Top > コメント > セイジ
HTML convert time to 0.031 sec.


コメント/セイジ

Last-modified: 2017-11-14 (火) 18:05:18

セイジ

  • 彼もまた思想や目的は違えどニンジャソウルの強大な力に飲み込まれたニンジャの一人といえよう -- 2012-12-20 (木) 13:22:25
  • セイジは一つだけミスを犯した。ニンジャスレイヤーはな、笑わないんだよ。 -- 2012-12-20 (木) 18:57:45
  • ニンジャスレイヤーは哀しみから誕生した。ニンジャキラーは怒りから誕生した。 -- 2012-12-20 (木) 19:00:25
  • ポジション的にはロールシャッハになったと思っていたウォルター・ジョゼフ・コバックスだろうか。まだ怒りとはいえ感情が残ってるだけましと見るべきか否か -- 2012-12-22 (土) 18:45:49
  • むしろ偽キャプテンアメリカ(力の源の劣化コピーを手に入れ顔も本家そっくりに整形するも力に飲まれ狂気に陥る)かと ロールシャッハ枠はヤクザ天狗という偉大なる先達がいるし・・・ -- 2012-12-22 (土) 19:13:21
  • ダークナイトに登場した偽バットマンめいてますね・・・・・・ -- 2012-12-22 (土) 20:01:36
  • 現状「ニンジャキラー」がネタバレ欄に入ってますが登場人物一覧へ追加する際はどうしましょ。「セイジ」とすべきか「ニンジャキラー」とすべきか、もしくは「ニンジャキラー(セイジ)」とするか? -- 2012-12-22 (土) 21:57:53
  • セイジ「が」ニンジャキラーに「なる」というスタイルが全編を通して基本だった以上、「セイジ(ニンジャキラー)」とする方が良いのではないかと提案。 -- 2012-12-22 (土) 23:28:41
  • 彼はニンジャキラーになんかなりたくはなかっただろうし、セイジとして記録するのもありだと思うのだが -- 2012-12-23 (日) 12:52:43
  • 取り憑いたソウルの謎・何故ニンジャキラーと呼ばれ自らもそうアイサツしてしまったのか。いろいろ奥ゆかしいミステリー重点!王道のニセモノなのもあって名悪役デスネ? -- 2013-02-13 (水) 21:22:34
  • ニンジャネームは大事な自己同一性。それを依坐の偏執狂に抑圧されてて、魂も鬱屈してたのだろう -- 2013-03-30 (土) 23:16:21
  • ↑↑自分が(オリジンの)ニンジャスレイヤーとは違う存在であることを自覚したところで、しっくり来るコトダマで限定されてしまったからではなかろうか ドラゴン・ニンジャ=サンも「コトダマの力を侮るな」と言っている -- 2013-09-22 (日) 00:08:34
  • もし、彼がしっかりしていればニンジャスレイヤー=サンの良き相棒となっていたと思う。 -- 2013-10-06 (日) 09:49:27
  • ↑ だが、彼がしっかりしていればフジキドはネオサイタマの闇に戻らなかったかも知れぬ…結局、彼との道はどうあっても交わらなかった可能性も重点な -- 2013-10-06 (日) 19:55:01
  • 誕生のエピソードに目が行きがちだが、「サヨナラしかかった所を追撃でキャンセルされた」事実も重点な。爆発四散について我々の知らないなんかがあるやもしれん -- 2013-10-07 (月) 18:32:53
  • もし、ニンジャスレイヤーにもっと早い段階出会えていたなら………… -- 2013-10-08 (火) 20:22:09
  • 第一部に出会ったらそのままスレイされると思うんですがそれは -- 2013-10-08 (火) 23:32:47
  • フジキドがネオサイタマから消えていた時期があったことで「俺が跡をついで本物になる」という思い込みが深まってしまったようなので、第一部にディセンションしていたら本編よりは無邪気に仲間になろうとして……結局、フジキドの誤認orソウカイヤを動かしてしまって爆発四散していたんではないだろうか。それはそれで切ないエピソードになると思う。 -- 2013-10-09 (水) 03:27:41
  • 家族が殺されるところまではフジキドと同じ、そこにニンジャスレイヤーが駆け付けたことだけが違った -- 2013-10-19 (土) 15:42:09
  • ↑駆け付けたニンジャスレイヤーは、フジキドにとってのナラクの役回り。寧ろ、セイジとフジキドの分水嶺は、ソウルの力に溺れかけた時にセンセイと出会えたか否かだと思う -- 2013-10-19 (土) 18:49:35
  • それに加えて、彼は“理想のニンジャスレイヤー”に近付く為にモータル殺しを“自分の意思で”犯してしまったのが致命的な…結局“ニンジャスレイヤー”に逃げるようにのめり込んで行ってしまった -- 2013-10-19 (土) 20:50:27
  • 常人がいきなり超人になる話は嫌いだが、フジキドは自分の力で得た家族を失ったからあまり嫌悪感を抱かない。セイジはまさしくそこらのカルイノベルの主人公みたいだ。「俺は不幸だから、異能が目覚めて当然。ついでに女の子にもてて当然」みたいな。 -- 2013-10-19 (土) 21:43:32
  • もしカルイノベルの主人公が存在したら?それの救いの無い結末なのかもしれない -- 2013-10-19 (土) 21:59:37
  • ↑×2 そこまで酷いのはそういないと思うけどなあ いないとはいわんが -- 2013-10-19 (土) 22:46:53
  • 妻と息子を守るためにマッポーの世でフジキドみたいなサラリマンはかなりの努力を強いられるからな、言っちゃあ何だが親や姉って別に努力しないでも初めから居るしな。居ない場合もあるが。 -- 2013-10-20 (日) 00:39:34
  • そういや母親については触れられていないね -- 2013-10-20 (日) 02:22:47
  • ランペイジとは別の意味でフジキドのIFだな。フジキドにゲンドーソーがいたようにセイジにも誰かがいたら、ヤモトみたいになれたかもしれない。 -- 2013-11-02 (土) 00:12:49
  • 彼以外でもニンジャになった(あるいは出会った)事で人生が大きく変わることが多いですよね。 -- 2013-11-04 (月) 20:16:52
  • 名前のせいでレイジと比べてしまうが、師匠の有無・行動力・ソウルを吸い取るものと飲み込まれるもの・と実際対照的な -- 2013-11-18 (月) 22:51:50
  • スーサイドってひょっとして我らが殺戮者より先にソウカイヤに見つかって良かったのかもな。「才能の芽が咲く前に殺す」と「才能があるからナマ言っても殺さない」の差はでかい -- 2013-11-19 (火) 19:58:42
  • セイジが研究機関を持つ何らかの組織に拾われてコトダマ空間でソウルから力を引き出すメカニズムが究明されていたら厄介なことになってたかもな。 -- 2013-12-06 (金) 22:31:07
  • ニンジャ名鑑に登場するディベイサーはどうも別に存在するっぽいが…ナラクの回虫という単語からして、同じ寄生型ニンジャなのかもしれないけど -- 2014-01-02 (木) 19:53:01
  • ↑2個人的には火球は、セイジのニンジャソウルのニンジャが生前に使ってた技だと思う。力を出し惜しみしてる云々からして、セイジはニンジャソウルとのディセンションが不完全だったのではないだろうか。それがソウルの性質なのか、セイジの所為なのかは知らんが。もし、ディセンションした後もニンジャソウルがローカルコトダマ空間 内に残留するのであれば -- 2014-01-04 (土) 03:13:04
  • 暴走前、初期段階でフィルギアやソニックブーム=サンのようなメンターに出会っていればあるいは… -- 2014-01-04 (土) 16:04:53
  • だが目標がニンジャスレイヤーであることが揺るがない以上、いずれどこかで… -- 2014-01-04 (土) 17:59:36
  • モータル時代にヤクザ天狗=サンに積極的ドネートしていれば… -- 2014-01-05 (日) 08:21:19
  • ニンジャスレイヤーがキョートでの死闘の末に燃え尽き症候群でフヌケドしてたことを知っておれば、あるいは発奮させるためにスシを差し入れる良いニンジャスレイヤー族の後輩となっていたかも… -- 2014-01-05 (日) 10:49:49
  • 『俺の憧れたニンジャスレイヤーはそんな人じゃなかった!』って夕陽をバックに殴り合えればいい師弟になれたかもしれんになあ しかしドラゴンベイン=サンにあこがれていた彼のように慢心オタッシャの末路も見えるが -- 2014-01-05 (日) 19:30:43
  • 『俺の憧れたニンジャスレイヤーはそんな人じゃなかった!』『そうか。だが慈悲はない』『サヨナラ!』 -- 2014-01-05 (日) 19:35:18
  • だいぶトータス?レスポンスだけど、「フー?キルドニンジャスレイヤー??」が「who killed edward break」から来てると推察して、個人的にはロールシャッハとコバックス的なアレじゃないかと、 -- Albert? 2014-01-14 (火) 12:29:02
  • ニンジャソウルにニンジャスレイヤーのミーミーを植え付けてカトン・ジツを目覚めさせた可能性がカラテ粒子レベルで存在する……? -- 2014-01-14 (火) 13:36:07
  • あのソウルは何代目かのナラクの被害者なんじゃないかという気がする。その知識を元にニンジャスレイヤーになりきらせたせいでモータルも殺す狂人に… -- 2014-01-19 (日) 22:30:33
  • 地味にデソレイションと並ぶニンジャソウルの調伏者。スゴイ。  出くわした時くらいまでは「何も殺しまでしなくても」と思ったが、一時撤退からすっかりアカン奴になってしまって…… -- 2014-02-07 (金) 00:33:25
  • ↑ 最も、ニンジャソウルはケンワ=サンの時みたいに宿主の破滅や周囲への悪行の為なら自爆覚悟の奴も居るからなぁ、デソレイションはまだしも彼の場合は本当に調伏してたのかは妖しい気も… -- 2014-02-08 (土) 06:56:43
  • いつの間にかヘッズの中にあるボブめいたものになっている -- 2014-04-05 (土) 16:49:09
  • ヤクザガンでスレイした時は腹筋が爆発四散しそうになった -- 2014-05-01 (木) 00:33:34
  • 確かにドクゼツは酷いものだった -- 2014-05-23 (金) 18:09:00
  • というか出し惜しみや目の描写からして、そういう性質のニンジャソウルなんじゃないかと思う -- 2014-05-23 (金) 19:37:54
  • フーキルドとリブートの関連性を指摘したまとめがあったけど、ソイチともなんとなく似ている気がする。境遇こそ異なれど、仲間との関係や話中の位置づけ、妄執から壊れてしまった精神とか。 -- 2014-05-25 (日) 13:03:33
  • あまりにも救われないすぎて悲しい -- 2014-06-05 (木) 19:04:57
  • よくよく考えれば彼がニンジャスレイヤーになる可能性もあったのか、それこそフジキドがいなければ、まあどの道ナラクに取り殺されそうだが -- 2014-07-09 (水) 10:21:55
  • 『心から憧れていた人物に勝手に失望し、その人物を殺して自分が後続者になろうとする』ってところが、ドラゴンが如く3のミネ=サンめいている。 -- 2014-07-12 (土) 13:30:44
  • 「...今夜は私とオヌシでダブルニンジャスレイヤーだからな」な展開は誰もが夢想しただろうが、ニンジャスレイヤーという人物の成り立ちからしてあり得ない話なんだよな。 -- 2014-07-28 (月) 19:30:20
  • セイジには対話が足りなかったのだな。バトウ・ジツの磨かれなさにも現れている。フジキドは常に話し相手がいた。他人と話していますか? -- 2014-07-29 (火) 04:49:55
  • ↑セイジも内なるニンジャソウルと対話していたじゃないか!まあ、自らとの対話で得た悟りは、ブディズムでは「独覚」と言って、よろしくないものなのだが。 -- 2014-07-29 (火) 12:38:18
  • ↑3 フジキドと境遇がよく似た別のニンジャとは、一時的ではあってもまさに「ダブルニンジャスレイヤー」をやったんだがな。彼との違いは「自分を特別視して客観的に見れない」「モータルをムシケラとしか思わない」…あまりに大きな違いだった。 -- 2014-07-29 (火) 14:16:20
  • 与えられた力で思い込んで暴れる・・・まさに最近主流のチート転生系ラノベ主人公に近い(原作は昔の作品なので偶然の被りなんだろうけど) -- 2014-08-13 (水) 01:09:52
  • ↑という意見が多いけど、最近はむしろ人格もイケメン系かこんな力面倒だからいらない系が多いと思う。思うまま暴れるのは途中で出てくるサンシタな。 -- 2014-08-13 (水) 10:33:01
  • 忍殺をそれ以外の何かを引き合いに出してagesageするのはたいがいにして的外れなことが多く、なんだか残念なことになるのだなあ。 -- 2014-08-13 (水) 15:42:26
