Top > 武器 > ドラグロメイス
HTML convert time to 0.005 sec.


武器/ドラグロメイス

Last-modified: 2017-11-20 (月) 17:21:18

MH3で初登場した、ボルボロスの素材で作られた片手剣。

概要 Edit

  • ボルボロスの甲殻の特性を遺憾なく発揮した棍棒のような片手剣。
    見た目(と名前)通り完全に鈍器だがこれでもちゃんと尻尾を切断できる。
  • 全作品共通で、下位の段階でも上位武器に匹敵する高い攻撃力が特徴だが、
    その代わりとんでもなく酷いマイナス会心となまくらな斬れ味が代償として付いてくる。
    作品によっては覚醒スキルを発動させると麻痺属性が付くが、
    それをしても数値が低すぎるためにほぼ無属性武器扱いとされる事が多い。

性能 Edit

MH3 Edit

  • そんなドラグロメイスだが、上位になれば「ボルボスマッシュ」という名前で強化される。
    上位序盤ではもはや破格といってもいい位圧倒的に高い攻撃力294が特徴だった。
    • だが、それ以外が酷すぎた。
      会心率に至っては酷すぎるにも程がある-40%を持っていたのだ。
      それだけではなく、斬れ味も素でがたった10しかない程のなまくら、
      さらに前述の通りこの武器が属性を得るには覚醒が必須な上に、
      その属性値も150(MHP3で考えると15)とモンスターを一回麻痺できるかどうか怪しい位少なすぎるのである。
  • しかも、MH3当時の覚醒は発動するのに15ポイントも必要だったため、
    かなりの大きな負担だったという事があった。
    • なお、当時のラギアGシリーズが最も早い段階で覚醒が発動する装備だったのだが、
      他のスキルが属性攻撃強化状態異常攻撃弱化と、恐ろしい位ボルボスマッシュとの相性が最悪であった。
      他にはスイマーが発動していたのだが水中戦でないと効果をほとんど発揮しないため、
      実質上覚醒以外はほぼ完全に死にスキルとなってしまった。

MHP3 Edit

  • 本作にも登場。覚醒スキルが無いので無属性になっている。
    攻撃力は210だがこれはMH3での294に相当するので変わっていないことになる。
    斬れ味も素でだがMH3よりはほんの少しだが伸びている。
    ただし会心率の-40%は据え置き。
  • なお、ここで強化打ち止めとはならず、強化先に呪魂があり、
    ドラグロメイス改の時にギガスクラブへと変えることも出来る。
    奇しくも棍棒繋がりである。

MH3G Edit

  • こちらでも続投。だがここに来て思わぬ凶報が待っていた。
    ボルボスマッシュの攻撃力が238と大幅に下げられてしまった。しかも素の斬れ味がに落とされてしまう。
    のみならずG級強化先が無い、さらに亜種素材の武器も存在しないという仕打ち。
    ならばスキル覚醒を発動すれば、麻痺属性が出てくるのでは?と思う人もいた。
    しかし残念ながら、今回の覚醒はG級にならないと発動できないという、かなりの大打撃となった。
    これにより、上位の段階でボルボスマッシュは完全に無属性扱いにされてしまった。
    会心率は-30%に改善されたが、だからなんだという言葉しかない。
    ボルボスマッシュからは棍棒二振りのいずれかに向かうしかないのである。
  • こんな酷い扱いを受けてしまったが、この武器を作らなかった片手剣使いはほぼ皆無だろう。
    というのもドラグロメイス改の強化先にディオスエッジがあるので、これ目的に作った片手剣使いも多かっただろう。
    そんなわけで性能としてはほぼ注目されなかったが、
    ドラグロメイス改は後に最強クラスの性能を持つ武器に強化できる繋ぎとしての役割を果たした、
    別の意味で注目したといってもいいだろう。
    そのまま一発生産すればいい

MHXX Edit

  • ボルボロスが復活した事で、無事にドラグロメイス→ボルボスマッシュも復活。
    さらに今作ではMH3Gに無かったG級強化先が追加され、
    ボルボスマッシュを究極強化する事で「削岩剣ボルボルボ」という新たな名前が登場する。
  • さて、気になる性能は…
    • 攻撃力360と凄まじく高い
    • 相変わらず酷い会心率-40%
    • 斬れ味は素で白20、匠で白が伸びるだけで紫は出ない
    • スロット2つ
    • MHP3と同じく覚醒スキルが無いので無属性
    …相変わらずである。
    せっかく高い攻撃力を獲得し、マイナス会心は新スキルで補えるようになったのに、
    中途半端な斬れ味無属性の二点が痛いマイナスとなってしまっている。
    今作は紫ゲージの倍率が下げられているとはいえ、強力な物理特化片手剣の存在により
    ボルボルボ自体がますます注目されなくなったのが現状である。
    • その中でこちらと似た性能を持つのが鏖剣クリスタ
      攻撃力・斬れ味・会心率全てで上回り、かつ二つ名武器の狩技ボーナス付き。
      こちらのスロット2だけでこの性能を逆転することは不可能である。
  • 普通に考えてみれば片手剣という武器は物理よりも属性を好む武器であり、
    よっぽど極端に高い物理性能を持っていない限り無属性で担ぐメリットはほぼないといってもいい。
    大連続狩猟に持ち込むにしても、相手をあまり選ばない毒か爆破属性を持っていった方がいい場合が多い。
  • だったら裏会心でマイナス会心を活かせばいいと思うかもしれないが、
    本作の片手剣は弱点特効や連撃に加え、刃薬の重ね掛け等で会心率が非常に伸ばしやすいため
    武器種として裏会心との相性が悪く、同じ無属性武器の中でもより斬れ味に優れ、
    マイナス会心こそあるがフォローが容易な断骨のタバールブラッドサッカー
    ないしバンジンキョウフ等でも超会心運用が出来てしまうので、
    斬れ味に劣り、会心率のフォローも困難なボルボルボをわざわざ使う理由がないのである。
  • ならば繋ぎとしてなら活躍できるだろう…と思う方もいるだろうが、
    なんと究極強化するには砕竜の弾頭殻が必要、つまりHR解放後でないと究極強化ができない。
    しかも1つではなく3つも要求される。
    …はっきり言ってこんな性能に弾頭殻を3つも使うのは物凄く無駄遣いであり、
    とてもHR解放後に強化したいとは思わないだろう。
  • このように、性能の中途半端さと強化時期の噛み合わなさのせいで、
    今作の全片手剣の中でも特に目立たない武器といった結果に終わってしまった。
    これを作るのはせいぜい余った素材で作り、趣味やコレクションのように鑑賞するぐらいだろう。
    …せっかく復活したのに非常に残念である。

関連項目 Edit

モンスター/ボルボロス
武器/ボロス武器
武器/ギガスクラブ - MH3時代の鈍器仲間
武器/豪剣アグニ - かつてマイナス会心40%を持っていた火属性片手剣。MHXXで共演。