Top > モンスター
HTML convert time to 0.237 sec.


モンスター

Last-modified: 2017-03-29 (水) 06:25:12

目次

概要 Edit

  • モンスターハンターというゲームを成り立たせる不可欠の要素。
    ハンターが狩猟する対象となる生き物で、「モンスターハンター」の世界観を形作る大きな存在。

モンスターについて Edit

  • ゲームシステム上の扱いや身体の大きさの違い等から、
    小型モンスター」「中型モンスター」「大型モンスター」「超大型モンスター
    と言った区分けがされている。
    それぞれの区分けの詳細についてはリンク先を参照してほしい。
小型モンスター
主に群れを成して生活している、比較的小さな身体のモンスターのこと。
ハンターにとっては雑魚そのものだが、一般人にとっては脅威だったり生活に欠かせない存在だったり。
中型モンスター
小型モンスターより明らかに大柄で強力だが、
大型モンスターより明らかに小柄で非力という、文字通りの中間的存在。半公式の俗称である。
特定の小型モンスター達のボスである場合も多い。
サイズ変動、部位破壊、シビレ罠にかかるなど、大型モンスターに近い生態を持つ。
大型モンスター
狩猟の主な対象となる、人間より遥かに大きな体躯を誇るモンスターのこと。
尚、例外として中型並の体躯でありながら大型に属するモンスターもばかり存在する。
超大型モンスター
大型モンスターすら越える体躯が特徴。その巨躯故に正確な大きさは測れない。
また体躯だけで無く力も圧倒的で、その殆どが天災クラスの力を持っている。

モンスターの種族 Edit

  • 現時点でその存在が確認されている種族は「魚類」「草食種」「獣人種」「甲虫種」「甲殻種」「牙獣種」
    「鳥竜種」「魚竜種」 「飛竜種」「海竜種」「獣竜種」「牙竜種」「両生種」「鋏角種」「蛇竜種」
    「古龍種」の16種。
    「分類不明」は公式に存在する種族ではなく、公式から声明が出されていないものや、
    生態や特徴の関係で(現時点では)明確に分類しがたい生物などが所属する。
    種族についての詳しい説明は、節の見出しをクリック。

魚類 Edit

  モンスター名  別名初登場作品
アロワナ-MH3
カツオ-
クラゲ-
サメ古代鮫
ナマズ-
マンボウ-

草食種 Edit

  モンスター名  別名初登場作品
アプトノス-MH
ケルビ-MH
モス-MH
アプケロス-MH
ガウシカ-MH2
ポポ-MH2
エピオス-MH3
リノプロス草食竜MH3
ズワロポス垂皮竜MHP3
ムーファ雲羊鹿MHX
リモセトス首鳴竜MHX
エルペ-MHF-シーズン9.0
ブルック-MHF-シーズン9.0

獣人種 Edit

  モンスター名  別名初登場作品
アイルー(猫、ネコ)*1MH
メラルーMH
チャチャブー奇面族MH2
キングチャチャブー奇面王
ウルキー-MHF-GG

甲虫種 Edit

  モンスター名  別名初登場作品
ランゴスタ-MH
カンタロス-MH
大雷光虫-MH2
クイーンランゴスタ女王虫MHP2G
オルタロス甲虫MH3
ブナハブラ飛甲虫MH3
クンチュウ盾虫MH4
アルセルタス徹甲虫MH4
アルセルタス亜種斧甲虫MH4G
ゲネル・セルタス重甲虫MH4
ゲネル・セルタス亜種砲甲虫MH4G
アトラル・カ閣螳螂MHXX
紫光虫-MHF-フォワード.2
大蝕龍蟲-MHST

甲殻種 Edit

  モンスター名  別名初登場作品
ヤオザミ盾蟹MH2
ダイミョウザザミMH2
矛砕ダイミョウザザミMHX
ダイミョウザザミ亜種盾蟹・紫盾蟹MHP2G
ガミザミ鎌蟹MH2
ショウグンギザミMH2
鎧裂ショウグンギザミMHXX
ショウグンギザミ亜種MHP2G
シェンガオレン砦蟹MH2
アクラ・ヴァシム尾晶蠍MHF-シーズン3.0
アクラ・ジェビア灰晶蠍MHF-シーズン3.5
タイクンザムザ多殻蟹MHF-フォワード.3
クスバミ-MHF-G8

