Top > 「ソウカイ・シンジケート」
HTML convert time to 0.052 sec.


「ソウカイ・シンジケート」

Last-modified: 2017-06-26 (月) 20:35:16

togetterまとめ Edit

◆まとめ◆#1#2#3#4#5#6#7
◆実況付◆#1#2#3#4#5#6#7
note版◆#1

登場人物 Edit

...

あらすじ Edit

目を開けても、なお闇だった。

 

満員電車内でのエッジウォーカーとの死闘を制すも、満身創痍となりタマ・リバーに転落したニンジャスレイヤー。目を覚ました彼を待ち受けていたのは、ソウカイヤ首領直属の最新鋭「シックス・ゲイツ」の一人にして因縁深き相手、ガーランドであった。

 

「ソウカイ・シンジケートのテリトリーで、ニンジャスレイヤーがコソコソと活動している。ボスは知らんが、俺には重大だ。看過はしない。正体を見せろ」

 

極めて危険な状況に置かれたニンジャスレイヤーにはもう一つ重大な懸念がある。ナラク・ニンジャのソウルを求めるザイバツ・シャドーギルドの動向だ。コルヴェットのジツ、彼方よりの知覚をまやかしの地へ逸らす「カゼのごまかし」の効果が切れれば、追手との新たなイクサは避けられない。

 

情報を引き出すべく心身を苛むガーランド。迫り来るザイバツのニンジャ部隊。だが、ニンジャスレイヤーはここで倒れるわけにはいかない。サツガイに至る道を切り拓くため、彼はニューロンを加速させる!

 

「何が可笑しい。狂人かね?」
「サイオー・ホースってやつを感じている」

 

「この状況。笑うべきか泣くべきか迷った。だから笑ったんだ」


解説 Edit

多数の勢力が入り乱れる第4部のネオサイタマにおいてなお、確固たる存在感を放つ闇のヤクザ組織「総会企業組合」が中心となるエピソード。
幹部としての格を取り戻した「シックス・ゲイツ」のニンジャの揃い踏み、過去に活躍したキャラの再登場と濃厚な展開が続く中で、主人公たるニンジャスレイヤーはどう動き、そして何を得るのか?メイルシュトロームにチョップを突き刺し進む彼の足取りを注視せよ。



「なに、たいしてうまくもないコメントだ。そこらで投稿した、冷め切ったコメントだ。そう食い入るように見つめるでもない」