Top > 「オラクル・オブ・マッポーカリプス」
HTML convert time to 0.010 sec.


「オラクル・オブ・マッポーカリプス」

Last-modified: 2017-11-09 (木) 13:01:02

togetterまとめ Edit

◆まとめ◆#1#2#3#4#5#6#7#8#9#10
◆実況付◆#1#2#3#4#5#6#7#8#9/#10(
note版◆前編後編

登場人物 Edit

...

あらすじ Edit

「話を戻せ。ブラスハートは何処にいる」
「オムラの浮遊要塞だよ」

 

サンズ・オブ・ケオスとの死闘の末、遂にブラスハートの情報を得たニンジャスレイヤー。クラバサ・インコーポレイテッドの上級社員としてオムラ・エンパイアの空中要塞に乗り込んだ彼を追って要塞内に侵入したニンジャスレイヤーとコトブキは、奇妙な社内プロトコルに翻弄されつつも歩を進める。

 

要塞が向かう先はインヘニオ谷のエメツ鉱山。そこではケツァルカトルと称するニンジャが祭司長を務めるゲリラカルト「アンデスの虎」が蟻の巣めいたアジトを築き、エメツ・プラントの建設を拒んでいる。彼等のスポンサーについているのはカタナ・オブ・リバプール社。国家が消滅したこの時代で、企業戦争が始まろうとしていた。

 

ニンジャスレイヤー。ブラスハート。オムラ・エンパイア。アンデスの虎。
それぞれの思惑は交差し、縺れ合い、やがてケオスの渦に呑み込まれていく。
そしてニンジャスレイヤーは、一つの真実に直面する……。


解説 Edit

「エイジ・オブ・マッポーカリプス」シーズン1の最後を飾るエピソード。
混沌と分断の世界に「マッポーカリプスの宣託」を下すのは誰なのか?そしてそれは何を意味するのか?
悔恨と憎悪を力に変えてニンジャスレイヤーが歩んできた物語。そのターニングポイントを目に焼きつけよ。



「オオオンコメント!」「オオオンコメント!」