Top > サキハシ・ヒロ
HTML convert time to 0.003 sec.


サキハシ・ヒロ

Last-modified: 2017-02-08 (水) 11:13:10

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【サキハシ・ヒロ】 ◆殺◆

登場エピソード Edit

 

「彼は……皆様の前にこうしてあらためて出てまいりましたのは、その……実際あの結婚式以来ですが、それだけ、私欲無く、ネオサイタマの未来に尽力してくれた人材で……私もご覧の通り……健康面に大変、不安がですね」


人物 Edit

  • ネオサイタマ知事。内閣・国会が実権を失ったマッポーの日本において、首都ネオサイタマを統括する知事の職は実際国政の頂点と同義である。
  • 物語の時系列では第1部から第3部にかけて、少なくとも二期以上は知事を務めているようだ。
    • 第1部終盤に行われた知事選では劣勢であったが、最有力候補ラオモト・カンの急死のどさくさに紛れ、まんまと再選を果たしている。
    • 物理書籍版ではラオモトが三期目阻止を訴える場面があったことから、第1部終盤時点で二期目だった模様。
       
  • 第2部初期に再選を果たした当時は意気軒昂であったそうだが、その後ごく短期間のうちにすっかり老け込み、身体も骨と皮ばかりに痩せ衰えてしまい、その健康状態は極めて悪い。
  • そのような有様になってしまった背景には、筆頭秘書のシバタ・ソウジロウの存在がある。実際のところサキハシはシバタことアガメムノンの傀儡であり、アマクダリ・セクトの言いなりと化している。
    • シバタのことを酷く恐れ、まともに目を合わせることもできないようだ。

ストーリー中での活躍 Edit

シバタはサキハシ知事から受け取ったという名目のネタバレを読み上げる。

一言コメント

コメント欄な