Top > 武器 > ヴァルキリーファイア
HTML convert time to 0.029 sec.


武器/ヴァルキリーファイア

Last-modified: 2017-05-20 (土) 05:54:09

無印より登場のリオレイアの素材をベースとしたライトボウガン。
単独でのモンスターとの戦闘を意識して作られた美しき軽弩。

概要・性能 Edit

  • 緑色のフレームが特徴的な、リオレイアのライトボウガン。
    現在、MH3とMH4以外の全てのシリーズで登場しており、ライトボウガン使いにはお馴染みの一丁。
    ライトボウガンの中では攻撃を重視したモデルとなっており、
    補助系の弾丸はほとんど使えない反面、通常攻撃用の弾の扱いはそこそこ優秀。
    攻撃力自体は中堅クラスだが、扱いやすさには定評がある。
    また、火竜のライトボウガンだけに火炎弾が使えるが、属性弾はそれ一辺倒。
  • ご存知の方も多いと思うが、ファイア(fire)とは英語で「火炎」や「射撃」を意味する。
    まさに火竜のボウガンにはこれ以上ないほどピッタリな素晴らしいネーミングである。
    因みにあまり聞かないかもしれないが、「解雇する」という意味でも使われる事がある単語である。
    MH3やMH4ではこちらの意味が正しい。
  • MHP2G以前とMHP3以降で大分性能が変わっている。設計思想が違うのだろうか?
    • MHP2G以前はほぼスパルタカスファイアの下位互換といった扱い。
      使える弾種もほとんど差はなく、攻撃力もスパルタカスファイアより若干低い。
      ただし、LV1散弾や睡眠弾など、スパルタカスファイアでは扱えない弾丸もあるので、
      必ずしも完全な劣化というわけではない。
      なお、意外な事にリオレイアのボウガンでありながら毒弾は非対応。状態異常弾はLV1とLV2の睡眠弾のみ。
      また、MH2以降も速射は導入されなかった。
    • MHP3からは強化方針が一新されると同時にこの武器も復活、一方でスパルタカスファイアは未登場。
      かと言ってスパルタカスファイアの特性を受け継いだり融合したりしたわけでもなく、
      これまでとはほぼ別の武器と化している。
      LV1とLV2の散弾の速射が可能になっており、武器の説明文もそれを意識したものに変更された。
      また、今作以降からようやく毒弾の使用が解禁されている。睡眠弾も従来のまま。
  • リオレイアの素材がほとんどで、逆鱗なども使わないので製作難度はやや低め。
    また、火力を意識した初期の設定からか、普段は調合用の素材として扱われる爆薬
    武器生産用の素材として用いる事が多い。
    MHP3以降ではクロスボウガン系の武器の派生強化によっても入手できる。
  • MH4ではヴァルキリーファイア及び雌火竜単体のライトボウガンは登場せず、文字通りファイアされてしまっている。
    しかし、同デザインの武器の中で繚乱の対弩だけは火竜砲の最終形として続投している。
    詳細は下記リンク先へ。
  • MHXではようやく復活。
    ただ、その性能は微妙…いや、正直なところかなり物足りない。
    最終強化のヴァルキリーブレイズに至っても、速射対応弾はLv1散弾とLv2散弾のみ。
    具体的な欠点はアイテム/散弾に詳しいが、とにかくロクに使えた物ではない。
    武器内蔵弾もLv1&Lv2強装弾のみと非常に地味。貫通弾もLv1しか扱えない。
    そして最終強化でも、散弾銃なのにLv3散弾が使えないという致命的過ぎる欠点が露呈する。
    ここまで強化するのに逆鱗やら紅玉やらをつぎ込むのは、かなり勇気がいるだろう。
    なお、Lv6まで強化すれば繚乱の対弩に派生できるが、実のところ一発生産の方が遥かに簡単である。
    難儀な素材を要求される割に常に弱く、ぶっちゃけ繋ぎとして作る価値すらあんまり無い。
    下位から作れる散弾銃としては吹吹茶釜春夜鯉砲などの方が圧倒的に優秀である。
  • エリアルスタイルのライトボウガンにおいては少々事情が異なる。
    エリアルスタイルにおいては、速射対応弾は相手モンスターを飛び越えるようにして曲芸の用にジャンプ撃ちすることができる。
    しかし、このジャンプ下速射は非常に当て辛いという欠点がある。
    だがこれは狙いをそこまで定める必要が無いという散弾の性質とマッチしており、
    飛燕を付けることによる、1.1倍というなかなか高い攻撃力補正が得られ、火力も増加する。
    さらにエリアル散弾はヒット数の関係で乗りやすい上に仲間を巻き込みにくく、
    またPTメンバーの乗り攻防では多弾ヒットで乗りゲージを溜めやすい
    そしてなによりエフェクトが派手で非常に気持ちいい。
    そんな散弾速射を両方備える唯一のライトボウガンがこのヴァルキリーファイアなのだ。
    ストレス解消には持ってこいの一丁と言えるだろう。
  • なお、二つ名持ちモンスターである紫毒姫リオレイアの武器、レギーナファイアも生産できる。
    最終強化であるレギーナフレイムロゼの性能は、残念ながらヴァルキリーブレイズとほぼ変わらない。
    Lv2散弾は速射が無くなったことで使えるようになったが、装填数4発と少なくLv3も未対応。
    攻撃力がちょっと上がっただけで、実用性が無いのは大して変わってない。

