Top > コマンド目録 > イメージ表示コマンド

イメージ表示コマンド(Ver3.9.0確認済み)

Last-modified: 2017-05-20 (土) 14:46:22

背景 Edit

背景 テスト背景 bg1.png
背景0 テスト背景 bg1.png

Imagesフォルダ内にあるbg1.pngをテスト背景と名付けて表示する。Light.vnに読み込んだ背景としてのbg1.pngを呼び出したい場合、他コマンドでもテスト背景という個体名を使用する必要がある。Light.vnはフォルダを指定しない場合、各コマンドの既定フォルダ内で探す(要検証)。イメージ表示コマンドの既定フォルダはImages。また、背景は自動的にレイヤーが0に設定されるので、レイヤー指定は不要。
※背景は自動的に大きさが拡大縮小される

  • 背景0……透明度0の状態での表示
    必須か否か説明
    【必須】個体名付与する名前を指定する
    【必須】ファイル名
    または
    登録済みアニメ名
    背景として表示させたい画像データ、
    または登録済みアニメを指定する

Edit

絵 テスト絵 ^sysimg\menu_img2.png 20 30 40 カメラ無視
絵0 テスト絵 ^sysimg\menu_img2.png 20 30 40

sysimgフォルダにある画像イメージmenu_img2.pngを左上の座標(x,y)=(20,30)、レイヤー40に(カメラ無視で)表示すると同時に、テスト絵と名付ける。Light.vnに読み込んだ絵としてのbg1.pngを呼び出したい場合、他コマンドでもテスト絵という個体名を使用する必要がある。

  • 絵0……透明度0の状態で表示
  • ^……ファイル名の前に置くと、セーブ時に自動的に撮られるスクリーンショットに保存されない
    必須か否か説明
    【必須】個体名付与する名前を指定する
    【必須】ファイル名
    または
    登録済みアニメ名
    背景として表示させたい画像データ、
    または登録済みアニメを指定する
    【必須】x座標ファイルを表示させる際の左上の横座標を指定する。
    【必須】y座標ファイルを表示させる際の左上の縦座標を指定する。
    【必須】表示レイヤーファイルを表示させる際の表示順位を指定する。
    カメラ無視か否かカメラ無視、または'nocamera'に設定するとカメラの影響を受けません。