Top > モンスター > リオレウス希少種
HTML convert time to 0.023 sec.


モンスター/リオレウス希少種

Last-modified: 2017-10-19 (木) 19:00:03
種族
飛竜種(竜盤目 竜脚亜目 甲殻竜下目 飛竜上科 リオス科)
別名
銀火竜(ぎんかりゅう)
英語表記
Silver Rathalos
危険度
MH3G・MH4(G):★5 MHX・MHXX:★6 MHP3:★8
登場作品
MHG, MHP, MH2, MHP2(G), MHP3, MH3G, MH4(G), MHX, MHXX, MHF, MHXR
狩猟地
森丘, , 旧沼地, 渓流, 古代林, 遺群嶺

目次

生態・特徴 Edit

火竜リオレウスの特殊な亜種で、希少種と呼ばれるモンスター。
金属質の光沢を放つ白銀の外殻を持ち、ハンターズギルドでは「銀火竜」と通称される。
限られた地域でのみ極めて稀に確認され、発見例はあまりに少ない。
一流のハンターでも相対した者は少ないことから、伝説的な存在とされている。
自然界でも特異な体色を「天より授けられた」と考え、神格化する者も存在するという。
その素材は何れもが月のように静かで冷たい輝きを放ち、
その美しさの価値は本物の銀ですら比べ物にならないという。
特に上質なものであれば、例え鱗の一枚であっても取引価格は宝飾品に匹敵する。
また、銀火竜の素材を用いた防具に関しても半ば伝説と化しており、
燃え盛る太陽を形容し、シルバーソルという名称で崇められている。
時にはリオレウス希少種そのものが「白銀の太陽」に例えられることもある。
この特異な体色の由来については、飛竜の祖となる存在から脈々と受け継がれている遺伝子が突然変異を起こし、それが体現した結果という説が有力である。
フォンロンの古塔及びその秘境での目撃情報が最も多く、彼らの寝床ないし巣であるとされる。
時には獲物を求めて塔を離れ、周辺の湿地帯やユクモ地方の渓流地帯まで遠征することもある。
時折金色の外殻を持つリオレイア希少種と行動を共にしている場面が見られ、
希少種同士でつがいとなっている可能性を指摘する声もある。
また、蒼い外殻を持つリオレウス亜種と同じ場所にいる場面が確認されたこともある。
これ以上の詳しい生態については不明な点が多く、リオレイア希少種と共に研究はほとんど進んでいない。
しかしその戦闘力と狂暴性は飛竜種の中でも飛び抜けており、あるいは古龍種に迫るとも言われる。
また、その出現自体は一種の凶事ともされており、
人里付近に銀火竜が姿を見せるとギルドをも巻き込んだ大混乱を招く恐れもある。
それ故に希少種の狩猟はギルドの中でも特に優秀な実績を上げたハンターにのみ通達され、
特務として人知れず処理される場合もあると噂されている。


派生作品の種・個体

特異個体
メゼポルタギルドでは2種類の「特異個体」と称されるリオレウス希少種が確認されている。
1種は眼が青く、脚が肥大化している個体で、高精度の滑空攻撃を繰り出す。
そしてもう1種は顎の突起が変化したほか、棘や翼爪が金色になり、
全身がほんのり赤みがかった紅眼の個体である。
こちらはリオレウス亜種特異個体に近い特徴を持ちつつも、
走行しながらでも獲物を狙って火球を吐き出すことを可能としている。
また、後者の個体が見せる大技とも言うべき特徴として、
口内に火炎を収束させて一回り大きな火球を生成する行動が挙げられる。
この大きな火球はリオレイア亜種特異個体のものと近似しているが、
リオレウス希少種はこれを続けざまに吐き出す高速の火球で確実に誘爆させるという点が大きく異なる。

概要 Edit

  • MHGにて初登場した、火竜リオレウス希少種。別名:銀火竜
    MH史上初の、希少種に該当するモンスターの1体である(もう1体はリオレイア希少種)。
    銀色を基調とした体色が非常に煌びやかであり、特殊な存在であると誇示している。
    • プレイヤーから「銀レウス」「銀リオ」などと呼称される他、防具名より「シルバーソル」と呼ぶ人も居る。
      また、関連性の深いリオレイア希少種と合わせて「金銀(夫婦)」などと呼ばれることも多い。
  • 「銀の体色」という響きからさぞや目立つだろうと考えてしまいがちだが、
    実際に相対してみると意外とそうでもないあたりが不思議である。
    特に旧沼地ではその外殻が地面の保護色となってしまうため、見失ってしまいがち。
  • 通常種や亜種とは異なり、火山など灼熱の環境に姿を見せることはない。
    明言はされていないが、森丘や旧沼地、渓流といった緑豊かな環境を好む傾向があるようだ。
    最も多く姿を見せるのは塔であり、MH2以降の作品では定番の組み合わせとなっている。
    • ただし、モンスターハンターiのイベントクエストに限り、
      リオレイア希少種と同様に火山に出現した。
      最もあちらもMHFとはまた違った意味で外伝的な意味合いも強いので、
      このことが世界観的な設定に影響があるかは微妙なところではある。
  • MHGではリオス科のモンスターのみ、亜種に加えて希少種まで登場している。
    一説によると、この待遇はリオレウス亜種の存在が大きく絡んでいるのではないかと考えられている。
    • MHGではパッケージをリオレウス亜種が飾っており、さらにオフラインモードにも登場する
      リオス科以外のモンスターはオンラインモード限定、かつランダム出現する存在であったため、
      オフを先に進めた人にとって、リオス科亜種は他より真新しさが薄い存在になってしまう。
      これに対し、G級での新たな強敵として用意されたのではないか?と考えられるのである。
    • 無論、「シリーズの顔だから優遇しただけ」というシンプルな説も存在している。
    これ以降、リオス科希少種は受注ランクが高い高難度の敵と位置付けられているようで、
    オンラインの最終盤でのみ登場したり、クエストの発生や受注に条件が課されていたりと、
    半ば隠しボス的な立場で登場することが多いモンスターとなっている。
  • シリーズ全般の傾向として、通常種や亜種よりも更に空中戦を得意としているほか、
    全体の肉質や弱点属性が大幅に異なるという特徴を有している。
    特に龍属性はまるで効かなくなるなど、武器選びの段階で注意すべきことが多い*1
    このため、通常種や亜種の延長線上の存在といった感覚で戦うと苦戦しやすい。
  • 遠距離突進のホーミング性が異様に高く、非怒り時のホーミング突進はダッシュ逃げでもかなり避け辛い。
    また、亜種が使ってきた突進キャンセルの流れを希少種も行ってくる。
    下手に緊急回避するとその後に90°回転バックブレス等を受ける。
    原種や亜種以上に距離を開けないように戦う事を意識する必要がある。
  • 斬撃打撃に関しては、原種・亜種共通して弱点であった頭の肉質が異様に固くなり、翼が軟らかくなっている。
    打点の高さ的にハンマーにはやや辛い変更だが脚の肉質は変わっていないので、
    頭より脚狙い、ダウンしたら翼を狙うといい。非ダウン時でも肩付近を狙うと脚か翼に当たってオイシイ。
    何故か弾に対する肉質はあまり変化がない。
  • 龍属性がまるで効かないようになっているが、原種や亜種では微妙だった水・雷属性が良く通るようになっている。