牙獣種 Edit

  モンスター名  別名初登場作品
ブルファンゴ-MH
ドスファンゴ大猪MH2
コンガ-MH2
ババコンガ桃毛獣MH2
ババコンガ亜種緑毛獣MHP2G
ブランゴ-MH2
ドドブランゴ雪獅子MH2
ドドブランゴ亜種砂獅子MHP2G
ラージャン
ラージャン(派生作品)
金獅子MH2
激昂したラージャンMHP2G
アオアシラ青熊獣MHP3
紅兜アオアシラMHX
ウルクスス白兎獣MHP3
大雪主ウルクススMHX
ラングロトラ赤甲獣MHP3
ケチャワチャ奇猿狐MH4
ケチャワチャ亜種白猿狐MH4G
ガムート巨獣MHX
銀嶺ガムートMHXX
カム・オルガロン響狼(雄響狼)MHF-シーズン6.0
ノノ・オルガロン響狼(雌響狼)
ゴゴモア跳緋獣MHF-フォワード.2
ココモア
ミドガロン爆狼MHF-G1
ロロ・ゴウガルフ赤闘獣MHF-G2
レイ・ゴウガルフ青闘獣
ヴォージャン紅蓮獅子MHF-G10.1

鳥竜種 Edit

モンスター名別名初登場作品
ランポス-MH
ドスランポス
ゲネポス-MH
ドスゲネポス
イーオス-MH
ドスイーオス
イャンクック怪鳥MH
イャンクック亜種青怪鳥MHG
ゲリョス毒怪鳥MH
ゲリョス亜種毒怪鳥(紫毒鳥)*2MHG
イャンガルルガ黒狼鳥MHP(MHP2G)*3
傷ついたイャンガルルガ*4MHP2G
隻眼イャンガルルガMHX
ギアノス-MHG
ドスギアノスMHP2
ジャギィ狗竜MH3
ジャギィノス
ドスジャギィ
バギィ眠狗竜MH3
ドスバギィ
クルペッコ彩鳥MH3
クルペッコ亜種紅彩鳥MHP3
ガーグァ丸鳥MHP3
フロギィ毒狗竜MHP3
ドスフロギィ
マッカォ跳狗竜MHX
ドスマッカォ
ホロロホルル夜鳥MHX
朧隠ホロロホルルMHXX
ヒプノック眠鳥MHF-シーズン1.0
ヒプノック繁殖期蒼眠鳥MHF-シーズン1.5
ヒプノック希少種蒼白眠鳥MHF-シーズン3.0
ファルノック傾雷鳥MHF-G1
フォロクルル華鳳鳥MHF-GG
トリドクレス照雷鳥MHF-G9
アピポス(不明)MHXR
ドスアピポス

飛竜種 Edit

  モンスター名  別名初登場作品
リオレウス
リオレウス(派生作品)
火竜MH
黒炎王リオレウスMHX
リオレウス亜種蒼火竜MHG
リオレウス希少種銀火竜MHG
リオレイア雌火竜MH
紫毒姫リオレイアMHX
リオレイア亜種桜火竜MHG
リオレイア希少種金火竜MHG
バサルモス岩竜MH
バサルモス亜種*5桃岩竜MH4
グラビモス鎧竜MH
グラビモス亜種黒鎧竜MHG
フルフル(白影)*6MH
フルフル亜種(赤影)MHG
モノブロス一角竜MH
モノブロス亜種白一角竜MHG
ディアブロス
ディアブロス(派生作品)
角竜MH
鏖魔ディアブロスMHXX
ディアブロス亜種黒角竜MHG
ガブラス蛇竜*7MH2
ティガレックス
ティガレックス(派生作品)
轟竜MHP2
荒鉤爪ティガレックスMHX
ティガレックス亜種黒轟竜MHP3
ティガレックス希少種大轟竜MH4
アカムトルム覇竜MHP2
ナルガクルガ
ナルガクルガ(派生作品)
迅竜MHP2G
白疾風ナルガクルガMHX
ナルガクルガ亜種緑迅竜MHP3
ナルガクルガ希少種月迅竜MH3G
ウカムルバス崩竜MHP2G
ギィギ-MH3
ギギネブラ毒怪竜MH3
ギギネブラ亜種電怪竜MHP3
ベリオロス氷牙竜MH3
ベリオロス亜種風牙竜MHP3
セルレギオス千刃竜MH4G
ライゼクス電竜MHX
青電主ライゼクスMHXX
エスピナス棘竜MHF-シーズン2.0
エスピナス亜種棘茶竜MHF-シーズン2.5
エスピナス希少種棘白竜MHF-シーズン5.5
ベルキュロス舞雷竜MHF-シーズン4.0
パリアプリア呑竜MHF-シーズン5.0
デュラガウア氷狐竜MHF-シーズン8.0
ドラギュロス冥雷竜MHF-シーズン8.5
グレンゼブル蛮竜MHF-シーズン9.0
UNKNOWN飛竜(刻竜)MHF-フォワード.1
オディバトラス弩岩竜MHF-フォワード.5
ヒュジキキ針纏竜MHF-G1
アノルパティス暴鋸竜MHF-G2
ゼルレウス輝界竜MHF-G3
メラギナス黒穿竜MHF-G3.2
ディオレックス雷轟竜MHF-GG
ポボルバルム創音竜MHF-G6
ヴァルサブロス炎角竜MHF-G6.1
グレアドモス水砦竜MHF-G7
エギュラス衛蛇竜MHF-G10
ゼナセリス裂水竜MHF-Z
  • ガブラスはMH4以降のメインシリーズでは蛇竜種に分類が変更されたが、
    後から設定が変更された経緯や、現行でもMHF-Gでは飛竜種として扱われている点から、
    当辞典では双方に併記する形をとっている。
  • UNKNOWNは飛竜骨格を持つにも関わらず、かつては公式で「分類不明」とされていたが、
    その後公式サイトにおいて「飛竜種」という紹介がなされ、名実ともに飛竜と言えるモンスターになった
    なお、UNKNOWNの別名は入手できる素材の名称によれば「飛竜」である*8

