Top > 「デイ・オブ・ザ・ロブスター2」
HTML convert time to 0.007 sec.


「デイ・オブ・ザ・ロブスター2」

Last-modified: 2017-11-18 (土) 22:59:39

togetterまとめ Edit

◆まとめ◆#1
◆実況付◆#1
note版◆#1
◆note実況付◆#1
アニメイシヨン第12話(後半に収録)

登場人物 Edit

...

あらすじ Edit

「デイ・オブ・ザ・ロブスター」終幕の数時間後。廃セントウでロブスターの爆発四散痕を前に立ち尽くすヨロシサン研究員が一人。彼の名はナカタ。自らの最高傑作の敗北を悟ったとき、その心の何かが壊れる。重金属酸性雨と雷雨の中、第二のロブスターを作り上げ、ニンジャスレイヤーに復讐することを唯一遺されたハサミに誓うのだった。

 

二週間後、廃倉庫の熱湯プールにナンシー・リーを監禁した謎のバイオ存在あり。救出に参じたニンジャスレイヤーに対し、バイオ存在はハサミを鳴らしながら名乗る……!
「ドーモ、ニンジャスレイヤー=サン。ロブスターです」


解説 Edit

「第二のロブスターの日」襲来!!

 

「デイ・オブ・ザ・ロブスター」の続編エピソード。ゴーストライターが執筆したのではないかといういわくつきの前作とは異なり、原作者による完全書き下ろしが明言されている。
グダグダでパンチのない前作をプロローグとして取り込み、「復讐者の狂気」というシリアスなモチーフをプラスすることで左右のバランスを取り、スカムさを継承しながらもニンジャスレイヤーのエピソードとしての基準は満たしている。とはいえあくまでおまけ程度の内容でしかないので、別に無理して読もうとしなくてよいですハイ。

 

本エピソードは応募者特典小冊子「完全タノシイ!デイ・オブ・ザ・ロブスター!LOBSTER!」に初収録され、入手するには物理書籍「聖なるヌンチャク」、コミック単行本「ニンジャスレイヤー(コミカライズ版)」、「ニンジャスレイヤー グラマラス・キラーズ」の3冊のオビについている応募券を集めて送る必要があった(現在は応募締切終了)。
この小冊子は現在では入手困難だが、エピソード自体は2015年に発売されたニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨンBlu-ray2巻【承】特典の「デイ・オブ・ザ・ロブスター[トリロジー]」に収録され、また2017年にはニンジャスレイヤープラス及びTwitter上にも掲載されたため、誰でも容易に読むことが可能となってしまっている。
なお、「完全タノシイ!デイ・オブ・ザ・ロブスター!LOBSTER!」には余湖裕輝=センセイ、さおとめあげは=センセイによるロブスター描き下ろし漫画が収録されているが、こちらは「公式ウスイホン」の名に偽りなしの展開となっており、ヘッズのニューロンに深刻なダメージを与えること請け合いだ。

 

なんとアニメイシヨン12話で前作共々まさかの映像化を果たした。

 

しかしロブスターの悪夢はこれで終わりではなかった……。



「このハサミにコメントは通じんぞ!」