HTML convert time to 0.002 sec.


ヘルプ日本語訳/The Sound Object/Description

Last-modified: 2010-12-21 (火) 17:07:46

ヘルプ日本語訳 > The objects > Inventory > The Sound Object > Description

 

説明 Edit

サウンドオブジェクトは、Multimedia Fusion 2 Developer 製のアプリケーションにいろいろな音声ファイルを再生させることができます。使用できる音声フォーマットは、Multimedia Fusion 2 Developerのバージョンとインストールされているサウンドフィルタに依存します。.WAVファイル、.MODファイルと .MIDファイルはどのバージョンのMultimedia Fusion 2 Developerでも使用できます。このオブジェクトはサウンド(効果音)と音楽を、再生、停止、繰り返し再生させることができます。また、「サウンド」オブジェクトはサウンドや音楽が再生されていないことを検出でき、特定の効果音が終了したときにアクションを引き起こすことができます。このオブジェクトは常に有効であり、音声を再生するためにフレームにオブジェクトを追加する必要はありません。

 

サウンドオブジェクトのアクション「サウンドを再生」や「音楽を再生」で再生される音声は、アプリケーションファイルに集約され、あなたはそれらの音声ファイルをアプリケーションに同梱する必要はありません。「サウンドファイルを再生」や「音楽ファイルを再生」で再生される音声は、アプリケーションに埋め込まれず、スタンドアロンアプリケーションと同梱させる必要があります。

 

サウンドオブジェクトはシステムオブジェクトであり、イベントエディタでのみ有効です。

(原文)Description Edit

The Sound object plays different sound files in your Multimedia Fusion 2 Developer applications. The formats supported depend on your version of Multimedia Fusion 2 Developer and on the sound filters installed. All the versions of Multimedia Fusion 2 Developer support at least .WAV, .MOD and .MID files. Samples and music can be started, stopped, and looped using this object. The Sound object can also detect if a sound or music is not playing, should you want to trigger an action at the end of a particular sound effect. It is always available so you don't need to add an object to a frame to play sounds.

 

The sounds played by the Play Sample and Play Music actions of the Sound object are integrated into the application's file, you do not need to redistribute them with your application. The sounds played by the Play Sample File and Play Music File actions are not embedded into your application and should be redistributed with your stand-alone application.

 

The Sound object is a system object : it is only available in the event editor.