Top > Graf Zeppelin改

Graf Zeppelin改

Last-modified: 2017-04-29 (土) 03:59:25
No.232b
232改.jpgGraf Zeppelin改
(グラーフ・ツェッペリン)
Graf Zeppelin級
1番艦 正規空母
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久78火力-- / 50
装甲-- / 80雷装0
回避29 / 69対空-- / 80
搭載56対潜0
速力高速索敵46 / 74
射程7 / 47
最大消費量
燃料70弾薬80
艦載装備
30Fw190T改
13Ju87C改
1010.5cm連装砲
3未装備
改造チャート
Graf ZeppelinGraf Zeppelin改(Lv50)
図鑑説明
Graf Zeppelin級航空母艦一番艦、Graf Zeppelinだ。
立体的な通商破壊戦を展開できる重武装の本格空母だ。
建造には日本の空母「赤城」の技術も参考にしたらしい。日本の艦隊…か……楽しみだな。

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、改造直後の値とは異なります。
最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:早見沙織、イラストレーター:島田フミカネ (クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

  • 2015年秋イベ拡張作戦で新規実装。雲龍型と同じくLv50で改造可能で、改装設計図は不要。
    • Lv.50以上で改造可。E4甲作戦突破報酬の新艦載機が1つ、初期装備として入手可能。
      • つまり同イベE-4の乙or甲で別々に手に入る艦載機はGrafさえ入手すれば両方入手できることを意味している。入手できれば。
  • 火力最大値が50と一航戦と同等なので砲撃戦での火力は高め。また装甲最大値は80と正規空母中最大なので比較的打たれ強い。
    • 運のステータスは大鳳改よりマシだが最大47。空母の運はそこまで重要ではないとはいえやや低い。
    • 全体的なステータスは、運が低いことを除けば正規空母の中でもトップクラスであるが、総搭載数は雲龍型よりも少なく、全正規空母中最低の計56機しか搭載できなので、全体的な使い勝手はイマイチかもしれない。
      搭載数だけを見ると一部軽空母にも負けてしまう。見方を変えると潜水艦に吸われない打撃力を省ボーキで実現できるとも言える
    • 幸い1スロ目が最大スロットなので攻撃機を積むのはいいが、残りが正規空母ながら少なすぎるのが痛手。
      • 一応1スロ目に村田隊などを入れるだけで昼戦キャップに到達するので、残りは艦戦で埋めてしまうのも手。
    • イベントや拡張海域では高いステータスに物を言わせて、他の空母との兼ね合いもあるが中盤や3-5、よくて4-5辺りまでなら何とか戦える。
    • 高難易度の海域になればなるほどボス戦で生き残った戦闘機による制空の紙一重の差が勝負を分けるため、搭載数の少ない彼女は、イベント終盤や中部海域を攻略するメンバーに入れるには正直厳しい。
    • スペックだけなら加賀改大鳳改など最強クラスの連中に並ぶのに、残念な限りである。
  • 機数の少ない2〜4スロットの使い道としては艦戦による制空補助以外にも偵察機、対空カットイン装備、夜戦を意識した副砲装備などがある。
  • しかし最大でも115という値は夜戦火力全体で見ると非常に低い。というかこれをやらせるくらいなら素直に普通の空母と同じように運用するか、航空巡洋艦か航空戦艦を使うべきである。
    • OTO2個+村田隊2個で重巡リ級flagship(耐久76装甲70)や軽母ヌ級flagship(耐久84装甲70)がギリギリ落とせるかどうかのレベル。
      Fw190の場合雷巡チ級flagship(耐久70装甲60)を倒すのがやっと。戦艦相手では中破にすら持ち込めない。
    • 駆逐艦で最も弱い卯月改の夜戦火力ですら装備なし・連撃等の補正なしの状態で103(火力34+雷装69)
      連撃装備である、10cm連装高角砲×2の装備で連撃倍率補正後は128×2になるため、彼女の方がずっと強い。
    • 3号砲を2本載せた香取改鹿島改と同等の夜戦火力であり、演習程度であれば多少有効である。

  • 搭載機数が最下位にも関わらず燃費も雲龍型や二航戦改二より悪く合計は赤城改と全く同一である*3。特殊性能である夜戦攻撃と中射程のコストとしては妥当か。
    • ただし燃料消費が少ない分赤城改より修理コストはわずかに安い。

  • 性能比較は以下のとおり。(艦船最大値/正規空母上位早見表/テーブルより転送)

    黄色はトップ桜色は次点の性能

    No名前改造Lv





    運(初期
    /最大)

