Top > ゴッドハンド
HTML convert time to 0.005 sec.


ゴッドハンド

Last-modified: 2017-02-15 (水) 17:52:50

◆忍◆ ニンジャ名鑑#68 【ゴッドハンド】 ◆殺◆
リキシリーグ・スモトリのトップランカーすなわちヨコヅナ。
バイオ生成されたりチャンコ072を過剰摂取して巨肉と化した他のスモトリとは一線を画する、鋼のように鍛え抜かれた肉体を誇る。
「ニンジャのように」強く、その出自には謎が多い。

登場エピソード Edit

 

「ヨコヅナは勝ちます。それだけです」


人物 Edit

  • 身長6フィートとスモトリとしては小柄ながら、鍛えられた肉体を持つ。
  • 「チャブドメイン〜」登場時で「リキシリーグ102連勝」という圧倒的な成績を誇るヨコヅナ。常に対戦者を殺すスタイルは「相撲の破壊者」とまで形容される。その様は観客たちが熱狂を通り越して「オツヤ・リチュアルのように」静まり返るほど。
  • 2014年2月デビルヴァーティゴ=サンの発言によれば、当時の掲載時期(第3部突入後)から察するに、リキシリーグの連勝=惨殺数は102連勝から更に跳ね上がっていたと推測される。
  • そして2015年、満を持して「ゴッドハンド・ザ・スモトリ」にて登場。ネオサイタマオスモウ界がヨロシサン製品のドーピング薬チャンコ072に毒されて行く中でも、それに頼らずナチュラルな「オスモウ破壊者」を貫いていたが、それはエンターテイメント性が求められているリーグに真っ向から反していた。
    • 実際に観客離れも起こり始めたことで興行不振を危惧した理事長により、犯罪者の濡れ衣を着せられ引退に追い込まれてしまったゴッドハンドは、実際浮浪者に近い境遇にまで落ちぶれていたのだが……。

元ネタ・考察 Edit

  • 四股名と思われる「ゴッドハンド」は、翻訳するならば「神業の持ち主」くらいの意味だろうか。
  • モデル等は不明だが、その強さからさまざまな実在のスモトリを連想する読者が多い。
◆相◆スモトリ名鑑◆撲◆

ワザ Edit

  • 「オスモウ破壊者」と形容され、結果オスモウ界を追放されたワザマエは伊達ではなく、並み居るスモトリ達を文字通り容易く鎧袖一触し、地の文=サンから「魔法」と称される程の隔絶した力量を持つ。
  • 中でも全力で放たれたブチかましは「バッファロー殺戮武装鉄道の顕現」と表現され、踏み込み時の踵の力だけでドヒョーの土を抉り爆ぜさせるほどの破壊力を誇る。

ストーリー中での活躍 Edit

背後のモニタに「U究極ネタバレN」の極太文字が流れた。

一言コメント

「続けろヘッズ。コメントがぬるいぞ」