Top > みんなのだいひょう
HTML convert time to 0.013 sec.


みんなのだいひょう

Last-modified: 2017-06-21 (水) 19:44:48

「ええっ、できないよ僕そんな事!」
みんなのだいひょう

日本版タイトルみんなのだいひょう
英米版タイトルThe Deputation
脚本ウィルバート・オードリー
放送日1986年11月19日(英国)
1991年7月30日(日本)
1991年11月22日(米国)
話数43
対応原作原作15巻『ふたごの機関車』(「みんなの代ひょう」)
登場キャラクターAパーシードナルドダグラスゴードンヘンリージェームスエドワードダック
登場キャラクターB無し
登場キャラクターCバーティー
登場キャラクターD意地悪なブレーキ車(言及のみ)
登場人物Aトップハム・ハット卿
登場人物Bドナルドの機関士ドナルドの機関助手ダグラスの機関士ダグラスの機関助手トップハム・ハット卿の付き人
登場人物C作業員
登場スポット水車
サドリー城
ティッドマス機関庫
ティッドマス機関庫の転車台
ティッドマス駅
ティッドマス貨物駅
ティッドマス貨物小屋
ウェルズワーズ駅
ウェルズワーズ操車場
ウェルズワーズ機関庫
信号所(言及のみ)
あらすじあの時の件が原因で、ドナルドダグラスはこのままでは二人共スコットランドに送り返されるのではと心配していた。
そこで、機関車達はドナルドダグラスの二台ともソドー島に残れる様にと話し合うが・・・。
メモトーマストビーオリバー以外のレギュラー機関車が全て登場した話である*1
ドナルドダグラス、間に救援客車を挟みながら雪かきをする*2
ドナルドダグラスが雪の吹き溜まりを通過するシーンで、一瞬だがネームプレートが付いている。
1年前のトーマスに続いて、雪に埋もれるヘンリー*3
ドナルドダグラスが送り返されそうであるという話を聞き、抗議するゴードンジェームス
ジェームス曰く、意地悪なブレーキ車は壊れて清々したらしい。
・このころの本国放送ではナレーターの独り語り口調だったため、個別にセリフがある日本語版ではパーシーエドワードに相談に行くシーンでやや違和感のある動きになっている。
パーシーが停車してしゃべる前にすぐエドワードが返答している)
・「代表」を「代償」と言い間違えるパーシー(原作絵本では「だいきょん」と訳されている)。
・カメオ出演のバーティーパーシートップハム・ハット卿と会話するシーンで後姿が少し映っている。
パーシートップハム・ハット卿と会話しているティッドマス駅では、結構見づらいがあのイベントの為の飾りつけが始まっている。
パーシー、「うみにおちたパーシー」以来久々にトップハム・ハット卿と会話する。(分かる通り、しばらく会っていなかったらしい。)
パーシー曰く、ドナルドダグラスは送り返されたら廃車にされるらしい。
ドナルドダグラス、二台ともソドー島に残る事になる。
・この話は次回の『トーマスあさごはんにおじゃま』に続く。
・冬が舞台の話なのに、日本では1991年の夏に放送された。*4
原作との相違点・原作では、トップハム・ハット卿は虎の柄をしたマフラーを首に巻いている。
・原作ではこれ以降、ドナルドダグラスのボディが青く塗りかえられる。
ドナルドダグラスが使用する雪かきの形状が人形劇と原作絵本とで異なる。
台詞・ナレーター「ソドー島に雪が降った。いつもより、深い雪だった。機関車達は皆雪が嫌いだったが、北国で生まれたドナルドダグラスは雪には慣れていた。この双子の機関車達は二台連なり、前と後ろに雪かきを付けて仕事に出て行った。彼らは線路を行ったりきたりしながら、雪かきをした。普通は、簡単に跳ね飛ばしていける雪の量だが、所々に雪の吹き溜まりがあった。丘のカーブを曲がると、今までで一番大きな吹き溜まりに突っ込んだ。もう一度トライしようと、後ろに下がった。」
ダグラス「ややっ、驚いた事にこれはヘンリーですよドナルドヘンリー、もう暫くの辛抱ですよ。今、助けますからね!」