    スロット速力

    燃+弾備考追加
    156,大鳳改407084595986774/39864(30,24,24,8)高速9075165装甲空母編集
    267瑞鶴改二甲9079848565909050/99764(34,24,12,6)高速10085185射程:中 装甲空母編集
    266翔鶴改二甲8878838170889020/97764(34,21,12,9)高速10085185射程:中 装甲空母編集
    238Saratoga改4088835353938035/85904(36,18,18,18)高速8590175編集
    232bGraf Zeppelin改507880695080747/47564(30,13,10,3)高速7080150射程:中 夜戦砲撃可編集
    6b赤城改3077796954798912/59824(20,20,32,10)高速7575150編集
    7b加賀改3079796949798912/59984(20,20,46,12)高速8080160編集
    230葛城改50+60787545787830/79694(18,21,27,3)高速5055105編集
    262瑞鶴改二77+78788956909250/99934(28,26,26,13)高速9085175射程:中編集
    206雲龍改50+60777248788212/59694(18,21,27,3)高速5055105編集
    261翔鶴改二80+77778463889320/97934(27,27,27,12)高速9085175射程:中編集
    196飛龍改二7767768264828950/92794(18,36,22,3)高速7075145編集
    229天城改50+60767345798017/69694(18,21,27,3)高速5055105編集
    197蒼龍改二7867757457849015/59794(18,35,20,6)高速7075145編集
    244bAquila改454857722472717/37664(15,26,15,10)高速4555100編集

    ※各艦の最大の改造状態の一覧(コンバートできる艦は両方記載)
    ※全て雷装は 0,対潜は 0
    ※備考が無ければ射程は基本的に短
    ※翔鶴改二、瑞鶴改二への改造には改装設計図試製甲板カタパルトが必要
    ※翔鶴改二甲、瑞鶴改二甲への改造には翔鶴改二、瑞鶴改二を経由する必要がある

