Top > ニチョーム
HTML convert time to 0.006 sec.


ニチョーム

Last-modified: 2017-09-23 (土) 04:07:36

地名ネオサイタマニチョーム


概要 Edit

巨大繁華街ネオカブキチョの一角にある、セクシャルマイノリティのヘイヴンめいた特殊歓楽街。ニチョーム・ストリート。
ゲイバー、オスモウサウナ、ハードレズビアン・ゴシックポルノショップといったマイノリティな飲み屋や風俗店が軒を連ね、ゲイマイコやサイバーボーイ、そして物見遊山な観光客が街を歩く。
おそらく新宿二丁目が由来であろう。(なお、リアルの新宿区新宿2丁目は新宿区歌舞伎町とは別のところにある)

 

抑圧的なマッポーの世においてマイノリティへの風当たりは実際強いが、彼らは自治会を通した強固な団結力と、顔役にしてヨージンボーであるネザークイーンの交渉力・ニンジャ武力によって彼らの街と自由を守っている。ネオカブキチョに跋扈する諸ヤクザクランと注意深い調停を保ち干渉を防ぐのみならず、ソウカイヤザイバツといったニンジャ組織とも何とか協定を結び、自治を保ってきた政治力は本物である。

 

マイノリティへの偏見もあり世間の目は実際冷たいが、実際の所は(見た目の性的猥褻さを脇に置けば)ネオサイタマには珍しいレベルの奥ゆかしい街である。ヤクザなどによる搾取行為を防ぐために違法薬物は一掃されており、また住民もお互いの趣味嗜好への寛容を弁えているためだ。

 

しかし第3部では、アマクダリによるネオサイタマ暗黒管理社会化の影響を強く受け、大きな苦境に立たされている。

 
第3部複数エピソードのネタバレな

店舗・施設 Edit

バー「絵馴染」 Edit

ニチョームの守り神、ネザークイーン=ザクロが店主。スタッフにはゲイマイコがおり、所謂ゲイバーだと思われる。
二階建てで、一階がバー、二階が従業員用の生活スペースになっている。
第2部以降のヤモト・コキにとっての「家」でもある。

オスモウサウナ風呂「キマリテ」 Edit

絵馴染のすぐ左に並ぶサウナ。(おそらく)自家製のオスモウ惣菜は実際美味しい。

ゲイマイコポルノショップ「真剣味」 Edit

絵馴染の道向かいにあるゲイポルノショップ。

「バナナ・ボンサイ」 Edit

SMマイコを相手にしたサディスティック暴力プレイを提供するSMクラブ。

ハードレズビアン・ゴシックポルノショップ「フラ・ダ・リ」 Edit

オブツダンとセンコウが働いているポルノショップ。「セプク・ショー」というコトダマからは相当猥褻かつスプラッタな光景が想像されるが、如何に。

ストリップ雑居ビル「ゼン・トランス」 Edit

ニチョーム入口に位置する、ランドマークめいた雑居ビル。中階からは鳩時計めいてタタミレールが突き出す。
8階にはニチョーム自治会の会議室がある。(元はサイバー海鮮ストリップ劇場「大きい烏賊」のフロアだった。)

ヤグラ337ビル Edit

ニチョームで最も高いビル。「ニチョーム・ウォー」ではニチョーム側の司令部となった。

「粋桃」 Edit

既に閉館したバー。建物は後にサークル・シマナガシが借り受けることになった。


住民 Edit

ニチョーム自治会 Edit

その他の住民 Edit


一言コメント

コメント欄な