魚竜種 Edit

  モンスター名  別名初登場作品
ガレオス砂竜MH
ドスガレオス
ガノトトス水竜MH
ガノトトス亜種翠水竜MHG
デルクス-MH3
ヴォルガノス溶岩竜MHF-シーズン1.0
ヴォルガノス亜種紅溶岩竜MHF-シーズン1.5
アルガノス白銀魚竜MHF-フォワード.5
ゴルガノス黄金魚竜

海竜種 Edit

  モンスター名  別名初登場作品
ラギアクルス海竜MH3
ラギアクルス亜種白海竜MH3G
ラギアクルス希少種冥海竜MH3G
ルドロス水生獣MH3
ロアルドロス水獣MH3
ロアルドロス亜種紫水獣MHP3
チャナガブル灯魚竜MH3
ウロコトル溶岩獣MH3
アグナコトル炎戈竜MH3
アグナコトル亜種凍戈竜MHP3
ハプルボッカ潜口竜MHP3
タマミツネ泡狐竜MHX
天眼タマミツネMHXX
クアルセプス晶竜MHF-フォワード.4
ポカラ凍海獣MHF-G1
ポカラドン
バルラガル喰血竜MHF-G3

獣竜種 Edit

牙竜種 Edit

  モンスター名  別名初登場作品
ジンオウガ
ジンオウガ(派生作品)
雷狼竜MHP3
金雷公ジンオウガMHX
ジンオウガ亜種獄狼竜MH3G

両生種 Edit

  モンスター名  別名初登場作品
テツカブラ鬼蛙MH4
岩穿テツカブラMHX
テツカブラ亜種荒鬼蛙MH4G
スクアギル-MH4
ザボアザギル化け鮫MH4
ザボアザギル亜種虎鮫MH4G

鋏角種 Edit

  モンスター名  別名初登場作品
ネルスキュラ影蜘蛛MH4
ネルスキュラ亜種骸蜘蛛MH4G

蛇竜種 Edit

  モンスター名  別名初登場作品
ガブラス翼蛇竜*9MH2
ガララアジャラ絞蛇竜MH4
ガララアジャラ亜種水蛇竜MH4G

古龍種 Edit

  モンスター名  別名初登場作品
キリン幻獣MH
キリン亜種(不明)MH4
ラオシャンロン老山龍MH
ラオシャンロン亜種岩山龍MHG
クシャルダオラ鋼龍(風翔龍)MH2
錆びたクシャルダオラ錆鋼龍(風翔龍)
オオナズチ霞龍MH2
ナナ・テスカトリ炎妃龍MH2
テオ・テスカトル
テオ・テスカトル(派生作品)
炎王龍MH2
ヤマツカミ浮岳龍MH2
ナバルデウス大海龍MH3
ナバルデウス亜種皇海龍MH3G
ジエン・モーラン峯山龍MH3
ジエン・モーラン亜種霊山龍MH3G
アマツマガツチ嵐龍MHP3
シャガルマガラ天廻龍MH4
ダレン・モーラン豪山龍MH4
ダラ・アマデュラ蛇王龍MH4
ダラ・アマデュラ亜種蛇帝龍MH4G
ゴグマジオス巨戟龍MH4G
オストガロア骸龍MHX
バルファルク天彗龍MHXX
ルコディオラ極龍MHF-フォワード.1
シャンティエン天翔龍MHF-G1
レビディオラ雷極龍MHF-G2
ディスフィロア熾凍龍MHF-G2
イナガミ雅翁龍MHF-G5
ガルバダオラ金塵龍MHF-G5
ハルドメルグ司銀龍MHF-G7
ヤマクライ浮峰龍MHF-G8
トア・テスカトラ凍王龍MHF-G9.1
グァンゾルム帝征龍MHF-G10
ケオアルボル焔嶽龍MHF-Z
ネフ・ガルムド冥晶龍MHXR

