Top > 武器 > ダーインスレイヴ
HTML convert time to 0.004 sec.


武器/ダーインスレイヴ

Last-modified: 2018-01-17 (水) 08:18:43

MHF-G10.1アップデートで登場した双剣。
カリバーンカドゥケウスなどと同様に、
Nポイント交換で入手できる「伝説級武器」(公式)である。

概要 Edit

  • Nポイントで交換できる「三日月のくさび石」を50個用いて生産するG級武器であり、
    カドゥケウス同様、Lv50まで強化し、Lv50から「魔剣ダーインスレイヴ」へと派生強化できる。
  • 生産時は黒を基調としたデザインとなっているが、Lv50強化で剣先が妖しい赤紫色に変化(及び肥大化)する。
    そして魔剣ダーインスレイヴへと強化すると色が黄金を基調としたものに変わり、
    Lv50まで再び強化すると、刀身から怪しい炎が吹き出すようになる
  • わざわざカドゥケウスやカリバーンの名前を出している事から、MHFプレイヤーには最早お察しと思うが、
    強化には膨大という言葉が生ぬるいほどのNポイントが必要となる
    そもそも生産の時点で5000NPが必要なのだが、
    ダーインスレイヴLv50まで強化するにはそこから更に365個の三日月のくさび石が必要となる。
    従って、必要なNポイントはカドゥケウスと同じ41500NPとなる。
    単純計算でネットカフェ864時間プレイに相当する。
    なお魔剣ダーインスレイヴはそこから更に42000NPが必要。
    …最早何も言うまい。
    • なお、カドゥケウスと異なり素材がNの塊ではないため、
      G10.1時点では純粋にNポイントからの交換以外で生産・強化するしかない。
      G10.1よりNポイントを大量入手できるキャンペーンが色々展開されてはいるが、
      大量と言ってもそれは一般的な素材に対しての話であり、
      この武器の強化に関して言えば少しの足しになる程度である。

性能 Edit

  • 武器属性としては、聖剣系が原典だった今までの伝説級武器とは異なり、
    魔剣が原典だからか氷と龍の複属性である闇属性を備える。
    また、双剣と相性の良い毒属性も備える、双属性武器でもある。
  • ダーインスレイヴは特殊リーチ武器であり、そのリーチは「長」。
    基本的に双剣のリーチ長は扱いやすいリーチとして知られる。
  • Lv50時の性能は下記の通り。
    • 近年の平均と概ね同じ攻撃力662
    • 闇属性1000毒属性400
    • デフォルトでそこそこ長い空色ゲージを有する
  • 闇属性のデフォルト空色ゲージ双剣としては、G10でG級武器「ピュレ・サキュレ」が登場している。
    攻撃力は660とほぼ同じだが、闇属性値は770で毒もない。
    総合的にはダーインスレイヴが優れているといえるだろう。
    強化難度を別にすれば、だが…
  • 双剣の手数を考えると、空色ゲージの量は決して万全であるとは言いがたい。
    空を使い切ったら次は白ゲージとなり火力が大幅に落ちるため、
    斬れ味関係のスキルによるケアは必要となるだろう。
  • 魔剣ダーインスレイヴに強化すると、G級技巧武器効果を得ると共に、
    長大な白ゲージが紫ゲージへと変化する。
    空色ゲージの量は据え置きで、Lv50時の性能は下記の通り。
    • 若干強化された攻撃力676
    • 闇属性1500毒属性600
    • 会心率10%
  • 双剣は属性がかなり重要であるため、
    それが飛躍的に伸びる魔剣ダーインスレイヴはかなり強力なものとなっている。
    一方で物理の伸びは微弱であり、属性や毒の片方だけを通すなら他に強力な武器はある(特にこれ)ため、
    属性と毒の両方を通さないと厳しい物となっている。
    もしここまで強化する剛の者なら言うまでもないと思うが、属性と毒の両方を意識した運用を心がけたい。

余談 Edit

  • 武器銘は北欧神話の魔剣「ダーインスレイヴ(またはダインスレイフ)」だろう。
    日本ではダインスレイブまたはダインスレイヴと記されることが多いが、
    そちらの呼称はイビルジョーの太刀が冠しているのが有名だろう。
    その名称はMHFのイビルジョー太刀には導入されていないが、
    MHFには「ダインスレイブ」という大剣が別に存在するため、
    名前被りを避けるという点でも原典に近い記載となっているのかもしれない。

関連項目 Edit

システム/Nポイント
武器/ネットカフェ武器