Top > トーマス
HTML convert time to 0.051 sec.


トーマス

Last-modified: 2017-11-18 (土) 13:50:45

「分かりました。」
原作第2巻のトーマスTV版第12シーズンのトーマスTV版第21シーズンのトーマス

名前トーマス
英名Thomas
性別
車体番号1:ノース・ウェスタン鉄道以降
70:ロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道時代
水色(車体&車輪&ドーム)+(ライン&バッファービーム&車台)+黄色(ライン&字体)+(屋根&煙突&バッファー)+(ランボード&ランプ)
(車体&車輪&ドーム)+(ライン)+(屋根&煙突&バッファー)+黄色(ライン&字体)+(バッファービーム&車台)※長編第10作序盤
水色(車体&ドーム)+黄色(窓枠&バッファービーム&車台&ランボード)+(ライン&マーク)+朱色オレンジ(模様&ライン)+銀色(車輪)+(煙突&屋根&バッファー)※レーシングスタイル
水色(機体&主翼&車輪)+(ライン)+黄色(ライン&字体)+(屋根&煙突)+薄いオレンジ(ヘルメット)+金色(ゴーグル)+(エンジン&スカーフ)※飛行
銀色(未塗装のボディ(メッキ))
ピンク(錆び止め)
車軸配置0-6-0
製造年1915年
来島年1915年
改造1960年*1
所属鉄道ロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道ノース・ウェスタン鉄道
支線トーマスの支線*2
運用ファークァー線アニークララベルを牽くのが普段の仕事。
・稀に本線貨車の牽引を行ったり、アノファ採石場メイビスの仕事を手伝う時もある。
・また、トビーの支線トビーの仕事を手伝うエピソードも存在する。
・そして、局長から特別なお客さんのお迎えを依頼される事がある。
・当初は操車場での貨車の入れ替えの仕事をしていた。
・たまにゴードンが牽引時に使用する急行客車を押して取りに行ったりする事もある。
分類蒸気機関車
タンク機関車
原作初登場巻第2巻『機関車トーマス』第1話「トーマスとゴードン/なまいきなトーマス」
原作初台詞「怠け者、起きろ。僕みたいに働くんだ!」
TV版初登場シーズン第1シーズントーマスとゴードン
TV初台詞「起きろよ怠け者!僕みたいにちゃんと働けよ!!」
「やあ!みんな!ソドー島へようこそ!!」比嘉久美子さん初台詞
「はぁびっくりした!今のは何だ!?」※CGアニメ初台詞
「すみません。『ナップフォード』っていうのは何処かな?」※来島直後の初台詞
一人称
原作・TV版共通の説明・経歴ノース・ウェスタン鉄道(ソドー鉄道)の1号機関車。
・ずんぐりむっくりな見た目が特徴的な青い小型タンク機関車
・シリーズ開始時は大きな駅の構内で客車貨車の構内入れ替えをしており、自分の不遇ぶりに不満を抱いていた*3
・その後、脱線したジェームスを救出したご褒美としてナップフォード-ファークァー間を結ぶ支線、及び客車のアニークララベルを与えられた。
パーシーは大の親友で、自分の支線を走るバーティーとは良き競争仲間で良く競争をする。
・しわくちゃのトーマスの顔が制作されている。
人形劇とCGアニメでは原作絵本と異なり、主人公並びにソドー鉄道の機関車達のリーダー的存在として位置付けされている。
・過去の失敗を笑われる*4など大きな機関車からは軽んじられているが、重要な局面*5では主人公の王道に相応な活躍を見せる。
給水塔が故障してしまい、近くの川で水を汲む事になり、偶然その時に釣れたがトーマスを苦しめた。それ以来、トーマスはが『トラウマ』になり、嫌う様になった。
性格・少し生意気で悪戯好きだが、同時に仲間思いで優しい機関車でもある。
・やんちゃ坊主で悪戯と競争が好きな一面があり、にも関わらず、バーティージェームスマックスモンティと競争した事がある*6
・当初は目上の人にタメ口を利く事が多く、短気な性格だったが、シリーズが進むにつれ、現在のように心の広い性格になっている*7
・仕事が好きな働き者だが、稀に仕事中に悪ふざけをして、ヘンリージェームスに注意されたり、説教される事がある。
・嘘をつくのと隠し事をするのが苦手*8
・然したまに、アーサー「完璧な記録」を台無しにしようと暗躍したり、ジェームスを横取りしようとする*9等、嫉妬深い面が顔を出す。
・時間にシビアな為か時間に厳格な部分があり、特に初期には遅れて来た機関車に文句を言う事もしばしば。また、寄り道をした特別な荷物を見せびらかしたりして失敗する事も多く、器は小さい。
・好奇心旺盛で危機感が少し足りない一面があり、思った事をすぐ口に出す傾向がある。そしてその傾向が原因で、何度か悲惨な目に遭っている*10
蒸気機関車である事に対する誇りとプライドは人一倍強く、ディーゼル機関車を馬鹿にする発言をして、どつぼにはまる事がある。
・また、標準機の機関車である事に対する誇りとプライドも高く、狭軌の機関車を揶揄る面もある*11
・そして、貨車喧嘩したヴィニー罵倒合戦を繰り広げたり等、少々負けず嫌いで喧嘩っ早い一面もある。
・騙されやすい一面と噂に踊らされる一面がある模様*12。だが稀に、騙されたのがきっかけで幸運に恵まれる事がある*13。 
・基本的に勇敢で、レディーディーゼル10の魔の手から救ったり、ヘクターに怒鳴られて怯えてしまったロージーを見てに立ち向かう、フィリップの危機を救う為にヴィニーを退治した事がある。