禁忌のモンスター Edit

  モンスター名  別名初登場作品
(通常種/特殊個体)
ミラボレアス黒龍MH
ミラボレアス【紅龍】紅龍(黒龍)MHG/MH4G
ミラボレアス【祖龍】祖龍MH2
アルバトリオン煌黒龍MH3
グラン・ミラオス煉黒龍MH3G
  • 公式において徹底した情報規制がなされている、特別なモンスターたち。
    その名前は公式サイトはおろか公式ガイドブックや関係者のブログなどでも伏せられており、
    他のモンスターとは一線を画した存在である。
  • 現時点では上記5種のみが該当し、その何れもが古龍種に分類されるラスボスモンスターとなっている。

分類不明 Edit

  モンスター名  別名初登場作品
(通常種/特殊個体)
ゴア・マガラ黒蝕竜MH4
渾沌に呻くゴア・マガラMH4G
ラヴィエンテ大巌竜MHF-シーズン7.0/フォワード.1/G9
ミ・ル黒狐竜MHF-G2
ドゥレムディラ???MHF-G6
  • ゴア・マガラは古龍種に属するシャガルマガラの未成熟個体であり、
    ハンター大全など公式の書籍では「古龍」に分類されている。
    しかしながら、現在においてもゲーム上では正式な「古龍種」としては扱われておらず
    種族「???」と表記されている(システム上での扱いも古龍種とは異なる*10)。
  • ドゥレムディラはモンスター素材やモンスターリストなどが一切存在しない謎の存在であるため、
    その正式な別名は全く判明していないが、公式では『天廊の番人』という呼称を用いている。
    これが暫定的な別名にあたるが、「天廊の番人」という存在は一体だけとはとても言いきれないので、
    今後の展開によってはそれが大きく変化する可能性がある。
    なお、外見的な特徴(骨格)は古龍種であり、データ上においても実際に古龍種と扱われている*11

その他 Edit

  モンスター名  別名初登場作品備考
ギアレックス核竜MGSPW不明
ミオガルナ輝龍オラージュ古龍種?
ギルクゥザ骸竜飛竜種?
デルマイオス-飛竜種
ナコ・アグール氷爪獣牙獣種?
河狸獣-MHO牙獣種
砂狸獣-
金毛獣王-
鬼狩蛛-甲殻種
骸狩蛛-
砂雷鳥-鳥竜種
氷雷鳥-
呑淵竜-古龍種
星竜-分類不明
禍星竜-




*1 アイルーの関わる施設、コンテンツなどで用いられる俗称
*2 ゲーム内では基本的に通常種と同じ「毒怪鳥」が別名として用いられているが、一部のシリーズやテキスト内では「紫毒鳥」などの表記も見られる。
*3 イャンガルルガ(通常種)にはMHPにて初登場した傷を負った姿とMHP2Gにて初登場となった無傷の姿が存在し、シリーズによってどちらが通常種として扱われているかが異なる。
*4 先に記した無傷の姿のイャンガルルガが通常種として扱われ、尚且つ傷を負った姿のイャンガルルガも別枠のモンスターとして登場するシリーズでは、傷持ちのイャンガルルガは特殊個体として扱われ、こちらの名で呼ばれ区別される。
*5 モンハン探検記に登場する亜種とは別
*6 主にクエスト名における別名記載欄でよく用いられる。下記の亜種についても同様。
*7 飛竜種に分類されていた時の別称
*8 それが未知の飛竜モンスターであるから「飛竜」と呼ばれるのか、海竜種であるラギアクルスがそのままな「海竜」の名を冠するようにこちらも正式に「飛竜」という名を与えられているのかは不明である。
*9 蛇竜種に変更されてからの別称。
*10 罠が有効な点などのほか、特殊な例としてMHFにおいては、後述のドゥレムディラの場合は古龍種特効の効果が有効であるから古龍種に属すると判断できる一方、ゴア・マガラは種族不明を反映してか明らかに古龍種特効の効果が発揮されない
*11 対古龍種専用のシジルが有効であることなど