  • セイジを助けたのが、セイジが憧れたものがニンジャスレイヤーでなければ。例えばヤモト・コキやフィルギアなら?時系列は合わないが、ガンドーやエーリアスだったら?確かに彼の末路はインガオホーだろうが、もっと明るい未来だって可能性としてはあっただろうに。ここでフジキドを責めるのも酷だが、この事件はフジキドがセイジにインストラクションを行わなかったことのインガオホーでもあるかもしれない。歯車が決定的にかみ合わなかったのだ。 -- 2014-08-13 (水) 23:23:23
  • フジキドは誰かに指導される才能はあるが指導する才能に関しては現状あるとは言えんしなぁ・・・ -- 2014-08-13 (水) 23:53:32
  • そもそもフジキド、「俺はセンセイではない」って(ユカノに)はっきり言っているしな -- 2014-08-14 (木) 00:03:48
  • 我らが大将なら共にナムの地獄へ連れていってくれた可能性がカラテ粒子レベルで存在する…? -- 2014-08-14 (木) 00:05:34
  • セイジに限らないけど忍殺キャラクターは、一々その行動・言動の是非を問われ、正しい正しくない、彼のせい誰のせい、ああしろこうしろと口出しされやすいよな。それだけボンモーのキャラ造形とストーリーテリングに引き込まれてるんだろうけど。まずは素直に受け入れて、その上で、物語に託されたテーマを一人一人が考えていくしかないのだ……。 -- 2014-08-14 (木) 00:11:59
  • 「自分で考えろ」が全体のテーマみたいな事原作者=サンあたりが言ってませんでしたっけ?(うろ覚え)。そういう意味ではセイジは一応自分で考えてる、そこは誉めてもいいと思いますネー。でも、邪悪かつ不憫なので色々言われるのは仕方ないですネー。 -- 2014-08-14 (木) 06:40:49
  • 未だにフジキドがちょっとポカをするとオバケめいてTL上に涌いてくる彼はもはやナラクと同一存在めいているのでは?(彼は狂っていた) -- 2014-08-14 (木) 11:38:23
  • 彼を見てるとメンターの存在の大きさとインストラクションの大切さが分かる。何事も暴力で解決するのが一番だ -- 2014-08-21 (木) 16:21:57
  • ↑一理あるのがまた…彼は「極端に言えばただの暴力」を、それ以外の何か(例えばニンジャスレイヤーという存在の意義とか)神聖視し過ぎた所があったからなあ -- 2014-08-21 (木) 16:47:23
  • (((最初にニンジャスレイヤーをファックすればいいということか!))) -- 2014-08-21 (木) 17:05:32
  • いいキャラではあると思うんだけどな、酒煽って笑うシーンとかぞくぞくした。分不相応な役割に振り回されるキャラは好きだ、そのまましがみついてるかちぎれて吹き飛んでいくか見てるのは楽しい -- 2014-08-29 (金) 06:05:47
  • 「自分で考える」ことがテーマの忍殺だからこそ、自分の考えでなく、ニンジャスレイヤーをコピーしようとした時点で彼の運命は決まっていたのだろう。 -- 2014-09-01 (月) 02:24:07
  • 最初から「二代目ニンジャスレイヤーの、ニンジャキラーです」って名乗ってれば、結局ソウルの闇に飲み込まれてスレイ対象になったとしても、あんな無様にはならなかったのよね。スゴイタカイビル破壊とかニンジャ殺しと全く無関係なわけで、ただの殺戮に過ぎない。自分はニンジャスレイヤーじゃない、というところから出発してたら、せめて同業他者のように扱われたかも知れないが… -- 2014-09-01 (月) 02:35:04
  • 描写が多いからセイジの内面に目が行きがちだが、ソウルも正体不明のゲニンソウルながら、興味深いソウルよな。憑依後も溶け残りが有る、対話は終始オウム返し、ユニーク・ジツもありふれたカトン、ニンジャネームすらスレイヤーのドクゼツ・ジツの物をセイジの意思に反してそのままオウム返しに名乗る。個性を「出し惜しみ」している様な様子すら有る。モノマネが本分のソウルなのではと思ってる。モノマネのためにソウルもワザと溶け残ってたとか。で憑依者が力を引き出そうとすれば鏡に向かう様に逆にソウルに飲み込まれると。 -- 2014-09-01 (月) 08:59:10
  • ニンジャスレイヤー=サン。俺はお前が羨ましい・・・・ -- 2014-09-01 (月) 10:04:42
  • ↑逆十字ナンデ!? -- 2014-09-04 (木) 09:21:07
  • ↑↑ニンジャソウルとか交換させられてしまうのかな -- 2014-09-04 (木) 19:30:31
  • 自分が助かったのと同じ状況でもモータル殺してるのがマイナスポイントだなあ。大方アマクダリの情報操作を真に受けちゃったんだろうけど、本人に文句が言えるなら「オリジンがどうあれ俺は同じ境遇のモータルは殺さん」ぐらいは言えたんじゃないかと言う気がして、残虐性に呑まれてこれ幸いと「ニンジャスレイヤー……ニンジャスレイヤーだから仕方ない……アーいい……たまらない……」になってるようにしか見えない -- 2014-09-04 (木) 21:08:29
  • 狂人の真似をすれば実際狂人な
    しかも模倣先はサツバツな理性を宿した狂人であった ナムサン! -- 2014-09-12 (金) 22:55:30
  • キラー -- 2014-10-06 (月) 13:32:47
  • 彼のように何かが違っていたら改善の道もあったかもしれない登場人物を堕落させたりオタッシャさせたりするボンモーは実際サディスト、つまりほとんどブッダ。 -- 2014-10-07 (火) 12:56:23
  • 良い悪役だと思う。憧れから暴走する敵は多いけどその -- 2014-10-16 (木) 21:56:57
  • 過程がわかりやすい -- 2014-10-16 (木) 21:57:11
  • 彼の場合、あくまでもベースにカラテがあって、カトンはその補助的な位置にあるのが良い。誰に教わるでもなくカラテの重要性を理解していた辺り、未熟だけど才能はあったと思う。 -- 2014-10-24 (金) 23:20:51
  • セイジは激怒した。必ず、かの邪智暴虐のニンジャを除かなければならぬと決意した。セイジには政治がわからぬ。 -- 2014-10-25 (土) 13:22:40
  • セイジならばナラクを全面的に受け入れて大暴れしていたんだろうな。そしてその場合は組織の力に勝てず結局死んでいたのであろうが -- 2014-10-25 (土) 18:54:36
  • ナンシー=サンの協力なし、センセイからのチャドー伝授なし、ドウグ社のバックアップなし…かなり厳しいですネー -- 2014-10-25 (土) 19:53:56
  • むしろ初日でナラクに精神ごと乗っ取られて却って長生き出来たんじゃ。果たしてそれを生きていると言って良いのかはわからんが -- 2014-10-25 (土) 23:17:55
  • セイジならというけどフジキドも人に恵まれなきゃ同じだったろ -- 2014-10-25 (土) 23:40:52
  • ↑書籍版ではそこらへんも重点してほしいね。彼もまた、フジキドのifなのだから。 -- 2014-10-26 (日) 09:20:27
  • 何気にあのスパルタカスと戦って、なお心が折れなかったんだなあ。恐るべき妄執か、圧倒的な力の差を認識できない無知ゆえかはともかく。 -- 2014-10-27 (月) 12:54:08
  • ニンジャソウルが弱るとニンジャ能力も低下していくらしいが、自分のエネルギーに変換する場合は弱らないのかな? -- 2014-11-11 (火) 11:44:06
  • バックインブラックが訳出されて思うのは、ナラクを宿し、フジキドの歩みは奇跡的なもんだと。 -- 2014-11-11 (火) 12:28:55
  • 途中送信してしまった。過去のナラク憑依者や、セイジのように道を見失ったニンジャソウル憑依者は実際いくらでもいるのだろうな。 -- 2014-11-11 (火) 12:31:22
  • ↑そもそもリアル・ニンジャでさえもモータル相手に略奪と殺戮は当たり前だったからな。 -- 2014-11-11 (火) 14:13:39
  • 再放送が#2まで終了。改めて思うのは、良き友・仲間、良きメンターに巡り合えるというのがどれほど幸運なことかということ。つくづく思った。 -- 2014-11-21 (金) 22:36:48
  • 実際センセイと合わなかった場合のニンジャスレイヤーを想定すると、それよりは遥かに控えめで邪悪でないとは言える。  フジキドと会うのは難しかったであろうのでいっそヤクザ天狗と会えば良かっ……良くない気がする -- 2014-11-21 (金) 23:10:04
  • 実はニンジャソウルとはUNIXプログラムめいた情報体みたいななんかではなかろうか。 端的に言えばソウル自体は自我のないニンジャ邪悪性、ニンジャ肉体形成プログラムで、憑依した人間によってはそれを書き換えて全く別のプログラムにすることもできたり・・・・一昔前コンビニにあったゲームソフト書き換えサービスめいたなんかなのでは。  アーチニンジャほどプログラムの量も膨大でできること、ジツも大きく幅広いがレッサーではニンジャ肉体形成とかニンジャ邪悪性くらいしか憑依者にインストールできない・・・・・  UNIXやコトダマ空間が現実世界と密接でハイクが力を持つのはこのプログラムへ直接アタック出来る手法だから、とか・・・・  なお、私は現在ノードラッグであり実際イルカちゃんの言葉にインスパイアされたため論理てき矛盾が一切ない。(彼真顔) -- 2014-11-21 (金) 23:34:52
  • フジキドは幸運だった...とは言うが、そもそもしょっぱなから妻子を殺されてる時点で不幸のドン底な。 -- 2014-11-22 (土) 00:36:23
  • ぶっちゃけその不幸はセイジも一緒な。やはりセイジに比べると幸運であろう -- 2014-11-22 (土) 00:56:15
  • ↑それを言うと天涯孤独なのはセイジも同じなので、センセイや仲間、ヴォーパル爺にその都度考えなおす猶予をもらってきたフジキドは少なくともそのチャンスの分は幸運であったと言えるのでは? -- 2014-11-22 (土) 01:20:53
  • フジキドさえナラクの力があれば復讐できますとか先走ったことをセンセイに言ってたわけで、ニンジャスレイヤーの理想に目が曇ったセイジは尚の事、知人が多少たしなめる程度じゃそのまま今の狂気ルートへズブズブになるだろうし。 -- 2014-11-22 (土) 01:26:53
  • 「英雄になろうとした時点で実際終わり」とオメーンライダーの弁護士も言っているしニンジャスレイヤーになろうとした所から詰んでいたのかもしれない -- 2014-11-24 (月) 23:48:03
  • セイジの場合、英雄ですらないのだなあ。恐怖のニンジャを倒したニンジャスレイヤーとの同一化とでも言うイメージ。少なくとも彼がなりたかったのは「自分を助けてくれたヒーロー」ではなく、ただの殺戮者なんだから。 -- 2014-11-25 (火) 02:29:07
  • 平安時代に当たり前のようにいた、モータルを虐げるニンジャになりたかったのか。 -- 2014-11-25 (火) 11:08:45
  • タグだとどうしても否定したがる人が他のニンジャより多くて可哀想だねセイジ -- 2014-11-27 (木) 22:01:14
  • ↑↑↑ニンジャスレイヤーもフジキドとして何か言葉をかけていれば変わったかもしれないからなー。あのときのニンジャスレイヤーの行動は「人助け」の面より「ニンジャを殺した」側面の方を注目されても仕方ないと思う。フジキドからすれば迷惑としか言いようがないが。 -- 2014-11-27 (木) 22:44:01
  • 実況はただでさえ曲解やいじりや叩きが発生しやすいが、セイジはそれが公式扱いのように見えるヤツだからな……。 -- 2014-11-27 (木) 22:45:16
  • ↑5 セイジも助かった後は自警団活動をしていたわけで、人を助ける者、ヒーローを継ぐというスタンスもあったのだと思うよ。しかしそれは実を結ばず、一度「ニンジャスレイヤー」に絶望した。その後、ディセンションを受けた。ニンジャスレイヤーを殺忍者としてのみ考えるのは、セイジがどうこうというよりは、この経緯が大きいいんではないか。 -- 2014-11-27 (木) 22:52:51
  • この人の不幸の何パーセントかは、第二部のニンジャスレイヤーを知ることがなく、第一部のほんの一部分でしかニンジャスレイヤーを知ることができなかった事で出来てるのではないだろうか? -- 2014-11-28 (金) 00:33:56
  • 「焼け死ね!慈悲は無い!」「ニンジャ殺すべし!死ね!」の、かつて自分を救ってくれた存在の言葉を、殆ど絶叫に近い叫び声で模倣して言うシーンが痛々しい。ちなみに多重誤送信の責任は手首ケジメを以って償いました。 -- 2014-11-28 (金) 00:45:13
  • カトン・クランとしては彼はなかなかの逸材だと思いますネー -- 2014-11-28 (金) 00:57:18
  • (↑2 勝手ながら多重送信は処理しました) クルゼ所長とかネザークイーンとか、常識的な範疇で「スゴイ人」なら、憧れたり挫折しても狂気に侵されはしなかったのではと思っちゃうなあ。規格外の怪物をそのまま真似ようとしてしまっためぐり合わせの悪さよ……。 -- 2014-11-28 (金) 02:04:40
