を語るパイロットの主観感想だけを採る。これも健全とは言い難い。パイロットの感想も喰らう、評論家の感想も喰らう。両方を共に為になると感じ──知識に変える度量こそがミリタリー研究には肝要だ -- 2017-06-09 (金) 03:20:39
  • なんか大型空母艦に改二実装されるらしいからサラトガ兇来たら持ってきてくれるかな? -- 2017-06-11 (日) 13:42:38
    • 夜間戦闘機型で来る可能性がががが -- 2017-06-18 (日) 17:43:49
  • そいやグラマン鉄工所シリーズは妖精さんがみんな金髪の似た養子の娘なのよね。米空母で三姉妹はいないし、来るとしたらエセックス級になるのかしら。 -- 2017-06-13 (火) 14:28:58
    • ってそういやヨーキィは三姉妹だったわ…… -- 2017-06-13 (火) 14:31:52
      • 軽空母でよければインディペンデンス級もあるでよ -- 2017-06-14 (水) 13:22:43
    • グラマンも、いまじゃノースロップとくっついて航空部門をボーイングに譲渡して、すっかり小さくなったなあ。トムキャットが、最後の花だったわけか -- 2017-06-19 (月) 07:17:22
      • ぶっちゃけF14は条件さえ揃えば優秀な艦隊防空機だが、用途が限られすぎて欠点もあったし、なにより時代に見放されたあんまり良い機体じゃなかったのに知名度だけは抜群に高かったから、グラマンも多少は慰めになるのかね・・・ -- 2017-06-20 (火) 13:22:57
      • しかし可変翼機はロマンであった……マルチロール機が求められるなか制空寄りの機体が廃れるのは仕方ないけどさ。知名度はトップガンでトムが大活躍してるから仕方ないネー -- 2017-06-23 (金) 11:26:17 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 直訳すると「地獄猫」だが、「性悪女、あばずれ女」という意味を持つスラング。
*2 ちなみにF4F-3の制式採用は1939年8月。
*3 R-2800換装機。XF6F-2はR-2600ターボ付きの試作機だったが不採用
*4 因みに、後期F6F-3をさらに手直しして生まれた改良型がF6F-5。実装フラグ?
*5 F4Uでは脚柱と主桁が交差する位置関係にあり、主桁に脚柱の逃げを作る必要があった。
*6 F6Fの永遠の好敵手F4Uは似た形式だが傾けたピボット軸を使い87度ひねって収納する。ちなみに両者では主脚タイヤやハブなどに互換性があった。
*7 F6F-5では1t爆弾や航空魚雷も搭載可能
*8 風洞実験にて。烈風11型は試作烈風より機体強度が強化されている。
*9 F4Uが着艦不適とされた原因の一つに、コクピットが主翼のやや後ろにあるという構造に起因する前下方視界の悪さが挙げられる。初期型のF4Uは機首を引き上げると長いエンジンブロックが完全に前下方視界を塞いでしまうため、三点着陸を行う際には飛行甲板が全く見えない状態の中、心眼で着艦ワイヤーにフックを引っ掛けなければならなかった。イギリスの場合、着艦の際に機体を横転させて視界を確保し、着艦寸前で水平に戻し三点着陸する。といったことをやっている。
*10 サンガモン級を除く。
*11 FM-2の方が着艦時クセがなく機体が小さく軽いため。
*12 馬力荷重の問題。
*13 空母艦載機は攻撃隊の護衛、空母の直掩などをするため必然的に格闘戦の割合が高い
*14 ただし世界的に見て艦載機は最高速度を要求されることはあまりなく、どちらかといえば主翼を大きく(=最高速度が低下する)して運動性が要求されることが多い。
*15 エセックス級ヨークタウン
*16 ちなみに太平洋戦争では1943年〜1945年の2年間のあいだに撃墜された機体は245機。ただし、この数は戦闘中米軍によってガンカメラや目視で撃墜を見届けられた機体のみの判定。戦闘後に機体損傷により墜落、不時着や帰還後廃棄、行方不明や戦闘以外の損失を合わせた場合およそ2500機のF6Fが失われている。※『米海軍公刊戦史』より