各作品での変遷 Edit

MHG Edit

  • 初登場。
    出現条件がかなり厳しいことで知られ、ほぼ全ての大型モンスター*2に最大金冠を付けた上で
    リオレウス通常種と亜種のクエストを両方クリアしないと出ないという超やり込み仕様であった。
  • 龍属性が一切効かないため、水か雷属性武器を担ぐことが推奨されている。
    全身の物理肉質は亜種以上に硬化しているが、翼の肉質が非常に(原種・亜種の頭並み)柔らかい。
    大剣などのリーチの長い武器で攻撃していればあっさり怯む。
    MHP2では調整が入り、以前のように怯みハメを連発させることが出来なくなった。
  • そうして結構苦労するのはいいが、それによって作れる防具は微妙性能と言わざるを得なかった。
    このことはシルバーソル防具に詳しいだろう。武器は繚乱の対弩など強力なものもあるが…

MHP Edit

  • Gクラス終盤にて登場する他、村最後のクエストにも登場する
    その「天と地の怒り」は恐るべき難易度であるとの呼び声高い。
    ノーマルクラス(下位)までの村クエストにあろうことかGクラス相当の強さで殴り込み*3
    巨大龍の侵攻を阻んで浮かれるソロハンターを絶望に追いやった。
    • ……が、実はMHPでは仕様上2頭クエストは非常にステータスが低く設定されており、
      G級でも村クエストレベルの強さしかないということもしばしば(例外もある)
      あの熱風と落雷などにも言えた話ではあるが、
      実はこのクエストも落ち着いてHPの減り具合を見れば村レベル個体であることに気付ける。
      但し紅玉などの出現率はG級クエストよりも低くなっているので、
      弱めの個体と言ってもG級に上がってからの需要も微妙なところ。
      鱗などのコモン素材集めには良いかもしれない。
  • しかし、かつては一般的に非常に難関なクエストとして扱われている経緯があり、
    集会所制覇後のプレイを推奨する声も多かった。
    当時はyoutubeなどの動画サイトが普及していなかったこと、及び出現条件が非常に面倒なことから、
    クエストの相手のみを見ただけで、
    実際にこのクエストに臨んだわけではないプレイヤーの声が大きかった可能性もある。
  • なお、このクエストを達成したご褒美も凄まじいものであった。
    相打ちを狙いつつ、下位片手剣でもポイズンタバルジンなど
    G級にもどうにか通用するレベルの片手は作れるし、それらならば難しくないので
    片手剣使いのプレイヤーには、MHPをプレイする際には是非まずは村クエストを全部クリアすることをお勧めする。
  • 村の天地はさほど難しくないし、集会所の天地は闘技場ではなく沼地で雑魚も登場せず、
    ステータスも村クエと大差なしとかなり簡単に仕上がっている。
    しかし、イベントクエストの方は本当に難しいので注意。
  • 集会所ではリオレウスを計30体討伐することでGクラスの単体クエストが発生する。
    このクエストとリオレイア希少種単体クエストをクリアすると2頭同時クエストが出るが、
    双方の単体クエストがキークエストに設定されているため、嫌でもリオス科を30体倒す必要性がある。

MH2 Edit

  • オンラインモードのイベントクエストのみでの登場。
    受注条件が特殊であり、秘境セットを所持しないとクエストに参加できない
    秘境セットは入手がかなり面倒であるため、参加を諦める人すらいたとか。
  • そのクエスト「銀色の希少種を追って」では、相方がリオレウス亜種になっている。
    これはリオレイア希少種も同様であり、従ってMH2には金銀夫婦の同時クエストが存在しない
    この関係で、塔での2頭クエストはMHFの月と太陽が最初となっている。

