Top > ヘルプ日本語訳 > The frame properties
HTML convert time to 0.004 sec.


ヘルプ日本語訳/The frame properties

Last-modified: 2010-10-13 (水) 04:23:10

ヘルプ日本語訳 > The propaties > The frame properties

 

The Frame Properties Edit

フレームプロパティ

 

フレームはMultimedia Fusion 2 Developerのオプジェクトト同じようなプロパティを持っています。それらは、このページに記載されています:

 

設定
設定フォルダにはフレームの基本プロパテイが含まれています。

 
  • サイズ
    フレームのサイズをピクセル単位で入力します。警告、フレームのサイズとアプリケーションウインドウのサイズを混同しないでください。フレームのサイズはキャラクターが動く地面の実際のサイズです。
  • 仮想の幅
    広大なスクロールゲームにおいて非常に有用です。フレームの仮想の幅を定義できます。広い仮想の幅を使用すると、フレームサイズよりも広い表面をスクロールすることが出来ます。レイヤーにおいてループオプションを選択した場合は、フレームの実際の幅に達した時にそのレイヤーの背景は自動的にループします。例えば、640x480のフレームサイズと10000の仮想の幅は、プレイヤーのスクロールを右の座標10000まで有効にします。-1と入力した場合は、スクロールは半無限大となります。
  • 仮想の高さ
    垂直方向において上記と同じです。
  • 背景色
    フレームの背景色を選択できます。
  • パレット
    編集ボタンでフレームの256色パレットを編集するボックスが開きます。このパレットはあなたのアプリケーションが256色の場合か、またはトゥルーカラーのアプリケーションを256色環境で実行した場合に使用されます。すべての色はこのパレットの色を使用して置き換わります。
  • トランジション
    • フェードイン
    • フェードアウト
  • デモ録画
    • デモファイル
      キー入力やマウスの動きを記録するのデモファイルの名前を指定します。
    • デモを録画
      フレームが実行されるとすべてのキー押下とマウスの動きはファイルに記録されます。このファイルはストーリーボードオブジェクトのデモファイルを再生アクションを使用して後でリプレイすることができます。
 

ランタイムオプション
ランタイムオプションフォルダにはフレーム実行時に使用される設定が含まれています。

 
  • 開始時にデスクトップをキャプチャ
    このオプションが選択されている場合、フレームの背景はデスクトップのスナップショットになります。あなたはこのオプションを使用して透明なスクリーンセーバーを作ることが出来ます。
  • 前のフレームから表示を継続
    このオプションがチェックされている場合フレームの背景は前のフレームの最後を表示します。
  • 表示領域外の背景衝突も処理
    あなたが広いプレイフィールドのスクロールゲームを作る場合は、このオプションのチェックを必要とするかもしれません。背景との衝突はウインドウよりはるか遠くでも処理されます。
  • タイトルバーにフレームタイトルを表示
    このオプションをチェックするとウインドウのキャプション領域にフレームタイトルが表示されます。
  • 開始時に画面サイズ変更
    このオプションが選択されている場合は、フレームは画面解像度にリサイズされます。スクリーンセーバーやサイズ変更が可能なアプリケーションに最適です。
  • ディスプレイサーフェスなし
    フレームがWindowsのコントロール(ボタン、チェックマーク、リストボックスなど)のみで構成されている場合は、このオプションをチェックすることによって、実行時にメモリを節約することができます:表示しない面(グラフィックオブジェクトを表示することは不可能)が作成されますが、Windowsのコントロールは正常に動作します。
  • すべてのオブジェクトに呼び出し時にロードオプションを適用
    呼び出し時にロードオプションはアプリケーションがオブジェクトが使用される時にだけデータをロードするように関連付けるものです。このオプションは、複数の巨大なオブジェクトを持っている場合に便利です:使用中のオブジェクトのみがロードされます。
  • スクリーンセーバー設定フレーム
    あなたがスクリーンセーバーを作成している場合は、このマークをチェックすると、現在のフレームは、スクリーンセーバーのセットアップフレームとして使用されます:これはユーザーがスクリーンセーバーのコントロールパネルの設定オプションを選択すると自動的に開かれます。
  • タイマーベース動作
  • タイマーベースの動作
  • オブジェクトの数
    このラインにフレームの最大オブジェクト数を100から20000の間で入力してください。当然20000個のオブジェクトは100個より遅くなります。
  • パスワード
    各フレームにはパスワードを含めることが出来ます。このパスワードは、実行時に役に立つでしょう:ユーザーはメニューの「パスワード」コマンドを選択した後にパスワードを入力して、アプリケーションの特定のフレームに直接ジャンプすることができます。
 

