Top > 「リヴィング・ウェル・イズ・ザ・ベスト・リヴェンジ」
HTML convert time to 0.008 sec.


「リヴィング・ウェル・イズ・ザ・ベスト・リヴェンジ」

Last-modified: 2017-01-02 (月) 17:04:34

togetterまとめ Edit

◆まとめ◆:#1#2#3#4#5#6
◆実況付◆:#1()/#2/#3()/#4/#5()/#6

登場人物 Edit

...

あらすじ Edit

戦争が始まった。

 

インターセプターフージ・クゥーチの力の前に敗北し、ソルスティスの捨て身の行動で辛うじて命拾いしたフジキド・ケンジ
彼は今、ネオサイタマの辺境に位置するごみ溜め場・ドリームランド埋立地にて、謎の隠者ニンジャ・マスターヴォーパルの庇護――搾取?――の下にあった。

 

マスターヴォーパルは助けた恩をきせるばかりか、更なる「債権」を回収するとしてフジキドをとどめ置こうとする。彼はかつてフジキドが戦ったバジリスクニーズヘグの師であり、その弟子を倒した筈の男の予想外の不甲斐なさに怒りを覚えていたのだ。
理不尽なものではあったが、フジキドはその怒りに従うことを決めた。2人目のメンターに教えを受け、自らのカラテを見つめ直すために。

 

そして、最愛の妻を喪ったシバタ・ソウジロウことアガメムノンのニューロンに漂うパルスは、彼を何処へと導くのか。


解説 Edit

第3部のターニングポイントである「ゼア・イズ・ア・ライト」から地続きになっているエピソードなので、未読であればそちらを先に読むことを翻訳チームも強く推奨している。
あらすじの通り、インターセプターに敗れたニンジャスレイヤーがマスターヴォーパルの下でカラテを鍛え直し、アマクダリに対して再び戦いを挑むまでを綴ったエピソードである。
その中で、未だ謎に包まれているナラク・ニンジャの過去も明かされていく。
また、偶然ニンジャスレイヤーのトレーニングを見てしまったとあるモータルの生き様が別視点にて繰り広げられており、本エピソードがカラテによって自らの在り方を見つめ直す者達を重点して描いていることが伺える。
「良く生きることこそ最上の復讐」。ニンジャスレイヤーの反撃はここから始まる!
第3部エピソード人気投票では第6位にランクインを果たした。

 

物理書籍版では「不滅のニンジャソウル#6:リフォージング・ザ・ヘイトレッド」に収録。



コメント欄な