Top > 〇-〇〇
HTML convert time to 0.005 sec.


〇-〇〇

Last-modified: 2018-01-12 (金) 17:12:31

なんJで定期的に立てられるスレで用いられる、選手たちへの呼称。

由来は謎定期化していた「T-岡田スレ」とその選手の名前をかけたもの。初出は後述のT-山田だが、T-倉本スレの定期化に伴い爆発的に見かけるようになった。

 

用法としては、上記の流行の一端となった横浜DeNAベイスターズ・倉本寿彦と同じように蔑称として用いられるパターンが多いので注意が必要である。


概要 Edit

オリックスバファローズ・岡田貴弘は2009年オフ、当時監督を務めていた岡田彰布により「名字が被ってややこしい」という理由から球団を挙げて公募、本名のイニシャルなどを捩ってT-岡田と登録名を変更した。
すると翌年には交流戦と7月の月間MVP、オールスター戦出場に本塁打王獲得と大ブレイク。その登録名のインパクトからか、後に東京ヤクルトスワローズへ入団する履正社高校の後輩・山田哲人も「T-山田」と呼ばれることが散見された*1

 

2017年になると「今日のT-倉本の守備wwwwwwwwwwwww」スレを発端とした倉本スレの乱発により呼称のブームが再燃、2016年終盤から続く不振にあえぐ山田に対し「T-山田」という呼称が再び使われるようになる。
以後は「〇(名前のイニシャル)-〇〇(苗字)」の様式で選手名を表現することがブームになっている。

さらに同年オフ、ドラフトでオリックスに鈴木康平が加入。チームの先輩に鈴木昂平がおり、姓名ともに読みが重なったため康平の登録名を「K-鈴木」に決定、公式な登録名では二人目となる「〇-〇〇」が誕生した。


一例 Edit

【基本パターン】

【以下は「名前イニシャル-名字」ではない特殊パターン】


関連項目 Edit



Tag: なんJ オリックス 横浜 ヤクルト






*1 その後は岡田の不振と山田の急成長により立場が入れ替わり、この時には下火になった。
*2 阪急時代からのオリックスファンで知られるお笑い芸人・岡田圭右(ますだおかだ)。