MHP2、MHP2G Edit

  • 上述の通り、この作品から肉質が大きく修正されている。
    また、MHP2Gでは咆哮が【小】から【大】にランクアップしている。
  • ランポス系以外の鳥竜種・飛竜種・魚竜種の大型モンスターを合計100体狩猟すると
    集会所上位に単体クエスト「禁断の地の銀竜」が出現する。
    • なお、このクエストはMHP2では大変貴重な塔を舞台としたクエストである。
      このクエスト、およびリオレイア希少種のクエストである「幻の金竜を探して」以外では
      塔の汎用BGMが流れるクエストが存在しないという事態も発生している。
  • イベントクエストではMHPにも登場した「天と地の怒り」が再登場。
    やはり闘技場の2頭同時クエストとなっている。
  • MHP2GではG級追加に伴い、登場するクエストが増えている。
    特に竜王の系譜は難易度もさることながら、天鱗が集めやすいクエストとしても有名。
  • 対であるリオレイア希少種と共に、村上位やG級だと開始後すぐ戦闘場所へ移動出来る塔3でのクエストとなっているため、
    尻尾だけ切断して閃光玉を投げて剥ぎ取り、紅玉や天鱗が出なければリアイア、出たら3乙して集めるという、
    いわゆる尻尾切りマラソンが流行った。
    • 天鱗自体は原種と確率は変わらないのだが、開始位置が固定であり飛び降りるだけでご対面となる手軽さからコイツが使われることが多かった。

MHP3 Edit

  • MH3では登場しなかったものの、MHP3ではまさかの復活を果たす
    この作品ではリオス科亜種は登場していないにも拘わらず、希少種は登場しているのである。
    このため、一部のファンからは「亜種より登場回数多いのに希少なの?」と物議を醸したとか。
    なお、MHP3には塔が登場しないため、主に渓流に姿を見せる。
    • 集会所では大型モンスターの討伐数が合計100体以上*4になるとクエストが追加される。
      希少種単体クエストを双方クリアすることで「月下の夜会」という同時クエストも追加される。
  • MH3よりリオレウスはモデルが変更されており、希少種もそれに準拠した体格になっている。
    加えて、光沢テクスチャも取り入れることで銀の光反射の表現を実現。
    より銀火竜の名に相応しい体色へと進化した。
    行動面でも基本的な要素はMH3以降のリオレウスに準拠したものになっているため、
    かなりアグレッシブに動き回るようになった。
    また、旧作では亜種とあまり行動面での変化が少なかったのだが、
    MHP3以降は従来とは比較にならないほど強化されている。
    • 肉質も非常に硬くなり、特に頭は切断属性の攻撃をことごとく弾いてしまうほど。
      一応白ゲージの打撃武器なら弾かれないが、逆に言えば、打撃武器がいないと心眼でも
      つけない限り近接武器での頭部の部位破壊は難しくなる。
  • 弱点部位が翼から背中に変更されたため、落とし穴でも使わない限り
    弱点部位が狙いにくくなった(とはいえ、翼もダメージが割と通るので、
    平常時は翼を狙うのがセオリーなことに変わりはないが)。
    • ただし翼肉質は切断・打撃肉質44と、本作で追加された弱点特効がギリギリ機能しない
      (というより明らかに意識した)肉質になっている。
  • 一方で咆哮は【大】から【小】にランクダウンしている。
  • 滞空時にはリオレイアのものと似たチャージブレスをぶっ放し、
    眼下の獲物をことごとく焼き払う
    また最大90°軸合わせする性能そのままに、突進をキャンセルしてバックジャンプブレス
    を繰り出して来るなど、火耐性がないとブレスであっという間にキャンプ送りとなる。
  • さらに高高度からの攻撃直後に突然飛びのき、ハンターめがけて拘束攻撃を放ってくることもある。
    この攻撃は単発で行ってくることもあるが、高空ブレス及び空中蹴りの後に派生して繰り出してくる
    厄介なのは攻撃自体の性能もあるが、本当に厄介なのは
    レウス最大の弱点である高空から降りてくる際の隙が皆無になる点。
    ただし、後述のMH3Gでは派生で繰り出してくる頻度は減った。

MH3G Edit

  • MH3にはいなかった希少種であったが、無事登場を果たす。
    本作では亜種が登場しており、亜種はMHP3時代の希少種の技を多数繰り出してくる。
    このため、希少種としての特徴は亜種が用いないチャージブレスに集約されている。
  • 動きは金色の妻と同じくMHP3基準に亜種のモーションを足したもの。
    地上では、リオレイア亜種や希少種も使用する爆炎を纏った噛み付き攻撃を繰り出す。
    空中でも足下に噛みつく際は向きを修正したり後退するなどして、
    亜種よりも器用に軸を調整し爆炎噛みつきを当ててくる。
    また、リオレイアやナルガクルガの希少種と同様、通常種・亜種と比べて疲労時間が非常に短い。
    • どういうわけか、今作の火竜希少種のクエストは報酬の量が全体的に少なめ。
      厚鱗が2、3個に重竜骨業炎袋などがちょこちょこっとある程度…ということもザラ。
      大苦戦の末ようやく倒したのに、報酬が上記のようなしょっぱい内容だと非常にへこむ。
      元々固有素材が少なく、今作ではG級にしか登場しないことがそれに拍車をかけ、
      加えて通常種や亜種のような、複数頭を一度に狩猟できるクエストが存在しないことから
      そう感じられてしまうのだろう。
      また、報酬下段の内訳がお守りや鎧玉に割かれてしまったことも、
      素材が手に入りにくくなってしまった原因かもしれない。
  • ワールドツアーの仕様が大きく改善されていたMH3シリーズだが、
    今作の希少種のワールドツアーはP2G以前を彷彿とさせるほど長いものに戻されてしまった。
    イライラする時間がまた始まるのか…と思いきや、今作のリオレウス希少種は全てエリアチェンジが出来ない
    でのクエストとなるため、むしろ武器研ぎや回復の時間が出来て助かるという声が多い。
    恐らく開発側もそれを想定の上での調整であると思われる。
  • 高度攻撃やワールドツアーの内容を見るに、飛行能力は亜種≧希少種>通常種で、
    ホバリングの内容を見るに、滞空限界は希少種≧亜種>通常種であると思われる。