・稀に臆病な一面を見せる時があり、ヒロの森の中で怪しい音*14に驚き、パーシーロッキー共々パニックに陥った事がある。また、ソルティーが語った貨車の恐ろしい伝説が気になって、仕事に集中できなかった事もある。そして、蛍光塗料が塗られたヘンリー幽霊と間違えて怯えた事がある。
幽霊や怪談等の怖いものが苦手で、実際に遭うと一目散に逃げ出してしまう*15
・基本的にアニークララベルの事を大事にしているが、稀に達に悪戯するのが好きなのか、時々、早く走ったり遅く走ったりしてアニークララベルをからかう。
・女性に優しいフェミニストな面があり、レディーを見た時に「なんて綺麗なんだ!!」と感激した事がある。また、地味な仕事しか任せて貰えない事に悩んでいるモリーの為に派手なサプライズを用意した事もある。そして、トップハム・ハット卿から来島したばかりのベルソドー島に案内するよう依頼された時はノリノリだった*16
の匂いとチーズの匂いが苦手*17*18雪かきを付けて走るのも苦手*19
・そして、ロージーが苦手と思しき描写も存在する*20
・無責任で人の話を聞いていない事が多い*21
・たまに責任感が強い所を見せ、体調不良に見舞われたメイビススクラップに対する不安を吐露したエドワードの為にを頑張り、落ち込んでいたスカーロイを励ます為にいろんな場所に連れて行ってあげた事がある。そして、原作絵本とマガジンストーリーでは泥棒を捕まえ、表彰された事がある。
・小柄である事を気にしているらしく、大きな機関車であるヘンリーゴードンハンク「チビ」とか「小さい」等と言われると激昂していた*22*23。反面、自分より大きな機関車に興味を持った事がある*24
を見てはしゃいだりに憧れを抱くロマンチスト。
・そして、飛行機になった自分と流線型ボディの自分の姿をしたり、咄嗟に架空の機関車情報を作成したり、の姿に憧れるなど、創造力が豊かである。
失敗を犯してそれを隠そうとしたものの、結局は自ら自白した事から、正直者の面もある。
動物園のキリン仲良くなったり、トロッターさんが飼っている子豚友達になったりと、動物に好かれやすい傾向がある*25
・そして彼自身も自然と動物が大好きで、TV版では線路沿い小鳥リスに挨拶したり、更には木々にまで挨拶をしている。原作と年鑑シリーズでは怪我をした白鳥助け、マガジンストーリーではと競争したり動物園駝鳥の檻のリニューアル記念式典に出席した事がある。
・隠れんぼが大好きらしく、「見つけるのが得意だ」*26パーシーに自慢して、を相手にブレンダム港で遊んだ事がある*27
・相手が悪者であっても、敬語を使う時がある。
・偶然、発見した機関車スクラップにされる危機を感じた?時にはトップハム・ハット卿に内緒にする傾向がある。
・空気を読まない事がある*28
・また、余所見をする事が多く、前方不注意で鴨の親子を轢き殺しそうになった時、に叱られた事がある。
局長局長の嫁と同様、好きな色はで、ペンキを塗り替えたばかりのボディをエドワードに披露した際に「君(エドワード)と同じ青い色に塗り替えてもらった」と嬉しそうに語ったり、青い色は一番機関車らしい色」と主張した事がある。
ロージーを邪険に扱ったり、塗装をピンクにされたジェームスを罵倒したり、自身が塗装をピンクにされた時に不服そうな顔をする等、ピンク色はあまり好きではない模様*29
・写真を撮られるのが好きで、他の仲間が撮られる直前に横入りして脱線させてしまう程である。また、自分よりトビーが優先されて撮影された時は撮影者文句を言った*30
・早とちり癖があり、過去に何回も乗客を置いてきぼりにして発車してしまった事がある。また、雪達磨の風船が自分のバッファーに引っ掛かった事に気付かず、雪達磨が自分にストーカー行為をしてきたと勘違いした事もある。そして、バーティー見捨てたり、車掌ソドーブラスバンドのチューバ奏者を放置して走り去った事がある。
・臭気に敏感で、ゴードンから漂う匂い揶揄った事がある。
・役職で図に乗る*31
貨車の牽引中は人格が荒む*32
・縄張り意識がある*33*34
・本人曰く「留守番は楽しい」らしい。
・目立ちたがり屋な面があり、時々、ジェームスみたいに自分のボディを見せびらかし、自惚れる時がある*35
・相手が誰だろうと構わず言いたい事ははっきり言うタイプで、他の誰かが優遇されていると不満を持ち、文句を言う*36
・スリルを味わう事が好きで、ジェットエンジンが作動して暴走した時はテンションが上がっていた。
・過去はいつまでも忘れないタイプで*37、体験談を大袈裟にアレンジして話す傾向がある*38
・約束を破って相手を裏切る時がある*39
・本気を出せば猛スピードで走る事ができるようでスペンサー追跡された時等に役に立っている。
・寝る際に鼾を掻く時がある*40
・主人公でありながら、「他人の不幸は蜜の味」をモットーとしているようで、事件現場に逢うと、他のを見て揶揄ったり、面白がったりする癖がある。
・自分は日頃の行いが良い機関車だと信じて疑わない所があり、本人曰く「どんな時でも正しいし、勇気ある怖いもの知らずのヒーロー」らしい。
・スポーツに興味があり、ラグビーの試合に参戦した事がある*41
・お祭りと花火大会とパーティーが大好きで、トップハム・ハット卿からお祭りパーティーの準備を手伝うよう頼まれた時は大張り切りだったり、花火大会の準備とは別の仕事を頼まれた時にがっかりしていた事がある。
・マガジンストーリーではロックンロールに興味がある一面があり、ヘンリーゴードンジェームスと共にロックバンドのコンサートに見惚れていた事がある。
