Top > 「リブート、レイヴン」
HTML convert time to 0.009 sec.


「リブート、レイヴン」

Last-modified: 2016-11-20 (日) 12:10:15

togetterまとめ Edit

◆まとめ◆:#1#2#3#4#5#6#7#8
◆実況付◆:#1#2#3#4/#5()/#6()/#7()/#8

登場人物 Edit

...

あらすじ Edit

「REBOOT」

「ハローハロー、俺のZBRはどこだ?」
「所長、折角私がコーヒー淹れて、トースト焼いてンのに、また先にZBRなんスか?私の作ったメシ、嫌いデスか?」

「REBOOT」

「怪盗スズキ・キヨシを捕まえてほしいのだ」
「ナムアミダブツ!スズキ・キヨシだと?」

「REBOOT」

「ホント、ボンクラでも必死で生きてンのに?」
「最高の助手だ」

「REBOOT」

「で、こいつは何だ?」
「シキベ・タカコ=サンです」

「REBOOT」

「ヘェーヘェーヘェー……ブラーヴォ!……ブラーヴォ!」
「やっぱりテメエか……」

「REBOOT」「REBOOT」「REBOOT」「REBOOT」「REBOOT」

 

 ザリザリザリザリ……

 

「色々、ありがとうな、シキベ=サン」

 

 ザリザリザリザリ……

 

「REBOOT」
 

 

――10年前。
師を失い、無軌道に探偵事務所を引き継いだ若き日のタカギ・ガンドーには、一人の助手がいた。
名をシキベ・タカコと言う。育ちの悪い平凡な少女と、身を持ち崩しかけの探偵は、奇妙な共同作業を営んでいた。
 
――あれから10年。
一時ネオサイタマに戻ったニンジャスレイヤーを待ち、潜伏するガンドーの目に飛び込んできたのは、10年越しの挑戦状だった。
……見過ごせるはずがない。ガンドーは愛銃49マグナムを手に、アンダーガイオンの新たな闇へ挑む。

 

「少し変わったな…?」
「そちらもな」


解説 Edit

オイオイオイ!アンタに倒れてもらっちゃ困るぜ!?
その胸に、絶えず灯るは正義の光。悪夢と幻想の狭間から、冷たい過去のフートンから、「再起せよ、大鴉」

 

第2回エピソード人気投票、物理書籍版第2部エピソード人気投票共に1位を獲得した作品。
前半部(#4まで)では探偵タカギ・ガンドーの来歴と戦う理由、後半部(#5以降)では過去の仇敵との再会、そして死の淵で迎えた転機に至るまでの物語が綴られる大ボリュームのお話である。

なおエピソード一覧でも注記しているが、#8の中盤以降は他のエピソードを踏まえた内容となっているため、時系列順に読んでいるヘッズには本話を飛ばして少々回り道することをお勧めする。

 

物理書籍版では「キョート殺伐都市#5:ピストルカラテ決死拳」に収録。表紙もこのエピソードがモチーフとなっている。



「COMMENT」