MH4 Edit

  • 今回は古塔の秘境ではなく、MHP2以来久しぶりに頂上に姿を現す。
    MH4ではリオレウス自体が空中戦に更に傾倒した戦法をとるようになっており、
    希少種もMH3G時の特性に加え、空中技を主体とした戦法を行ってくる。
  • 今作では頭の部位破壊を行うとその肉質が柔らかくなるという仕様の変化が見られる他
    (部位破壊以前の肉質も、片手剣で斬れ味ゲージが白なら弾かれない程度に柔らかくなっている)、
    希少種の十八番とも言える、必殺技の低空チャージブレスの攻撃範囲が更に拡大しており、
    しかも翼を大きく広げ逃げ道を塞いでくる。
    また、咆哮が【小】から【大】に戻ったので、咆哮を防ぐには高級耳栓が必要となる。
    代わりに滑空攻撃→毒爪のコンボは、4からの着地に繋がる新モーションしか使わなくなった。
  • 驚くことに、クエストクリア時の報酬額が大型古龍種達を上回っている
    (これはレウス希少種に限らず、MH4に登場する全ての希少種に言えることである。
    アカムトルムも今作では、希少種達よりも報酬額は低い)。
    具体的には古龍達の報酬金が18000z、そして希少種達の報酬金が19200z。
    希少種は古龍級生物に等しい存在であるという設定をカプコンが忘れていないことが伺える。

MH4G Edit

  • 上位個体は新たに旅団クエストにも登場することとなり、ソロでの上位素材集めは格段に楽となった。
  • しかし、古文書の解読を完了してもG級リオレウス希少種のクエストは出現しない。
    2015年1月9日配信のイベントクエスト「白銀の王者よ、頂きに眠れ」にてようやく狩猟可能となった。
    • イベントクエストが配信されるまでは武器種によってはまともな火属性武器が無い状態であった。
      オオナズチやゴグマジオスといった火を弱点とする古龍もいるため、多くのプレイヤーが悲鳴をあげていた。
  • G級個体は、低空ホーミング毒爪キックの後にチャージブレスを吐いてくる行動が追加されている。
    これだけだと同じくキック→火球ブレスの希少種版だと思われがちだが、
    亜種のように一度元の位置に戻るのではなく、ハンターの至近距離から繰り出してくる。
    • 毒爪攻撃から繋げてくるチャージブレスは、通常のチャージブレスよりも溜め時間が長く、
      加えて亜種のようにハンターから離れることもないため、
      動きさえ読めれば後脚や尻尾を狙うチャンスになる。
      しかし、溜め中もブレス中も尻尾がよく動くため、集中して狙うのは難しい。
      また、そのよく動く尻尾に位置をずらされることもある。
      • この攻撃を出す際、場所によっては尻尾が地面に思いっきりめり込む。
        それ自体はモンハンでは日常茶飯事珍しくないが、剣士なら攻撃の都合上
        足元に潜り込むことが多いため、何度も目にして気になる人もいるかもしれない。
    • なお、低空毒爪は空中でのターン後だけでなく、素の状態で若干溜めを作ってから使ってくることもある。
      いずれにせよ動きは見切りやすく、欲張らなければ対処は難しくない。
      また、通常種・亜種同様にG級行動によって空中戦でこちらに向かってくる頻度が高くなったため、
      上位までより戦いやすくなっていると感じるハンターも居る模様。
      受け身を取ってしまうと毒爪キック→チャージブレスを両方受けてしまうことがあるため、
      受け身術を発動させると逆に危険になる場合がある。
    • 全体的に空中での動きの精度が高いが、それが仇になり適当に閃光玉を投げても命中してしまう
      滞空時間も長いため閃光玉を調合分まで含めて多く持って行くと楽になるだろう。
  • 前述の通り、ハンターに近づく頻度が増えた上にわかりやすい隙のある確定行動が追加された為、
    上位以前と比較すると近接武器でも幾らか立ち回りやすくなっている当モンスターだが、
    一方で滞空時の攻撃の苛烈さにはより磨きがかかっており、
    滞空状態に移行する頻度が上がり、一度飛び始めると中々降りてこなくなる怒り時には、
    それこそ足を止める暇もないくらい執拗にハンターを攻め立てて来る。
    • 足を止める事が出来ないということは、
      即ち回復チャンスが殆ど存在しない、ということに他ならない。
      特にターゲットが自分一人に集中するソロでの狩りの場合、
      怒り時にうっかり毒爪攻撃などに被弾すると立て直しが非常に困難になるので、
      少しでも危ないと思ったら支給品のモドリ玉を使ってさっさとBCに避難するといいだろう。
  • 上位では古龍種よりも上回っていた報酬金だがG級では逆転されてしまっている。
    (古龍達の報酬金が30300z、希少種達の報酬金が27000z。)
  • イベクエ限定登場となっているG級個体だが、そのイベクエはサブタゲが尻尾切断である。
    そして前述の通り、G級での希少種の戦闘力(特にソロの場合)は折り紙付き。
    つまり恒例のサブタゲマラソンが視野に入ってくる。
    最速で回そうと思った場合、必要なのはそれなりの物理攻撃力と素で紫ゲージを持つ適当な大剣*5
    斬れ味に関しては匠有りで紫でもいいが、その場合はそれなりのお守りが必要になるので注意。
    それと重要な閃光玉。念のために調合分まで持ち込むと尚良し。
    装備は抜刀術【技】集中剥ぎ取りマスターが付くもの。
    抜刀会心は破壊王に置き換えても問題は無い。出来ることなら両方付けておくのが望ましいが。
    最低でも武器かお守りでスロット1を確保できれば誰でも組むことが出来るので心配は要らない。
    お守りや武器スロ次第で他に火力スキルが付けられそうなら是非付けよう。
    • 必要なものが揃ったらあとは尻尾に只管抜刀攻撃を当てるだけ。
      大剣を使った事が無い人でもちょっと練習すれば簡単に出来るようになるので安心して欲しい。
      乗りダウン時、閃光玉で撃墜時は溜め3を当てるチャンスになるので積極的に狙おう。
      無事尻尾を切り終えたら2〜3回剥ぎ取って帰還するだけ。撃墜時の落し物も忘れず拾おう。
    最終的に掛かる時間は人にもよるが大抵5分程度。10分以上はまず掛からないと思って良いだろう。
    そして手に入るものは剥ぎ取ったものと拾った落し物、あとは(行っていれば)部位破壊報酬とサブタゲ報酬。
    …既にお気付きかもしれないが、これらの報酬だけで希少種の素材は全て入手可能である
    厚鱗・重殻・靱尾の3種は勿論、煌炎の雫や天鱗も入手可能。
    報酬量こそ少ないが、回す速度を考えればそれほどでもないはず。…多分
    最後になったが、ソロでも普通に狩れる人やPTでクエ回しをする人にとってはただの靱尾集めにしか過ぎない
    あくまで狩るのが難しい場合が大前提という事に留意して頂きたい。

