Top > 武器 > 火竜砕フラカン
HTML convert time to 0.009 sec.


武器/火竜砕フラカン

Last-modified: 2017-08-13 (日) 14:20:02

MH3で初登場した武器。シリーズの看板とも言えるリオレウスのハンマーである。
リオレウスの頭をそのままハンマーにした、と言えば形の想像がつくだろう。
火竜の怒りをも恐れぬ実力者だけが所持できると言われる逸品で、
翼は無くともその雄なる魂は何者にも縛ることは適わない。

性能 Edit

  • MH3G以前はフリントポウク(MH3ではフリントペッコ)から、
    MH4(G)ではヴェノムモンスター改からの派生強化などによって入手可能。
    他のリオレウスの武器と同じように火属性値が高く、火が有効なモンスターであれば大いに活躍が見込める。
    MHP3からは更なる強化先も追加され、最終的には火属性ハンマーの最高峰となる。

MH3 Edit

フリントポウクフリントペッコレッドビートレッドビート改火竜砕フラカン

  • シリーズ初のリオレウスのハンマーとして、多くのハンマー使いを歓喜させた。
    最終強化形の火竜砕フラカン剛は火属性値がMH3の全ての武器の中で第二位の520となっている。
    攻撃力も低くはなく、スロット二つも揃えており、強さと扱いやすさを両立している。
    また、強化に当たってリオレウス以外の素材がほとんど必要ないので、
    運が良ければ上位中盤でも入手でき、以後半永久的に使っていける。
    しかしその強化にはやはり火竜の紅玉が必要となる。
  • 同じく火属性のハンマーであるデッドリボルバーと比べると、
    攻撃力や会心率では劣るが、属性値とスロットの数で勝る。まさに一長一短である。
  • しかし、それもアルバトリオン撃破前までであった。
    その後は連戦してアルメタを作り、それでカオスラを作れば、
    デッドリボルバー共々もはや使われることはない。
    なぜなら、今作では火属性弱点の相手は肉質も軟らかい敵が多く、これが一番有利なのはベリオロスの棘くらいで、
    そこも両方破壊した後は狙わなくなってしまうだろう。
    そしてカオスラ剛・天及びアルメタは、匠で当時補正が大きかった紫が出る。
    お陰でいくら火が効いても、龍が通ればハンマーなら物理で取り返せるし、
    通らなければカオスラを担げばいい。
    最大の原因は、3では気絶値が斬れ味の影響を受けることであった。
    そのため、PTではスタンを狙いやすく、疲労も誘発しやすい上記2振り以外はほとんど見かけなかった。
    決して弱くはないが、生まれた環境が悪かったとしか言いようがない。

MHP3 Edit

フリントポウクレッドビート火竜砕フラカン星砕きプロメテオル

  • 強化過程が短縮され、その影響か若干弱体化された。
    極端に低い性能となったわけではないが、前作ではライバルだったデッドリボルバーには
    属性値以外に勝てる要素が無くなってしまっている。
  • しかし更なる強化先として追加された星砕きプロメテオルは、
    その物足りなくなった部分を盛り返したような性能となっている。
    ただし、その強化には凄まじい強化を受けて復活したあのリオレウス希少種の素材が必要。

