Top > 幕張の横断幕
HTML convert time to 0.003 sec.


幕張の横断幕

Last-modified: 2017-09-04 (月) 12:10:07

2009年に千葉マリンスタジアムで見られた、千葉ロッテマリーンズのフロントへの不満やチーム低迷が原因で掲げられた卑劣且つ過激な内容の横断幕のこと。


経緯 Edit

この年のロッテは前年シーズン終了後年越し前からボビー・バレンタイン監督の解任騒動*1が起こり、バレンタイン監督続投を求める一部ファンとフロントは一触即発の状況となる。

しかも4月には

  • ファンクラブ会員証で誤植(LOTTE→LOTE)
  • 米田容子球団副代表補佐の行動
  • 重光昭夫オーナー代行の「千葉のつまらないファン」発言
  • 「騒動が続けば千葉から移転する(要約)」という内容が含まれた幹部会議議事録の流出

という球団経営の裏側や、愚策とも思える「プレミアムシート」*2の登場がスポーツ紙などで報じられたのがきっかけとなり、一連の騒動に対するフロント上層部本人による謝罪を要求したフロント批判の横断幕が掲げられるも、しばらくして沈静化。

その後も監督・コーチ・選手ら現場の人間はフロントと応援団との板挟みに遭ってしまい、さらには主力の成績不振も相まって状況は悪化の一途を辿りフロントと応援団との対立は修復不可能に。そして、7月26日にバレンタイン監督の退任が発表され9月にBクラスが確定すると、外野席でフロント批判などの過激な内容の横断幕が掲げられるようになる。
この状況を憂慮した選手たちの代表として、同年9月26日のオリックスバファローズ戦(千葉マリンスタジアム)後のヒーローインタビューにて西岡剛が横断幕の自粛を要求。

しかし今度は矛先が西岡へと向けられ*3、翌日以降には応援拒否・批判の横断幕など反発行動に出た応援団は「過激派と穏健派のロッテファン同士で内輪揉め」という事態にまで発展していく。

 

これら一部ファンの言動はロッテ側だけでなく他11球団のファンからも批判を浴び、後に「主犯」の団体である「Marines Victory Productions(MVP)」は解散、首謀者数名は球場からの永久追放処分となった*4


主な内容 Edit

瀬戸山隆三球団代表、石川晃球団副代表、米田容子球団副代表補佐(全員肩書きは2009年シーズン終了時点)など、当時の球団幹部に関する部分は大幅にカット。ちなみに瀬戸山氏は生卵事件当時の福岡ダイエーホークス球団代表であり、退任を求める横断幕が掲げられたのは2回目である。

  • 球史に残る迷フロントよ 千葉を去れ!
  • フロントよマリーンズ愛はあるか
  • 瀬戸山・米田・石川全員死刑
  • 西村さん 3塁コーチもできずに監督ですか
  • よっ!偽善者www
  • 西岡剛の正直しんどい*5
  • 今日も狙って!!*6
  • フロントは僕らの夢を壊しました
  • 二日酔いで試合サボり夢を語るスピードスター*7
  • 祝110本安打達成(笑)*8
  • 瀬戸山さん、石川さん つまらないシーズンありがとう!!
  • ジーターの後継者(爆)


参考動画 Edit

Error: Flash Player Cannot Installed.


関連項目 Edit



Tag: ロッテ






*1 ちなみに1995年の第1次政権時にも勃発、今回が2度目。当時は広岡達朗GMと江尻亮監督が退任している。
*2 プレミアムシートには大型テレビ・Wii・ビールサーバーが置かれており、球団関係者も「ゲームに飽きたらWiiをしたりそれぞれの使い方で楽しんでほしい」と発言したものの「自分たちの商売を何だと思っているのか」という批判が殺到、自らの首を締める材料となった。
*3 彼らは西岡の言動や行動にかねてからヘイトを溜め込んでいてそれがこの時の発言で爆発したとも
*4 その後、MVPは社会人野球「東京メッツ」の応援団を務めている模様。なお、2015年に球団と和解(この際批判された球団幹部は2013年に失脚)したことや西岡がMLBを経て阪神に移籍したこともあって少しずつであるが戻り始めている。
*5 当時放送されていた「堂本剛の正直しんどい」(テレビ朝日系)を捩ったと思われる。なお、西岡自身がMLB移籍後に散々な成績だったせいかスレタイになることもある。
*6 前日の試合で放ったライトスタンドへの本塁打について「横断幕を狙って打った」という西岡の発言を揶揄したもの。また2014年日本シリーズで西岡がやらかした時にもネタに使われた。
*7 当時、西岡自身やチームの成績不振で自棄になっているところをMVP関係者に目撃されたためと思われる。
*8 西岡がシーズン200安打を目標としていたことを皮肉ったもの。