MHX Edit

  • 発売前のインタビューにおいて亜種は全て登場しないことが語られたことから、
    似たような立場の希少種も本作では登場しないと予想したハンターが多かったが、
    蓋を開けてみればリオレイア希少種共々本作にも続投する事が分かった。
    これによりMHP3であった「亜種不在だが希少種は登場」という状態が再来してしまった。
    希少とは一体…
    • インタビューで亜種不在を語る際、
      どこまでを「亜種」と言うかにもよる」という意味深な前置きを入れており、
      似たような立場である希少種は続投する事を予測していたハンターも少なからず居たようだ。
  • モーションに関しては、基本的に4系列の上位個体と同じである。
    ただ、ホバリング状態から放ってくる炸裂ブレス時の後退距離が伸びており
    4の上位個体と同じ感覚で足元に逃げ込もうとすると、ブレス本体を直接ぶつけられかねない点には注意が必要。
  • 今作のリオス系統全種に言えることだが、突進後の滑り込み等の「グルルル」といったボイスSEがオミットされており、
    特に炸裂ブレス時には予備モーションを見ていないと対処が難しい。
    その代わりなのか咆哮の拘束時間がかなり短く、バックジャンプブレスを喰らいにくくなった。
  • なお、超ホーミング性能を誇る毒爪キックはPTプレイだとナルガの飛びかかり並みに高速化したり
    技終了後に空中で硬直・或いは逆に瞬間移動する事がある。
    モーション終了時に元の位置に戻るアクションが通信同期と相性がよくないのかもしれない。
  • やはり今回も出現条件が設定されており、
    大型モンスターを200頭以上狩猟することで集会所☆7に単体狩猟クエストが出現する。
    MH4の時と同様HRの解放は関係ないため、今回もラスボス前に挑むことが出来る。
    このクエストとリオレイア希少種の単体クエストをクリアすることで
    お馴染みの金銀同時狩猟クエストが解禁されることも変わっていない。
    また、本作では村最終クエストの一つとしてあのクエストも復活している。
  • 本作では塔の頂と入れ替わりで塔の秘境が復活しているが、リオレウス希少種のクエストの目的地は塔ではない
    本作ではなんと森丘に登場する。
    リオレウス希少種が森丘に登場するのはMHP以来実に10年ぶりの事である
    「金銀といえば塔」というイメージが強くなっている中、
    この森丘でのリオレウス希少種が懐かしく思えたハンターは立派な古参プレイヤーだろう。
    ちなみに同時狩猟クエストの方は古代林(と闘技場)に登場する。
    これにより、リオレウス希少種を塔で狩るクエストは通常のクエストには存在しない
    塔が登場する作品では漏れなく塔でのクエストが存在したことを考えると中々新鮮である。

獰猛化個体 Edit

  • 本作の新要素である獰猛化した個体も存在する
    しかし通常のクエストには実際に獰猛化したリオレウス希少種と戦えるものは存在せず、
    2016/2/19よりイベントクエスト「太古を照らす、白銀の太陽」が配信されるまでは、
    獰猛化銀レウスに挑めなかった。
    過去作でも同じ轡を踏んでいたあたり、もはや確信犯だろう
    • また、2016/3/11には、何と共に獰猛化したリオス希少種がセットで塔の秘境に登場する
      イベントクエスト「円舞獰乱」が配信された。
      希少種夫妻を塔で狩るというお馴染みのシチュエーションが復活した訳だが、
      相手は両方とも獰猛化個体という事で相当な難易度を誇るクエストとなっている。
      獰猛化レイア希少種についてはこちらを参照のこと。
    • MHXXでは、集会所上位の☆7クエストに上位の獰猛化銀レウスと戦えるクエストが追加されている。
      また「円舞獰乱」が再配信されたのに加え、
      『ファイアーエムブレム』とのコラボクエスト「FE・世界が絶望に染まる前に」にも上位獰猛化銀レウスが登場する。
      同作ではG級クエストが追加されたので、そちらで装備を整えるという手もあるが、
      それでも油断すれば手ごわ〜いシミュ…じゃなくて狩猟になることは避けられない。
  • 希少種と言えば空中で放つチャージブレス。
    獰猛化オーラを纏っている状態のそれは爆発の範囲がかなり広く、威力も高い。
    とは言え閃光耐性は相変わらずなのでセオリー通り攻めていけば、
    通常より体力の高いモンスター程度の感覚で挑めるだろう。
    高すぎる故に閃光玉が尽きたりするのだが
    むしろ、二つ名個体の黒炎王は似た威力の火炎ブレスが通常ブレスだったり、
    厄介な空中閃光耐性があったりと、あちらを連戦した人にとっては物足りない部分があるかもしれない。
    但し、肉質に関しては此方の方が圧倒的に硬いので長期戦になりやすい他、
    弾かれたところに致命傷を受けやすい点がある。
  • 獰猛化した原種で猛威を振るった、低速化を利用した軸合わせが強烈なバックジャンプブレスはさらに強化。
    無理矢理にでも当てて来ようとターンテーブルのように不自然な動きをしつつ、ほぼ背後まで軸を合わせてくる。
    ブレス自体も広範囲化しているため、カバーする範囲は180°を優に超え、リーチも大幅に向上する。
    おまけに獰猛化の怒り易い性質から発動頻度も多く、攻撃力、
    火属性やられと威力面での性能も優秀。*6理不尽もいいところである。
    よって、黒炎王以上に攻撃する部位に狙いを定め、確実にダメージを与える事が出来なければ
    3乙或いは時間切れという結果になる。
  • リオレイア希少種の獰猛化個体と同じく、報酬でなぜか「獰猛な蝕鱗」が出てくる。
    他にこの素材が出るのはゴア・マガラとイビルジョーだけであり、
    そもそも狂竜化もしなかった希少種との接点は不明。
    MHXXでも相変わらず蝕龍鱗が出て来るので意図的な設定のようだが……。
  • これで金銀火竜の素材がようやく全て揃ったため、希少種武器やシルバーソルシリーズの最終強化、
    そして新登場のS・ソルRシリーズの作成が可能となった。
    しかし今作の火属性武器は斬竜武器炎戈竜武器など非常に層が厚く、
    また同種の二つ名火竜武器、更には原種武器にすら性能で負けているものも少なくない。
    勿論希少種武器が全く使えないという訳ではないものの、強化時期が遅くなり過ぎたせいで、
    これまで以上に印象が霞みがちになってしまっているのが残念なところである…。
    • とはいえ逆に考えれば火武器(一部は龍属性)はこれ一択、のような性能を
      希少種火竜武器が持っていた場合、作成できないことへの不満はかなり大きかったと推測される。
      今作で希少種火竜武器が微妙な性能なのはその辺へのカプコンの斜め下の心遣いかもしれない。