MH3G Edit

レッドビートレッドビート改火竜砕フラカン
蒼火鎚フラカンリオ=マルステッド蒼炎鎚リオフロギオ
星砕きプロメテオル星滅のスヴァログ

  • 亜種の再登場により、その素材から作られたハンマーが新たに強化先として追加。
    しかしその結果、派生表が上記のような大変な事態に。
    今回はフリントポウクからだけでなく、レッドビートや星砕きプロメテオルの一発生産も可能。
    なお、今作では属性値より攻撃力を重視した性能となっている。
  • 最終強化形、星滅のスヴァログは攻撃力がネロ=カオスと同等の1404に加えて火属性320
    ほんの僅かではあるが会心率5%も備えてスロットも一つと、
    他の火属性ハンマーどころか無属性ハンマーすらぶっちぎるほどの驚愕のポテンシャル。
    ラスボス武器である始祖ノ炎ヲ抱キシ花をも上回る、正に一級品といえる性能を誇る。
    • 唯一のネックは、匠で出る紫ゲージがたったの10しかないこと。
      一撃重視とはいえ手数もそれなりにあるハンマーではあっという間に白ゲージに落ちてしまう。
  • しかし、その製作難度は今作の武器の中でも最高クラスと言えるほど高い。
    入手方法はレッドビートからコツコツと地道に強化していく方法か、
    一発生産した星砕きプロメテオルを強化する方法の二つである。
    ただ、前者の場合、その強化にはG級の蒼火竜や銀火竜の靭尾が必要となる。
    ハンマーはその特性上、全武器の中で最も尻尾の切断が苦手な武器
    (と言うより単独ではブーメランを使わない限り不可能)であり、
    その中でも最上質な靭尾となれば、一つ入手するにもたいへん苦労する。
    • ただ、銀火竜の靭尾に関してはクエスト報酬でも入手できる。
      蒼火竜の靭尾も、「USJ・蒼火竜狩り」の基本報酬で低確率だが入手可能となった。
    加えて、なんと火竜の天鱗が3つも必要になる。
    後者の作成法を取ったとしても、火竜の天鱗が2つ必要
    天鱗もまた尻尾から入手できる場合が多く、ハンマー使いにとっては頭の痛い話である。
    そしてグラン・ミラオスから得られるほとばしるマグマも必要。
    とにかく素材集めが大変である。
    なお、レッドビートから強化していく場合は費用も凄まじい事になる。
    星砕きプロメテオルを一発生産して強化した方がはるかに安上がりで済む。
  • 本来ならば高い作成難度に見合った活躍が期待できるはずなのだが、
    本作にはG★2で強化できるグロンド・ギガという化け物が
    存在するため、使用者はお世辞にも多いとは言えない。
    一応、火属性に弱く体力が多い相手などであればスヴァログがギガを上回るのだが、
    「グロギガで間に合ってるから苦労してスヴァログを作る必要なくね?」
    となりがちなのが実情である。
    それでもランディープなら…ランディープならきっとやって、えっ!?毒属性…?くれるはず…!

MH4 Edit

ヴェノムモンスター改レッドビート火竜砕フラカン
┬→蒼火鎚フラカン
└→星砕きプロメテオル

  • レウス一族とともに堂々続投。
    派生元がゲリョス素材のハンマーに変更されているが、あちらもモンスターの頭を模したハンマーである。
    今作は流石に紅蒼銀色を全部まとめるようなデタラメツリーではなく、
    ちゃんと火竜砕フラカンから蒼火鎚フラカンと星砕きプロメテオルへ分離する形となる。
    また、蒼火鎚フラカンは一発生産も可能。
    残念ながら、MH3時代の火竜砕フラカン剛のような原種カラーの最終強化は叶わなかった。
  • 蒼火鎚フラカンは属性重視、星砕きプロメテオルは物理重視とうまく住み分けがなされた。
    物理肉質が属性肉質にくらべてべらぼうに硬い相手でもない限り、
    ハンマーとしては星砕きプロメテオルのほうが性能としては優秀。
    とはいえ、HR7までプロメテオルはお預けなので、それまでの繋ぎになら蒼火鎚もよい。
    ただし、蒼火鎚に強化してしまうとそれで終わりなので、
    新たに蒼火鎚フラカンを生産して使うほうがコスパはいい。
  • 星砕きプロメテオルはバーニングノッカーと比べて性能は完全に優っている。
    火ハンマーでは最終武器になり得る逸材。
    一方、蒼火鎚フラカンはバイオレンスジョーがライバル。
    クックハンマーなぞ鼻であしらうレウスハンマー…のはずが、
    どうしたことかクックハンマー、攻撃力自体フラカンより高く、
    更に覚醒で火属性を650も迸らせる。先生の意地というものか。
    数値上は完全に負けてしまうが、斬れ味や装備の自由度では圧倒的にこちらが有利なので、
    うまく使い分けていきたいところ。
  • 素材面では星砕きプロメテオルは火竜の紅玉が、蒼火鎚フラカンは火竜の延髄×2が曲者。
    根気よく粘って集めよう。
  • 発掘装備にも星砕きプロメテオルが登場。
    色違いにより原種亜種のようなカラーリングになる……ということはなく、
    色が変わるのは甲殻の先端部など元々黒かった部分である。