  • ↑『トゥーレイト・フォー〜』とかを見るとアマクダリの情報操作の犠牲者としての一面もあると思う -- 2014-11-28 (金) 05:10:35
  • 本当に悲しいキャラクターの1人であると思う -- 2014-11-28 (金) 07:14:41
  • オメーンライダータイガさんのようなキャラだが、こっちは師や友に恵まれず狂気にはしった感じが・・・ -- 2014-11-28 (金) 08:56:31
  • 彼の抱いた、ニンジャを殺すはずのニンジャスレイヤーがニンジャと手を組んでいることが信じられないという疑問、それはたぶんニュービーもまた、必ずどこかでぶち当たる疑問なのではないかと思う。セイジの「ニンジャ=悪=敵」という短絡的な考えはまさに、ニュービーがニンジャスレイヤーという物語に対して抱く第一印象だろうし。その認識が誤りであることは、我々読者ならドラゴン・ドージョーやヤモト、シルバーキーたちなどとの関係を見ればわかるのだが、セイジにはそれを知る機会も、知る意思も、それを認められるだけの精神も最早なかったのだろう。 -- 2014-11-28 (金) 18:21:37
  • ↑実際ファンアートなんかにはソウル憑依者ではない、特に邪悪でもないニンジャに襲いかかるフジキドが描かれることが割にあったりする…フジキドはニンジャ絶対殺すマンではあっても全自動忍殺マシーンではないと知るのは少し突っ込まねばならんからなあ -- 2014-11-28 (金) 19:06:24
  • 加筆部分も含めて、ほんと極小コミュニティで反復加速した駄目論理の描写が巧くてなあ。教義を安いパッチワークだけで作った新興カルトとか、門外ジャンルでスカム理論捻り出して本まで出ちゃう学者とかの脳内は、実際こういう惨状袋小路になりがちな -- 2014-11-28 (金) 19:38:03
  • ↑NJSLYR細胞はあります。いいね? -- 2014-11-28 (金) 20:00:12
  • ハァーッ!ハァーッ!ニンジャスレイヤーの帝国はボクの物だ!アーチ級後継者であるボクの物だ!!ハァーッ! -- 2014-11-28 (金) 20:20:33
  • 組織にも入らずここまで頑張れてる点でそこらのサンシタニンジャよりもはるかにスゴい -- 2014-11-28 (金) 22:19:42
  • 再放送がいよいよ #4まで終わったけど、加筆でセイジの孤独が際立っているなあ -- 2014-11-28 (金) 22:33:51
  • 馬鹿な奴、身勝手な奴と一方的に叩く気持ちにどうしてもなれない。できん。 -- 2014-11-28 (金) 22:40:23
  • 加筆で拗らせっぷりが加速してるんだが、その一方で本放送よりアワレも際立ってるなあ -- 2014-11-29 (土) 00:14:43
  • スパルタカスが俗っぽかったときやファイアブランドたちがモータル虐めてたときも否定ぎみな人が多かったしそれと同じ現象で、セイジもあまり好かれてないんだろう -- 2014-11-29 (土) 00:30:54
  • もし本当にニンジャスレイヤーが死んでたらセイジはどうなったか?それもまた面白いデスネー -- 2014-11-29 (土) 00:34:20
  • ↑7 「セイジ」赤黒の目が赤くひかった -- 2014-11-29 (土) 00:42:27
  • ↑2 エーリアスやガンドーとの邂逅もなく、焦った挙句のスゴイタカイビルテロみたいな無茶に走らず、実戦経験とカラテを堅実に積むとするなら……、いいところいくだろうが、遅かれ早かれアマクダリに改めて狩られて(今度は真面目なスタゲさんあたりに)ビガーケージから抜け出せないまま力尽きる末路しかみえない。コピーキャットとしてニンジャスレイヤーに殺されるのではなく、ニンジャスレイヤーに次ぐ存在として死ねるなら、もしかしたら満足かもしれないが……。 -- 2014-11-29 (土) 01:47:42
  • ↑ニンジャスレイヤーは「フジキドでも戦う時期が違っていればほぼ確実にオタッシャ」という場面、強敵が数多くとうじょうしてますからネー、何だかんだで誰かが代わりをするのは無理だったでしょう…セイジのアワレがまた際立つ結論ではあるが -- 2014-11-29 (土) 05:29:39
  • 実際に相対したスパルタカスなんて、作中通しても最強クラスの相手だしな。今となっては、初撃で殺されなかっただけでも相当のキンボシに見える。 -- 2014-11-30 (日) 05:16:30
  • 実況を見てたら「勝手に憧れたくせに」みたいな意見があったんだけど、憧憬なんて、だいたいが相手のあずかり知らぬところで抱くものじゃないのかなあ。セイジはその後がどうしようもないことになったけど、憧れたことそのものさえ否定されちゃうのか、と思った -- 2014-11-30 (日) 21:48:10
  • そりゃあ勝手に憧れて勝手に幻滅して勝手に暴走して勝手に暴走したのは事実だからな、彼には哀れを感じるはするが憧れその物を肯定するのにその辺を別枠にするのが難しい -- 2014-11-30 (日) 21:58:17
  • そうだよね。勝手に幻滅して勝手に暴走したことを擁護するつもりはない。ただ勝手に憧れたことまで叩かなくてもいいじゃねえかと思っただけなのでした。シツレイシマシタ。 -- 2014-11-30 (日) 22:03:17
  • 「憧れは理解から一番遠い感情だよ」脱色=カトゥーンの悪役サンも言っているように憧れは「自分の中の理想像に」抱く気持ちだからね。より早い段階、例えば第二部でフジキドがネオサイタマに一時帰還した際に自警団活動中のセイジが出会っていれば真っ当に成れたかもしれない。しかし全ては遅すぎたのだ。 -- 2014-11-30 (日) 22:54:56
  • ひたすら哀れだ、惜しいと思うばかりで、嫌いになれない。ヘイト集めるだけのことはしてるのは確かだが。 -- 2014-12-01 (月) 00:26:21
  • これだけ邪悪ニンジャが次から次へでてくる作品で、露骨にヘイトされたり割りと素でダメ出しされてるだけでも、なんというか原作者の決断的姿勢と作劇技術を感じるね。 -- 2014-12-01 (月) 00:49:40
  • ずっとフジキドを見てきたヘッズとの見解の差とか、まんまヨタモノめいたニュービー・ヘッズみたいだからとか、作中の人物ゆえにそういう間違いを正してやれないもどかしさとか、そういう複雑ななんかがスパーク結合したが故の評価だと思うネェー。 -- 2014-12-01 (月) 12:06:34
  • 幾人ものモータルが、様々なエピソードで中核となる存在となったけど、個人的にはセイジが一番印象強いな -- 2014-12-01 (月) 12:12:36
  • バットマンにおけるロビンのような存在になれる可能性もカレ存? -- 2014-12-01 (月) 12:26:37
  • ↑ロビンつってもストライクス・アゲインのロビンじゃねえかな -- 2014-12-01 (月) 22:33:45
  • コス・プレイの延長で多くの無関係なモータルを殺害した・殺害しようとした時点で元々セイジの人間性に問題があったのではないだろうか -- 2014-12-03 (水) 07:24:14
  • ただ、それは上でも触れられてる通りアマクダリの情報操作の可能性も高いからなあ…だからって殺っていい訳じゃないけど -- 2014-12-03 (水) 08:36:42
  • 天狗めいたアンタイニンジャ思想のサイコパスが実際ディセンションするとこうなる。ワザマエや場数は奴には遠く及ばないがニンジャ殺害への執念だけは凄まじかったことよ。 -- 2014-12-03 (水) 08:45:50
  • ↑3 そもそも忍殺でそれ言い出すとメインキャラ大体があれだぜ -- 2014-12-03 (水) 12:43:28
  • そりゃ小さい頃に家族を殺されたら人間性に支障がでるだろうよ -- 2014-12-03 (水) 15:25:58
  • 人はみんな一皮剥けばケダモノな、ニンジャソウルは単にそれを突き破り易くするに過ぎない…だからこそ惨事や悲劇の中で最後まで一皮を手放さないことは尊く、また惨事や悲劇を暴虐の言い訳にしてもならないのだ -- 2014-12-03 (水) 15:50:53
  • なーんかぼくの考えた人のあり方の発表場になっててセイジとそっくりだね -- 2014-12-03 (水) 19:07:38
  • 再放送終わったんでいいかな。連載版より明らかに強いよねセイジ。やはりソウルはアーチなのかとも思うけど、考察されてたディベイサーも充分ありえますね。ソウル名が明かされなかったのは残念。 -- 2014-12-05 (金) 23:46:25
  • セイジの評価に関しては、メイヴェン=サンと似たアトモスフィアを感じる。ボタンひとつ掛け違っていれば、決してありえない話ではなかった偶然の再開さえあれば踏み留まれたであろう暴走の末の破滅が、否応なしに少しだけマシなIFを思い描かせるんだよな。 -- 2014-12-05 (金) 23:57:37
  • 成長力に関してはニンジャスレイヤー並み、環境を考えればそれ以上、しかしその先はニンジャスレイヤーより破滅的 -- 2014-12-06 (土) 08:09:10
  • 再放送が終了したが本放送版と比べてより狂人度が増してた気がする  -- 2014-12-07 (日) 08:11:46
  • 死に様がかなり改変されてたね。前はセイジの出発点めいて「どうしてこうなった」な気持ちで散ったけど再放送ではただの妄執ニンジャで終わった。物理書籍収録は後者かな -- 2014-12-07 (日) 09:00:10
  • リメイク版の最後……力と概念に溺れず、自分が家族を失くした無力な自警活動家だったことを忘れずにいられたなら、道を踏み外さずにすんだろうか。どうしてもそのIFを考えてしまう。 -- 2014-12-07 (日) 09:41:30
  • 人はみんな多かれ少なかれセイジ的な一面を持ってると思う -- 2014-12-07 (日) 09:43:05
  • ↑×7 セイジのソウルについては加筆前のナラクが「ゲニンの回虫」と言ってるので名無しのレッサーだと思ってる。サラマンダーやウォーロックの様に己の才と努力次第で憑依ソウルを超える強さを得ることは可能なのだから、あの強力さはまさしくセイジの妄執の賜物ではないだろうか -- 2014-12-07 (日) 09:52:42
  • ↑2 でもセイジが忍殺に憧れて真似てボブったことは、きっかけでこそあれ問題の本質ではないからな。幸か不幸か、我々は彼のような思い詰めたまま醒めないでいられるほどのカラテもジツもない。 -- 2014-12-07 (日) 10:02:50
  • 「思い出せない」ではなく「思い出せそうだった」、これ大事 -- 2014-12-07 (日) 10:57:03
  • 前のさもしい感のある最期の方が良かったような気がしないでもない -- 2014-12-07 (日) 16:44:01
  • ↑さらなる強化と活躍シーンを設けてもらったものと思えばこれも好ましい最期な -- 2014-12-07 (日) 17:32:43
  • やはりソウルが気になる -- 2014-12-07 (日) 17:45:58
  • とはいえ神話級ソウルではない事は間違い無い。個人的には、単なるゲニンのソウルをセイジが研修した結果だと思いたいな。唯一の頼れる力にすら利用されていたんじゃ流石に哀れだ -- 2014-12-08 (月) 02:52:06
  • しかし本当に強いな・・・フジキドも錆びついていたとはいえカトン使いの中でもかなり上位に入りそうな強さだ -- 2014-12-08 (月) 13:50:05
  • 少なくとも対ニンジャ戦闘経験を考える限り、カラテにあぐらをかいてモータル相手で良い気になってる凡百のサンシタとは比較にならない。古代ローマカラテは魔技だから仕方ない。彼には強いカラテがあった。ソンケイが足りなかったんだ。 -- 2014-12-08 (月) 15:00:42
  • ニンジャの身体・ジツを手に入れたのにも関わらずソウルが溶けきっていないのは何故なのか。同様のサンプルが期待されるネェー -- 2014-12-08 (月) 15:04:34
  • カトン使いの中でも上位の強さだろうか?現状カトン使いで1番強かったのはウィッカーマン=サンかなと思ってるのだけれど -- 2014-12-08 (月) 15:51:50
  • あれはリアルニンジャだからね・・・危険ニンジャスレイヤー妄想者にはさすがに負けないでしょう -- 2014-12-08 (月) 18:08:45
  • ↑その言い方は悪意を感じる -- 2014-12-08 (月) 18:39:09
  • セイジって下手したらニンジャソウルの生前の強さを超えているのか……?いくらブランクがあると言っても、ニンジャ相手の連戦とフジキド相手の接戦をするなんて普通じゃないぞ -- 2014-12-08 (月) 18:55:53
  • ゲニンとかグレーター持ちで強いと言われている連中は基本的に元のソウルの強さを越えていると思っています。サラマンダー=サンを筆頭にソウルの弱点を乗り越えたソニックブーム=サンやミスターダンディズムとかですねー (--; -- 2014-12-08 (月) 19:56:10
