Top > エヴリマン
HTML convert time to 0.004 sec.


エヴリマン

Last-modified: 2017-01-19 (木) 19:06:51

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【エヴリマン】 ◆殺◆

登場エピソード Edit

 

「敗北主義の学徒はせめて闘争の礎となるべし。まあ要は、恐慌に駆られた連中が抵抗したり通報したりすればそれだけ我々の計画に支障が出る。それだけの事だ」


人物 Edit

  • イッキ・ウチコワシ所属ニンジャ。元々は革命資金で雇い入れられたヨージンボであるとのことで、イッキ・ウチコワシ構成員特有の言い回しを放棄したような上記の台詞からも彼の出自がどことなく伺える。
  • しかしその思想は完全に「染まって」おり、自らも余波でダメージを受けているにも関わらず、同志モジュラーの無差別テロに対して歓喜する場面も見られた。

外見 Edit

  • 額当てを装着し、なまくらの刃を持つニンジャソードを帯びている。

元ネタ・考察 Edit

  • 「everyman」は「ごく普通の人」の意味。共産主義めいた思想を掲げるイッキ・ウチコワシ所属ニンジャとしてふさわしいニンジャネームといえるが、元からこの名前を名乗っていたのか、ウチコワシに入って改名したのかは不明。

ワザ・ジツ Edit

  • ヨージンボという経歴もあってか、油断ならぬワザマエの持ち主。地の文からは「手練れの戦士」と評される。
  • また、スリケン使用者でもある。

金属生成・ジツ(仮) Edit

  • 金属を生成するジツ。作中ではニンジャソードの刃を金属で覆い、禍々しい刀身を生み出してイクサに用いたり、無線アンテナを増強するなどした。
    • 作中でジツを行使する際は上記のように既存の金属製品を媒介に生成した金属によってそれらを強化するという使い方であったため、「金属を生成するジツ」ではなく「金属製品の性質を強化するジツ」ともとれるが、詳細は不明。
  • 生成した金属は剥がすことも可能であり、ヤモト・コキのサクラ・エンハンス・ジツに対しては浸食されかかった刃を剥がして捨て、また新たな金属を育てることで拒絶するという対処法を披露した。

ストーリー中での活躍 Edit

「充分にリージョン補強が為されたぞ!」

一言コメント

「理論的なリージョンだ。コメントにネタバレはつきものである!」