長編YouTube限定動画では外国の文化に興味がある一面があり、世界一周旅行に出かけたり、出会いに興奮していた。
原作での経歴・1915年に製造され、1915年にソドー島に来島。
・原作ではシリーズ最初期に入れ替えをしていた駅はヴィカーズタウン駅
・1960年に駅長の家に突っ込んで修理工場に送られた際、原作ではランボードの形状が変更された*42
自分の支線が修理作業中の間、エドワードの支線ビルベンと働く事があった。当初はビルベンの悪戯や不謹慎な態度にイライラしたものの、最終的にビルベンとは仲の良い友達になる事ができた。
・ヨーク市のイギリス国立鉄道博物館を訪問した事があり、グリーン・アローと出会って友達になった。グリーン・アローと出会って早々、イギリス国立鉄道博物館での作法を教えてもらった。
グリーン・アロー仕事を手伝った際は、からお礼を言われ感謝された。
エルスブリッジ駅の近くでサマーハウスになっていたビクトリア出会って仲良くなり、彼女と一緒に仕事をする事になった。ビクトリアから見て、彼は『アルバートとの共通点が多い』らしい。
TV版での経歴・全シーズン登場。
・原作と同様に駅長の家に突っ込んで修理工場に送られたが、ランボードの形状が変更されず、ボイラーの前に当たるがややカーブを描かれて垂れ下がったままである。
・彼の来島以前はグリンノース・ウェスタン鉄道の1号機関車として働いていた。
・TV版ではシリーズ最初期に入れ替えをしていた駅はナップフォード駅。配属当時(長編第10作)は他の機関車達の邪魔になったり、貨車にぶつかって荷物をぶちまけたりと失敗ばかりだった。また、先代の1号機関車であるグリンと仲良くなった。
・彼と同じ名前の赤ちゃんがいる。
パーシーと一緒に郵便列車を牽く事もあるが、昨今はトーマスの牽く回数が減り、パーシーの牽引が中心となっている。
・他のレギュラー機関車に比べ、急行客車を牽引する機会が少ない。
・後部の長方形の赤いラインは、あるシーズンと無いシーズンがある*43
ディーゼル10ジョージから「タンポポ頭」と呼ばれた事がある*44
第8シーズンから第12シーズンまでの間、回想に枠が付くようになり、彼の場合は
第2シーズンではナップフォード港建設作業を手伝う為、トレバーを連れに行った。そこでトレバーが真面目に仕事に取り組む姿と自身が連れて来た子供達のお世話をする姿を見て、トレバー「役に立つ牽引車」だと言う事を確信した。また、代理の機関士のミスで無人走行してしまい、ハロルドに止めてもらった。
第4シーズンではデュークファルコンスチュアート古い鉄道での物語を他の機関車達に語った。
第8シーズンでは質の悪いオイルが原因で、体調不良に見舞われたメイビス達の為に、質の良いオイルを採りに走った
第9シーズンではシリンダーの調子が悪く、スクラップに対する不安を吐露したエドワードの為に、の分の仕事も請け負った。然し頑張りすぎてしまい、トップハム・ハット卿に注意された。
第10シーズンではバーティー見捨て「酷い機関車だ」と言われ罵倒された。また、ジェームス仕事を横取りしようと策を巡らせた。そして、本気を出せば、スペンサーの様に高速で走れる事も判明した。
第11シーズンではスペンサーからボックスフォード家の家紋を奪取した。
第15シーズンではバーティーミスティアイランドに誘った。然しバーティーぐらぐら橋で立ち往生した為、ハロルドバーティーを助けてもらうよう嘆願した。
第16シーズンロッホ城お祭り用の花火を台無しにした際、ハロルドに電飾を施すという苦肉の策を取った。
第18シーズンでは騙す目的でゴードンの前を走り、で立ち往生させた。そして、1人の身勝手な乗客に腹を立て、乗車拒否を敢行した。
第19シーズンではエミリーソルティーと共に、クリスマスなのに人助けをしようとしないディーゼルに人助けをさせようと奮闘した。
第20シーズンではブラッドフォードと一緒に仕事をする事になったが、ブラッドフォードから貨車の中の荷物の件でいちゃもんをつけられ、ブラッドフォード見捨てる事にした。その後、エミリーポーターと共に、変顔ジェームスを罵倒したり、マックスモンティと競争したが、悪戯が原因で、不幸な目に遭った。
第10シーズン第19シーズン飛行機になった自分の姿をした事がある。
・人形劇では貨車達描写が目立っていた。
スピンオフ作品で片方の車輪が取れた事がある。
長編作品での経歴長編第1作では魔法の線路を通ってマッフル・マウンテンへ渡った事がある。
長編第2作ではディーゼルをぶちまけられ、ディーゼル機関車達と激しく殴り合った。その後、ティッドマス機関庫が使えなくなってしまい、エミリーに頼んでナップフォード機関庫で寝させてもらったが、自身の『煩すぎる』が原因で、エミリーを睡眠不足にしてしまった。
長編第3作ではひょんな事から忘れられた町グレート・ウォータートンを発見した。
長編第4作ではヒロを発見、救出した。
長編第5作では船でメインランドへ向かう事になったが、トラブルによりミスティアイランドへ到着し、ミスティアイランド達との交流を果たす。後に救出された。
長編第7作ではブルーマウンテンの採石場を訪問した際に引き籠り状態だったルークと友達になり、ルークに外の世界へ出るきっかけを与えた。
長編第10作ではヘンリーと最初から仲が良い事にされ、ヘンリーが彼を罵倒する場面は全てカットされた*45。また、アニークララベルジュディジェロームを紹介してもらった。そして、ジェームスの脱線事故の後始末をする際に貨車をやや厳しめに注意している*46
