Top > 33-4
HTML convert time to 0.003 sec.


33-4

Last-modified: 2017-06-18 (日) 14:55:02

2005年日本シリーズにおける、阪神タイガースと千葉ロッテマリーンズの総得点数のこと。


概要 Edit

日本シリーズ初戦(千葉マリンスタジアム)の濃霧による7回コールド(白い霧事件)に始まり、3試合連続の2桁失点やロッテのスイープなど阪神にとっては「黒歴史」と言えるほど散々な日本シリーズであったため、主に阪神をネタにする意味でこの数字が使われるようになった。
阪神ファンにとっては受け入れがたい敗戦で「2005年の日本シリーズは中止になった」という都市伝説まで流布されている模様。また、交流戦では互角だったものの最小の4戦で終戦という期待はずれの結果に、ファンだけではなく関係者も悪夢を見せられてしまった。

なお阪神と全く関係ないスレで「334」の絡む数字が使われた際は「なんでや!阪神関係ないやろ!」とレスを返すのがお約束である。

 

近年は阪神ファン自身も自虐的に使うような機会が増えたためか、煽り目的だった当初の意味合いは薄れている。


スコア Edit

阪神回戦(会場)ロッテ
1第1戦(千葉マリン)*110
0第2戦(千葉マリン)10
1第3戦(甲子園)10
2第4戦(甲子園)3
4総スコア33

余談 Edit

このシリーズが始まる約1ヶ月半ほど前、阪神は広島東洋カープとの3連戦に3-1・21-2・10-0のスコアで3連勝し「34-3」を完成させている。
これが後のフラグだったのか不明だが、「3」「3」「4」の数字の組み合わせからは逃れられなかったのかもしれない

また、第3戦終了後には「弱点発見 ロッテは10点しか取れない」というスレが立ったようである。


関連項目 Edit



Tag: 阪神 ロッテ






*1 冒頭の理由から7回一死でコールド。