Top > 剣術士の立ち回り

剣術士の立ち回り

Last-modified: 2018-01-02 (火) 21:31:01

基本的な戦い方 Edit

  • ボス戦では、ボス敵に与えるダメージを最大化するように動こう。
  • 中途半端な耐久性よりも、火力に特化した方が役に立てる場合が多い。敵からの攻撃を耐えるのは味方の護術士に任せよう。
    • ボス敵の攻撃の中には即死級のダメージなものも多い。与えるダメージを最大化するために、そういった攻撃をきちんと躱すようにしよう。
  • 敵の攻撃を受ける時は後列で。
    • 剣術士はクリスタルイーター(背水の剣)の特性上、前列で攻撃を食らうと瀕死・即死に追い込まれやすい。敵の全体攻撃はストーンエッジなどで後列へ移動して受け、生き延びて一撃を叩きこもう。

基本的なデッキ例 Edit

※は光属性なし

 

光染めの時に効果的にDPSを稼げる構成。
2本目のストーンエッジは予備用。頻繁に下がる必要がない場合は好きなものを。
咄嗟に後退できる手段を3つ確保しておくと回避に困らず安定する。

 

動き方 Edit

  • 相手の動きに合わせてストーンを挟み、後列移動で被ダメージを抑えながらストーンによる背水の延長を利用し攻撃を入れるようにする。
    ※クリスタル使用前、使用後にストーンを挟む必要があるかどうかを判断するのがベター
  • DPS優先の行動例は(ミトラスキル5以上が必要)、
    ブロンズ→クリスタル→ミトラ→クリスタル→ホーリー→クリスタル→ミトラ→ブロンズ→ホーリー→クリスタル→龍人化ミトラ

コンボ Edit

 

クリスタルイーター → ミトラクレイモア

クリスタルイーターで次の攻撃の威力が3倍になるので、最大火力であるミトラクレイモアに繋げる。このコンボをベースとして戦っていこう。

 

ブロンズソード → クリスタルイーター → ミトラクレイモア

ブロンズソードのデバフが25秒間持続するため、そのまま「クリスタルイーター → ミトラクレイモア」のコンボに繋げることができる。

 

ストーンエッジ → 攻撃 → ストーンエッジ

ヒットアンドアウェイ戦法。ストーンエッジが2つ必要。範囲攻撃が多いボス戦や自身のヘイトが高い時に有効。

 

クリスタルイーター → ストーンエッジ → 攻撃

ダメージ効率は落ちるが、3倍バフを延長しつつデバフと被ダメージを軽減できる。クリスタルイーター使用後に攻撃が来る場合や龍人化ゲージの計算間違いのときなどに。

 

クリスタルイーター → フォーリアフリング → 攻撃

クリスタルイーターでの威力3倍効果を維持しながらクリティカル率UPを得ることができ、更に後列に下がるため一時的に被弾を抑える事もできる。敵からの攻撃にタイミングを合わせて運用しよう。

特殊な戦い方 Edit

上級者向けの立ち回り。基本の動きや仕様を理解して、有効な場合にのみ使うこと。

背水バフ常時維持 Edit

概要 Edit

  • 背水バフを常時維持できるよう、延長効果のある武器を使っていく。
  • 背水のデバフが切れるため、耐久力が向上する一方、ブロンズ等のデバフが入れられないため弓術士のバフが期待できない場合はDPSが低下する。

コンボ Edit

 
...

コメント Edit

コメントはありません。 コメント/剣術士の立ち回り?

コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White