Top > シデムシ
HTML convert time to 0.009 sec.


シデムシ

Last-modified: 2017-08-06 (日) 18:39:29

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【シデムシ】 ◆殺◆

登場エピソード Edit

 

ガキン、ガキン、ガキン、ガキン……。無機質な音が徐々に地階へ迫っていた。死は上階から壁伝いにやってきた。それは静かな排気音とともに「」の文字をサイバー発光させた。


機体概要 Edit

  • オナタカミ社の開発した無人多脚戦車。型番はNT-80。モーターシリーズドラグーンのようなロボ・ニンジャではない。
     
  • 外見は横幅がタタミ一枚ほどの体節を何枚も繋ぎ合わせた、機械昆虫めいた扁平なフォルムである。実際機械脚で昆虫のように走ることができる。
  • 昆虫めいた外見に違わず、先発のロボ・ニンジャに比べるとその機能は単純化されている。しかし、あるいはそのためか、その動作はより堅実かつ強力であり、ポンコツモーターシリーズはもちろん、ドラグーンと比べてもそつのない戦闘機動を見せる。オナタカミの社是「洗練」を、ある形で突き詰めた兵器と言えよう。
  • 機体サイズに比して武装は少なめだが、これは訳出分の登場シーンが「暴徒鎮圧想定」であり、そのためのセッティングだったから、という可能性もある。重武装を施されより凶悪になったシデムシの再登場に備えよう。

元ネタ・考察 Edit

  • 名前の元ネタは、主に動物の死骸を食べる同名の昆虫であろう。成虫はカブト・ビートルのような甲虫なので、おそらく幼虫の姿の方がモデル。
  • 死骸あるところにどこからともなく現れてくるため「死出虫」と漢字を当てられたようだ。実際死神めいている。
    • ……習性からわかる通り、ウカツにIRC画像検索するとアビ・インフェルノめいた写真が出てきてしまう。シデムシ・リアリティショックに陥りかねないため、気をつけよう。

スペック・武装 Edit

機械脚 Edit

  • 車輪で走行することもできるが、不整地や壁面を登り降りする場合は、機体下部に折り畳んで収納している強靭な鎌状脚部を展開することで多足歩行に切り替えることが可能。

ガトリング銃 Edit

  • 頭部にガトリング銃、脚部にミニガンを搭載。直撃すればニンジャでも無事では済まない。また、シデムシ本体が壁面に張り付いたり、脚部で踏ん張りつつ上体を反らす等の自由な姿勢を取れるため、射界は極めて広い。

クローンヤクザ脳 Edit

  • 制御UNIXの中枢に、ドラグーンと同様にクローンヤクザの生体脳を使っている模様。こちらも高い自律判断能力を持つが、ドラグーンと同様の弱点も抱えてしまっている。

装甲 Edit

  • 装甲の色は黒。拳銃弾程度は無傷で弾き返し、頭部にロケット弾が直撃しても一瞬怯むだけ、という高い耐久力を誇る。さすがにニンジャのカラテチョップには耐えられなかったようだが。

優れた静穏性 Edit

  • 排気音・駆動音は最小限。さすがに脚部を展開し歩行する際はガキンガキンと足音がするようだが、車輪走行中はその足音すらない。
  • また、シデムシはドラグーン等と違い、言葉を発しない。会話させなかったのか、その機能がないのかは定かではないが、無言で雑音もなく淡々と動き続ける姿はシデムシの機能美と不気味さを更に引き立てている。

サイバー発光 Edit

  • 体節の間から青いサイバー光を放つ。また、喋らない代わりなのか、背中に埋め込まれた「」のショドーを威圧的に青く発光させる。コワイ!

水中潜行機能 Edit

  • 比較的シンプルな機構故か水中潜行が可能であり、河川や下水道などもものともせず侵攻が可能。
  • 海水でもあまり問題はないようである。

ストーリー中での活躍 Edit

「ハイヨロコンデー!オナタカミ社が提供する最新のネタバレを経験して下さい!」

一言コメント

...