Top > オメガ
HTML convert time to 0.007 sec.


オメガ

Last-modified: 2017-03-07 (火) 16:16:15

◆忍◆ ニンジャ名鑑#209 【オメガ】 ◆殺◆
オムラ・インダストリ最強のニンジャ。サイバネティクス改造を一切行っていない生身のニンジャ。アーチニンジャ「ウルシ・ニンジャ」の憑依者で、普段は会長の護衛についている。

登場エピソード Edit

...
 

「冷静になられよ。モーティマー=サン」
「私は動くべき時に動き、仕えるべき者に仕える。それだけだ。イヤーッ!」


人物 Edit

  • オムラ・インダストリ会長、アルベルト・オムラの傍らに常に控えるニンジャ。ウルシ・ニンジャソウルを宿す。
  • 生粋のオムラ所属ではなく、本来はブラックヘイズシルバーカラスのようなフリーランスのニンジャと思われ、アルベルト会長と直に専属契約を結んでいる。
  • 会長の護衛が主な仕事だが、会長の命を受けて独自の情報収集等も行っており、社長のモーティマー・オムラよりも遥かに正確に会社の状況を把握している模様。
  • 他の多くのオムラ所属ニンジャとは異なり、サイバネ改造を一切行っていない生身である。
    • 「モーター理念」を提唱するモーティマーにとって、生身でもスゴイ強く、経営方針を巡って対立する父に忠実なオメガは憎悪の対象となっている。
       
  • ビジネス時の立ち居振る舞いは丁寧で口数少ない。初登場時には、指で掴み潰した銃弾を「ゴミになるから」とさりげなく懐にしまうヤバイ級の奥ゆかしさでヘッズを感嘆させた。ゴウランガ!
  • 一応モーティマーにも恭しく接するが、命令を聞くのは契約者である会長に対してだけである。
    • また、契約から離れた場では打って変わってぶっきらぼうな口調も見せている。
       
  • 二大暗黒メガコーポの一つと専属契約を交わす身だけあり、そのギャランティ額は莫大。
  • 本人曰く「およそ人生三回分の蓄えがある」。マジメにギャラの大半を貯蓄しているのか、使っても使い切れないほどの稼ぎということなのかは不明。
     
  • 同じくザ・ヴァーティゴ=サンの語ったところによると、会長に対しては単なる契約関係以上の尊敬の念を抱いている模様。オムラが危地に陥った際の彼の行動からもそれは窺われる。

外見 Edit

  • 見る角度によって多彩めいた様々な色をはらむウルシ色の装束を纏う。
    • 「ウルシ色」と言われると大抵の場合赤〜茶色系統の色を想像し、「カラフルな漆色とは一体?」と疑問に思われるかもしれないが、実際の漆は混ぜる顔料や塗り方・経年などにより実際多彩な発色を実現している
  • この装束は命知らずのベースジャンプ・ウイングスーツじみた強靭な繊維で作られており、風を孕んで飛ぶための機構が備わっている。

元ネタ・考察 Edit

  • オメガ(Ω)とはギリシャ文字の最後の文字。転じて最終・究極の意味で用いられる。

ワザ・ジツ Edit

  • カラテは相当に強く、後述のウルシ・ジツとも相まって並のニンジャではまず太刀打ちできない。
  • 裏拳一発で超剛性ドアを飴細工のようにひしゃげさせ壁に吹き飛ばしてめり込ませる、地の文=サンにも身体が微かに揺れたようにしか見えない一瞬のうちにドラグーンの両腕をへし折る、強化ガラスに指を「ゆっくりと」突き入れて貫通させ円盤状にくりぬく、など描写の範囲だけで見てもカラテのワザマエは凄まじいの一言。
    • スリケンは通常のスリケンの他にも、小型スリケンをショットガンのように一度に複数枚投げて使い、連射することで装甲車やドラグーンの銃撃を跳ね返していた。
  • 戦闘中であっても緻密で膨大なイマジナリー・カラテを行い、どのような局面でも流れるように対処する。

ウルシ・ジツ Edit

  • ウルシ・ニンジャのユニーク・ジツと思われる、殴った対象の体液を不可思議なウルシ色をもつ超自然の猛毒へと変性させるジツ。
  • パンチによる打撃によって発動し、打撃を加えた箇所の内部に毒液が発生。そこから毒液が対象の全身に広がっていくことで侵食し死に至らしめる。
    • 毒の発生に生物非生物の有無は関係ないようで、おまけに毒の種類もコントロール可能。作中では殴りつけたシデムシの内部に高電導率の腐食毒液を発生させて内部の回路を焼き切る芸当も見せる。
    • その他ドラグーンに対して使用され、そのボディをバラバラに崩壊させている。またジツに侵され瀕死の毒袋と化したニンジャを蹴り飛ばし、爆発四散を利用して毒液を周囲に撒き散らす範囲攻撃も可能。実際応用の幅は広い。
  • 防御すればプロテクター越しだろうとその箇所が猛毒に侵され致命傷に繋がる。実質防御不可能に等しい凶悪無比なユニーク・ジツである。
    • 欠点は拳による打撃を基点とするため、拳が相手に命中しない場合はジツが発動できない事。実際アーソンと同じ弱点だが、ジツの使い手であるオメガが卓越したカラテのワザマエを持つため、致命的な弱点とは言い難い。

ストーリー中での活躍 Edit

「会長の遺言に従い、ネタバレを安全に格納するだけです」

一言コメント

「サービスのコメント欄だ、愚か者!」