Top > Littorio

Littorio

Last-modified: 2017-05-14 (日) 19:41:20
No.241
Buon giorno(ブォンジョルノ)。 リットリオ、行けます!Littorio(リットリオ)V.Veneto級 2番艦 戦艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久88火力78 / 97
装甲72 / 86雷装0
回避28 / 54対空40 / 72
搭載12対潜0
速力高速索敵15 / 44
射程超長20 / 69
最大消費量
燃料130弾薬150
艦載装備
3381mm/50 三連装砲
3OTO 152mm三連装速射砲
3プリエーゼ式水中防御隔壁
3未装備
改造チャート
LittorioItalia(Lv35+改装設計図)
図鑑説明
パスタの国で生まれました。ヴィットリオ・ヴェネト級戦艦2番艦、リットリオです。
高速で兵装も充実した新鋭高速戦艦です。妹のローマ共々、どうぞよろしくお願い致します。

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:久野美咲、イラストレーター:じじ (クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

  • 2015年4月28日のアップデートで新規に実装。春イベント2015:期間限定海域【発令!第十一号作戦】のE4海域クリア報酬。
    • 通常海域でのドロップや建造では入手不可のため、通常は新規/追加入手の手段が無い。
    • その後、クリスマス限定ドロップということで、期間中4-5で入手可能に。初めてのドロップでの入手機会となった。
    • 2017年春イベントの最終海域にて、妹のRomaとともにドロップ。

  • 姉妹艦であるRomaと共に実装されたが、戦艦の新規追加は2014/3/14に実装されたBismarck以来1年振り。
  • イタリア生まれの本艦は、艦これにおいてドイツに次ぐ二ヶ国目の海外艦。Z1の入手条件は少々煩雑で長い時間も要するため、憧れの海外艦の初入手は彼女だという新米提督も当時は多くいた。
  • 本艦の最大の特徴は、高速戦艦でありながら『超長』の射程を持つ点だろう。*1
    46cm三連装砲を装備することなく、砲撃戦で先陣を切ることができる特性は、基本的に先手必勝である本ゲーム内では非常に心強い。
    • また、未改造でも火力最終値97を誇り、金剛型改二に匹敵するほか、運も20と戦艦では長門に次いで高い為、戦艦の中でも高めの燃費に相応するだけの活躍は十分に見込める。*2*3
  • 改造には改装設計図が一枚必要。改造すると艦名がItaliaに変更される。詳細は小ネタ参照。
    • 艦名の変わる艦娘はВерный)、大鯨龍鳳)、U-511呂500)に続いて4人目。
    • 改造後は火力最終値102、運が30と第一線で活躍できるレベルにまで強化される。しかし、燃料、弾薬共にさらに消費が激しくなる。
    • とはいえ改造による強化幅は他艦ほどでもないため、新高角砲等の限定装備が必要でもない限りは未改造のまま改修して育成・運用し、十分に勲章が集まったら改造するというのも一考だろう。


  • 2015年夏限定で、水着バージョンの母港グラフィックが公開された。
    なお、LittorioとItaliaとでは、微妙にデザインの違うグラフィックが用意されていた。
    • Littorioは腰に白と赤の模様のパレオを巻いているが、Italiaは白と赤の模様のパレオを外したポーズに成っている。
    水着バージョンのグラフィックは立ち絵限定で、カードイラストはそのまま。
    他の限定グラフィック同様、限定期間終了後に図鑑に格納された。
    限定イラスト:夏季限定Ver.


  • 2015/12/08のアップデートで、期間限定グラフィック「クリスマスmode」が実装された。
    こちらも、LittorioとItaliaとでは一部デザインが異なっている。
    • Littorioが巻いていたマフラーが、Italiaになると随伴する雪だろまの首に巻かれている。
    • これと併せてクリスマス期間限定ドロップイベントが実装。
      同年12月29日まで4-5の道中H、I、Jマスで(所持未所持にかかわらず)ドロップした。
      新規入手手段としては初。
    限定グラフィックは立ち絵限定で、カードイラストはそのまま。
    他の限定グラフィック同様、限定期間終了後に図鑑に格納された。
    限定イラスト:クリスマスVer.

