Top > アルゴス
HTML convert time to 0.008 sec.


アルゴス

Last-modified: 2017-08-10 (木) 00:35:13

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【アルゴス】 ◆殺◆

登場エピソード Edit

...
 

「ドーモ、アルゴスです。スコア988。現実的理想値。最新のデータ解析による数値。セクト中枢に被害皆無可能性98%」
『攻撃せよ。攻撃せよ。攻撃せよ。アマクダリの支配体制には、些かの揺らぎも無し』


人物 Edit

  • アマクダリ最高幹部「12人」の一人。ネットワーク上におけるニンジャやアマクダリに関する情報の監視を行っている。
    • 卓越したハッキングのワザマエを除き、その詳細は表の顔含めて全てが謎に包まれている。
  • 機械じみた極めて的確且つ冷酷な判断力に基づく高い指揮管制能力を誇るが、反面他者の心理や感情の類を一切理解できない部分がある。
    • 恐怖に駆られ戦意を喪失した結果自らの指示に従わなくなった者に対し、困惑や不満、怒りを抱く一面も見られる。
 
……010101てんからくだるあまくだりてんからくだるあまくだり010101

外見 Edit

  • コトダマ空間では、当初は「光り輝くニンジャ」、後に無数の目を持つ巨人と描写されている。
    • 「12人」同士のIRC通信でも姿は表示されず、アマクダリ紋が写るのみ。
  • ホロ映像としてはフードを目深に被った姿で映し出されている。

元ネタ・考察 Edit

  • アルゴス(Argus)とは、ギリシャ神話に登場する百目の巨人であり、その目を交互に眠らせることで死角が存在しないと伝えられる。

ワザ・ジツ Edit

  • コトダマ空間でナンシーを一蹴するほどの桁違いのタイピング速度を保有する。
  • 他にも「土砂降りの豪雨」と形容される凄まじい量の01スキャニングを絶え間なく放射できる。このスキャニングの雨に触れてしまえば最後、即座にアルゴスに存在を探知されてしまう。
    • 通常は電脳空間に座するため物理空間への直接干渉は不可能。しかしネオサイタマ中の監視カメラやネオサイタマ市民が着用しているサイバーグラスを介して物理空間の情報を自由に収集できる他、戦闘時には自身の手駒兼端末とも言うべきハイデッカーやペイガンを利用し物理空間での戦闘を代行させる事が可能。
第3部終盤ネタバレ

TELNETプロトコル Edit

  • アルゴスが自在に操るコマンド。「古の強大なTELNETプロトコル」とも称される。
    • Telnetプロトコルは実在する遠隔サーバを操作するための通信プロトコルである。しかし現在ではセキュリティ面の問題から主流でなくなっている。
    • ヘッズの間では、(作中のTELNETは)暗号化による防御力がない代わりに、レスポンスに優れた超攻撃的プロトコルと解釈されている。
    • ナンシーと協力者がアルゴスに反撃する際にもこのプロトコルが用いられた。コードロジストの登場以来、通信プロトコルもまたハッカー達の執る武器として重要なアイテムと定義付けられたのだ。
  • コトダマ空間内では「010111011…」のような01ノイズを口に出している描写があった。機械語を直接入力しているのだろうか。

連携システム Edit

  • 自身の卓越した電脳戦能力を応用した支援システム。
  • 戦闘を行うアマクダリ・ニンジャ同士の間を仲介する事により、隙の無い高度な連携戦術を実現させる。
    • しかし、アルゴスの送る膨大な情報量や命令速度に情報を受ける側のニンジャが対応できず、アルゴスの想定通りに動けないことがある。

ストーリー中での活躍 Edit

01001001011101100101……

一言コメント

「何故リージョン化?」