Top > オッドジョブ
HTML convert time to 0.020 sec.


オッドジョブ

Last-modified: 2017-03-19 (日) 18:06:26

◆忍◆ ニンジャ名鑑#379 【オッドジョブ】 ◆殺◆
ザイバツ・シャドーギルド所属のアデプト。
元は殺し屋兼違法データ盗掘屋であり、ハイテク・ローテク問わず、様々な武器やギアを携行している。
飄々としており、いかなるミッション時も自らの生き残りを最優先する。口癖は「ジャックポット!」。

登場エピソード Edit

 

人物 Edit

外見 Edit

  • 外見描写は特にないが、ザイバツのニンジャが現世に出現した際に目撃された「薄汚れたデータ屋じみたニンジャ」が彼である可能性が高い。

元ネタ・考察 Edit

  • オッドジョブ(odd job)は「便利屋」「よろず屋」の意味。
  • 名鑑のキャラクター造形としてはCapcomのゲーム、『Devil May Cry』シリーズの主人公ダンテに近いものがある。ダンテは表の顔として「便利屋」を営んでいる。
  • 1964年の映画『007 ゴールドフィンガー』には同名の殺し屋、オッドジョブが登場する。演じたのは日系人のハロルド坂田氏。
    • 黒いスーツを着込んだ恰幅のいい東洋人といった風貌で、飛び道具として仕込み刃入りの黒い山高帽を愛用し、石像の首を切断するほどの威力を持つ。
    • 常に柔和な笑みを浮かべているがまともにしゃべるシーンが無いほどの無口であり、核爆発に巻き込まれかねない状況でもボンド抹殺を重点するなどキャラクターとしての関連性は薄い。

ストーリー中での活躍 Edit

ネタバレ格納な

一言コメント

コメント欄な