MHXX Edit

  • 上位・G級問わず、ともども破壊前の頭が若干軟化。
    斬・打の肉質が20となり、地味に弾かれにくくなった。
    それでもG級では一部の補正がかからないと白まで弾かれてしまうが。
  • G級では、4G時代の毒爪→チャージブレスコンボが復活した。
    それ以外は特に行動面に変化はない。
  • なんと、今作ではG級個体が村のクエストで登場。
    村ゆえに体力が低めに設定されているため、しっかり強化した装備ならばさくっと倒すことが出来る。

G級獰猛化個体 Edit

  • 一方、獰猛化個体は集会所のみ。
    ただし、先述の通り上位獰猛化個体が通常のクエストで登場するようになった他、
    HR解放後に提示される、G級の通常個体のクエストをクリアすればG級獰猛化個体のクエストも出現する。
  • その獰猛化個体は、よりえげつない強化がなされている。
    まず、前作同様に頭に常に煙を纏う性質上、チャージブレスが確定で強化される。
    …そう、毒爪から繰り出されるチャージブレスも強化される。
    それどころか、速度が変化してチャージが非常に短くなり、キック後にすぐ吐いてくるようになる。
    これにより、回避の猶予がかなり少なくなった。
    ガンランスで例えると、毒爪キックをガードした後に、
    ガード突きが1発入るか入らないかぐらいしかチャージ時間が無いため、深追いは禁止である。
    飛行頻度が高すぎるため、ソロだと閃光玉が調合分持ち込んでも足りなくなることは珍しくない。
    さらに獰猛銀レウスが出現するG級の渓流では光蟲が採取できないので補給も不可能。
    どうやっても回り込みなどを駆使して空中から事故らせに来るこいつと真正面から戦わねばならない。
    • こんなG級獰猛化リオレウス希少種だが、実は体力が非常に低いという弱点がある。
      その値なんと12250。
      体力値が14000〜17000が平均のG級獰猛化モンスターの中では頭一つ抜けた少なさであり、
      数値だけならイビルジョーやドボルベルクの通常個体よりも低い。
      G級になると武器の火力にモンスターの体力が付いていけてない事例の再来である。
      このおかげで、閃光玉で叩き落し、もがいている間に翼や背中を的確に狙ってダメージを与える、
      頭を早急に破壊して肉質が柔らかくなったところに集中攻撃を叩き込むといった手法を取れば、
      ソロでも閃光玉を使い切る前にあっさり瀕死まで持ち込むことが可能。
      上述した様に攻撃面が非常に苛烈なため、バランス調整でこのような低体力になったと考えられる。
  • 逆に、超威力の技を反応し切れないスピードでぶっ放す上に肉質も硬く動きも素早く、
    これで体力まで高かったら糞モンスと叩かれ、いちゃもんつけられるのは火竜だけに火を見るよりも明らかなので、
    体力が少ないのは妥当な調整ともいえるだろう。
  • その強さに比例するように、装備は非常に強力。
    特に獰猛化素材を用いて作るS・ソルXRの剣士頭と両方の腰は凄まじい利便性を誇り、
    頭は一部位で匠が+8、腰は一部位で会心強化が+8、というトンデモ性能。
    キメラ装備としての需要がかなり高い。ちなみにガンナーの頭は装填数+8スロット0という性能だが
    これは龍耐性が高いところ以外アカムトXRの劣化となっているので作るだけほぼ無駄な装備となっている。
    そしての耐性が死ぬ
    どうにも今作の有用な装備は雷に弱いものが多いようだ。