MH4G Edit

  • G級素材を用いることで、蒼火鎚フラカンは蒼炎鎚リオフロギオに、
    星砕きプロメテオルは星砕きプロメテオル改へ経て星滅のスヴァログとなる。
    別に名前が似ているからってラスボスの武器ではない。それにこちらの方が先である
    G級のリオレウス希少種はイベントクエストでのみ狩猟が可能。
  • リオフロギオは、低めの攻撃力1248だが高い会心率20%がそれを補い、さらに磨きがかかった火属性630、
    そして匠で紫ゲージが40も現れるのが特徴。
    スヴァログは、高い攻撃力1456に会心率10%、火属性390を持ち、
    匠で現れる紫ゲージは20と短めだが素でそこそこの長さの白ゲージを持つ。
  • これだけ見ると、属性&斬れ味の長さ重視と、物理攻撃力重視で棲み分けできており、
    物理攻撃を重視するハンマーの性質上スヴァログが優勢に見えるだろう。
    だが…
  • MH4Gではこの両ハンマーへの致命的ともいえる逆風がある。
    今作でシリーズ初登場となった、かのミラバルカン素材を使った火属性ハンマーであるミラガルズイーラの登場である。
    このハンマーは火属性は260とおとなしめだが、物理攻撃力1612というとんでもない数値を持っており、
    上述のようにハンマーは物理を重視する性質のため、こちらが圧倒的上位に位置するのである。
  • では製作難易度や製作時期を考えてのクエスト攻略用としてレウスハンマーを考えた場合、
    なんと亜種のリオフロギオに軍配が上がる
    素材としてリオフロギオもプロメテオル改もレア素材の「火竜の天鱗」を用いるが、
    リオフロギオはそこで強化が終了して他に必要な素材も亜種のG級と真紅蓮石だけのため、
    天鱗さえ手に入ればG2に昇格となった段階で入手することができる。
    だがプロメテオルは、プロメテオル改をへてさらにもう一段階スヴァログへ強化しなくてはならず、
    そしてスヴァログへは終盤の古文書クエストをクリアすると入手できる「覇王の証G」が3つ必要となるため、
    ミラガルズイーラと製作可能となる時期は大差ないのである。
  • リオフロギオはかなりの属性値に加え、会心20%を持つので当のリオソウルZシリーズとの相性が抜群。
    属性会心をうまく使えば相当の爆発力をたたき出す。
  • 一応、無印MH4に引き続き発掘武器として星砕きプロメテオルが登場しているので、
    最上級の性能のものを入手できれば引き続きプロメテオルを活躍させることができる。
    ただし、MH4Gでは発掘装備のデザインのグループ分けが変更されて、
    シャガルマガラとテオ・テスカトルのクエストでは入手できなくなったので注意。

類似武器 Edit

  • MHFにも似たような形状のハンマーが存在する。
    但し、こちらはリオレウスの頭を模したハンマーとなっているが。
    眼がついていないため、形状的にも背中等の甲殻を使用しているのかもしれない。
    いずれもリーチ短であり、扱いは簡単ではない。
    また、これらは全て《HC武器》である。
炎鎚シリーズ
シーズン8.0より登場。
無印⇒【火影】⇒【灼熱】⇒【業火】と強化する。
リーチを除けば、基本性能は極めて高い。
  • 地味にだが、生産に必要な素材のうち、
    開拓クエストでしか入手できない「ジュビー」×3がやや面倒。
竜鎚シリーズ
フォワード.4より登場。
リオレウス亜種の素材を使用した、龍属性のこれまたリーチ短ハンマー。
無印⇒【打】⇒【破】⇒【壊】と強化していく。

余談 Edit

  • レッドビートの説明文には「火竜の頭部をまるごと大鎚にした逸品」と書かれているが、
    「火竜の頭」などという素材は現時点では存在しない。
    また、希少種の頭部(星砕きプロメテオル以降)ならともかく、原種と亜種の頭部の肉質はかなり柔らかい。
    加工して硬くするにしても、最初から硬いものを更に加工した方が良い様な…
    • もしかすると、デッドリボルバー系統より攻撃力が低いのは硬さのせいかもしれない。
      そして、MH3Gの星滅のスヴァログが物理よりなのはリオレウス希少種の頭が硬いからかもしれない。
  • リオレウスのハンマーが登場したのはMH3が初だが、
    それより前に発売されたハンター大全には、既にリオレウスのハンマーの設定画が描かれている。
    もしかすると、これが元になって誕生したのかもしれない。
  • 「フラカン」とはマヤ神話における炎と風を司る創造神である。
    なるほど火竜と呼ばれる空の王者の武器としては最適なネーミングだろう。
    また「スヴァログ」も東スラヴ地域の伝承における火の神である。
    星砕きプロメテオルの「プロメテオル」は由来がはっきりしないものの、
    月穿ちセレーネ天開きヒュペリオンと名前のつけられ方が同じであり、
    この二つはそれぞれギリシャ神話の神々の名前に由来すること、
    そして「フラカン」「スヴァログ」ともに炎の神の名前であることを踏まえると、
    おそらく「プロメテオル」とはギリシャ神話において人類に火を与えた神である「プロメテウス」のことを指すと思われる。
    なお、フラカンは「一つ脚の者」を、スヴァログは「輝き清い者」を、プロメテウスは「先見の明を持つ者」を意味する。
  • MH4の発売に合わせてイーカプコン限定で販売されているレウス装備ハンターのフィギュアに
    飛竜刀と共にこのハンマーが付属されるのだが、
    公式紹介ページの一ヶ所で「竜砕フラカン」と誤植されてしまっている。
    他の部分は「竜砕フラカン」表記なので、4で名称が変わるわけではない。

関連項目 Edit

モンスター/リオレウス
武器/火竜武器
武器/HC武器
武器/エムロードビート - 本武器をオマージュして作られた電竜武器。