長編第11作ではゴードンの客車を脱線させた罰として、ハーウィック線の建設を手伝う。その途中、自身のミスで洞窟に落ちてしまい、そこで海賊船を目撃する。
長編第12作ではフライング・スコッツマンからグレート・レイルウェイ・ショーの事を教えてもらい、レースとコンテストに出場すべく流線型の自分の姿を妄想したり、ペンキが飛び散ってネオンカラーの様な配色になった。また、ディーゼルと間違われて有蓋貨車(に成り済ましたディーゼル機関車)達に押されてノーマンと衝突したり、空の彼方に飛ばされた。そして、レースで優勝した。
長編第13作ではジェームスからを横取りして、メインランドに行き、そこで製鉄所コンビのハリケーンフランキー、実験トリオのマーリンレキシーセオと出会う。
その他の経歴・『きかんしゃトーマスとイギリスのたび』ではソドー島へやって来たガチャピンムックと仲良くなった。
・『Pちゃんのハロートーマス&ジェームス』ではPちゃんと仲良くなり、信号や景色を説明してあげた。
・『トーマス&コニーちゃん ワンダフルアメリカンジャーニー』ではアメリカへやって来たコニーちゃんに会い、アメリカの景色やロッキー山脈蒸気機関車の事も説明してくれた。
YouTube限定動画ではアニークララベルではなく、の支線客車を牽引していた。また、日本を訪問した際に初めて「こんにちは」を覚えた。
4-D作品ではクランキーの手痛いミスの所為で、酷い目に遭う。
木製レールシリーズのオリジナルエピソードではサムローガンと出会い、と友達になった。そして、メインランドに帰る事になったサムローガンエドワードパーシーと一緒に見送った。
他キャラクターとの関係エドワードとは初めてソドー島に来た時からの同僚、但し、長編第10作ではエドワードの後輩になっている。エドワードと出会って早々、ノース・ウェスタン鉄道(ソドー鉄道)での作法を教えもらった。壊れた具合が悪くなった際は修理工場まで付き添ってもらう等、エドワードとは強い絆で結ばれている。
・かつて救助したジェームスとは今では張り合う事も多く、の自慢話に付き合った事も多いが、結果的に互いに助け合っている。
ヘンリーゴードンとは最初の頃は仲良く無かったが、いつの間にかに仲良くなっていた*47
トレバーとはエドワードからの紹介で一緒に仕事をしたのがきっかけで、と友達なった。
バーティーとは競争をして、仲良くなった*48
パーシーとは親友同士*49
ハロルドとはパーシーを通じて仲良くなり、自身が無人走行した際に停車させてくれた事によって、と更に仲良くなった。
・マガジンストーリーではキャロラインデュークバルストロードと面識がある。
ダック蒸気機関車の方のオリバーウィフシドニーゲイターとはパーシーを通じて仲良くなり、トードとは蒸気機関車の方のオリバーを通じて仲良くなった。また、彼にとって初めて見たウィフは格好良かったらしい。
アニークララベルとは達を急行客車と間違えたのがきっかけで出会った。そして、達にクレーン車の説明をしてもらった(長編第10作*50。今では良き仕事仲間。また、アニークララベルは彼を通じてトレバーダックと仲良くなった。
ジェレミー初めて会った時、大空を気持ちよさそうに飛ぶに憧れた。また、パーシー共々ジェレミーを宇宙船と勘違いした事がある。
キャプテンとはハロルドを通じて仲良くなった。但し一度だけ、キャプテン説教された事がある。
ドナルドダグラスとは駅長の家に突撃した際に助けてもらったのがきっかけで仲良くなった。
トビーとは警察官とのトラブルを解決してもらったのがきっかけで仲良くなった。また、ヘンリエッタから可愛がられている。
ステップニーとは同じ鉄道出身だが面識はなく、ノース・ウェスタン鉄道訪問した際に初めて対面した。
テレンスとは初対面時にキャタピラーを「カッコ悪い」と言って嘲笑っていたが、雪に埋もれた所をテレンスに助けられてからは、後々一緒にエリザベスの捜索をする等して、良き友人関係を開いている。
エリザベスの事は当初彼女の高飛車な態度に戸惑ったが、次第に和解していき、意気投合するようになった。
スカーロイレニアスとはエドワードを通じて仲良くなり*51ピーター・サムラスティーとはスカーロイレニアスを通じて仲良くなった。
サー・ハンデルとはを直す為の特別な技師連れて来た事で仲良くなった。また、フレディーとはサー・ハンデルを通じて知り合った。
ダンカンに騙された事がある*52
デイジーとは事故に遭ったパーシーを一緒に助けたのがきっかけで仲良くなった。
ディーゼルとはライバル同士だが、困っていた時に軽油を持って来てあげたり、競争したり、他の仕事で忙しい自身の代わりにアニークララベル牽引を依頼する等、仲が良い一面もある。
エミリーとは壊れたオリバー具合が悪くなったヘンリーを一緒に助けたのがきっかけで仲良くなった。然したまに、エミリーの我侭な態度にうんざりした様子を見せる時がある。
バルジーとはエミリーを通じて親しくなり、彼の一言がきっかけでバルジーは道路に復帰する事ができた。
ファーガスとは古くからの知り合い。
マードックとは来島時に歓迎したのがきっかけで仲良くなった。
アーサーとは初対面時が持つ「完璧な記録」に嫉妬して台無しにしようと暗躍したが、その暗躍がきっかけで、アーサーとの友情が芽生えた。
メイビスとは積極的に話しかける等、ディーゼル機関車であるが仲は良い。
ジャックとは出会った当初から仲良しで、橋から落ちそうになった際にジャックに助けてもらったのがきっかけで、更に友情が深まった。また、アルフィー重機の方のオリバーネッドケリーイザベラとはジャックを通じて仲良くなった。