  • ゲニン憑きでも本人次第で強くなれるってのはこの物語の浪漫であると思う -- 2014-12-08 (月) 20:21:23
  • 行動は本来のニンジャスレイヤーに近いけど、肝心の原動力が「モータルの怨念」とかじゃなくて「ニンジャスレイヤーそのもの」だから、実際カンニングで答えだけ合ってる数学回答めいている。個人としてはサラマンダー=サンめいて強さの可能性を秘めていたが……既に言われている通り、暗黒の七日間を終えて自己を省みる機会、あるいは人に出会えていれば違ったかもな。最も、忍殺行為自体に憧憬を抱いてる辺り結局必然かもしれませんネー -- 2014-12-13 (土) 13:14:39
  • ↑暗黒の七日間を終えたフジキドみたいに、が抜けてました -- 2014-12-13 (土) 13:15:30
  • そろそろログ整理が必要かね -- 2014-12-14 (日) 05:57:07
  • ↑おねがいします -- 2014-12-14 (日) 17:20:00
  • 現在放送中のプリキュアには「セイジ」という名のカラテ使いの少年が登場するが、先日放送された回では、邪悪な存在に取り憑かれて赤黒の衣装を身に纏っていた。もしかして? -- 2014-12-22 (月) 17:21:05
  • ニンジャキラー! 少年はみんな〜 ニンジャキラー! 明日のニンジャ〜 oh year〜♪ -- 2014-12-22 (月) 18:04:22
  • もし先生とか彼の暴走を止める人がいればもう少しまともになったかなあと思う。周りにヨイショしまくるイエスマンしかいなかったのが彼の悲劇。 -- 2015-01-14 (水) 14:44:04
  • 少年漫画やカルイノベルの主人公は言う、「力がほしい」と。しかし力を得ただけでは、それで幸せになったり、誰かの役に立ったりするとは限らない。セイジの悲劇はそれを我々に教えてくれたといえるだろう -- 2015-01-14 (水) 14:49:09
  • ↑そのあたりはそれら主人公たちもセイジも、フジキドさえも大して変りはないのだなあ。いい方に転ぶかどうかは、正直運だとしか思えないショッギョムッジョ。実際フジキドもセンセイが間に合わなければ心折れてたみたいだし・・・ -- 2015-01-15 (木) 00:32:00
  • フジキドがセイジに言った「甘えるな」という言葉は、きっと自分自身に対して放った言葉でもあったのだろうなあ。彼もまた、フジキドの鏡像だったのだ -- 2015-01-15 (木) 07:20:16
  • ニンジャソウルの悪性に呑まれたとする見方が多いが、中二病は元から素質があったと思う。中二が妄想通りの力を手にするとこうなるって見本だな。 -- 2015-01-15 (木) 21:38:06
  • ↑ニンジャソウル憑依者とダンゲロスの魔人は実際似通ってるな。初期のカトン使いのアーソン=サンより強いか? -- 2015-01-18 (日) 10:17:43
  • あのソウルは元のソウルではなく、セイジ自身がブディズムでいうトゥルパめいて自身を割って「ニンジャスレイヤー」の擬似人格を生み出してしまったのではないだろうか -- 2015-02-01 (日) 19:15:56
  • ニンジャソウルの性質に「相手の真似をする」要素もありそうなんだよなあ。「自分がニンジャスレイヤーの後を継ぐ」ではなくニンジャスレイヤーそのものになる決断に影響はあったと思う -- 2015-02-11 (水) 04:53:43
  • ナラクペディアによると下忍扱いされてたが、ただの下忍でこれだけ強いんなら他のカトン使い達はどれだけカラテ修行サボってたんだ -- 2015-02-11 (水) 16:19:05
  • ↑たまたま力を手に入れて浮かれているヨタモノもどきと真の狂人を一緒にしてはいけない。 -- 2015-02-11 (水) 16:36:40
  • ニンジャソウルから力を引き出してたけど、最後のシーンでは逆にニンジャソウルに呑まれたというのは… -- 2015-02-14 (土) 16:24:27
  • チクワめいて味はするが中身はない奴。 -- 2015-03-03 (火) 22:27:49
  • ちくわしか持ってねえ -- 2015-03-05 (木) 02:04:46
  • ちくわ大明神 -- 2015-03-05 (木) 11:05:28
  • 神話級ニンジャドッグであるシシマル=サンの大好物を偽物の例えに使うのはスゴイ・シツレイ! -- 2015-03-05 (木) 11:40:36
  • ナンオラー…?だったらチクワブは偽者の偽者かッコラー!?小麦粉とダシの味の調和嘗めッコラー! -- 2015-03-05 (木) 12:26:11
  • しかし彼の言った「ニンジャスレイヤーの帝国」という言葉は、実況でも言われていたが、臣も民もいないひとりぼっちの帝国めいていて、笑えるがどこか寂しいコトダマでもあるなあ。己を孤独な殺人者と規定するフジキドのもとへ仲間が集まっているのとは実際好対照 -- 2015-03-10 (火) 11:06:06
  • 偽物が本物に叶わない道理がないように、本物を圧倒したアカ・アーチャー=サン、キンニク・アタル=サンがいるが、こいつは典型的なニセモノ! -- 2015-03-19 (木) 09:52:50
  • ニンジャスレイヤーが救ったモータルが結果、捻れてしまった。全てインガオホー…救いがない。故に憎めない。彼も我々ヘッズと同じく「ニンジャスレイヤーのフォロワー」であったからだ… -- 2015-03-21 (土) 10:02:00
  • フジキドとの違いは実際メンターの有無くらいな -- 2015-04-26 (日) 10:21:04
  • ↑よき仲間達も重要。センチメントのみで仲間な訳ではないとは言ってもフジキドチームは実際ヤバイ級のお人好しの集まりだよ・・・ -- 2015-04-26 (日) 12:17:58
  • もう一人の鏡像との違いは、奥ゆかしさの有無かな -- 2015-04-26 (日) 15:17:45
  • ↑2そしてそれらをセンチメントにしろカネにしろ自分の方に置かせることができるフジキドのお人好しさな。フジキドチームの絆は重要度の違いこそあれど結局誰が抜けても成り立たない。 -- 2015-04-27 (月) 15:36:16
  • ↑×1〜4 ((グググ・・・なんたるウカツ!ウカツの極み!宿したニンジャソウルの格の違いこそ最も重点!!)) -- 2015-04-27 (月) 18:35:08
  • ↑4最初期フジキドはドラゴン・ゲンドーソーに力づくで止められなければ仲間なんて得られず奥ゆかしさを得ることなく闇に落ちてたのでは?セイジに対するフジキドがフジキドに対するゲンドーソーにならなかったのは、無情な。フジキドは運が良かったよね -- 2015-04-27 (月) 18:48:07
  • ニンジャ化してソニックブーム=サンのようなニンジャに叩きのめされたらレオパルド=サンのようにおとなしくしてたのかな? -- 2015-04-27 (月) 19:15:27
  • スパルタカス=サンに叩きのめされて余計悪化した感があるから、本編に登場したときにはもう手遅れだったのかも知れぬ。 -- 2015-04-27 (月) 22:39:09
  • 狂人の真似をしたら実際狂人。 -- 2015-05-23 (土) 15:26:28
  • ニンジャスレイヤーを盲目に追う狂気故に強かったけど、狂気故にスパルタカス=サンとの格の違いを正しく認識出来なかった。アトロシティ・イン・ネオサイタマのグリーンエレファントやガスバーナが思い出される。メンターは重要だと思わせるエピソードの一つ。ニンジャスレイヤーを追い求め狂気とソウルに飲み込まれる様は、シャドウウィーブがブラックドラゴンの影を呼び出したり挙げ句の果てにシャドウドラゴンになってしまうのと同じアトモスフィアを感じる。 -- 2015-05-26 (火) 00:14:25
  • 「ニンジャ殺すべし。慈悲はない」ってセリフがネットで一人歩きしてる中シヨンのコメントで○○(他のカトゥーンニンジャ)も殺すのか?とかいう反応をよく見た時、命を救われた他は忍殺の情報しか得ることが出来なかったセイジが育てた「ニンジャスレイヤー」と重なってる様に思えて少しコワイでした。 -- 2015-06-02 (火) 01:51:23
  • ↑そんな感じで「ニンジャスレイヤーはニンジャを例外なく殺す」と勘違いをしていても当初のセイジの最大の目的は「憧れていたニンジャスレイヤーに認めてもらいたい」事であったのだから道を完全に誤る前にフジキドに会うなり叱咤して貰えていたら矯正出来ていた可能性は十分にあるよなあ。セイジに「ニンジャスレイヤーは死んだ」と信じさせたやつがいちばんわるいんだ。そううにちがいない(多分ハッカー)(ぐるぐる目) -- 2015-06-02 (火) 17:33:01
  • ↑タイミング的にニンジャスレイヤーが死んだ情報が流れてなかった時はセイジはニンジャじゃなかった以上フジキドに会ってもフジキドは特に何もしなかったのではなかろうか -- 2015-06-03 (水) 06:10:25
  • ↑ヴィジランテ活動がニンジャの時みたくモータル巻き込むような邪悪な形だった場合は何かしら言うかも・・・。憧れに追いつこうと頑張ったものがその対象のフジキドにとって特に忌み嫌うニンジャそのものだった事はどこかセンチメントなアトモスフィアがあることよなあ。落ちる前に正しい意味で「真のニンジャスレイヤー」を知れていれば外道には成らなかったのだろうか -- 2015-06-04 (木) 14:19:22
  • 彼の言動がもうちょっと奥ゆかしければ、本家に「今夜はオヌシと私でダブルニンジャスレイヤーだ」と言ってもらえたかも知れない。 -- 2015-06-17 (水) 11:24:23
  • ナラクからも厳しくまがい物扱いされてるバッタモンに慈悲などなかった。 -- 2015-06-17 (水) 12:03:33
  • しかしセイジは一理あることもたくさん言っている。ニンジャスレイヤー=サンの今後に備えよう。 -- 2015-06-17 (水) 18:35:05
  • セイジには特に思い入れはないと思っていた中で三部二巻に収録と知った時は表題作にすらなれず何者にもなれずじまいかと自然と涙して自分でも驚いた。次の日に二巻サブタイトル発表されて気持ちを持て余したけど -- 2015-06-17 (水) 19:55:54
  • 物理書籍で更なる掘り下げがされそうで楽しみ。それにしてもあのゴツいイラストには驚いた。元無力な若者→ひょろいイメージだったわ。トレーニングは真面目にやってたしそれで膨らませたのかね -- 2015-06-21 (日) 02:58:11
  • 表紙になると思っていたのにユンコとやきゅうにとられちゃった人 -- 2015-06-21 (日) 12:27:53
  • ニンジャスレイヤーしんじつが判明した今だと「ニンジャスレイヤー」としてはフジキドが異端なわけであながちセイジの言ってることも間違いではないのかもしれない -- 2015-06-26 (金) 22:49:39
  • あのゴッツイ物理書籍デザインはソウルから力を吸い上げた最終形態なのでは? -- 2015-06-30 (火) 16:55:25
  • 物理版はハードモード故に、あれが実は第二形態とか、俺はあと二つ変身を残しているパターンかもしれない。備えよう -- 2015-06-30 (火) 17:40:08
  • 書籍版タイトルヤッター! -- 2015-07-01 (水) 13:07:22
  • ナラク共鳴のフジキドかと思ったが、あの禍々しいニンジャはセイジなのか!? -- 2015-07-01 (水) 14:14:52
  • セイジがあからさまにカーネイジなのだ!体格重点ならヴェノムだけど -- 2015-07-02 (木) 15:42:34
  • ↑キルズでナラキドになると、全身の筋肉が膨れ上がって、ブレーサーを含む防具や装束どころか足袋まで禍々しく刺々しいデザインに変化してたが、セイジも似たような姿になってたし、レイジも姿は違えど変貌したから、ソウルに乗っ取られたり力を吸い上げると異形化してしまうのかな? -- 2015-07-02 (木) 16:45:04
  • 炎の化身と化した…ってシーンの状態じゃないの -- 2015-07-03 (金) 22:55:03
  • 狂人の真似をしたら実際狂人。かの有名な言葉だ……狂人であるニンジャスレイヤーを真似した彼が常人な訳がない。インガオホー、彼の不幸はニンジャスレイヤーという存在に見いられてしまったことだろう -- 2015-07-14 (火) 09:41:02
  • ↑そのような書き方をすると主人公のはずのニンジャスレイヤーが接触しただけでSAN・ポイントをごっそり削られ狂いかねないクトゥルめいた存在に見えてしまうではないか!…と思いましたがよく考えてみれば実際あまり大差ありませんでしたね、まったくもんだいありません -- 2015-07-14 (火) 11:04:51
  • 紅蓮の装束を纏ったところでオイオイニンジャスレイヤーの真似辞めてる -- 2015-07-21 (火) 17:04:31
  • ↑途中。 辞めてるじゃないかと思った -- 2015-07-21 (火) 17:05:53
  • ハードモードで追い詰められたらまた性懲りもなくソウルの力を吸い上げようとしたら自我を侵食されたか。インガオホー! -- 2015-07-25 (土) 18:18:25