MHF Edit

  • 上位での肉質など、基本的な要素はMH2から引き継いでいる。
    サービス開始当初はクエストが存在せず、シーズン1.5から実装された。

凄腕クエスト Edit

  • HR100〜の凄腕クエストに登場する希少種は専用の特異個体(後述)となっている。
    主に剛種適性試験シリーズに登場するが、
    それ以外のイベントクエストに登場する凄腕ランクの希少種も剛種適性試験同様の特異個体である。
    この特殊性からか、ハードコアモードへの変更ができなくなっている。
  • ハードコアモードの各種補正が適用されていないが、
    閃光玉の有効時間が5秒と大幅に短くなっているのが特徴。
    また、体力が上位と比べて劇的に増加しており、かなりのタフネスを誇る。
    肉質面は概ね上位と同じ物理弱点を有するが、水属性が全く効かず、雷属性も殆ど通らないようになっている。
    弱点は龍属性と氷属性。

特異個体 Edit

  • 見た目の変化(希少種・凄腕クエスト)
    • 眼が青い
    • 脚が非常に太く発達している
    • 背中の棘が巨大化している
    • 全身が黒ずみ、鈍い輝きを放つ銀色に変化
  • 見た目の変化(希少種・MHF-GGで追加)
    • 眼が紅い
    • 全身の棘や爪が巨大化している
    • 体色が赤みを帯びた銀色に変化
  • 剛種適性試験(凄腕クエスト)に登場する希少種は特異個体の先駆け的存在であり、
    仕様面でかなり特殊な存在となっている。
    その後、MHF-GGにて正式な特異個体が実装されたが、既存の特異個体も現存している*7
  • 凄腕クエストにおける希少種は、通常種特異個体と行動面ではほぼ同じである。
    • 飛び上がってからキックを繰り出すまでが異様に速くなっており、
      対地ブレスをほぼ垂直に着弾させる技も持つ。
      滑空攻撃に関しても低空を飛んでくるため、正面にいると高確率で被弾する。
      さらに剛種適性試験以外はHC補正で龍風圧を発生させてくるため、
      無効化スキルがないと着地時の待ち伏せがままならなくなってしまう
      (ちなみに咆哮も【大】に強化されているため、高級耳栓が必要)。
  • 正式な特異個体は亜種特異個体がベースとなっており、亜種特異個体が見せた5連射ブレスも使用してくる。
    ただしブレスの拡散爆裂や、ブレス軌道上の小爆発は起こらない。
    また、新たなモーションとして、短距離バックジャンプから旋回走りをし、
    円の中心目掛けてブレスを3発放つ技や、チャージブレスを自らの小ブレスで爆発させる技を有する。

G級クエスト Edit

  • MHF-GGにて実装。難易度は先に実装されたリオレイア希少種同様の★7。
    同アップデートで実装されるG級モンスターのトリを務める。
    • リオレイア希少種が肉弾戦向けの強化を施されているのに対し、
      こちらはブレスを中心に強化が施されており、特異個体では特に顕著となる。
    • 元祖希少種の2体がG級で揃ったことで、当然ながら2頭クエストも配信された。
      オルガロン同様ハードコア限定ではあるが、流石に2頭クエスト専用の合体技は使用してこない。
  • 先に実装されているG級原種同様、特異個体の特徴が入り混じっている。
    ただしこちらの場合はベースが上述した剛種適性試験の特異個体であり、
    ノーマルモードで挑む場合は剛種適性試験の個体と戦うつもりで立ち回るとよい。
  • G級の新技として、空中からのチャージブレスが追加された。
    予備動作として、空中を旋回しつつ3発のブレスを地上に放ち、
    その後高空で溜め動作を行って巨大な火球を放つ。
    このブレスは速度が非常に遅く、楽勝で回避できる…と思うのもつかの間、
    何とリオレウス希少種が火球目掛けて突撃し、それを自ら蹴り砕いて爆散させる
    突っ込んでくるリオレウス希少種にはもちろん、後方に広がる爆風にも判定がある。
    ちなみに一度この動作に入ってしまうと閃光玉で叩き落すことができないのだが、
    チャージブレスを生成する瞬間のみ閃光玉が有効であり、
    上手く決まるとブレスが霧散しリオレウスも墜落、
    有効時間いっぱい転倒状態のままになるため尻尾切断の絶好のチャンスとなる。
  • 基本的には凄腕の個体ではなく上位個体と同様の弱点をもち、スタン耐性も上位のものを引き継いでいる。
    ただしエリアを縦横無尽に動き回るため、ハンマーのような一撃にスタン値が集中している攻撃を使うか
    閃光玉等である程度拘束しなければ気絶を奪うのは難しい。
  • また、尻尾に準レア素材が設定されているが切断肉質が非常に硬い点も上位同様である。
    弓の切断曲射や、斬撃武器は適応撃を使用すると切断しやすい。

余談 Edit

  • 2011年にユニバーサルスタジオ・ジャパンで開かれた
    モンスターハンター・ザ・リアル」というイベントで、リオレウス希少種の等身大の巨大な像が
    制作・展示されたことがある(ちなみに、爪の一部がモンハンフェスタにも出展された)。
    2012年にはリオレイア希少種の像と合わせて再度展示され、
    2012年7月18日に、「世界最大のビデオゲームキャラクターの像」としてギネス世界記録に認定された。
    2014年版ではリペイントされ、リオレウス通常種の等身大立像として三度展示されることとなった。
  • MHFに登場する特異個体は、剛種適性試験HCクエストとで見た目が異なる。
    特に目立つのは瞳の色で、適性試験のものは碧眼だったが、HCクエストでは紅い眼をしている。
    どちらが本当の特異個体かと問われれば、当然HCクエストで登場する紅眼の個体に軍配が上がるだろう。
    一方の金レイア特異個体は適性試験とHCクエストとで見た目が食い違ったりしていない。
    なぜリオレウスだけこのような結果になったのだろうか。
    そして適性試験の碧眼の個体とは一体何だったのか…。
    • ちなみに、碧眼の個体は運営から「なかったことにしたい存在」として扱われている訳ではなく
      アニバーサリー2012の設定資料集では、特異個体の一覧にしっかり掲載されており、
      金レイアと対になる碧眼と説明されている。
      また、後に配信されたHR100〜のイベントクエストでは碧眼のリオレウス希少種が登場しており、
      忘れ去られたというわけでもないようだ。
    • 余談だがMHFに登場する輝界竜ゼルレウスはリオレウスの新種ではないかと言われている。
      白い体色から希少種を彷彿とさせるような外見であり、
      実際に上記のイベントクエストでも、ゼルレウスをリオレウス希少種と誤認する依頼があった。
  • MHSTのアニメ版にも、ブラックライダーズの一人、ゲイルのオトモンとして登場している。
    名前は「ダスク」。詳しい活躍はアニメ本編を見て確かめてもらいたい。

