Top > 33号対水上電探

33号対水上電探 の変更点


 |CENTER:218|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|c
 |>|>|>|>|~No.029|
 |&attachref(装備カード一覧/weapon029-b.png,nolink);|>|33号対水上電探|>|小型電探|
 |~|>|>|>|~装備ステータス|
 |~|~火力||~雷装||
 |~|~爆装||~対空||
 |~|~対潜||~索敵|+7|
 |~|~命中|+5|~回避||
 |~|~射程||>|BGCOLOR(#ccc):|
 |~|>|>|>|~装備可能艦種|
 |~|駆逐艦|軽巡洋艦|重巡洋艦|戦艦|
 |~|軽空母|正規空母|水上機母艦|航空戦艦|
 |~|>|>|>|~備考|
 |~|>|>|>|改修不可&br;「うずしお」での被害を軽減&br;2013年8月イベント E-2クリア報酬|
 |>|>|>|>|LEFT:対水上射撃管制用に開発された小型対水上射撃用電探です。&br;22号を改修して精度を上げ、探知距離・精度ともに実用レベルで運用可能です。&br;雷撃管制用にも使用でき、砲雷撃戦の質を大きく向上させます。|
 *ゲームにおいて [#z5f11ae4]
 -[[22号対水上電探]]の完全な上位互換であり、開発可能な駆逐艦等向けの水上電探では2016年2月現在も最高峰。
 --性能だけみれば上位に%%プレハブ%%[[32号>32号対水上電探]]があるが、そちらは一般に((2017年3月現在、[[霞改二乙]]を除く。))は駆逐艦等に装備できない。
 -索敵性能は駆逐艦に搭載可能な装備で最大の+7。命中補正も開発可能な小型電探で最大の+5を誇る。
 --限定品を含めた場合、命中補正最大の小型電探の座は%%望遠鏡%%[[22号改四>22号対水上電探改四]]に譲ることになる。&color(Silver){レーダー射撃用電探とはいったい……};
 --改造済み駆逐艦を夜戦連撃装備にする場合、主砲や魚雷を積めない3スロ目の有力な選択肢となり得る。
 ---最近は索敵重視となっており、水上機が搭載できない駆逐艦が2隻以上必要になった時のために6個以上ほしい。((過去の事例としてAL/MI作戦でのE-2東ルートの時、駆逐に電探×6が推奨だった))
 ---[[22号対水上電探]](及び同[[改四>22号対水上電探改四]])、[[13号対空電探改]]が改修により索敵能力が向上するようになったため、小型艦の索敵でも33号一強とは言い切れなくなった。
 &color(Gray){とはいえ、電探の改修はかなりの上級者向け((大量のネジはもちろんのこと、例えば13号改の改修では最初から無印13号を消費するといった具合に電探の共食いが必要な為))である。};
 --大型電探との比較でも、索敵・命中はなかなかに優秀。開発可能な全電探中、索敵性能や命中補正では[[14号>14号対空電探]]をも上回る他、[[32号>32号対水上電探]]の次点でもある。
 
 ---ただし2-5式における索敵値計算式では入手性、補正値等で水偵に完敗する。&color(Silver){巡洋艦以上の艦娘に限ってだが};
 -開発は困難な方なので、全員に搭載するのは難しい。お気に入りの艦娘にどうぞ。
 --33号一点狙いなら、10/10/200/150で大型電探を弾ける。46cm砲の複合レシピ(10/251/250/150)で狙うことも可能。
 
 **電探性能比較表([[装備最大値/電探早見表/テーブル]]より転送) [#j58906e8]
 #table_edit(装備最大値/電探早見表/テーブル)
 *小ネタ [#d7012d1c]
 -帝國海軍の「仮称三号電波探信儀三型」がモデル。[[22号対水上電探]]を改造し、射撃用電探としたもの。
 13km先の小型艦を探知可能。出力2kw。
 -間違えられがちであるが、[[32号対水上電探]]を小型化したものではない。32号の小型化は31号電探である。
 --目指したところは33号、31号ともに32号より軽い射撃用電探ということなので、まあ親戚のようなものではある。
 -因みに性能は22号と殆ど変わらない。レーダー射撃を可能とするための改造がなされただけである。
 --尤も22号も限定的ではあったがレーダー射撃は可能であった。実戦使用した[[どこぞの紅茶戦艦>金剛]]が強気な発言をしていたりもする。
 --ちなみに、捜索用レーダーと射撃用レーダーの違いは、角度精度の違いである。レーダーは距離精度こそ正確だが、角度精度は光学観測器材に劣る((レーダー波が行き帰りする時間を計算すれば、正確に距離が算出できる。しかし、飛ばしたレーダー波が何かに当たって跳ね返ってきた方向を正確に観測するのは苦手なのだ))。
 -なんとか最終タイプが間に合った22号と違い、33号、31号は実用化が間に合わなかった。先に完成していた32号も、重すぎて搭載を見送られていたりする。
 --33号も31号も一応は特第1号練習艇(元英駆逐艦スレイシアン)に搭載されて試験中だった。
 *この装備についてのコメント [#l715ff71]
 #pcomment(./コメント,reply,15)