  • 書籍版で結構キャラ変わったな 個人的には再放送版がアワレとインガオホーが絶妙で一番好き -- 2015-07-25 (土) 18:25:46
  • 主導権を握っていたつもりが最後の最後でニンジャソウルの闇に呑みこまれた感な -- 2015-07-25 (土) 18:50:02
  • 再放送版の「セイジは思い出せそうだった」が刺さった人間としては、最後に再度ニンジャ(ソウル)からフジキドに助けられ後悔しながらだが思い出してから逝けた書籍版は救いがあったように感じた。 -- 2015-07-25 (土) 19:12:34
  • 憑依してからそれほど経っていないだろうに、サンシタ狩って悦に入ってただけにしては相当なワザマエだよね。この人 -- 2015-07-25 (土) 19:52:07
  • ↑ただ、浮かれてた時にスパルタ=サンに叩きのめられても全く懲りない馬鹿だから、遅かれ早かれアマクダリに始末されただれな。 -- 2015-07-25 (土) 20:24:00
  • ↑2ニンジャスレイヤー目指してから向上心的な物はあったろうし -- 2015-07-26 (日) 16:40:58
  • 書籍版では無くなっちゃったけど、すごいマジメにカラテトレーニングとかアグラメディテーションやってるしな。あとなにげに自力でローカルコトダマ空間にアクセスしてるのもスゴイと思う。書籍版にもあったけど本当にどこで歪んでしまったのか…。 -- 2015-07-26 (日) 16:53:52
  • これもひとつのエゴではあり、故に彼は強かった。フジキドとて歪んでいないとは到底言えぬ。ただ、彼はひたすらに己の理想に固執し、現実を見ようとしなかった -- 2015-07-26 (日) 18:50:37
  • ものすごい執念と精神力だったが「ニンジャスレイヤー」というパッケージングに固執してしまい、エゴに核がなかった、という印象。書籍版の説明にある、ニンジャソウルと「相互に狂気を強めていった」というのも、フジキドの狂気との方向性の違いを感じる。 -- 2015-07-26 (日) 20:01:45
  • そろそろコメントを別ページにしませんか? -- 2015-07-26 (日) 20:05:29
  • 一介のゲニンソウルがあそこまで力を発揮して自我まで取り戻したの宿主の執念故か?それとも元からシャトロム=サンみたいな執念のを持ったゲニンだったのか? -- 2015-07-26 (日) 21:24:55
  • アババババーッ!まさか現実でもセイジめいた発想でツイッタアー上に帝国が生まれるなんてテストに出ないよお・・・ -- 2015-07-27 (月) 18:55:24
  • かつて見た美しい存在に憧れそれになろうとしたというとエミヤ・シロウ=サンめいてもいるが、殺戮者の無慈悲殺戮のみに憧れてしまったらこうもなるのだろうかなあ -- 2015-07-27 (月) 20:22:31
  • ダブルクロスのオーヴァードの生涯めいていてたまにプレイする者としては大いに参考になりつつもジャームめいたなんかに成り果てる彼にアワレを感じずにはいられないことよ…… -- 2015-07-27 (月) 20:55:11
  • 力に溺れてニンジャを殺すことのみに拘泥し、弱者を省みようとしないセイジ。ニンジャの力で、力なき者たちを目の届く範囲だけであっても助けようとするフジキド。この対比が本当に、ワザマエでなぁ…。 -- 2015-07-27 (月) 21:00:20
  • ニンジャソウルは鏡のようにセイジの影響を受けていった、ニンジャスレイヤーだと言われればセイジをニンジャスレイヤーだと言い、そして全てをよこせと言われたそいつはセイジの全てを持っていった。 -- 2015-07-27 (月) 21:33:19
  • キルズでナラクに拒絶反応起こされてフジキドの体から棘が突き出してきたが、取っ組み合いでベノムみたいになったセイジも棘が生えてたが、自覚無しで拒絶反応起こしてたんじゃ? -- 2015-07-27 (月) 21:55:02
  • セージの花言葉は「尊敬」「知恵」「良い家庭」「家族愛」……セイジとニンジャスレイヤーの名を捨てニンジャキラーになった時彼はその全てを失ってしまったのは実際皮肉な。 -- 2015-07-27 (月) 22:32:16
  • まさかニンジャスレイヤー帝国の主に既になってたとわな・・・再放送だと「いずれセイジは」とちと奥ゆかしかったのに -- 2015-07-27 (月) 23:02:38
  • 決断的にコメントを別ページに編集。これが真のニンジャスレイヤーだ! -- 2015-07-27 (月) 23:07:31
  • 時に喧嘩はしてもフェイス?トゥ?フェイスで直に話す相手、格好つけなきゃいけない相手がいた半額=サンやスカラムーシュ=サンの行いは決して誉められぬ犯罪行為だが生き様に尊みがあった。一方で一見社会貢献じみた正義の行いから始まったセイジはIRC越しに届く称賛の言葉で自己満足じみた自己肯定や自己暗示を深め邪悪なだけの行為に堕した。ほんの少し気を許せる相手がいれば何かは違ったのではと思うと対比が寂しいな -- 2015-07-28 (火) 03:08:28
  • 「友人またはセンセイ」、そして「自分のエゴ」があったら全く変わった人生だったろうねえ…自分はニンジャスレイヤーではない、だから憧れのあの人そのものにはなれない。それを受け入れるだけでもよかった… -- 2015-07-28 (火) 05:56:12
  • 初めはフジキドに甘えるなとバッサリ、再放送版では逆ギレして我を失った間にスレイ、書籍ではソウルに呑まれてスレイと段々と実際被害者めいた面や救いの余地のようなものが増えてきている気がする。次なる改定ではフジキドの仲間になるやもしれん -- 2015-07-28 (火) 11:38:09
  • ↑ 逆では?段々と自分の行動が制御できなくなっているという事はよりじゃあくなニンジャに近づいている。 -- 2015-07-28 (火) 13:20:44
  • 「セイジ」という人格を否定されていたのが最終的にはニンジャソウルの被害者になったってことでは?まぁ「セイジ」としてはマシになってもニンジャとしては悪化してる気がするが -- 2015-07-28 (火) 14:00:12
  • ↑ ああスミマセンその辺りはまぁそうかもしれないとは思うのですが、仲間になれるって辺りに引っかかったもので。フジキド一味は自分のエゴを通した上でそれなりにじゃあくさが抜けた人たちの集まりだから、エゴどころか自我も無くなっていくセイジには無理なんじゃないかと。 -- 2015-07-28 (火) 14:53:28
  • 味方はまず無理だとしても最終的にはグッドルッキング・オヒガンで浄化される程度にはなる可能性がカレ存な…? -- 2015-07-28 (火) 15:59:43
  • もうちょいおバカだったら「ニンジャスレイヤーに憧れてついて回るファンニンジャの一人」になって解説役程度にはなれたかも -- 2015-07-31 (金) 22:54:37
  • 厨が能力持ってイキがるとロクな目に合わないって意味じゃ、天狗の三兄弟を思い出す。遅かれ早かれアクシスが来るか、フジキドにやられてたろうし。それにしても書籍版のウキヨエ、もろにバケモノじゃねーか・・・ -- 2015-08-06 (木) 20:56:53
  • この手のワナビ暴走ネタの定番「そう、俺は本当は○○になって誰かを助けたかったんだ!」 みたいな改心シークエンスが与えられなかったのはありがちだから避けたのかな。あれ好きなんだけど -- 2015-08-07 (金) 06:19:05
  • ↑↑ソウル暴走verでしょうかネー。裏が野球のイメジウキヨエでは割とフジキドに近い感じでしたし -- 2015-08-07 (金) 07:28:17
  • いつしか目的と手段が入れ替わるどころかねじ曲がってるあたりがうしとらのナマハゲを思わせたり。 驚くべきは妄執が内面のニンジャソウルすら歪め、洗脳と逆洗脳を及ぼしてる辺り。 -- 2015-08-08 (土) 11:38:27
  • ここまで執着する辺りソウルにもなにかナラクと繋がりがあったんじゃないかとも思える。殺られた恨みか? -- 2015-08-27 (木) 12:28:06
  • ↑6ハッハッハ、ニンジャスレイヤーが右腕!ニンジャキラー推参!→即グワなギャグ要因な -- 2015-08-27 (木) 13:29:12
  • この記事のどこにもセイジのニンジャネームについては書かれていないのか……巧みだ -- 2015-08-27 (木) 14:09:20
  • セイジは、何かが違えばフジキドの良き協力者になれただろうに、と思う。 -- 2015-09-06 (日) 12:50:40
  • 彼の言った「ニンジャスレイヤーの帝国」、割と現時点のフジキドが築いてきた人脈をフル活用すればあっさり実現可能な気が。まあ本人はニンジャ殺す以外に興味なさそうなのでそんな野心はまず抱かないだろうが -- 2015-09-06 (日) 15:03:28
  • セイジは改心したら一気に弱体化しそう -- 2015-09-06 (日) 18:49:09
  • ちょっと上の方のコメントにもあったが、もし彼が改心してたらニンジャスレイヤー側のプリンセプスみたいになってたような気がしてならない。ただしクズ肉=サンと違って割と長生きして、最終決戦辺りでフジキドの身代わりになって死ぬんだ。「俺は役に立ったか、ニンジャスレイヤー=サン・・・」「十分だ。よくやった」「フフ・・・サヨナラ!」俺は詳しいんだ -- 2015-09-06 (日) 19:48:36
  • セイジは資金の提供や、表に出れないフジキドに替わって表社会で活動するなどしていればずっと役立っていたろうにね -- 2015-09-06 (日) 20:39:20
  • HoEのレイジの時にも思ったけど、実況が説教や上から目線のツイートばっかりだったな。彼らの青臭さに対する反ミラー現象だろうか。それともヘッズはセイジ以上の過去を内包しているのだろうか。 -- 2015-09-08 (火) 06:01:59
  • ↑3ちょっとディクテイター=サンみたいだ。 -- 2015-09-08 (火) 09:01:28
  • 弟子になってインストラクション受けたとしても結果は同じだと思う -- 2015-09-08 (火) 21:34:32
  • そのダメさがセイジのカワイイなのだ -- 2015-10-10 (土) 11:56:25
  • もしもセイジがもっと幼かったら、彼はマイティニンジャスレイヤーになっていたかもしれない -- 2015-10-10 (土) 17:55:03
  • 歪んだ妄嫉にとらわれる以外は単に不幸な青年なんだよな。自力でニンジャソウルの力を絞り出したりメンタルも相当強いし、ほんと運が無いよな -- 2015-10-13 (火) 04:44:17
  • 彼が同情できないのはフジキドと同じくニンジャの暴虐により -- 2015-10-13 (火) 22:20:19
  • 家族を失ったのにも関わらず本編内ですら一切家族の事を思い出さないこと -- 2015-10-13 (火) 22:21:50
  • 全くだ。それ故にこそ彼は「ニンジャスレイヤー」たり得ず、「フジキド」のアンチたり得る。 -- 2015-11-03 (火) 05:59:51
  • ストーカー=サンよりストーカーめいている -- 2015-11-03 (火) 07:25:16
  • ニンジャスレイヤーを信じ傾倒……ゆえにニンジャスレイヤー・シンジケート!ポエット! -- 2015-11-16 (月) 09:09:57
  • どこぞのマーベルヒーローの凶暴なキャップじみている -- 2015-11-16 (月) 09:58:58
  • 圧倒的な力がもたらす避けられない死をさらに圧倒的な力で救ってくれたものをひたすらに追いかけて、いつしか見失っていたってのが切なくて好き -- 2015-11-16 (月) 11:06:28
  • スパルタカス=サンが瞬間的に実力見抜いて手を抜いた可能性も否定できないが、彼の(恐らく)虎の構えとぶつかり合って脱臼だけで済んだってわりとスゴイだよなぁとローマ回見ててふと思った -- 2015-11-23 (月) 23:15:43
  • フジキドと比べると何もかも不運に思えてくる。センセイやナンシー=サンのような対等もしくは以上の存在が無く、ナラクのような内側の敵もおらず、そして若すぎた。 -- 2015-12-22 (火) 01:22:04
  • 確かにセンセイがいなければフジキドもナラクに呑まれてニンジャ殺し(モータル含む)してた可能性もあるんだよな。センセイに会えなかったフジキドのようなものなのか -- 2015-12-22 (火) 22:05:21
  • フジキドだって暴走時にセンセイに負けたのをきっかけにドゲザして弟子入りを申し出た。セイジもフジキドというセンセイに出会ったんだからドゲザすべきだったんだよ。 -- 2015-12-25 (金) 23:15:34
  • ダークヒーローニンジャー -- 2016-01-07 (木) 19:20:43
  • 時折、「フジキドは○○をスレイすべき、しないのは間違っている」と言うヘッズがいる それはセイジと同様に……即ち己の中に育まれたニンジャスレイヤーと言うミームの声と、実際のフジキドの区別が付かなくなっているのではないか、と感じる -- 2016-01-26 (火) 13:07:15