・ナレーター「助けて貰ったヘンリーは、二人に感謝した。ところが、彼らはなんだか浮かない。」
ドナルド「もうすぐ、私達のどちらかが送り返されます。きっと、二人共送り返されるでしょう・・・。」
パーシー「それは酷いよ!」
ゴードン「そんなバカな、この間の事故だって信号所が多すぎたせいなんだ!」
ジェームス「そう、あの意地悪なブレーキ車も壊れて清々した!」
ヘンリー「双子達は雪の中で大活躍したんだ、不公平だよ!」
・ナレーター「何とかしなくちゃと皆で話し合ったが、どうしたら良いのか誰も分からなかった。パーシーは、エドワードに相談に行った。」
エドワード「君達の代表を、トップハム・ハット卿の所に送ったら?」
・ナレーター「エドワードはそう言って、代表について説明した。パーシーは、大急ぎで戻った。」
パーシー「あのね、『だいしょう』を選ぶと良いってエドワードが言ったよ!」
ゴードン「それは良い!ところで、ちょっと聞くが・・・。」
ヘンリー「『だいしょう』ってのは、何だい?」
パーシー「それはさあ、問題が起きた時、トップハム・ハット卿と話し合う人の事さ!」
ダック「えっ、トップハム・ハット卿と話し合うだって?」
・ナレーター「ダックが言うと、皆気まずそうに黙り込んでしまった。・・・やがて、ゴードンが口を開いた。」
ゴードン「やはりここパーシーが、だ、『だいしょう』になるべきだな!」
パーシー「ええっ、できないよ僕そんな事!」
ヘンリー「バカな!簡単な事だよ、パーシー!」
ゴードン「よーし、これで決まりだ!」
トップハム・ハット卿パーシー、久しぶりだな!」
パーシー「ああっ!?あっ、ど、ど、どうも!」
トップハム・ハット卿「ん?おどおどして、何か心配でもあるのか?」
パーシー「えー、あの、皆が僕を『だいしょう』に選んだんです、貴方と話し合う為の!でも僕、それ苦手で・・・。」
トップハム・ハット卿「もしかしてそれは、『代表』の事かね、パーシー?」
パーシー「そうです!ドナルドダグラスの事なんですけど、もし彼らが送り返されたら、スクラップにされてしまうんだそうです!あんまりですよ!お願いですから、送り返さないで下さい!」
トップハム・ハット卿「よく分かったパーシー、何とかしよう!」
・ナレーター「それからまもなく、トップハム・ハット卿がやって来た。」
トップハム・ハット卿「昨日、わしは諸君の、あー、代表に会った。諸君の気持ちはよく分かった!で、いろいろ考えてみた。ドナルドダグラス、お前達の雪の中での活躍、見事だったそうだな!お前達のペンキを、塗り替えてやるぞ!」
ドナルドダグラス「ありがとうございます!!」
トップハム・ハット卿「だが今度は、名前も書き入れんと。間違えん様にな。」
ドナルドダグラス「ありがとうございます!!すると、私達二人とも・・・!」
トップハム・ハット卿「うむ、二人とも・・・。」
・全員「やったー!!」「良かったー!!」「危なかったー!!」
・ナレーター「でもその後の言葉は、皆の喜びの声や汽笛の音にかき消されてしまった。双子の機関車達は、に残れる事になったのだ・・・!」
英国CVナレーター/他:リンゴ・スター
米国CVナレーター/他:ジョージ・カーリン
日本CVナレーター森本レオ
パーシー中島千里
ドナルド佐藤浩之
ダグラス遠藤武
ゴードン内海賢二
ヘンリー堀川亮
ジェームス森功至
エドワード高戸靖広
ダック塩屋浩三
トップハム・ハット卿宮内幸平
シリーズ前回ふたごのきかんしゃ
シリーズ次回トーマスあさごはんにおじゃま
おくれるのもわるくない(VHS版)
原作前回いじわるなブレーキ車
原作次回トーマスの大しっぱい
リンクhttps://www.youtube.com/watch?v=QFYSjkbOCYM





*1 因みに、オリバーは当時未登場。
*2 このシーンが次に見られるのは18年後のエピソード
*3 この話から18年後には、助けた側のダグラスも雪に埋もれる。
*4 この頃、日本では季節関係なしに放送していた。