Top > セッション開催の心得

セッション開催の心得

Last-modified: 2015-04-23 (木) 22:30:58

※旧初心者提督(GM)への指南ページ(ページ名 GM心得)
このページは永遠に未完成です。提督(以下GM)の皆さんの書き込みをお待ちしております。
____
当ページは執筆者達の経験談によるもので、これが必ず正解というわけではありません。

 

ですが、基本的にGMとして必須の事を記入しています!
これは、他システムでも経験者でも変わりはありません。

 

これを、一助として、皆さんが楽しい提督(GM)ライフを送っていただけたら幸いです。

セッション開始の志す前に

そろそろ、PLにも慣れたから自分で物語を描いてみたい。そんな時は、自分でセッションを立ててみましょう。
TRPGにおいて、GMの存在は必要不可欠です。彼らがいなければ、卓はいつまでも作られないでしょう。

 

ですが、気をつけて下さい!

  • シナリオ作成
  • スケジュール管理・プレイヤー募集
  • 卓の進行や管理を努める etc...

これら全ては、GMの役目です。
決して、いい事だらけではありません。むしろ、苦労も多いかも?
開催した卓への責任もあります。PLに比べてお仕事も多いです。ですが、同じくらい楽しみもあるでしょう。

 

TRPGは、参加者全員が一丸となってプレイするゲームです。
GMがいないと、卓は始まりませんが…PLがいないと、ただの1人用ゲームです。
その1点は、GMでもPLでも忘れないで下さい。

 

このページでは
「それでも、GMをやってみたい!!」
そんな貴方に贈る、場所です。

事前の準備

最初のシナリオについて

最初のシナリオについては、不安がある時は1〜2サイクル・1バトルを目標にしてみましょう。
「短くない?」と思われる人もいるでしょうが…自分の参加した卓を思い返して下さい。

 

通常、オンラインセッションはオフラインセッション(リアルで顔を合わせて遊ぶセッション)の3倍掛かると言われています。
そして、慣れていないGMでは、更に時間が掛かるでしょう。

 

同様に「ルールブックに記載していないオリジナル要素」も控えめが良いでしょう。

 

最初から、壮大なセッションも良いですが…管理しきれないと、結局皆が楽しくなくなります。

スケジュール管理など

さてシナリオはできた!後は募集するだけ! と思って、募集してみたけど、人が来ない。
そんなことはままあるとは思いますが、あまりにも開催が突発すぎではありませんか?
初心者への手引きでも説明されていますが、GMだって予定があるようにPLさんにだって
当然予定はあります。PLは何も自分の都合で動く人形じゃないです。

実は管理人も内容は事前に決まってて他のセッションでやろうかなとか言っていたセッションを、
当日作成で体調不良もあるのにゴリ押ししました。
みなさんは絶対に真似をしないでくださいね。体調不良でなければ開催できるメドがあるなら別ですが……
基本は、開催日が休日であれば遅くても3日ぐらい前から、
平日であれば5日ほど前ぐらいには告知するようにしましょう。
せっかく予定をとっても、人が集まらないのは寂しいですから。
体調管理については、上記にリンクを張った初心者への手引きを参照してくださいね。
基本に立ち返ることも、また大事なことです。

また、予測不可能な事態が起こって【予備日】を使用しなければならないという状況もあるでしょう。
そのためにも、セッションスケジュールに【予備日】をあらかじめ募集表に書き込んでおくか、
開催後参加者と相談したりしましょう。

3.セッション本番

さて、いざセッション本番!当日は余裕を持って、時間を迎えるようにしましょう。
席を離れないと行けない予定なども出来る限り処理しておくとベターです。
どうしてこんなこと書くかというと、GMは進行役です。
トイレとか、急な用事で離席してしまうのはしょうがない面はあるでしょう。
そういう時は一言残して離席しましょう。帰ってきたら戻ってきたことを伝えましょう。
オンラインセッションは「顔が見えない」し「相手の都合を把握しづらい」ので、
この点が特に重要となってきます。
これは、艦これRPGだけではなく、全てのオンラインセッションに共通する事柄です。

また、どどんとふに不慣れなPLさんがいたら、フォローしなければなりませんし、
PLさんから処理の質問だって飛んでくると思います。
気心知れたPLさんとだけなら、いざしらず…初対面の相手も居ることでしょう。
そんな時、決定権を持って判断できるのはGMです。

そしてセッションが終わった時にPLさんに喜んでもらえたらとっても嬉しいです。
「楽しかったよ!」「また遊ぼう!」という感謝の言葉がGMをやっていることへの何よりのご褒美です。

3-1.どどんとふの使い方(GM編)

このサイトで使用している「どどんとふ」の使い方講義です。
「どどんとふ」そのものの概要説明は外部リンクにある本家様にありますが、
艦これRPGで使用するやり方もいくつかあります。ので、覚え書き程度に。

1.イベントカードの処理の仕方
どどんとふマップで右クリックをすると、メッセージカードの作成という項目が出ると思います。
そのメッセージカードの裏面に提督から指定された単語(例:提督へ)を、表にはイベント等(交流イベント:幸運の五航戦)を書き込んでください。

2.プロット処理
どどんとふマップで右クリックをすると、メッセージカード作成の他に、ダイスシンボルの作成という項目があります。
その際「ダイス目を隠して置く」にチェックボックスを入れ、ドラッグ&ドロップ(左ボタンで引っ張って離す)でマップ上においてください。

3.その他
3-1【以心伝心】などの非公開系スキルについて
秘話(名前の隣にある鍵マーク)を使って処理してください。
3-2 磯波の固有スキル
山札という概念が存在しないどどんとふでは、カードを重ねた上で広げた一番左側を山札のトップと見立てて、
そのトップを非公開で見て上に置くか下に置くかを選ばせてください。

4.終わりに

本番も終わって、セッションが終わったら経験値処理です。
各自設定された任務の経験点を処理し、MVP処理などを行ってください。
また、家具を購入するなどの要望がPCからあれば、応じてあげたりしてくださいね。

長くなりましたが以上です!Exでは、キャンペーンセッションについて触れたいと思います。

Ex.キャンペーンセッション

編集中。


トップページへ戻る