  • それはもしかしてボブ・ニンジャクランのソウルが宿ったのでは? -- 2016-02-11 (木) 00:36:52
  • 書籍版はソウルが弱弱しくなるほど力を吸われたのに最後は逆に力を奪い返されたから、ニンジャキラーの妄執をソウルが糧にして自我に目覚めたのか? -- 2016-04-08 (金) 11:57:26
  • セイジのソウルはオウム返しが得意みたいだったし、力を奪われたからセイジから力を奪ったんだろう -- 2016-04-08 (金) 12:51:51
  • ↑4 フジキドを「自分の嫌いなニンジャを惨たらしく殺す都合のいい殺忍装置」扱いして、脳内でニンジャスレイヤーの帝国を築いちゃってるヘッズは実際結構いる。セイジはまさしく彼らの鏡像でもあるのだ -- 2016-04-09 (土) 01:30:51
  • (自分の内でしかない)フジキドを勝手にシコシコとこね回してこのザマなんだから直々にインストラクション受けた所でそれを捻じ曲げて結局同じ結果になるだけだろうに。そもそも本人、キリング〜で他人にモノ教える資格ないって言ってるけど。 -- 2016-04-09 (土) 08:25:46
  • 本編から離れるがキルズのプロト忍殺がビジュアル的にセイジ(初期)のイメージだった。最初はあんなハンドメイドだったと思う -- 2016-04-14 (木) 22:55:28
  • カラテに精通したニンジャなら肩の脱臼ぐらい自分で治せるのに医者にたよるとか情けない! -- 2016-04-15 (金) 15:20:50
  • ぶっちゃけ、対象と目的が違うだけでレベル自体はニンジャ修道会と変わらないよな -- 2016-04-18 (月) 11:40:51
  • もしロンゲスト以降に出現してたら、ニンジャスレイヤーを名乗るニンジャとかサンシタにはマジで恐怖かも…と思ったが悪目立ちしすぎて即雷撃だろうなあとも。取り巻き三人じゃアルゴスに手も足も出ないだろうし…。 -- 2016-04-18 (月) 12:53:52
  • 接触した敵に纏わり付くカトンはヤモッチャンのサクラ・エンハンスの応用にどこか通じるものがありますネー。ピンポ=サンの言う「ニンジャのジツはスキルツリー方式」説に則れば、カトンとエンハンスの複合スキルめいた感じなのでしょうか -- 2016-05-06 (金) 23:04:09
  • セイジ=サンのダメなところはなまじ目標とそれを達成できる資金と能力があったことだよなぁ。 -- 2016-05-23 (月) 20:54:07
  • もしもだ、彼がセンセイを持てていたら、ユウジョウ! と心の底から言える仲間がいたのであれば……いや -- 2016-05-25 (水) 08:46:57
  • ↑アバッー!! 途中送信、セプク致します……続き、いや、きっとないな。彼の心はニンジャという力を受け入れるには脆すぎたんだ -- 2016-05-25 (水) 08:48:24
  • フジキドでさえ数々のニンジャ達とのイクサや出会いを経て探し続け、苦悩を繰り返して答えを見つけ出したのに、コイツはただ「ニンジャスレイヤー」というだけの都合の良い存在に安直な答えを出しちゃってるもんなあ。 -- 2016-05-31 (火) 10:19:12
  • ヒョウハク・シニガミのアイゼン=サンの言葉を借りるならまさに「憧れは理解から最も遠い感情だよ」ですかネー。 -- 2016-06-11 (土) 23:24:56
  • ニンジャスレイヤーに憧れながら、結局ニンジャ暴力性に堕ちていくのは実際悲しい…でも正直フジキドが完全にはニンジャ暴力性の虜になってないのは、ナラクがニンジャソウルとして自分から分離してるおかげでニンジャ性を自分自身から弁別できてるのも大きいから彼を責めるのは酷だとも思うんだよなぁ。フジキドが仲間だと認めてるニンジャにしても、平安時代から優れた教えを伝承するドラゴン・ドージョーに、奇跡みたいな存在であるシルバーキー、ニンジャソウルも本人も人間の鑑みたいなディテクティヴ、そして自己愛が薄すぎるヤモトと、正直努力だけじゃ届かない人 -- 2016-07-18 (月) 19:51:11
  • ばっかだと思う…途中送信してしまったので小指とエンターキーをケジメしてきます -- 2016-07-18 (月) 19:52:26
  • ↑分かる。特に、シルバーキー=サンは「ニンジャの凶暴性とはいったい?」と思いたくなる。(針灸の修行の成果?)作中の常識では、ニンジャ修道会やセイジみたいになるのが普通なのに。 -- 2016-07-18 (月) 21:10:54
  • ↑2 ディスポイラーとかフォーティーナインとかニンジャ性を抑えこんでみせたのは少ないけど他にもいるよ。ジェノサイドやイグナイトみたいにかつてはスレイ対象を免れなかったようなのもニンジャ邪悪さを抑えこむようになってるし、周りの人間の影響も大きいわけだけど本人の人間性がそもそも必須だよ。フジキドもナラクに飲まれないように抗っていたからこそセンセイも助けることにしたわけだし。 -- 2016-07-18 (月) 22:21:12
  • しかしセイジ=サンは最初から「忍殺おじさんになり替わって愉悦を得る!」じゃなくて「忍殺おじさんは絶対負けないッ!彼の意志は僕が継ぐッ!」っていう感じだったしそもそもニンジャ性を抑え込んだ人たちってモータルの恋人的な心の支えがいる人がほとんど、ってなるとセイジ=サンがすがるものは憎悪に燃える赤黒いおじさんだけ。家族もいるけど最後(モータルとしての)に見たものが赤黒いおじさん。その上家族を殺した憎きニンジャはそのおじさんにスレイされちゃってるから求めるのは「ニンジャ殺すべし」ってよりかは「忍殺おじさんのフォロワーになる」ってのはしょうがないんじゃないかなぁ -- 2016-07-21 (木) 17:30:00
  • ニンジャになっても精神が変わらない者は、良くも悪くも確固たる己を持つ奴が多いかな。例えば強烈な自己愛を持った男がニンジャになっても、それによって今まで自分の中にあったものが変わってしまうことが絶対に許せず、無差別に暴威を振るったりはしないだろう。つまりは外部からの付け入る隙のない確立された精神を持つことが重要なのだ -- 2016-07-21 (木) 18:34:48
  • ↑2 -- 2016-07-22 (金) 08:57:34
  • グワーッ誤爆!後ほどケジメします -- 2016-07-22 (金) 08:58:19
  • フジキドも普通にサラリーマンやってるうちにたまたまそこらのソウルが憑依してたら邪悪なニンジャになってると思うけど -- 2016-07-29 (金) 23:57:58
  • ↑仮定の話はいくらでもできるけど実際は憎悪に囚われているのにも関わらず一、二を争うほどに邪悪なナラクの支配を跳ね除けてるしなあ。 -- 2016-07-30 (土) 00:03:45
  • ↑いやいやそれこそ違う。 -- 2016-07-31 (日) 04:33:53
  • ↑↑それはあくまでも結果であって前提条件が異なっているではないか?フジキドは妻子を殺された恨みを原動力に(少なくとも最初は)に動いたからこそ自我を取り戻せたのであってまあまあ幸福なサラリマン時代に憑依されたらモータル虐めるニンジャになった可能性が高い(妻子の件で踏みとどまる可能性も同居するのだが)。というか長文書いておいてなんだがここはセイジ=サンのページだ彼の話をしよう -- 2016-08-01 (月) 00:44:36
  • 個人的に、愛する人の存在や良きメンター、ニンジャである前に自分は○○(アクションスターであったり、父の守り手だったり)という強い意識がニンジャを人のままでいさせてくれるんだと思うけどセイジ=サンの場合愛してくれた家族は殺され、自己鍛錬が基本だったのでメンターはいない。忍殺おじさんになりたいという意識があったのでニンジャでなくとも〜という考えにはならない。なんかつくづく悲しい存在… -- 2016-08-01 (月) 02:39:47
  • ↑ そもそも家族を殺したニンジャは死神にスレイされたから復讐という戦いの糧すらなかったからなあ。それだけでも忍殺おじさんにはなり得なかった -- 2016-08-01 (月) 21:47:24
  • イラストも見てみると、ニンジャになってからの彼は偽物やまがいものというより、”っぽい者””〜風”って感じなのよ。だから歪で、悲しい存在なのよ -- 2016-08-01 (月) 22:07:10
  • イラスト関係なのだが物理書籍のグワァーって叫んでそうなアレ、どうにもならない何かに対して叫んでいるようにも見える -- 2016-08-02 (火) 16:45:08
  • ついにニンジャスレイヤー(ナラクイン別個体)が現れアイデンティティが薄れつつあるニンジャキラー=サン -- 2016-08-06 (土) 04:32:39
  • もっとはやくオリジンに出会いインストラクションを受けられていれば、ニンジャキラーにはならなかったかもしれない。 -- 2016-08-06 (土) 20:36:06
  • 今にして思えばフジキドの再起と言う意味だけでなく3部の最初の相手に相応しいニンジャなのだなあ。表ラスボスのアガメムノン=サンが進めていた再定義と鷲の一族の目的はニンジャスレイヤーに執着してるか否かの違いがあるが「凄く規模を大きくしたニンジャスレイヤー帝国概念」と言って良いものだったのだから。 -- 2016-08-06 (土) 22:56:41
  • ニンジャスレイヤーカーニバルファンタジアっていうギャグ時空のナニカが出たらニンジャスレイヤー=サンについて回るちっちゃいニンジャキラー=サンが見たいです。 -- 2016-08-09 (火) 03:58:22
  • ああ〜憧れのニンジャスレイヤーに〜なりたいな、ならなくちゃ、絶対になって、やる〜♪ -- 2016-08-10 (水) 17:15:05
  • ↑ チバ「パチモン(の命)、ゲットだぜ!」 -- 2016-08-10 (水) 17:59:39
  • 実はヘッズは誰しもニンジャキラー=サンになり得るんだよな。忍殺という物語の中から好きなキャラクターを選んで囲ってるけどそれはあくまで自己解釈でしかないわけで物語の中でそのキャラクターが自分の予想と違っていたらちょこっとばかし落胆することもあるだろう。その時点で程度の差はあれどニンジャキラーとなっているのだ。ニンジャキラーにならないのはボンモーとモーゼスの原作者組だけあるのでヘッズは常に自分がニンジャキラーになることを恐れなければならないのだ -- 2016-08-11 (木) 17:13:13
  • 時期が時期ならセイジが新たなニンジャスレイヤーになっていてもおかしくなかったなぁ。 -- 2016-08-14 (日) 12:35:28
  • ニューニンジャスレイヤーとニンジャキラーなにが違うかってその生き方なんだよなあ。ニンジャを殺すというのには両方共通してるけどニューには自身にはニンジャスレイヤーになろうとしている気が感じられないという点だけ圧倒的に違う。ニンジャキラー=サンもニンジャスレイヤーになるのではなくその意志を継いだ2代目ニンジャスレイヤーのニンジャキラーと思っていれば違ったかもしれない。でもできないからキラーなんだよね -- 2016-08-16 (火) 11:38:35
  • 英雄はなろうとした瞬間に失格、とある弁護士の詠んだコトワザである。 -- 2016-08-16 (火) 12:07:44
  • ドモボーイ=サン涙目な -- 2016-08-17 (水) 17:22:47
  • 「何かを目指す」限りは例え極致に立ってもその目指す対象の劣化コピーでしかないことよ。 -- 2016-08-17 (水) 18:03:35
  • よしんばナラクが憑いたとしても彼ではすぐ薪にされそう -- 2016-08-18 (木) 12:28:28
  • というか反逆できるフジキドが異常であって薪にされるのは普通ではなかろうか?機関銃に蜂の巣にされたニンジャスレイヤーいたし殺したくなくて自害?したニンジャスレイヤーいた気がするし -- 2016-08-19 (金) 00:07:56
  • セイジではなぜニンジャを殺すのか?という答えがない、それではナラクは呼び寄せるのは無理だし、呼んでもその場で薪にされるかナラクの作る悪夢で発狂してナラクに飲まれるのがオチだろう -- 2016-08-19 (金) 01:55:35
  • ニンジャを殺すという意思自体がそのことへの答えだろう -- 2016-08-19 (金) 08:14:55
  • 空っぽの憎しみってやつかな -- 2016-08-19 (金) 11:28:17
  • もっと単純にフジキドや新しい憑依者自身が持つ「ニンジャへの憎悪」がセイジにはないからナラクはどうあがいても憑依しない気がする。フジキドその他の憑依者は仮にニンジャにならなくてもいずれリアルニンジャになるかヤクザ天狗のような狂人になって邪悪なニンジャにイクサを挑んでいそうだ。 -- 2016-08-19 (金) 11:44:27
  • セイジとフジキドの違いは「ニンジャスレイヤー」の行ったような殺戮行為をフジキドは悪行、セイジは善行 -- 2016-08-25 (木) 02:42:00
  • 途中送信ケジメインシデントグワーッ!セイジとフジキドの違いは「ニンジャスレイヤー」の行ったような殺戮行為をフジキドはどうあれ悪行、セイジは善行だととらえている所。善行であればその過程で被害が出てもトータルでは許されると考えてしまい歯止めが効かない。自分の抑えきれない衝動や他の何かを守る事を優先した結果被害を出しているという自覚があれば考え直す余地やインガオホーを受け入れる覚悟ができる、覚悟の結果修羅道を選択してしまう場合も勿論多いが…。そして「ニンジャスレイヤー」の行為を知ってそれが正しいかどうか判断したのは紛れもなく本人たちだったと思う -- 2016-08-25 (木) 02:56:48
