Top > ディプロマット
HTML convert time to 0.123 sec.


ディプロマット

Last-modified: 2017-02-09 (木) 15:06:21

◆忍◆ ニンジャ名鑑#138 【ディプロマット】 ◆殺◆
双子の兄弟アンバサダーとポータルを繋ぐ次元転移ニンジャ。
この双子はキョート城への単独での入城は許可されていない。
ポータル・ジツは、転送行為そのものの危険性に加え、ポータル開通の準備の手間、難解な儀式など、扱いが難しい。

登場エピソード Edit

...
 

(俺たちの人生に意味など無い。そうかも知れん……死のうが、生きようが。ならば、乗ってみるさ)


人物 Edit

  • ザイバツニンジャ。アンバサダーとは双子で、こちらが兄。22歳。
  • 双子が1セットで実行されるポータル・ジツの有用性からマスター位階の権限を与えられている。もとはイグゾーションの部下であったが後にパーガトリーの部下となる。
  • ネオサイタマ侵攻の際はキョート側のポータルを担当した。
     
  • 兄弟は10歳の誕生日に両親を失い、イグゾーションに保護されてザイバツ入りする。この時点で既にソウルが憑依していたようだ。
  • 彼らはテレパスでつながっており、時折無意識に夢が配信されることもある。ジツを抜きにしても2人の絆は強いがムーホンを警戒されてか、ここ数年はお互いに顔を合わせられない状況に置かれている。
  • 舌を切除されたオイラン・ナミダと共にキョートのどこかに秘匿された庵に住んでいるが、それも実際幽閉状態である。

外見 Edit

  • アンバサダーとそっくりということ以外の具体的外見描写は乏しい。
    • 書籍版ヘル・オン・アース(上)の裏表紙では、アンバサダーと同じデザインのニンジャ装束だが白と薄紫色の着色が施されている。また髪の分け方も微妙に異なる。
    • ザ・ヴァーティゴ=サンによると、双子の服装は違うらしい。
  • 「システム・オブ・ハバツ・ストラグル」ではデトネイターから「あの女々しい双子」と毒づかれ、「アンダー・ザ・ブラック・サン」において、ヨタモノに「うらなり野郎」と罵られるシーンがある。優男重点な?
    • 「うらなり」とは人を指す場合、顔色が悪く弱々しい様を嘲るのに使う。
  • 本文中にて「軽量級ニンジャ」と呼ばれており、体格は大きい方ではないと思われる。
  • ニンジャであることを隠して行動する場面では、テイラードジャケットやレイヤードコートを着用していた。

元ネタ・考察 Edit

  • "Diplomat"は「外交官」の意味。敵に接して切り崩すための能力、という事だろう。ザイバツに与えられた名か、自嘲めかして名乗ったものか。

ワザ・ジツ Edit

ポータル・ジツ Edit

  • 空間上に、物体転送を可能とする超自然の出入り口「ポータル」を開くユニーク・ジツ。
    • ポータルは出口のないダストシュートであり、盾あるいは落とし穴のように機能する。
    • また、アンバサダーと同時に使用することでそれぞれのポータルを繋げ、「ワープ通路」を作り出す。実際バルブ社のFPSパズル状態な。
      • 即席で作ったワープ通路の維持はかなりの体力・精神力を要する。大規模な転送の際は複雑な儀式が必要なようだ。
    • 応用技として、ポータル上に物体が存在するときにポータルを閉じることでその物体を空間的に切断することができる。
  • なおポータル通路の通過にあたってはその3割が落命ないし身体欠損級の傷を受けるという大きな危険が存在するため、ザイバツの上位構成員が利用を許可されることはまず無いようだ。
    • この「3割が死ぬ」という欠点を利用し、かつては邪魔者を合法的に葬るのにも使われたらしい。

テレパス・ジツ Edit

  • アンバサダーとの遠隔交信能力。離れていても意思疎通が行える他、集中することで相手の周囲の状況を見聞きすることも可能。
    • 弟との交信限定のテレパスなので、いわゆるツインズシンクロの拡張版といった佇まいである。
  • これを使うには少なくともどちらか片方がザゼン状態になくてはならない。お互いが極度の集中・ザゼン状態にあれば片方が片方を短時間遠隔操作することも出来るようだ。
    • 片方がテレパスでもう片方に意識を重ね合わせ、もう片方の肉体を二倍の反応速度で動かすことが可能。
  • 後に、鍛錬を重ねザゼン無しでも至近距離での安定したテレパス維持を行えるように。これによりカラテ戦闘への応用も可能となり、「4つの腕と4つの脚を持つニンジャ」と喩えられるほどの兄弟による完璧な連携攻撃を編み出した。
ポータル・ジツの秘密

ストーリー中での活躍 Edit

「ネタバレの何を知っている。見れるものか……見られるわけが無い」

一言コメント

「何だ恥ずかしい奴だな。あの後コメントしたろ」