マックスモンティは彼に頭が上がらないらしい。
ネルソンとは故障した際に修理工場まで運ばれ仲良くなった。
モリーとはゴードンエミリーに失礼な事を言われて、傷心状態だった彼女に特別な荷物を作ったのがきっかけで仲良くなった。
ネビルとは橋から落ちそうになった時に救助した事が切っ掛けで仲良くなった。
ハンクから「小さい」と言われ揶揄られたが、一緒に貨物列車を運んだ事で和解し、友情が芽生えた。
フローラに会った時、頬を赤くした為、彼の好みのタイプだと思われる。
・逆にロージーは彼に好意を抱いているが、彼自身はロージーの事は苦手としている様で、彼の好みのタイプではないらしい*53
チャーリー初めて会った時はお互いに有名だったらしく、競争した事がある。その後次第に仲良くなった。
ポーターとはソルティーを通じて仲良くなった。
クランキーとは初対面時は仲が悪かったが、横倒しになったを助けたのがきっかけで仲良くなった。
ロッキーとは空の彼方に飛ばされたハット卿のセダンを一緒に回収したのがきっかけで親しくなった*54
ビッグ・ミッキー架空の機関車を創る際、利用した事がある。
スクラップ置き場オールド・スローコーチと出会い、彼女をスクラップの定めから救う為に引き取り手を探した。オールド・スローコーチにとって彼は命の恩人である。
ヘクターとは初対面時は険悪ムードだったが、腹を割って話したのをに和解して、円満な友情を築いた。
ビクターと大の仲良しで、が別の用事で不在の間、に代わってソドー整備工場責任者を務めた事がある。
ケビンとはビクターを通じて仲良くなった。
ベルとは彼女の消火活動を手伝ったのがきっかけで仲良くなった。
フリンとはベルを通じて仲良くなった。
・知り合った経緯は不明だが、マージと親交があり、自身が歴史的大発見をした際はマージに代理で報告してもらった。
レディーとはディーゼル10に追われていた彼女を匿ったのがきっかけで親しくなった。
ディーゼル10スプラッタードッヂは最大の天敵で、ディーゼル10スプラッター「タンポポ頭」と言われからかわれた事がある*55
ジョージとも不仲で、「タンポポ頭」と言われ馬鹿にされた事がある。
スペンサーとは競争相手でありライバル関係であり仲良しでもある。だが、スペンサー初めて見た時はの速さに驚愕した。
ヒロとはで偶然、スクラップ寸前だったを助けたのがで親しくなった*56。また、アニークララベルは彼を通じてヒロと親しくなった模様。そして、ヒロ脱線させた事に責任を感じた時にはヒロが放置されていたへ行き、部品を探しにいった。
グリンとの邂逅は長編第10作終盤だが、グリンからかけられた優しい言葉から、グリンと円満な友人関係を築く事ができた模様。
ジュディジェロームとは事故に遭ったジェームスを一緒に助けたのがきっかけで親しくなった。
グリーン・アローとは出会った当初から仲良しで、仕事を手伝い、グリーン・アローからお礼を言われ感謝されたのがきっかけで、更に友情が深まった。
ビクトリアとはエルスブリッジ駅の近くで出会い、彼女と一緒に仕事をする事になった。また、ビクトリアは彼に牽引されるとアルバートの事を思い出すらしい。
フライング・スコッツマンとはゴードンを通じて知り合い、一時期フライング・スコッツマンに憧れを抱いた事がある*57*58
セレブリティーとはソドー島訪問時に歓迎したのがきっかけで仲良くなり、セレブリティーと夜遅くまで会話を楽しんだ。
ジンティーとはパーシーを通じて親しくなり、自分が留守の間、ジンティー支線運営を任せた。
くまとはヘンリーを通じて親しくなった模様。
・原作番外編では工場のディーゼルと面識があり、原作番外編では工場のディーゼルからクリスマスツリー用のもみの木を積んだ貨車を受け取った。
ライアンとはハーウィック線の仕事で忙しい自身の代わりにアニークララベルを引いてもらったで親しくなった。その後、一緒に船乗りジョンの逃亡を妨害し、ハーウィック線の開通式に出席して、更に友情が深まった。
スキフとは最初は船乗りジョンと一緒に探しを手伝い仲良くなった。
ダック同様、デリックとは直接会った事はなかったが、デリックの故障原因を知っていた。
ソルティー真似をして馬鹿にしていたが、エミリーに叱られて謝ってからは良好関係を取り戻せた。
ハリーバートに挑発された事がある。
デンダートとはオールド・ウィージーの修理を依頼して親しくなった*59
ノーマンとは転車台が凍って困っていた際、ヴィカーズタウンディーゼル整備工場の一角を寝床として提供してもらったのがきっかけで親しくなった。然し、その後、分岐点で衝突をしてしまい怪我を負わせてしまった。
ウィンストンとは長い間行方不明だったトップハム・ハット卿お気に入りの客車を一緒に探したのがで親しくなった。
ブッチとはのフックの磁石がボディにくっつき、離れられなくなったのがで親しくなった。
ハーヴィーとは他の仲間が戸惑ってるのに優しく接してあげた事から親しくなった。その時のお礼なのか、カーブを曲がれず脱線して落ち込んでいるトーマスを見て慰めてくれた
ボコバイロンサンパーレッジとは会話は無いが、面識はある模様*60
スクラフとは清掃する事を嫌がったを他の仲間に協力してもらい説得しようとしたが聞いてもらえなかった、然しと同様、汚れ仕事をしているウィフを紹介した事で友情が芽生えた*61
ティモシーちんまり鉄道達とは初対面時から既に、自分の長所を否定されると激怒する者同士意気投合している。
サムソンからは初対面時に『青い』と呼ばれ、に給炭の順番を譲ってあげたで親しくなり、ブラッドフォードとはサムソンを通じて知り合った。
