Top > アコライト
HTML convert time to 0.013 sec.


アコライト

Last-modified: 2017-09-04 (月) 18:23:03

◆忍◆ ニンジャ名鑑#96 【アコライト】 ◆殺◆
キョート・リパブリックのバトルテンプル「ボンジャン・テンプル」のボンズ。
ニンジャとなりマスターボンズを殺して逃走したイヴォーカーを追う旅の中で自らもニンジャ憑依者となってしまい、苦悩する。
武器は鉄の小手。

登場エピソード Edit

 

「ボンジャン、ハイ!セイヤッサーボンジャン!」
「寝ているのは私達です」


人物 Edit

  • キョート郊外の山中に佇むボンジャン・テンプルのバトルボンズである。まだまだ若輩者であり、日々研鑽に励むレッサーボンズ位階。
    • ボンズとしての本来の名は「カンツァイ」。
  • マッポーの世には得難い、謹厳で高潔な精神の持ち主であるが、決して頑迷では無く、柔軟な立ち居振る舞いのできる人物。
  • 「ブッダは運命を操る存在ではなく、救いとは自ら戦うこと」という考えを持ち、カラテによって自己を修練し、ボンジャンの教えの道を歩むことを真摯に追い求める。
    • そのような性格もあってか、ニンジャソウルの邪悪性もある程度抑え込み、人間性を保っている。
  • 同じくボンズであり、ニンジャソウルをその身に宿すことになったイヴォーカーの歩んだ道とは、「救い」を望む点は共通していながら、他の多くの点では対照的である。
    • しかしその生真面目さゆえに道に惑い、苦悩することも。

外見 Edit

  • 初登場時には、ボンジャン・テンプルのテンプルカラーである朱色のバトルサムエにスキンヘッドという標準的な修行僧のいでたちであった。
  • 自らがニンジャであることを自覚するようになってからは、ボンジャン・バトルカフタンをアレンジした白と橙のツートーンのニンジャ装束を纏っているようだ。
    • カフタン(Kaftan)とはもともとトルコの民族衣装で裾の長い前開きのガウン。ロシアなどに広がって違う形態のものを指すこともあるらしい。ともあれ、武僧の服装を想像してよいのだろう。
    • 本文の記述を見る限り、少なくとも一目でボンズと判断がつくニンジャ装束である模様。
  • 眉目秀麗である旨が地の文にも明記されている数少ない一人。明らかにゲイのサディストめいているブーンズ洞SPのニンジャ達に「ボンズは生け捕りに」と頼むほど。後に、とある理由で顔などに大きな傷を負うが、それでもその容姿の本質的美しさは損なわれていないらしい。
  • 体格的にはそう大きくない方で、女装しても遠目には違和感が無いくらいらしい。
  • メンポや頭巾などを付けていない数少ないニンジャの1人。

元ネタ・考察 Edit

  • アコライト(Acolyte)とは「礼拝奉仕者」を意味する。
    • 既に実際ボンズの身である彼がこのニンジャネームを名乗るのは、自らが未だボンジャン・ロードの入門者に過ぎないという自戒めいた思いからのことである。実際奥ゆかしい。
  • ニンジャスレイヤーには『死亡遊戯』『燃えよドラゴン』などブルース・リー主演のカンフー映画のオマージュが多くみられるが、彼の登場エピソードではよりその色が強い。

ワザ・ジツ Edit

  • 元はレッサーボンズながらそのボンジャン・カラテの実力はかなりのもの。ヤクザはもちろん、サンシタニンジャではまず相手にならない。
  • 初登場エピソードから、ヘブンスルーキャノンや古文書に記された伝説のワザ・拒否のハンマーといった高等技を躊躇いもなく繰り出すなど、レッサーボンズとは思えないワザマエを発揮している。
    • これはモータル時代の日々の研鑽がニンジャ学習力により開花したものと思われるが、定かではない。
  • 後に様々な理由から心に惑いを生じ、カラテにもそれが陰を落とした時期もあったが、惑いを振りきったことでカラテのキレは更に増したようだ。

ヘブンスルーキャノン Edit

  • 彼のフェイバリットの一つ。ここぞの場面で決め技として用いられることが多い。
  • 原型は恐らく八極拳の技である通天炮か。本来は半歩引くと見せかけ相手の突進を誘い、引き足を強靭に踏みしめて不動の姿勢から放つカウンター技だが、彼はニンジャ動体力を活かして一瞬で間合いを詰めつつ放つ。

拒否のハンマー Edit

  • ボンジャン・カラテの古文書に記される奥義。
  • 詳しくはこちらを参照。

ガントレット Edit

  • ボンジャン・テンプル宝物殿のブッダデーモン像内に隠されていた、謎めいた意匠の鋼鉄製ガントレット。
  • サイバネアームによる攻撃を受けても傷一つ付かない上に、必殺の打撃の際はブッダデーモンめいた獰猛な鉤拳に自動変形する。
  • 明らかに仏門の宝具とはかけ離れた代物だが、それもそのはず……。
...

ストーリー中での活躍 Edit

「ネタバレしているのは私達です」

一言コメント

「マッポー社会においてはボンズもコメントする必要があります」