小ネタ Edit

  • 改造前とのイラストの相違点は以下の通り。
    • 発艦機が変更(Bf109T改からFw190T改に)
    • 飛行甲板先端部の機銃が変更(3.7cm SKC/30から3.7cm FlaK M42に)
    • Bismarck改のように制服や艤装にバルティック・スキームが追加
    • ほんの少しだけ表情が柔らかく(口元を見比べるとわかりやすい)
  • 10時の時報にある「メッサーシュミット」に「似た機体」について、以下のいずれかの機体を指すと思われる。
    • 日本陸軍の三式戦闘機「飛燕」はBf109と同型のエンジン(ドイツのダイムラー・ベンツ社が開発したDB 601エンジンを国産化したハ40エンジン)を積んでおり、容姿も似ていたため、「和製メッサー」の渾名があった。艦これの鎮守府にも陸上基地配備の航空隊がいるのだろうか
      • …と思っていたら本当に実装された。「似た機体」の筆頭候補は現在のところ飛燕になるか。
        ちなみに四コマでは飛燕と思われる模型を指しての言葉となっており、模型の製作者が触ろうとしたグラーフから全力でかばっていた。
        ただ後々飛燕の現物を見たグラーフはあきつ丸の和製メッサーとの言葉に、「似ているといえば似ている気もするが……」と口を濁している。
      • これと同型のエンジン(同じくDB 601を国産化したアツタエンジン)は彗星および晴嵐さん南山にも積まれている。
    • ロケット戦闘機「秋水」は、潜水艦によって資料が運ばれたドイツのメッサーシュミットMe163「コメート」というロケット戦闘機を元に作られたため、容姿が似ている。
      とはいえ持ち帰ることの出来た数少ない資料からほぼ手探りで作り上げ、なおかつ日本独自の妥協変更が加えられたため細部はかなり違う*4
    • ジェット戦闘機「橘花」(日本初のジェット機として名高い中島製海軍機)または「火龍」(陸軍の計画機名称)は、同じく潜水艦によって資料が運ばれたドイツのメッサーシュミットMe262「シュヴァルベ」を元に作られたため、容姿が似ている。なお、ぱっと見の形状は似ているものの、橘花の方はMe262に比べて一回り小さく、「機体は純然たる日本での設計によるもの」である。
  • また、「艦載機ではないのか?空軍というわけか。…何?違う?」と驚いているが、これはドイツが「空を飛ぶものは全て空軍のもの」と放言する某モルヒネデブ国家元帥のおかげで、空母の艦載機すら空軍所属にしようとしたのに対して、日本は陸海軍それぞれが別個に航空部隊を保有し、しかも海軍が陸上機部隊すら持つお国柄の違いが由来なのだろう。
    • 第一次大戦期の航空戦力は一部で都市爆撃が行われたものの、ほぼ大部分にわたって陸軍、海軍の補助に過ぎなかった。一次大戦の戦訓を得たうえでイタリアのドゥーエ「陸軍少将」は
      • 「航空戦力は攻勢的に使うのが望ましく、防空は難しい(レーダーや空地連絡が未熟な時代のことである)。そして長大な航続を活かして戦線の後方を襲撃できる特性があり、これが陸軍や海軍に従属するのでは航空を有効に活用できなくなる」
      • 「航空戦力によって敵の後方たる中枢都市に毒ガス弾や焼夷弾を投下し、遅延信管なども駆使して救援も困難にした『戦略爆撃』を実施するのが効果的である。」「敵の航空戦力・戦略爆撃を阻止する効果的な方法は、敵の飛行場を急襲して地上で破壊することである(いわゆる航空撃滅戦)。戦略爆撃の実施にも阻止にも爆撃機が有効である」
      • 航空戦力が陸軍、海軍に従属することはこれら独自の戦略の検討・実施を妨げ、有害であると著書「制空」を著して空軍の独立を主張した。これが列強の政治家や航空畑の軍人に受けまくってブームを巻き起こした。そして本人はイタリア陸軍から冷や飯を食わされた
    • 日本の陸軍と海軍が独自に航空戦力を保有していたことは、無駄が多いと後世批判されることも多いが、航空戦力を独立空軍に集約するのはそれはそれで弊害もあるので難しいところである。
      • 上記のような経緯を踏まえたうえで空軍を独立させるため、空軍があると海軍の空母とその艦載機の開発に支障をきたすことが多いのである。
        グラ―フツェッペリンに「空軍」を載せられようとしていたドイツ海軍しかり、空軍独立で航空機開発の主導権を奪われた影響で新型艦載機の開発が滞って複葉機やアメリカ海軍機を使う羽目になったイギリス海軍しかり、核を切り札に発言力を強めた空軍によって巨大空母の建造が中止に追い込まれた戦後のアメリカ海軍しかり。
        日本が第二次大戦中に大規模な空母機動部隊を運用できたのは、良くも悪くも「海軍は海軍で好き勝手にできた」という事情もあったのだ。実際、日本でもドイツに影響された陸軍から空軍設立の話はあったのだが、「洋上飛行ができるようになってから出直して来い(意訳)」という海軍の反対でボツになっている。*5
      • さらに、陸軍を直接支援する近接航空支援機の開発も手を抜かれがちなのである。アメリカ空軍がこの手の機種を開発したのはコピペで有名なA-10のみで、それまではひたすら海兵隊機の流用(元を糺せばだいたい海軍の艦上攻撃機)という形でお茶を濁していた。後には空軍の予算で陸軍しか助けられないもの維持するとか馬鹿馬鹿しい、こんなの陸軍に押し付けろという話も出る始末。*6
  • なお、第二次大戦当時、アメリカにも似たような理由で空軍が存在しなかった。どこの国でも内部の縄張り争いによって組織が硬直化してしまうのは良くある話である。*7
  • 3時・4時の時報などでドイツコーヒーについて言及しているが、ドイツはコーヒーの消費量が世界第3位*8というコーヒー大国でもある。ビールばかり呑んでいるわけではないのだ。
  • 7時の時報のカイザーロール(kaiser roll)とは、オーストリア発祥の硬い生地で覆われたロールパンの英語での呼び方で、ドイツ語ではカイザーゼンメル(Kaisersemmel)という。
    Fw190T改の妖精が持っているのがそれ。
  • 20時の時報にある「ポトフ(Pot-au-feu)」は、肉や各種野菜をじっくり煮込んだフランスの家庭料理。ドイツでは同じ料理が「アイントプフ(Eintopf)」と呼ばれる。