小ネタ Edit

年表
  • イタリア海軍の新世代戦艦の2番艦。ジェノヴァ・アンサルド造船所で建造された。
    • アンサルド造船所では、過去に日本の装甲巡洋艦「日進」「春日」が建造されている。
      正しくは、アルゼンチン海軍向けに建造中だった両艦を日露戦争に使うために購入したもの。
  • いかにもイタリアらしいモダンで軽快なスタイルを持つ。
  • リットリオとは、古代ローマで、権力の象徴とされた「ファスケス」という斧を持ち、独裁官・執政官などの要人の警護をする役職(ラテン語ではリクトル(Lictor))のことである。
    • このファスケス(イタリア語では「ファッショ(fascio)」)を国粋主義団体(ファシスト党)のシンボルとしたのがムッソリーニ。「ファシズム」の語源である。
      つまりこの「リットリオ」、ファシスト政権色丸出しのネーミングという事である。
      ムッソリーニ失脚(1943年7月25日)後速やかに改名され、現在に至るまでその名を継ぐ艦がいないのは、つまりそういう事であろう。
      • ちなみに、起工日もローマ進軍で政権奪取をしたファシスト党の記念日だったりする。
      • 当時のイタリア空軍のラウンデル(円形国籍標識)にもこの”ファスケス”が描かれていた。
        艦これ内でも、Ro.43水偵Ro.44水上戦闘機の翼にファスケスが描かれている。
      • なお、ファスケスの意匠は権威や正義、団結、共和制の象徴として古くより(特に古代ローマやローマ帝国を文化的源流とする欧米で)様々な国や団体で用いられているためか、今日でも目にすることができる(アメリカ合衆国上院の紋章や、リンカーン記念館の装飾等)。
        イタリアにおいても、ドイツでのハーケンクロイツと違ってタブーではないらしい。*5
    • リットリオの名は北アフリカで奮戦したイタリア陸軍機甲師団「リットリオ」や、休戦後の北イタリアで樹立したムッソリーニを首班とするイタリア社会共和国で新設された擲弾兵師団「リットリオ」にも与えられている。
ヴィットリオ・ヴェネト級の詳細
戦歴
  • 艤装の派手な紅白ストライプはイタリア海軍艦艇共通の防空識別帯。イタリア海軍と空軍は連携が取れておらず、1940年7月のカラブリア沖海戦の際にイタリア艦隊は空軍に誤爆される事件が発生した。
    以降、海軍は再発を防ぐために紅白の識別帯を船首に塗装する様になった。
    • 時期によっては艦尾にも識別塗装を施している場合もある。リットリオもヴィガラス作戦時には艦尾に識別帯を施して出撃したとされる。
  • カチューシャのような頭の飾りは、艦橋のデザインを再現していると思われる。
  • 胸部装甲の大きさは燃料タンクの大きさと比例……という法則が囁かれているが、ヴィットリオ・ヴェネト級はそもそも地中海のみを主戦域に設定された都合航続距離が日米のそれに比べるとかなり劣る。
    Littorioの登場により、新たな法則の提唱が待たれる。そもそも法則性なんて無いのか
  • 放置時のフリッツXについてはRomaのページを参照のこと。
  • お触りすると「地中海的な〜」と言われるが、これはイタリア人の気質のことだろう。
    一般的にローマを境に南は女ったらしオープンな性格で北は比較的冷静な性格であるといわれている。
  • ちなみに砲塔の上に乗っかってるものはゴムボート。ソーセージでもポンデリングでもたわしでもゴム草履でもない。
    • 当時、イタリア海軍は大型ゴムボートを艦載艇の一部として運用しており、甲板スペース節約に努めていた。
      ちなみに、主砲の上以外にも副砲塔の上や後檣の基部にも立てかけてある。
  • 通常時や中破時の艤装をよく見ると、主砲塔横の両舷外側にプリエーゼ式水中防御隔壁があるのがわかる。