ヒューゴの事は初対面時に「仕事を取られる」と誤解し警戒していたが、歓迎パーティーに出席した事で打ち解ける事ができた。
いたずら貨車達とは初仕事で因縁付けられて以降、貨車達と喧嘩したりよく突き飛ばされていた。
アシマにぶつけられてに落ちそうになった事が原因で、最初は彼女と険悪な雰囲気だったが、後に親しくなり、入れ替え競走での対戦相手にもなった。
フィリップを追い回して転車台の溝につき落とそうとしたヴィニーアシマと共に電気塔にぶつけて撃退した事がある。
アイヴァンジーナラウルとは入れ替え競走での対戦相手。
・YouTube限定動画『Sodor's finest』ではヨンバオと面識があり、彼と共にディーゼルハリーバートを止めるべく戦った。
フリーダゴードンと間違えて声をかけた事がある。
人間関係トップハム・ハット卿とは親子のような関係*62だが、偶にトップハム・ハット卿に何度か見捨てられてしまう事がある。然しその反面、彼が行方不明になった時はトップハム・ハット卿は凄く心配をし、彼が見つかった時はシルクハットを投げ飛ばしてしまうほど喜んだ。
ハット卿夫人からアニークララベルを海の家にしたらどう?」と主張され、迷った事がある。
ローハム・ハット卿の事は初対面時トップハム・ハット卿と勘違いし、ヒゲと子供達と優雅にかくれんぼを楽しむ姿に愕然とした。
トップハム・ハット卿のお母さんから曾孫同然に可愛がられている。然し彼もバースデーピクニックする場所がなかなか決まらずに、彼女を怒らせてしまった事がある。
信号手を牽いている事を自慢したが、客車?どこにあるんだい?」と聞かれ何も牽引していない事を教えてもらい、慌てた事がある。
ジェム・コールとはエドワードからの紹介で、一緒に仕事をしたで親しくなった。
ジェニー・パッカードとはジャックアルフィーを通じて親しくなり、ジェニー・パッカードに褒められた事がある。
ミスター・パーシバルとはこうざん鉄道の機関車達を通じて親しくなったが、一度だけ、説教された事がある。
ファーマー・フィニーとはテレンスを通じて知り合い、雪に埋もれた際にファーマー・フィニーテレンスに助けられた。
・知り合った経緯は不明だが、トロッターさんと親交があり、から仕事を依頼される事もある。
トム・ティッパーとはパーシーを通じて親しくなった模様。
・知り合った経緯は不明だが、ナンシーアリスと親交がある模様。
キンドリー夫人とは土砂崩れが起きた際に赤い布を振って知らせてもらったのが縁で親しくなり、家が雪に埋もれて困っていた夫人トビーテレンスと一緒に助けて、夫人に感謝された。
ボックスフォード公爵からはスペンサー以上に信頼されている。
ボックスフォード公爵婦人から汚れたボディを指摘されたが、それでもボックスフォード公爵婦人とは円満な友人関係を築いている。
ソドー・ユナイテッドの選手達とはサッカー場まで送迎したで仲良くなった。
アリシア・ボッティは初めての来島時、彼に乗ってコンサート会場に向かう予定だったが、客車の中にがいる事に不満を漏らし、パーシーに乗り換えた*63
・知り合った経緯は不明だが、ラスティーの機関士アイスクリーム工場工場長と親交があり、ラスティーの機関士慰めた?り、アイスクリーム工場長からよくアイスクリーム工場貨車の牽引を依頼される*64
ソドー動物園飼育員とは動物園の開業を一緒にお祝いしたのがきっかけで親しくなった。
ノランビー伯爵とはトップハム・ハット卿を通じて親しくなったらしい。
不機嫌な乗客とは会話は無いが、面識はある模様。
船乗りジョンとは最初は一緒に探しを手伝って仲良くなったと思われたが、後になってが悪人と気付き、を必死に追いかけて逃がしたものの、逮捕に追い詰めた。
ヴィニーを撃退してフィリップを助け出した事を審査員から褒め称えられ、アシマと同時優勝にしてもらった。
駅長を壊してしまい、彼の奥さん「情けない機関車」と言われた事がある。
冒涜する発言をした際に漁師から「潮の匂いを楽しめ」と怒鳴られた事がある。
警察官汽笛を鳴らして怒られてしまい、牛避けの板を装着する様、促された事がある*65
オードリー牧師は生みの親で、式典で会ったり乗せた事があるが、会話はなかった。然し、第20シーズンで再会し、この時初めて会話をしたが、彼がオードリー牧師に初めて発した言葉は『自分が撮られなかった事に対する不満』だった。その後、ファークァー駅で撮影をしてもらった。
・マガジンストーリーではファーマー・コレットと仲が良い。
動物関係に叱られた事がある。
馬のペガサスを『ドジな馬』と言って罵倒した事がある。
マッコールさんパーシートビー共々トロルと勘違いした事がある。
・マガジンストーリーではソドー動物園からの依頼で、キリンのハッピーを連れ戻しに行った事がある。
モデルクラスE2蒸気機関車ロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道
出自・上記の通り、1915年にロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道にあるブライトン工場で製造*66され、トーマスは当初その鉄道で働いていたが、クリストファー・オードリー氏が2005年に出版した自身の著書『Sodor:Reading Between The Lines』によると「第一次世界大戦中にロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道で働いていたトーマスは戦争の混乱により手違いで1915年にソドー島に送られてしまったが、その後トーマスの機関士その助手がそれぞれの女性と結婚してこの地で生きていく事を決意した為、トップハム・ハット卿はトーマスをノース・ウェスタン鉄道の一員とする事に決め、名目上の僅かな料金を払いトーマスを購入した」と書かれている事から、トーマスは製造されてすぐにソドー島に送られた訳ではない。