この艦娘についてのコメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 1スロのデカさと4スロの少なさ故の埋めやすさ(おまけに拡張スロ)のおかげで色々装備案浮かんで面白いね。ウチではJu87+整備員で爆撃番長だったけど、砲撃空母とか防空空母って使い方も楽しいな・・・ -- 2017-02-07 (火) 16:29:29
  • 装いクソカッコイイのにチョコ渡す前に「よし」って気持ち奮いたたせるギャップがたまらない。まぁもってないんだが -- 2017-02-13 (月) 18:46:22
  • バレンタインボイス毎回「礼の国」を「例の国」と脳内変換してしまう。日本はちょっとアレな例の国…… -- 2017-02-14 (火) 03:24:01
    • 丹波哲郎:「霊の国だと?」 -- 2017-02-15 (水) 08:10:43
  • 秋刀魚ボイスもういちどききたいなぁ。録画しとけばよかった。 -- 2017-02-15 (水) 10:24:58
  • グラーフの同人を描いてもらうなら鬼月(うどんや)さんだなぁ・・・と -- 2017-02-26 (日) 15:44:48
    • ぐう分かる -- 2017-02-27 (月) 01:08:21
  • 活躍して貰う予定が来ず、札さえも付かなかった いや今回はグラーフに限らず、正規空母全体にいれるか -- 2017-03-01 (水) 03:01:27
  • もう彩京コラボで変な魔改造変形艤装乗せようぜ。つよいぞ!艦そのものが蒼オーラ胡乱存在なんだし行ける行ける。 -- 2017-03-05 (日) 12:00:29
  • グラーフを(可愛くするという意味で)辱めるネタ其の1「ランサーアルトリアのものまねをしてポーズをとっているところを見つかる」 -- 2017-03-05 (日) 12:14:43
    • 其の2「グラーフが恋愛サーキュレーション歌ってるところ見られる」 -- 2017-03-08 (水) 10:08:09
  • 4-2やイベントでも空母出れる海域で出撃させてるけどまだ中破してない事に気が付いたw(現在lv80) -- 2017-03-27 (月) 14:36:01
  • 正規空母の会で食されていた鍋は何なんだwおでんか?寄せ鍋か?ちゃんこか? -- 2017-04-01 (土) 09:53:57
    • や み な べ -- 2017-04-05 (水) 12:09:05
  • 氷無小雪みたく、ちょこっとブラが見える感じに服をはだけさせ押し倒して貰いたい あ、色はピンクでオナシャス -- 2017-04-02 (日) 00:43:55
  • グラーフに搭載可能な主砲が欲しいな…。「空母による夜戦CI」にちょっと憧れる(実用性は置いておくとして)。 -- 2017-04-04 (火) 13:22:28
    • 小口径主砲乗るようにして主副カットイン、これだ! -- 2017-04-05 (水) 11:28:34
    • 副砲連撃だけだと地味だし、やはりカットイン欲しいですねえ。魚雷は考えにくいですが、せめて主砲は何か積めるものを出して欲しいところ。ケッコン艦を旗艦に据えて「シャッシャッシャッ」は是非やってみたい!! -- 2017-04-07 (金) 01:43:44
  • 改ニ来たら墳式運用可能にならんかねぇ。艦載型Me262とかロマンだ・・・・・・ -- 2017-04-05 (水) 12:11:23
    • いつの間にか、「独艦随一の常識枠」になっている件…Z1Z3呂は変提しかいないし、ビスは… -- 2017-04-17 (月) 03:14:21
      • プリン「ぬかしよる」 -- 2017-04-17 (月) 10:06:55
      • ↑つオイゲン語 -- 2017-04-21 (金) 15:10:02
  • アプデでせめて30,15,11,3ぐらいにならないかなー(チラッチラッ -- 2017-04-23 (日) 17:04:20
  • つぇぺりんこ♪ -- 2017-04-25 (火) 21:41:44 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 CVやイラストレーター加筆時はそれぞれCV・イラストレーターに出典を記載
*2 文法的にやや不自然な箇所がある
*3 赤城改が75/75 Grafが70/80 計共に150
*4 一番わかりやすいのがキャノピー。Me163は良好な視界を確保するためガラスの一体成型だが、秋水は曲面ガラス5枚のフレーム止めという従来通りの製法となっている。
*5 ちなみに、海軍側で空軍設立に賛同していた航空派士官が、ミッドウェー海戦時の飛龍艦長・加来止男少将だとされる。
*6 A-10プロジェクト自体、プロペラ固定翼機に近い高性能攻撃ヘリ「シャイアン」を計画した陸軍に嫉妬と「予算を奪われる脅威」を抱いて始まったものだったりする。米空軍は「核戦争で空軍が主役になること」を主眼とし、国防用の要撃機と対ソ爆撃用の戦略爆撃機・戦闘爆撃機に集中、そしてベトナムで挫折する。核一辺倒が改まった後も制空の獲得と後方への爆撃こそ空軍の仕事、最前線の火力支援とか空軍本来の仕事じゃねーよという気風がチラホラ見え隠れする・・・
*7 日本海軍を消滅にまで追い込んだアメリカ海軍だったが、終戦後は陸軍航空隊から派生した空軍の設立によって苦難の道を歩むことになる。「核爆弾を積んだ戦略爆撃機さえあれば空母機動部隊など不要」という風潮がまかり通り、終戦による軍事予算削減の必要もあって徹底的に冷遇された。「空軍による空母潰し」は、フォレスタル国防長官の自殺や「提督たちの反乱」と呼ばれる海軍軍人たちの政府に対する造反まで招く始末であった。そのため「核はうかつに使えない。ならば空母を使おう」となった朝鮮戦争は、日本経済に特需をもたらすと同時に、アメリカ海軍の起死回生にもなったのである。
*8 1位はアメリカ、2位はブラジル