この艦娘についてのコメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • リットリオ出ませんでしたぁぁぁぁ -- 2017-05-22 (月) 11:16:16
  • 次は来年のドロップになるといいですね(白目 -- 2017-05-22 (月) 11:17:00
  • 畜生、今年の夏も演習相手の水着リットリオに悔し涙を流さなければいけないのか! -- 2017-05-22 (月) 11:29:00
    • 以前クリスマスで4-5期間限定ドロップとかあったから水着とか限定グラがあるので夏にワンチャン…とかないかな? -- 2017-05-22 (月) 11:47:07
      • 妹のほうに水着グラが実装されて更なる死体蹴りをされそうな気が。 -- 2017-05-22 (月) 12:14:43
    • 心の持ちようによっては悔しさもスパイス。「ぬおおお、ひん剥いてくれるわぁぁッ!!」てな感じで、むしろ楽しくなってくるかも -- 2017-05-22 (月) 14:54:11
  • 今回もまたドロップしなかったよ… -- 2017-05-22 (月) 12:38:09
  • 新規の艦娘が全員あっさりと来たりとか、欲しかったキットや買いそこなった薄い本がやっと手に入ったりとか、リアルが充実していたのがいかんかったのか・・・。 -- 2017-05-22 (月) 12:52:46
  • 弾薬以外の残り資源各二桁、バケツ一桁の状態で主力艦隊は大破だらけ。駄目元で寄せ集め艦隊で最後の出撃。ようやく会えたねお姉さん、皆を入渠させたら最優先で育てるから待っててね・・・。 -- 2017-05-22 (月) 13:17:24
  • 二隻目を狙ったけど三隻目のローマが来ますた 自分が眼鏡人だからだろうか? 二隻目いないと差分が楽しめない・・・ -- 2017-05-22 (月) 15:20:35
  • 来て下さったので早速胸部装甲の点検を行います -- 2017-05-22 (月) 16:44:19
  • 今回もドロップしませんでした。次こそは! -- 2017-05-22 (月) 19:19:51
  • 二人目来たけど、スマン来て欲しかったのは未着任のローマの方だったんだ・・・来なかった人の分まで無印のままにして無印&改の2形態で愛でるとしよう。 -- 2017-05-22 (月) 19:27:51
  • 今年中に大型建造で出るようになるそうなので、これまで待ちますか┐(-。-;)┌ -- 2017-05-23 (火) 12:25:28
    • どこ情報よ -- 2017-05-25 (木) 16:27:45
    • 姉が大健落ちしてる某アル重なら分からなくもないけどなぁ・・・とばしじゃろ -- 2017-05-26 (金) 15:06:45
  • 運営「ないです」 -- 2017-05-27 (土) 10:49:39
  • せっかく来てくれたし、夏グラのうちにケッコンしたいなぁ。(^^♪ -- 2017-05-27 (土) 21:09:21
  • 通常グラの艤装をよく見る&小ネタを読むと、じじさん結構こだわってデザインしたんだなぁ、ってのがよくわかる。だからリベはああなったのか… -- 2017-06-12 (月) 13:47:37
    • じじニキは発言さえ目を瞑れば優秀だから… -- 2017-06-12 (月) 23:07:05
      • まるでじじ師の発言が好ましくないみたいな言い方だな。あれほど紳士的なのに。 -- 2017-06-13 (火) 20:28:00
  • 梅雨ボイスになったのは良いけど、今年は全然雨降らなさ過ぎて違和感凄い、真夏の方がまだ夕立が定期的に降るから降水量多いわ。 -- 2017-06-13 (火) 19:05:02
    • 北陸住まいだけど、雨が降らないのに加えて6月半ばと思えないほど寒いぞ。 -- 2017-06-13 (火) 19:10:20
    • ここ近年梅雨らしい梅雨が降らなくなったな… -- 2017-06-13 (火) 20:02:59
    • 九州だけど、昼間はある程度は暑いけど、今週入ってからはまた温度下がって朝と夜は普通に肌寒い、このまま真夏も気温低めだったら、また野菜の値段がヤバそうやなぁ・・・。 -- 2017-06-13 (火) 20:05:38
      • 夏場の野菜高騰は冗談抜きで困る… -- 2017-06-19 (月) 20:19:39 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 例外的に、霧のハルナはアルペジオコラボ期間限定かつ、戦力・燃料・弾薬・入渠の全てが大和型と同等以上の高速戦艦だった。
*2 最大燃料消費量ではBismarck dreiよりも20多い
*3 余談だが、Bismarckと同時運用すると丁度大和と同じ消費になる
*4 独軍の誘導爆弾
*5 ナチスと違い、ファシスト時代は現代イタリアでも一定の評価があり(マフィアを厳しく取りしまり、国内から締め出したことを始め庶民にとっては恩恵も多かったため)、現代でもムッソリーニの血縁が国会議員を務めていたりする。ムッソリーニの墓所にも墓参者が絶えない。
*6 第一次大戦中の弩級戦艦を近代戦艦に大改造
*7 "Industrie Meccaniche Aeronautiche Meridionali SpA"、日本語で南部航空機械産業株式会社
*8 日本での慣用的表記。現地での発音はレッジャーネが近い。当時はカプローニ傘下、現在はテレックス傘下でクレーンメーカーとして健在
*9 第二次大戦で水上艦同士の戦闘が行われた海戦中、屈指の荒天で戦闘中に風速15m以上を記録している。他には、1943年末の北岬沖海戦などが悪天候の中での戦闘として有名である