バージョン情報

 
  • 名前
    ここにフレームの名前を入力します。

(原文)The Frame Properties Edit

As every object in Multimedia Fusion 2 Developer, the frame has properties. They are listed in this page :

 

Settings folder
The settings folder contains the basic properties of the frame.

 
  • Size
    Enter the size of your frame, in pixels. Warning, do not confuse the size of the frame and the size of the application window : the size of the frame is the actual size of the ground where your characters will move.
  • Virtual Width
    Very useful for huge scrolling games: defines the virtual width of the frame. A large virtual width allows you to scroll on a large surface, larger than the frame itself. If the Wrap option is selected in a layer, the background of this layer will wrap automatically when it reaches the real width of the frame. For example, a frame size of 640x480 and a virtual width of 10000 will enable the player to scroll up to the position 10000 on the right without being stopped. If you enter -1 in this field the scrolling is quasi-infinite.
  • Virtual Height
    Same as above, vertically.
  • Background color
    Allows you to choose the background color of the frame.
  • Palette
    The edit button opens a box to edit the 256-color palette of your frame. This palette is used either if your application is in 256 colors, or when you launch your true-color application under a 256-color Windows : all the colors will be remapped using this color palette.
  • Transitions
    • Fade in
      Defines the fade in transition of the frame : the effect used to make the frame appear. Click on the Edit button to open the transition setup box.
    • Fade out
      Defines the fade out transition of the frame : the effect used to make the frame disappear. Click on the Edit button to open the transition setup box.
  • Demo recording
    • Demo file
      Indicates the name of the demo file in which to record the keypresses and mouse movements.
    • Record demo
      Launches the frame, recording all the key pressed and mouse movement in the given file. This file can be later replayed with the Play demo file action of the Storyboard object.
 

Runtime options folder
The runtime option folder contains settings used by the runtime for this frame.

 
  • Grab desktop at start
    If this option is selected, the background of the frame will be a snapshot of the desktop. You can use this option to make transparent screen-savers.
  • Keep display from previous frame
    If this option is checked, the background of the frame will be the display left by the previous frame.
  • Handle background collisions even out of window
    If you make a scrolling game with a large playfield, you might want to check this option : the collisions with the background will be handled even far from the window.
  • Display frame title in window caption
    Check this option and the frame title will be displayed in the caption area of the window.
  • Resize to screen size at start
    If this option is selected, the frame will be resized to the size of the screen, for example 1024x768 if your screen is in that resolution. Useful for example for screen savers or for resizable applications.
  • No display surface
    If your frame consists of only Windows controls (like buttons, checkmarks, list boxes) you can save memory at runtime by checking this option: no display surface will be created (making impossible to display graphic objects), but Windows controls will work fine.
  • Force load on call option for all objects
    The load on call option is an option that makes the application load the data relative to one object only when it is used. This option is useful if you have multiple big objects : only the objects in use will be loaded.
  • Screen saver setup frame
    If you are creating a screen saver, check this mark and the current frame will be used as the setup frame of your screen saver: it will be automatically opened when the user chooses the Setup option in the screen saver control panel.
  • Timer-based movements
    When this option is selected, the movement and animation speed of the objects in this frame is based on the exact time difference, making it independent from the machine speed. Note: for compatibility reasons, this option is not selected by default in frames of old applications. If this option is not selected, the speed is based on a frame count, less precise.
  • Movement timer base
    Value (frames per second) of the timer on which movements are based when the Timer-based Movements option is selected. It allows you to define the frame rate of the movements and animations independently from the frame rate of the application.
  • Number of objects
    Enter in this line the maximum number of objects of the frame. From 100 to 20000. Of course, 20000 objects will be slower than 100.
  • Password
    Each frame can contain a password. This password will be useful in runtime : the user can directly jump to a specific frame of the application by entering the password after selecting the Password command in the menu.
 

About folder

 
  • Name
    Enter the name of the frame here.