  • 連投だがスマヌ。ナラク時の虐殺を称賛するような人間はヘタすればスレイ対象だ。追随者が例えばニンジャスレイヤーのように自分も復讐を成就したいと言えばフジキドも最低限共感は示すだろうし状況によっては協力してくれるかもしれない。しかしニンジャスレイヤーのような殺戮者になりたいと言っても歓心は得られないだろう、それは仮にフジキドがソウルに堕し快楽殺戮者となり果てていても同じだと思う。殺戮は自分の目的や快楽のために行うもので人に見せたり認めてもらうものではない -- 2016-08-25 (木) 10:18:24
  • 前半はヒジョーに同意するが後半はどうだろう。セイジ=サン(ニンジャキラーに非ず)の行動は殺戮者なのだろうか。そもそも彼の行いはニンジャ(=悪)を打倒するためのものであった。だからそこにニンジャを殺して得る愉悦は存在きたのだろうか。ニンジャソウル自覚前において彼が行っていたことは私財を投じてのニンジャスレイヤーボランティアだ。そこでニンジャスレイヤーが死亡したからその仕事引き継いだのであって殺戮の愉悦はないだろう。フジキドがそうであったように善良なニンジャ(ドラゴンクランの2人)と早いうちに出会えていれば彼は救われた、すくなくともニンジャキラーにならずに済んでいたのではないか -- 2016-08-26 (金) 01:31:26
  • ↑フジキドはキックアウトの時、つまり最初期の最も憎悪に囚われて暴走してた時にギンイチを助けるためにナラクを押し留めるほどの意志力をみせている。バックインブラックでゲンドーソー・センセイとの初対面時もソウカイニンジャではないとナラクに抵抗して、さらにはユカノが殺されそうになったのを止めた。フジキドは最初からずっと必死に人であり続けようとしてた。だからドラゴン=センセイにカイシャクされずに済み逆に助けられ教えを受けることができた。セイジはフー・キルドの序盤の時点で居合わせただけのモータルを殺害したり既に倫理観の箍はぶっ壊れて邪悪な存在になってた。ニンジャキラー化は時間の問題だっただろう -- 2016-08-26 (金) 02:22:04
  • セイジのやってるニンジャスレイヤー像が読者のフジキド像とズレまくってる理由はフジキドのことを知らないで一部のニンジャスレイヤーの戦いを全部賞賛して真似してるからだろう。端から見たニンジャスレイヤーはフジキド・ケンジが復讐のために戦ってるのかナラク・ニンジャが憎悪のままに暴れてるのか区別がつかない。セイジはそれをそのまま真似してしまったから、ニンジャスレイヤーの中の人間性を担うフジキドとの会話がズレまくってる。 -- 2016-08-26 (金) 02:37:18
  • ↑言いたいことが伝わってなかったようだ。すまない。言いたかったことはセイジ=サンの前提問題に問題があったということなんだ。フジキドは瀕死から復活して自身がニンジャになった。それはつまり自身が悪しきニンジャとなったことを理解した。しかしセイジ=サンは己のニンジャを自覚する(?憑依?)前にニンジャ=悪という概念と自身(とニンジャスレイヤー)はその悪しきニンジャに反抗する存在だと刷り込んでしまった。だから彼が救われるには早いうち(三部以前できれば一部中)に出会っていればニンジャキラーにならない可能性が多少とはいえあるのではないか?というニンジャキラーのフォロワー心から来た可能性の一つの話だったんだ。 -- 2016-08-26 (金) 02:51:37
  • ↑タイプ速度の遅さから来た対象を間違えたコメントな。正しい対象は「↑↑」のコメントです -- 2016-08-26 (金) 02:56:37
  • ↑2 本人と会っても理想と違うと本物を否定してイマジナリ忍殺ルートになるだけじゃないかと思う -- 2016-08-26 (金) 13:06:23
  • セイジにはこの前終わった某オサレ漫画の台詞「憧れは理解から最も遠い感情」がピッタリですね。 -- 2016-08-26 (金) 13:25:15
  • 誰かがセイジにニンジャスレイヤーの行動は正しいとか真似をせよと言ったわけではなく、彼自身の判断でナラク的殺戮行為をするニンジャスレイヤーに憧れを抱いたのだから、認識のズレは言い訳にならないと思う。彼がモータルであまり罪を重ねない内に誰かにその思想そのものを破壊してもらえれば救われたかも知れないが、それはスタート時点でフジキドやナラクとは質の違う人間であるという事でもある。フジキドと同じ復讐者のように見えて彼は家族の事を一度も思い出さない。ナラクのような快楽殺戮者のように見えて自身やニンジャスレイヤーの殺戮を正義だと主張してはばからない。単純にニンジャスレイヤーに憧れただけの人間が自分の中の理想と現実の違いに勝手に失望したようにも見えるが、フジキドを知るニンジャに出会っても憧れの存在の実像に興味を抱く事すらなく自身の正統性を守る事だけを考える様は、実際狂信者とも異なる。出発点は確かに家族の復讐とニンジャへの憎悪だったろうがどこかで歪んでしまった、その歪みはセイジ独自の物だと思う。「フジキドや彼の追随者が堕ちるかもしれない単純な邪悪」とは歪みの分ズレがあるのにそれらと同じように扱われようとするのが止めどないヘイトをためる要因だと思う。 -- 2016-08-26 (金) 17:45:33
  • ↑×8、愉悦がどこから来たのかしばらく分からなかった。愉悦でも復讐心でも正義の思想でも行動は同じ殺戮で、セイジはナラクの殺戮を正義の心からやってる素晴らしい行為だと誤解して自分も正義の殺戮者になりたいと考えた。積極的に殺戮行為すればするほど同じ殺戮者で正義の心を持つニンジャスレイヤーになら理解してほめてもらえると思った。しかしフジキドはやる時は容赦なく殺戮するが積極的には行う物と考えていないのでほめない、むしろ失敗行為だと考えている。ナラクは自分の快楽で殺戮して自己完結してるので他人が行動を真似ようが自分をどう評価しようが気にしないからやっぱりほめない、というかどう考えても嬉々として殺しにくる。エート、やっぱり愉悦がどこから来たのかワカラナイデス、スミマセン… -- 2016-08-26 (金) 18:23:02
  • 憧れ方が自分を助けたヒーローのような存在、とかならニンジャハンタールートとかもありえただろうけど、殺戮者としてのニンジャスレイヤーに憧れた時点で出発点からもう歪んでる。イマジナリ忍殺になろうとしながら足跡をたどってニンジャスレイヤーも完璧ではないから修正してニンジャスレイヤー概念を強固にしようと語る。妄想にさらに願望を重ねようとするあたりもう本物がどうであろうとセイジには意味がない。しかも行動見るに居合わせただけのモータルを殺す、は修正しなきゃならない事項じゃないあたり邪悪すぎる。 -- 2016-08-27 (土) 03:03:55
  • 愉悦とセイジ更生への解決策を描いたものです。私の文章が悪くてもうしわけない。前者に対しては「やった!ニンジャをハントしたぞ!ポイント重点!」というようなニンジャを殺すことで楽しむことです。後者、セイジ救済の件は可能性の1%を引き上げた発言であって「こうすればセイジ=サンは善良なニンジャになって活躍だ!」ではなく「そうであれば救われたかもしれない。まあ十中八九無理だろうけど」というどか諦めを含んだ言い方です。最近話題のジェノサイド=サンでいうと新幹線の中でソウルに任せて大暴れする可能性を考えるのと同じくらい無駄なことですけどだからこそ考えたくなってしまったんです -- 2016-08-27 (土) 04:02:38
  • 四部じゃニンジャスレイヤーに助けられてフジキドの弟子になってるのとか出てきそうで失敗したセイジに対して成功した新キャラって感じになりそう -- 2016-08-27 (土) 09:58:21
  • ↑↑「やった!ニンジャをハントしたぞ!ポイント重点!」実際どうなのだろう。セイジが家族を殺された復讐心とかニンジャがいかに悪であるかの義憤や理想を語るシーンがあればよかったのだが、「ニンジャはクズ、だからそれを殺す俺は正義」のような自己正当化めいた発言ばかり出てくる。「家族の復讐をなすためにニンジャスレイヤーの力が欲しい」ならワカル、でもセイジは「自分は家族を殺されたからニンジャスレイヤーの力を得る権利がある」とまるで力が目的で復讐者としての境遇が手段のようだ、それが俺がセイジという登場人物に最も憎悪を感じる点だ。この思考になったのは最初からなのかニンジャスレイヤーの死に絶望した時か敗北で無意識の自尊心を折られた時か、いずれにしろ作中彼の心理描写は歪んだ後の物ばかりで、歪んでないニンジャハンターの時期が実際あったのか?どのような人物だったか?全て想像しかできないのが寂しい事です -- 2016-08-27 (土) 14:25:17
  • 彼の更生を考えるなら自分の考えの過ちを自覚し認めて償いの再出発をするなら十分に…ただこれは全てのモータルにも通用するメソッドですね。実際ニンジャにも通用するはずですがニンジャだと暴力によって全てを解決する選択肢が与えられてしまう(そしてその選択をしたニンジャを止めるには力の強大さ被害の大きさから殺す以外の手段がなくなってしまう)のが悲劇。メイヴェン=サンなどの問題もここにある、スレ違い話題失礼 -- 2016-08-27 (土) 14:40:04
  • エーリアスとの超自然の戦いの中で呼び覚まされた原初の記憶が、失った家族でも倒すべきニンジャでもなく、涙を流すほどに荘厳な殺戮存在な時点で、元々重篤NRSからあまりよろしくないインスピレーションを得てしまった人間の末路な気がしなくもない。もしそうなら誤解とか成り代わり思想とかの迷走がなくとも悲惨な結末しかなかったかも。フジキドの人間性とかを本当に理解した上で、並行エピのマグロがユンコにしたように荘厳な殺戮存在として改善しようとしてくるとか、こっちの方が欺瞞的な思考のない純粋な狂気の分嫌悪感は少ないが -- 2016-08-27 (土) 18:17:04
  • ↑↑↑再放送を再読破で確認してきた。最初はともかく彼は劇中において「復讐を行う」ではなく「ニンジャスレイヤーに認められる」ということが前面に出ていたと思う。家族をどぶに捨てたわけではないが彼に残っていたのはニンジャスレイヤーだけだったのだ。ここからは個人的な推測になるが彼はいなくなった家族をニンジャスレイヤーに投影していたのではないか。だから彼に認めれられることこそが彼の心の安寧だった。のではないかと。それから彼は徐々に暴走していった。全ニンジャを抹殺するニンジャスレイヤーの知り合いのニンジャが現れ、ニンジャスレイヤーを再現してきた自身にたいしてのバトウ、そして目的が徐々にスライドしてニンジャスレイヤーに認められるから自身がニンジャスレイヤーになったんだ。あと個人的な考えだがスパ=サンが出てくるまでの彼は対ニンジャ戦において恐怖心があったのではないかと思う。それは最初はともかく戦闘中盤以降に雑になるバトウ、クズというワードの連続、堅実に自身が優位を保ち続ける戦闘スタイル、スパ=サンが出てくる前の彼はどことなく恐怖心のようなものを感じる -- 2016-08-27 (土) 19:37:55
  • 境遇を不運のせいにしたり特に何かのせいにしないままただ嘆く場合だと実際割と本人のインガオホーであってもそれなりに同情される場合が多いが、逆に本人に責任のない実際理不尽な境遇であっても誰か他人のせいにして他人を理不尽に犠牲にした時点で同情の余地なしと切り捨てられる場合が多い気がする。セイジ、レイジ、アズールら若者の敵役に多いかなあ -- 2016-09-05 (月) 10:51:52
  • 不幸な境遇とやつあたりはイコールで結ばれるものじゃないからな。俺はこれこれこういうヒサンな境遇に置かれていたからこれからはブレイコウだってものの考えは奥ゆかしくない。下手なヨタモノよりも怒りを買う。 -- 2016-09-05 (月) 12:19:37
  • ↑いまだにイダ=サンは死ななきゃならないほど悪いことしたか分からないしそのせいでビフォア・ザ・ストームもなんか白けた目で見てしまった…それと近い心理だろうか? -- 2016-09-05 (月) 18:03:44
  • 「お前が俺を助けて、それでこんなにしたのに……お前が放っておいて……」初放送の台詞だが、これは確かに彼が堕落した原因の一端である。第4部でフジキドが瑞々しく荒々しいニンジャスレイヤーと対峙した時、やはりあの時切り捨てることしかできなかったセイジのことを思い出すのだろうか。 -- 2016-09-06 (火) 18:11:36
  • ↑普通ならそこまで面倒見切れねぇよ!ってなるだろうけどクソ真面目なフジキドはやっぱり心に引っかかってるんだろうか… -- 2016-09-06 (火) 19:01:31
  • 自身がマッポーのネオサイタマの荒波を無力なモータルとしてくぐり抜けて来たフジキドだからこそ乗り越えられなかった人間のつらさ悲しさは分かるだろうし「可能ならば」手助けしたい気持ちは奥底に必ずあると思う。デソレイション、インターラプター、レオパルドみたいな人間時代からの悪人であってすら色々思うわけだし。一方で「できない時は無理」「同情はしても堕ちた以上自己責任で慈悲の余地はない」みたいな非情さも同じ人生経験が基礎になってると思う。サプライズド・ドージョーで自分が完全にニンジャになってしまったと感じた時にはセプクしたいと考えてるように自分と同じ境遇だから見逃すという理屈も持ってないだろう。また救う余裕のない時は例え操られただけのモータルでも容赦しない。そういう二面性と一貫性が彼の魅力だと思う。 -- 2016-09-06 (火) 21:08:55