登場の経緯・原作者のオードリー牧師が息子のクリストファーへのプレゼントとしてエドワードの玩具を木で製作した*67際、クリストファーゴードンも作ってくれとせがんだ。然し材料不足だった為、牧師は代わりに小型タンク機関車を製作し、クリストファーがこれを『トーマス』と名付けた。
・後にトーマスを原作第2巻『機関車トーマス』に登場させる事になり、レジナルド・ペインが挿絵を描く際、玩具のトーマスをそのまま使うのは無理がある為、オードリー牧師はクラスE2をモデルに選んだ。また、ウィルバート・オードリー氏が描いたラフスケッチはGNRクラスJ23に酷似している*68
その他・モデル機のクラスE2は1913年6月から1916年10月までに10台以上が製造されたが、1962年にBRクラス07が導入された事により、1961年12月から1963年4月までに全車両が廃車された為、現存していない*69
・本来のロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道でのクラスE2のカラーリングは茶色なのだが、長編第10作ではオードリー牧師が作った玩具のトーマスを参考に、の車体になった*70
玩具プラレール*71
トラックマスター水色両方、流線型)
カプセルプラレール水色両方、流線型)
トミカ水色両方)
木製レールシリーズ
トーマスエンジンコレクションシリーズ
トーマスとなかまたち?/新トーマスとなかまたち?/げんきなトーマスとなかまたち/なかよしトーマス
アーテル
Take Along/テイクンプレイ/アドベンチャーズ
しゅっぱつしんこうシリーズ
英国版CVエドワード・グレン長編第1作
ベン・スモール長編第4作-第18シーズン
ジョン・ハスラー長編第10作-)
米国版CVエドワード・グレン長編第1作
マーティン・シャーマン長編第4作-第18シーズン
ジョセフ・メイ長編第10作-)
日本版CV戸田恵子第1シーズン-第8シーズン第11シーズントーマスのだいピンチ』(イベント版))
比嘉久美子長編第2作-)
参照画像参照はトーマス/画像





*1 原作のみ。
*2 TV版では一時ノランビー線ハーウィック線で働いていた時期がある。
*3 長編第10作では外の世界=駅の外に憧れていた。
*4 置き去りにする、乗客を無理矢理下ろす等。
*5 に放置された機関車助けるディーゼル10に奪われたソドー整備工場奪還するレース出場して優勝する等。
*6 バーティーと競争した時は乗客乗り物酔いにし、ジェームスと競争した時は局長叱られマックスモンティと競争した時はエドワード呆れられた
*7 実際エミリー我侭な態度が原因で酷い目に遭ったにも関わらず、彼女を怨む事はなかった。
*8 実際、スクラップに対する不安を吐露したエドワードの為に優しい嘘をついたが、局長にあっさり看破された。
*9 第10シーズンでは未遂に終わったが、長編第13作では遂に横取りする事に成功した。
*10 「落とし穴に落ちた」「池に嵌った」「ボディがシロップ塗れになった」「エミリーに仕事を取られた」「また落とし穴に落ちた」等。
*11 罰が下ったのか、こうざん鉄道の機関車達から総スカンを喰らった事がある。
*12 実際『ネビルハリーバート親密だ』と言う噂が流れた時に、ネビルを鬼の形相で見ていた。
*13 「トップハム・ハット卿に褒められた」「歴史的大発見をした」等。
*14 怪しい音の正体は、鹿でした。
*15 但し幽霊成りすましてディーゼルを怖がらせた事がある。
*16 然しエリザベス対面して早々彼女の高飛車な態度に困惑したり、エミリー警告を聞き入れなかったり、デイジー特別な仕事を自慢する姿に戸惑った事がある。
*17 第8シーズンでは冒涜する発言をして、漁村で働く漁師から「潮の匂いを楽しめ」と怒鳴られた。
*18 でも、第13シーズンエドワード牽いた貨車の中のを嫌がる事はなかった。
*19 但し、第3シーズンぼうけんいっぱいのクリスマス』では雪かきを嫌がらず、第17シーズンからは苦手を克服したのかその設定はなくなった。
*20 但し、ヘクターに怯えて逃げた彼女仇を取ったり、ロージーと優雅に水遊びを楽しんだ事がある等、次第に仲良くなっていき、意気投合するようになった。その姿はまるで、兄と妹のようである。
*21 実際ヨットの運搬中エリザベスモリーの忠告を聞いてなかったり、ビクターに代わってソドー整備工場の責任者を任された時にケビン他の相談を聞く態度が不真面目だった。また、蜜蜂の運搬中にヒロから「気をつけて運びなさい」と言われた事もある。
*22 但しゴードン「そんなに小さくない」と言って、彼をフォローしてあげたり、雪の日の線路で助け合うエピソードが存在する。
*23 また、時期は不明だが、ヘンリーとお互い困った時に助け合える程仲良くなっている。
*24 実際、来島したばかりのマードックを見て「君(マードック)みたいな大きな機関車は今まで見た事ないよ」と褒めた事がある。
*25 然し一度だけ、に襲撃された事がある。
*26 実はズルをしていた為、得意ではないようで、船が到着した時には彼はクランキーを利用してパーシーを見つけた。
