HTML convert time to 0.002 sec.


ヘルプ日本語訳/Events

Last-modified: 2010-10-05 (火) 19:16:45

ヘルプ日本語訳 > The objects > The common properties > Events

 

The Events Properties Edit

イベントプロパティ

 

イベントプロパティは、Multimedia Fusion 2 Developer の2つの重要な機能を制御します。:オブジェクトグループとオブジェクトイベント。

 

オブジェクトグループ
オブジェクトグループは、複数のオブジェクトに適用することができる小さいアイコンと名前です。たとえば、"悪い"オブジェクトグループは、それらが別のオブジェクトである場合でも、すべてをゲームの敵として適用することができます。それらはすべて"悪い"オブジェクトグループを持つことができます。イベントエディタでは、オブジェクトグループは、オブジェクトのリストに表示されます。オブジェクトグループはオブジェクトと同じように使用することが出来ます。あなたは今すべての悪役に多くの同じイベントをプログラミングするのを簡素化する方法を理解しました。アクションまたは条件をそれぞれの悪役に入力することは、代わりに単純に"悪い"オブジェクトグループを使用すれば1行で行われます。

 

オブジェクトグループダイアログボックスはシンプルです:「追加」ボタンをクリックして、利用可能なグループのリスト内のグループを選択してください。グループを削除するには、グループを選択して「削除」を押します。

 

オブジェクトイベント
オブジェクトイベントはオブジェクト固有のイベントリストです。プロパテイで「編集」ボタンを使用するとイベントのリストを編集したり、新しいイベントエディタを開くことができます。エディタにはそのオブジェクトだけがリストされています。あなたは「新しいオブジェクトをインポート」ボタンで新しいオブジェクトをインポートできます。あなたはいつも通りにイベントを定義できます。
オブジェクトイベントの大きな利点は、イベントは、オブジェクトのプロパティに統合されているということです:それはあなたがオブジェクトをコピーする場合、同時にオブジェクトイベントもコピーされることを意味します。
例:クリックすることができるボタンを作成します。ボタンを押したときにクリック音を再生するオブジェクトイベントを作成します。そしてこのオブジェクトを別のフレームにコピーするとそれを押したときクリック音は自動的に再生されます。

 

(原文)The Events Properties Edit

The Events properties control two important features of Multimedia Fusion 2 Developer : the qualifiers and the behaviors.

 

Qualifiers
A qualifier is a small icon and a name, that can be applied to several objects. For example, the "Bad" qualifier can be applied to all of your enemies in a game, even if they are different objects. They all can have the "Bad" qualifier. Under the event editor, the qualifier will appear in the list of objects. You can use the qualifier as you would do for any object. You now understand that it simplifies a lot programming the same event for all the baddies : instead of entering the action or condition for each of the bad guys, you simple use the qualifier "Bad" and everything is done in one line.

 

The qualifier dialog box is simple : click on the Add button to choose a qualifier in the list of available qualifiers. Select a qualifier and press Delete to remove one qualifier.

 

Behaviors.
Behaviors are a list of events, specific to the object. Using the Edit button in this property, you can open a new event editor to edit this list of events. Your object will be the only one listed. You can import new objects with the "Import object" button. You define your events as usual.
The great advantages of the behaviors is that the events are integrated in the object's properties : it means that if you copy the object, the behaviors will be copied at the same time.
Example : you create a button that makes a click. Create a behavior that plays the sound "click" when you press the button. Then if you copy this object to another frame, it will click automatically when pressed.