  • ポリシーとでもいうのか、フジキドには幾つか自分に課しているモノがある。それが自分を曲げるということだ。だが、セイジにはそんなフジキドのそうまで至る苦難と心中を知らない。だから彼は、彼の現実で見た”ニンジャスレイヤー”の在り方をそのまま、それが全てだと判じ目指す。だから彼は、フジキドが今の”ニンジャスレイヤー”になるまでの、紆余曲折の蛇の道をままに進まず、真っ直ぐ突っ走っている。通らなかったカーブ道に、忍殺者にとって外せないモノがあるなど露も思わず -- 2016-09-06 (火) 21:19:35
  • チャブドメインとかレベナント=サン、ジャイゴ=サンの時に比べるとセイジの訴えは今更感はある。フジキド側としては展望台の行動で概ね決着がついてるんじゃないかね。むしろセイジ自身の問題として最期に自分の歪みの原因と向き合う必要があったんだろう。少し遅すぎたし再放送ではそこにたどり着く事もできなくなったが…。フジキド不在の不運をセイジがフジキドの責任に転嫁せず受け入れていればガンドーやエーリアスへの対応も変わるだろうし最終的な結果も変わってたかもしれないな。少なくともあんなこじれきってすれ違った最期でなくもっと真っ直ぐな信念のぶつかり合いになっていただろう。 -- 2016-09-06 (火) 22:29:38
  • 幾度か挙がっているが、彼の不幸の一つはニンジャスレイヤーを知らなかったことだと思う。あの邂逅では彼のことを知ることは実際不可能なものの、当時のニンジャスレイヤーはニンジャからモータルを守るヒーローではない(セイジを助けようとしてニンジャを襲撃したのではない)ということ、そして第二部を経たニンジャスレイヤーの変化を知ることができず、そのあたりで色々ボタンを掛け違ったまま彼のイメジが進んでしまったのが惜しい -- 2016-09-16 (金) 01:34:25
  • 根源的にはフジキドとの出会いを幸運な偶然ではなく百円入れれば必ず救ってくれる全自動救済マシーンみたいに感じてしまった所ではないか。ただ「一つの間違いから全てが狂った」というより「個々には致命的でない間違いを繰り返して後戻りできない所まで来てしまった」という印象もある。個々の間違いは一見関連性ないので不幸の原因がいつの何か考え出すと泥沼になるが、全体で見ると分岐の度に事実認識やポリシーを曲げてでも自分に都合の良い方ばかり選び続けた結果だったのではとも思う。例えば、フジキドゼンダサワタリヤクザ天狗ジェノサイドなど忍殺には狂人も多いが彼らは自分が不利になる場合でも自分で決めた狂人の理屈を曲げる事はないし、狂気に無関係な部分ではまっとうに他人を思いやる事もある。また自分が間違ってたりインガオホーを受ける可能性は常に意識しているようにも思う。 -- 2016-09-18 (日) 02:32:45
  • ニンジャスレイヤーを知らなかった(知ろうとしなかった)事が彼のダメだった点でもあるけどそれは神の視点である読者から見れば歴然だが登場人物から見ればしょうがないんじゃないかと思う。我々はフジキドの苦労や苦悩を読んで知っているからこそフジキドが狂人とも救世主とも違うと認識できるが登場人物からしてみれば彼の根源的なものは見るとこも知ることもできない彼を一方的に責めるのはどうだろうか。・・・それでも彼が悪くなかったという事を言いたいわけでないけどね -- 2016-09-20 (火) 23:53:39
  • 目撃者を殺してニンジャスレイヤーならそうする‐‐自分は殺されてないけど‐‐って時点でフジキドを知らんから歪んだってわけじゃない気がする。オリジナルを徹底して調べてその上でニンジャスレイヤーにも誤りがあるが自分が修正するって考えは自分は己の邪悪さの正当化にニンジャスレイヤーの名を使ってるように見えた。まあ、ニンジャを自覚してから本編までの経過が省かれてるからどこでどう歪んだかは解らないけど。 -- 2016-09-21 (水) 00:37:34
  • アナカ・マコトのもう一つの -- 2016-10-28 (金) 13:52:15
  • 途中送信。アナカ・マコトのもう一つの姿とも言えるのかも知れない。彼がもしニンジャとなっていたら・・・ -- 2016-10-28 (金) 13:55:01
  • セイジがニンジャキラーに変身する前ってなんだかんだ言って理性的なんだよね。じゃあくな行為(ビル爆破、忍殺帝国)が理性的というかはおいておいて少なくともニンジャキラーになる前は一応理屈が通ってたよね。それに本家に対する礼儀やソンケイだってあった。それでニンジャキラーになる時に起きたことと言えば赤黒おじさんからの否定。狂った(急な加速)がそこにあると考えればセイジにとっての忍殺おじさんって唯一の憧れであり仲間(になりたかった)存在なのかね。ハッカー仲間なんて無責任者とか評価出しちゃうくらいだし -- 2016-11-03 (木) 02:17:29
  • たまにそこかしこのコメント欄でセイジがオヒガンからコメントしてるのを見かけるが、実際4部でセイジのソウルがディセンションして生まれた新たなニンジャキラーがマスラダに粘着するかもしれない。あの妄執は本当に凄まじかったしディセンションしても持ち越すんじゃないかって感じが -- 2016-11-03 (木) 10:50:54
  • さらに本物に近づこうとカトンに加えてサツガイからアンコクトン・ジツとかもらおうとするのかね -- 2016-11-03 (木) 11:10:01
  • 「英雄ってのは英雄になろうとした瞬間失格」という某オメン弁護士の言葉は至言であることだなあ -- 2016-11-03 (木) 11:48:38
  • リフォージング〜で本人の内面が描かれてさらにボロカスになるキラーの明日はどっちだ。そもそも「フジキド」ではなく「ニンジャスレイヤー」に己の答えを見いだしてしまった時点でもう手遅れなんだが。 -- 2016-12-20 (火) 08:17:16
  • ニンジャソウルの「出し惜しみ」を責めるシーンがイチロー老人のディセンションシーンに何か似てるのは偶然だろうか -- 2016-12-20 (火) 21:08:28
  • セイジを見ているとマスターヴォーパルの言う「エゴ」が重要なことがよくわかることだなあ。 -- 2017-05-06 (土) 15:12:33
  • フジキド「復讐」セイジ「真似」う〜ん… -- 2017-05-06 (土) 15:14:31
  • セイジを単なる真似で語るのはうーんって思う。結果的には真似だけれども彼の心情、最初に行なっていた行為を含めると結果は真似だが過程が違うと思うのだ -- 2017-06-09 (金) 13:31:08
  • まあ、結果が結果だからボロクソに言いたくなる気持ちはわかるけれどもね -- 2017-06-09 (金) 13:31:48
  • ジェシー・ジェイムスとロバート・フォードのような…。 -- 2017-06-09 (金) 17:19:00
  • 格の低いソウルでも、イシカワの元仲間のアイツみたいなヤバいアホに憑依して、執念と妄執と狂気を溜め込む実際ヤバいじゃ済まない事になるってこった。 -- 2017-06-09 (金) 21:34:42
  • セイジとマスラダは相性悪そう。もしこの二人が出会ったら殺し合いになりそう -- 2017-06-09 (金) 23:15:51
  • 渇望しても成れなかったニンジャスレイヤー志望と望まぬ悲劇からの新ニンジャスレイヤーという意味では相性最悪だが、セイジとマスラダの相性という意味ではどうなんだろうな -- 2017-06-10 (土) 01:19:01
  • ↑まさにその点でセイジが一方的に突っかかっていって、マスラダも掛かる火の粉を振り払うためにセイジを殺すことになるのだろうと予想 -- 2017-06-10 (土) 12:16:09
  • セインセイジ!少年はみーんなー セインセイジ!明日の狂人ーオゥイェー -- 2017-06-10 (土) 13:12:36
  • セインセイジ!フジーキードーのよーにー セインセイジ!今こそー忍ー殺ー -- 2017-06-10 (土) 14:21:23
  • セイジは自らの家族の死に対してあまり悲しんだり怒ってる描写がないのがな・・・アユミの代わりに自分が死ねばよかったとまで思い悩んでるマスラダとの一番の違いはそこかな -- 2017-06-10 (土) 18:10:41
  • マスラダは心のスキマを復讐で埋めた。セイジは心のスキマを忍殺おじさんへの依存という形で埋めた。というだけの話だ。いつの間にか目的と手段が入れ替わったのは実際一般人っぽくて好き -- 2017-06-13 (火) 05:12:12
  • ↑12,13 オリジナルの行動でも自分の意に沿わない部分は間違いと断じてたりでストーリー開始時点でとっくに物真似を逸脱してる。目指してるのはフジキドではなくセイジの願望に沿ったイマジナリ・ニンジャスレイヤー。 -- 2017-06-13 (火) 14:03:10
  • セイシンテキがどうというより、無関係のモータルも殺して省みないという結果が全てな感じはする。 -- 2017-06-13 (火) 21:21:12
  • しかし歴代のニンジャスレイヤーは大体そんな感じらしいのでは?ある意味フジキドよりニンジャスレイヤーらしい存在 -- 2017-06-13 (火) 21:24:32
  • ↑フジキド以前の「ニンジャスレイヤー」は四人ほど描写されてるけど、快楽殺人者以外は善良とはいかないまでも良識を保っていたような節があるのでセイジとは違うように思えるのだなぁ。他のニンジャが伝える「ニンジャスレイヤー」像はどうしてもスレイ対象側からの認識になるので残虐さが強調されて語られることもままあったでしょうし。 -- 2017-06-13 (火) 21:41:48
  • スレイされた側のソウルに向かって「おまえはニンジャスレイヤーだ……」なんてやってたら凶悪化もするわな -- 2017-06-13 (火) 21:44:10
  • ↑「アナタはニンジャのことが殺したくなーる、殺したくなーる」サイミン・ジツ! -- 2017-06-13 (火) 21:59:42
  • 命名を受け入れたのは当人たちにその自覚がなくても師弟関係になっていてニンジャ本能に逆らえなかったからだろうか -- 2017-07-12 (水) 13:48:34
  • その場にいた自分以外の全てを圧倒したその力に狂信的になるという点では刹那・F・セイエイなのか手にした力に溺れて正義を隠れ蓑に暴力や暴走に明け暮れる点では早瀬浩一と称するべきなのか -- 2017-09-02 (土) 01:42:30
  • ↑刹那は行動が熱意で空回ってるだけで狂信ではないと思う。若すぎる青さを暴走気味に描いてれるだけで -- 2017-09-02 (土) 23:10:04
  • 刹那もセイジのようにガンダムを狂信しイマジナリー・ガンダムを追い求め、最終的にオリジナルのガンダムを否定した。セイジと決定的に違うのは力に飲まれず暴虐を否定する心なのだろう -- 2017-09-02 (土) 23:53:51
  • ↑アルビオン「邪魔をするな!お前もニンジャスレイヤーか!」 セイジ「そうだ。俺がニンジャスレイヤーだ!いや、俺だけじゃない!俺達が…そして、貴様もニンジャスレイヤーだ!」 アルビオン「俺が…ニンジャスレイヤー…」 セイジ「そして、俺達はニンジャスレイヤーを越えなければならないんだ!」 アルビオン「う…うああああああああっ!!」 もしセイジが邪悪でなかったら、こういう展開になったということか。 -- 2017-09-06 (水) 22:58:13
  • ナラクに乗っ取られてもバケモノやオバケめいた禍々しい姿に変質するが、セイジのあの姿もソウルの力を引き出しすぎた、乗ったられた影響でオバケめいた姿に変質したのかな? -- 2017-09-12 (火) 07:52:22
  • 「己の中のニンジャスレイヤー」に問いかける過程で、だんだんソウルの邪悪なインストラクションに染まって行ったんだろうな…ブラッククレインと同じく、ニンジャソウルを味方だと思い込んでしまったがために破滅したパターン -- 2017-09-24 (日) 23:59:53
  • 戦ってる時のニンジャスレイヤーは邪悪そのものである場合が多いし -- 2017-09-25 (月) 00:01:05
  • 「よこせ!」に対するソウルの「ヨコセ」に応じて薪めいて人間性をくべてしまい、より邪悪なニンジャになっていった印象 -- 2017-10-16 (月) 20:48:37
  • 自分が手綱握って制御してると勘違いして、自信のソウルとニンジャソウルを互いに暴走させた結果がアレか。インガオホー! -- 2017-10-28 (土) 07:40:57
  • 古参ファンの暗黒面をイメージして作られたキャラらしい -- 2017-11-05 (日) 12:43:48
  • フジキドも初期のころは(ナラクに乗っ取られていたとはいえ)結構笑っていたよ -- 2017-11-08 (水) 20:06:44
  • 暗黒面云々の話ってどこで出ててたっけ?プラスだっけ -- 2017-11-14 (火) 02:06:02
  • セイジが暗黒面をイメージしたという記述は見たことないデスネー -- 2017-11-14 (火) 18:05:18 New