*27 然し、なかなか見つからず苦戦した彼はズルをして、パーシーを見つけたふりをした。何度かやっているうちにズルをしている事がバレてしまい、パーシーに怒られた。
*28 実際、寝不足の警察官汽笛を鳴らして怒らせた事がある。その後、この騒動が切っ掛けで、トビートップハム・ハット卿に買い取られた。そして、パーシーが全身塗れで身動きが執れない時に「休む暇はない」と言って放置した。
*29 但し、ロージーが塗装をピンクからに変えてからは完全に、ロージーを邪険に扱うのを止めている。
*30 でも、第10シーズンエドワードポスターのモデルに選ばれてに嫉妬する事はなかった。
*31 実際、動物園のキリン動物園まで届ける事になった時に飼育員を放置して走り去り、エドワードゴードンクランキーからキリンは飼育員の言う事しか聞かないよ」と警告されるも、キリンさんは僕の言う事だって聞いてくれるよ」と言って聞き入れなかった。また、ミスティアイランドまでジョビの木を貰いに行く事になった時にバッシュダッシュファーディナンドが手伝いを申し出たが断った。
*32 実際、いたずら貨車達から準備が終わっていない事を訴えられたのに聞こうとはせず、「走れ」「急げ」と言っていたずら貨車達を引っ張っていた。
*33 実際、ディーゼル10機関庫を訪れた時に迷惑そうな表情を浮かべ、スタンリー機関庫の寝床を取られた時は不貞腐れた顔でスタンリーを見ていた。
*34 でも、ティッドマス機関庫転車台が凍って動かなくなった際に唯一入れる機関庫の部屋をパーシーに譲ってあげた。
*35 罰が下ったのか、ボディはパーシーによって汚された。
*36 実際、トビーだけが撮影されて、自分が撮影されなかった時には撮影相手に文句を言っている。
*37 実際、自分の『辛い体験』をダックに話して教訓にしてもらおうとした事がある。その後、『悪い事をしたら追放される』の話題になった時は落とし穴に落ちた時の事を自ら、振り返った事がある。
*38 実際、エミリージェットエンジン牽引した時に「ジェットエンジンがを吹いてを飛んだ」と話した事がある。
*39 実際、スカーロイ達から顰蹙を買い、絶交の危機に陥った事がある。
*40 但し、汽笛が鳴ってしまう『可愛らしい』である。然しその所為で、エミリー睡眠不足になった。
*41 実際、ヘンリー運動をするように促した事がある。
*42 それまではボイラーの前に当たる部分がややカーブを描いて垂れ下がっているのだが、改造後は先端まで同じ高さになっている。
*43 これはフルCGになっても、改善されていない。
*44 煙突から出す煙がタンポポの綿毛を連想させるらしい。
*45 エドワードは彼にヘンリー「優しい機関車」と言って紹介していた。
*46 因みに、第1シーズン貨車喧嘩した
*47 但し、CGアニメではヘンリーに『心配性』という設定が付いた為、最初から仲良くなっている。
*48 然したまに罵り合いをする時もあるが、それでも仲良しだったりする。
*49 因みに、初対面時はまともに会話をしておらず、TV版では第2シーズンになってから初めての会話シーンが描かれているようになったが、最初は仲が悪く喧嘩をする場面が多かった。
*50 但し原作第2巻とTV版第1シーズンクレーン車の説明を行ったのはアニークララベルではなく、彼の機関士である。
*51 一度だけ、スカーロイとの約束を破り裏切った事がある。
*52 然し後に、彼はダンカンに騙されたのがきっかけで歴史的大発見をする事となる。
*53 然し、ロージーヘクターの威圧感に怯えて逃げた際は彼女の代わりにヘクターを説教した。その後、ロッホ城お祭りに興味がないゴードンに興味を持ってもらおうと奮闘した際はロージーに協力してもらっている。
*54 それ以前に、彼は線路に散らばった鉄パイプを回収するロッキーの姿を見物していた。
*55 でも、ディーゼル10頼み事を聞いてもらった事がある。
*56 但し、彼は最初、ヒロに初めて会った時は笑顔を見せる事ができず、助けを呼んで逃げ出そうと考えていたらしい。
*57 余談だが、フライング・スコッツマンは彼がレース出場すれば優勝すると予見していた。
*58 但し、アニークララベルは彼にフライング・スコッツマンみたいに早く走れるわけないじゃない!!」と言って警告していた。
*59 それ以前にはを敵視しており、ヴィカーズタウンディーゼル整備工場ケビンと一緒に焼き殺されそうになった。
*60 但し、マガジンストーリーには彼がボコと仲良く会話するエピソードが存在している。
*61 但し、アニークララベルを貸さなかった。
*62 時々、トーマスは偶然発見した為に局長に隠し事をする事がある。
*63 その後、自身の手痛いミスが原因で、アリシアさんをずぶ濡れにしてしまった。
*64 ただし一度だけ、アイスクリーム工場長説教された事がある。
*65 然し、彼は警察官が嫌いにはならなかった模様。
*66 長編第10作にて言及。
*67 尚、この木で製作した玩具のエドワードは2017年現在、行方不明となっている。
*68 サイドタンクの形状など。
*69 因みに、BRクラス07はソルティーのモデルにあたるディーゼル機関車である。
*70 因みに、車体番号の『70』も原作出版70周年を迎えた為、その意味も込めて付けられたのだと思われる。
*71 通常のトーマスの他、大井川鐵道のきかんしゃトーマス号バージョン、長編第12作に登場した流線型のトーマスも発売されている。のトーマスはトイザらス限定のセット販売のみ。