Top > バフ類は加算or乗算?

バフ類は加算or乗算?

Last-modified: 2017-09-18 (月) 22:51:32
 
 

テーマ Edit

バフやデバフの効果は加算なのか乗算なのか

調査 Edit

 

※前提知識:与ダメージに乱数は存在しない

同種別グループのバフ Edit

装備による属性補正(ダメージカット)を0にして、以下の3点で比較する
.丱嫐気
▲潺肇薀淵ぅ張好僉璽(物理被ダメージ30%DOWN、Dグループ)
ミトラナイツスパーダ+スチールファルス(物理被ダメージ50%DOWN、Bグループ)

 

全てでペフンの叩きつけ攻撃を受けたところ、被ダメージは次の表のようになった

構成被ダメージ
1021
715
204
 

を見て分かるように、ミトラナイツスパーダとスチールファルスの効果は加算されて80%DOWNになっている
(乗算だと1021*0.7*0.5=357になっている)
ゆえに同種(物理被ダメージDOWN)のバフはグループが異なっても加算処理すると言える

 

背水剣で物理与ダメージ+200%された剣術士に対してミトラアルクの+30%を上乗せしても、
300%(背水剣) → 330%(背水剣+ミトラアルク)であり、ミトラアルクは10%分の寄与しかない。
背水剣が主要なダメージソースとなっている剣術士は、弓術士のバフと相性が悪いといえる。

属性補正 Edit

次は属性補正(装備の%カット)について調べる
先の調査からなるべくステータスへの影響が小さいようにして闇耐性10%を構成し、以下の2点で比較を行う
.丱嫐気
▲好繊璽襯侫.襯(物理被ダメージ50%DOWN、Bグループ)

 

全てでペフンの叩きつけ攻撃を受けたところ、被ダメージは次の表のようになった

構成被ダメージ
910
455
 

今回の,鮴茲劉,犯羈咾垢襪箸ちんと10%カットが反映されていることが判る
また、△鮓ると50%DOWNバフはそこに乗算されていることも分かる
(加算だと1021*0.4=408になっている)
ゆえに属性補正とバフ類は乗算処理されていると言える

別種バフと属性相性 Edit

最後に以下の3点で有利属性ウッドボウによるダメージ検証を行った
.丱嬶猝気
▲潺肇薀▲襯(物理与ダメージ30%UP)
ミトラアルク+スチールアロー(物理被ダメージ10%UP)

 

与ダメージは次の表のようになった

構成与ダメージ
700
910
1001
 

これにより別種のバフ類(自与ダメージUPと敵被ダメージUPなど)は乗算処理されていることが判る
(加算処理だと700*1.4=980となるので)
また、バフ効果が乗算で計算が合うことから属性相性も乗算処理であることが判る
(加算処理を行っていると計算結果がずれる)

結論 Edit

以上から
基本ダメージ×属性相性×属性%補正×(同種バフ+同種バフ+……)×(異種バフ+異種バフ+……)=与ダメージ被ダメージ
という補正計算式であると推察される
これにより被ダメへの重ね掛けは効果が薄く、与ダメへの重ね掛けは効果が大きいものになる
(ケース´△鮖仮函30%属性補正は装備欄を1属性で染めること)

 

ケース 被ダメへの影響 Edit

基本ダメージを5000と仮定すると、

  • 80%カットバフのみで5000*0.2=1000
  • 80%カットバフと30%属性補正で5000*0.2*0.7=700 ←5000の6%の300しか減っていない
  • 80%カットバフと30%属性補正と20%敵デバフで5000*0.2*0.7*0.8=560 ←5000の5%弱、1000の42%しか減っていない(20%と30%で1000の50%減とはならない)
 

ケース◆与ダメへの影響 Edit

基本ダメージを5000と仮定すると、

  • 50%自バフのみで5000*1.5=7500
  • 50%自バフと30%属性補正で5000*1.5*1.3=9750 ←加算だと9000
  • 50%自バフと30%属性補正と10%敵デバフで5000*1.5*1.3*1.1=10725 ←加算だと9500

参考資料 Edit