素材 Edit

銀火竜の鱗
伝説の銀色のリオレウスから剥いだ鱗。
闇夜でも月より明るく光輝くとされ、珍重されている。
より上質なものは「上鱗」、特に美しく強度も高いものは「厚鱗」と呼ばれる。
厚鱗はとても貴重で、たった一枚でも宝飾品に匹敵するほどの価値がある。
MHFのG級個体からは芸術品のような美しさを持つ希少な「宝鱗」を剥ぎ取れるとされる。
ただし実際にはリオレイア希少種との2頭クエストクリア報酬でのみ受け取ることができる。
銀火竜の甲殻
銀色の鱗が複数集まってできた甲殻。
通常種や亜種のものよりさらに頑強であり、特に頭部の甲殻の強度は比較にならない。
冷たい光を帯びる見た目はクールだと言われ、特に上質なそれは闇の中でも月のように美しく輝くという。
より頑強に発達したものは「堅殻」、さらに分厚く発達したものは「重殻」と呼ばれる。
銀火竜の翼爪
銀色のリオレウスの翼部にある複数の爪。
交戦中に剥がれ落ちる様子は、まるで粉雪のようだという。
近年では取り扱いがほとんど見られなくなっている。
銀火竜の翼膜
夜闇を照らすとも言われる、銀色のリオレウスの翼膜。
加工難度は高いものの銀色の甲殻と相性が良いため、
お互いを高めあう素材として珍重されている。
近年では需要は薄れているが、後述する翼自体に価値が見出されるようになった。
銀火竜の翼
リオレウス希少種の翼自体を切り出した逸品。
銀色に光るその翼はハンターたちの憧れの的となっている。
通常種や亜種の翼とは別の素材として取り扱われるが、
希少種の翼は非常に加工が難しいため、素材として使える地域が限られている。
しかしその地域では他に類を見ないほどの高額で取引されているという。
銀火竜の尻尾
リオレウス希少種から切り取った銀色の尻尾。
火竜の尻尾は様々な用途が考えられるので基本的に価値が高いが、
中でも希少種のそれは別格であり、通常種の数倍の価格で取引される。
特に上質なものは「銀火竜の靭尾」と呼ばれており、
その美しさの価値は純銀の数百倍とも言われる(が、売却価格はなぜか「銀のたまご」より安値である)。
銀火竜の逆鱗
尻尾にあるといわれる、白銀のリオレウスから剥いだ逆鱗。
光の加減で無限の色彩を放つとされる貴重な一品。
触れることを拒むかの如く鋭利な形状をしている。
MHGやMHPでは通常種や亜種にもそれぞれ逆鱗が存在したため、素材集めはかなり困難であった。
MH2以降のナンバリング作品では「火竜の逆鱗」として一元化して扱われている。
MHFでは特異個体の登場に伴い、HC素材として再登場している。
銀火竜の紅玉
稀に飛竜の体内で精製される希少な玉石。
天の星々を集めたような複雑な色で輝くという。
逆鱗と同様、近年の作品では「火竜の紅玉」と同じものとして扱われるが、
MHSTで久々に登場を果たしている。
MHFでは特異個体より得られるHC素材として存在している。
また、同作G級個体からは「銀火竜の血色珠」と呼ばれる素材が発見された。
火竜の体内で長い年月をかけて生成された珠であるとされ、鮮血の如き鮮やかな赤色をしている。
火竜の煌液
希少種の体内で生成される、眩く輝く特殊な体液。リオレイア希少種からも入手ができる。
MHP3以降の作品で登場し、武具の素材として幅広く利用されている。
また、近年になって強靭な希少種から「煌炎の雫」というさらに上質な煌液の存在が確認された。
尋常ならざる高温を誇っているらしく、地に落ちて尚、何日も沸騰し続けるという。
銀火竜の真骨頂
MHFのあるクエストの報酬として得られる特殊な火竜の素材。
常に灼熱を宿し、存在するだけで陽炎を生む。火竜の魂の具現と言われる。
特別なガンランスを作るための素材となる。

関連項目 Edit

モンスター/リオレウス
モンスター/リオレウス亜種
モンスター/リオレイア希少種
防具/シルバーソルシリーズ
武器/火竜武器-関連項目にリオレウス素材を用いた武器の個別ページへのリンクあり。
クエスト/天と地の怒り
クエスト/竜王の系譜
クエスト/月と太陽
クエスト/右手に火輪、左手に月輪
クエスト/王族の招宴
クエスト/渓流の一番長い日
クエスト/月下の夜会






*1 MHFの凄腕以降は例外であるため注意。
*2 キリンを除く。
*3 現在の上位クエストに当たるハードクラスのクエストは村には存在せず、他作品の村最終よりもランク的な面では格差が大きい。
*4 超大型モンスターや中型モンスターは対象外。
*5 大剣以外でも可能だが、大剣が最速でサブタゲを達成可能
*6 具体的には防御800、耐性+5でも3〜4割程減る
*7 凄腕クエストでは希少種をハードコアモードに変更可能なクエストが存在せず、正式な特異個体に上書きされることもない。