亜流武器 Edit

  • 火竜の素材から作られるライトボウガンは非常に種類が豊富である。
    特にMHP2G以前では同じ形状ながら雌雄、亜種、希少種のそれぞれで別々のボウガンが存在し、
    それだけに飽き足らず、雌雄のハイブリッドタイプのボウガンまで存在する。
    それぞれで威力や弾種などの細かい部分が異なるので、もし興味があるならすべて揃えてみてはいかがだろうか。
  • リオレイア
    • ヴァルキリーファイア(下位)
    • ヴァルキリーブレイズ(上位)
    • 深碧の烈弩(G級)
  • リオレウス
    • スパルタカスファイア(下位)
    • スパルタカスブレイズ(上位)
    • 真紅の烈弩(G級)
  • リオレイア亜種
    • ハートヴァルキリー(下位)
    • ハートヴァルキリー改(上位)
    • 桜花の連弩(G級)
  • リオレウス亜種
    • ソウルスパルタカス(下位)
    • ソウルスパルタカス改(上位)
    • 蒼穹の連弩(G級)
  • リオレイア希少種
  • リオレウス希少種
    • シルバースパルタカス(上位)
    • 朧銀の連弩(G級)
    • 銀輝のアストリオス(G級究極強化)
  • 紫毒姫リオレイア
    • レギーナファイア(下位)
    • レギーナフレイムロゼ(上位最終強化)
    • レギーナフレイムベネ(G級究極強化)
  • 通常混合
    • 紅碧の対弩(上位)
    • 深紅深碧の対弩(G級)
  • 混合
    • 蒼桜の対弩(上位)
    • 蒼穹桜花の対弩(G級)
  • 希少混合
    • 繚乱の対弩(上位)
    • 金華朧銀の対弩(上位・G級)
    • 繚乱の対弩【千輪】(G級)
  • 番外
    • 火竜弩(リオレウス素材の別モデルライトボウガン)
    • 火竜砲(同上)
    • 黒炎竜砲(黒炎王リオレウス素材の別モデルライトボウガン)
    • ウェル(火竜弩の更なるモデルチェンジ版)

関連項目 Edit

モンスター/リオレイア
モンスター/リオレウス
武器/火竜武器
武器/火竜弩
武器/ゴールドヴァルキリー
武器/繚乱の対弩
武器/ウェル