Top > ナンバーテン
HTML convert time to 0.008 sec.


ナンバーテン

Last-modified: 2017-11-18 (土) 22:31:33

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【ナンバーテン】 ◆殺◆

登場エピソード Edit

 

「そこにお前のような若造が現れた。割のいいゲームじゃないか。ええ?」


人物 Edit

  • ソウカイヤのニンジャ。中国地方のゲットーに身を隠し、都会に比べれば蝸牛のような時間の流れの中で悠々自適の「カチグミ」暮らしをしている。
    • シンジケートの崩壊のドサクサで、資金を横領する事に成功したようで、薄暗い雑居ビルにある彼の棲家は驚くほどの贅がこらされている。
  • アルビオンのメンターとして、ニンジャスレイヤーへの復讐のための修行に協力。コク・トン、ひいてはメツレツ・ジツを授けた。

元ネタ・考察 Edit

  • ナンバーテン(英:Number ten)は「10番目」、転じてアメリカ軍のスラングで「最低」の意味。逆はナンバーワン。ピンキリの「キリ」と言った所か。ソウカイヤでの自分の立ち位置を示していたのかもしれない。
    • 世をすねて隠棲する彼の自嘲的なアトモスフィアとの対比は実際味わい深い。
  • ただしこのニンジャネームがそのまま「ソウカイヤの(上から)10番目」を意味していた場合は話が別であり、ラオモト・カンダークニンジャゲイトキーパー、シックスゲイツの六人に次ぐ実力者という事になる。

ワザ・ジツ Edit

  • メンター探しの過程で格上のニンジャを3人屠ったアルビオンがチョップ一つ当てられない別格のカラテを誇る。

コク・トン Edit

  • 空間から「コク」あるいは「キョム」を生成し、武器として用いるジツ。「コク」は「虚空」、「キョム」は「虚無」の意味か。
    • ナンバーテンの場合はニンジャソウル由来で会得したジツらしいが、自身が生成したコクを分け与える事で別のニンジャにコク・トンを会得させることも可能。これが彼のみの能力なのか、他のコク・トン使いも行使できる能力なのかは不明である。
    • その特性についてはヘッズ間でも熱く議論されている。「ライズ・アゲンスト・ザ・テンペスト」の実況付きログやアルビオンのコメント欄なども参照な。

ストーリー中での活躍 Edit

「ネタバレを求めれば、よりさらなるネタバレがあらわれる」

一言コメント

「コメントは泥のようにありふれた、つまらんものだ。これがお前の武器だ」