HTML convert time to 0.004 sec.


ヘルプ日本語訳/The Backdrop Object/Properties

Last-modified: 2010-10-12 (火) 08:29:13

ヘルプ日本語訳 > The objects > Inventory > The Backdrop Object > Properties

 

プロパティ Edit

背景オブジェクトにだけ含まれるいくつかのプロパティがあります.

  • 設定/イメージ
    「編集」ボタンをクリックするとピクチャエディタが開き,オブジェクトを描けます.

背景オブジェクトは,ランタイムオプションフォルダに別の重要なプロパティが含まれています.

  • 障害物の種類
    このプロパティは,アプリケーション実行時にオブジェクトが障害物かどうかを示します.障害物の種類は次の4つです.
  • なし
    オブジェクトは障害物ではありません.すべてのオブジェクトが自由に通り抜けできます.
  • 障害物
    オブジェクトは障害物です.オブジェクトがこの背景オブジェクトに接触したとき衝突が発生します.イベントエディタの条件でこの衝突を検出できます.
  • 下からすり抜けられる障害物
    このオプションはジャンプとはしご動作でのみ使われます.ジャンプとはしご動作のオブジェクトがこの背景オブジェクトに接触した場合,衝突が発生します.衝突はオブジェクトがジャンプ中ではないとき検出されます.これによりオブジェクトをある壇から別の壇へジャンプで登らせることができます.
  • はしご
    このオプションもジャンプとはしご動作でのみ使われます.このオプションを設定した場合,背景オブジェクトははしごとして作用します.キャラクターはこの背景オブジェクトを登れるようになります.

(原文)Properties Edit

The backdrop object only contains a limited number of properties.

Settings / Image
Click on the EDIT button to open the picture editor, and draw you object.

The Backdrop object contains another important property located in the Runtime Options folder :

Obstacle type
This property indicates if your object is an obstacle when your application is running. It contains 4 settings :

  • None : the object is not an obstacle, all the objects can go through it freely.
  • Obstacle : the object is an obstacle, a collision will be generated when an object collides with it. You can detect this collision with a condition in the event editor.
  • Platform : this option is only used with the platform movement. If an object with a platform movement collides with the backdrop object, a collision will be generated. Collisions will be detected unless the object is jumping : this allows the object to climb from one platform to another by jumping.
  • Ladder : this option too is only used with the platform movement. If this property is set, the backdrop object will react as a ladder : the character will be able to climb the object.